ゼントレーダー

ゼン・トレーダーの口コミ、評判完全まとめ【ユーザーの反応を暴露】

海外バイナリーオプション界におけるルーキー的存在のゼン・トレーダー、新しい業者の登場に口コミなどの評判が気になりませんか?
最近は、新規参入があまり見られない海外バイナリーオプション業界で2018年に設立されたゼン・トレーダー、評判がよければ利用したいと考える人もいるはずです。

そこで今回は、ゼン・トレーダーの口コミや評判について、気になるTwitterを集めてみました。
ゼン・トレーダーの口座開設を悩まれている人は、参考にしてください。

評判をまとめると

ゼン・トレーダーの口コミによる評判をまとめると2:8で酷評が多いというイメージです。
ブログなどでは、ゼン・トレーダーの良い評判が見られるのですが、Twitterに関しては、厳しい意見が目立ちます。

その中でも気になるのが出金拒否です。
出金拒否の口コミが多く見られ、利用者としてやはり気にしないわけにはいきません。

ただ、ゼン・トレーダーをブログなどで紹介しているサイトによると、出金は問題無く行われたという内容も見られます。
まったく出金がダメというわけでは無いようですが、拒否されたトレーダーが口コミを公開されているのも事実です。

正直な意見として、私ならばゼン・トレーダーをわざわざ利用しません。
この考え方が、これから紹介する口コミから得た評判の印象です。
しかし、土日にどうしても取引がしたいと考えている人にはゼン・トレーダーしかありません。

もし利用をするのならば大金を預けず、こまめに出金申請をしながら利用することをおすすめします。

ゼン・トレーダーのTwitterに関する口コミの評判はあまりよくありません。
詳しく内容を確認していきましょう。

ゼン・トレーダーの良い口コミ

それでは、ゼン・トレーダーの良い評判を確認していきましょう。

ゼン・トレーダーは土日も取引ができる

ゼン・トレーダーの特徴は、土日も取引ができること、平日になかなか取引ができない人にとってはありがたいです。
投資ができる時間に選択肢があるのは、評判を上げるには十分の内容ではないでしょうか。

為替レートは動いていません。そのためゼン・トレーダーでは、仮想通貨を利用して取引を行っています。
バイナリーオプションに興味があるけど、平日は忙しいとあきらめている人にはゼン・トレーダーがおすすめです。

ゼン・トレーダーはペイアウト率が高いという口コミ

ゼン・トレーダーはペイアウト率が高いという口コミが確認できました。

これが本当ならば、良い評判です。
ただ、なかには低いという口コミも見られます。
そこで、2020年5月現在の、ゼン・トレーダーが提示しているペイアウト率を確認してみましょう。

「オンデマンド取引」

取引時間 ペイアウト率 ハイロードットコム
30秒 95% 95%
1分 95% 90%
3分 85% 90%
5分 80% 85%

「クラシック取引」

取引時間  ペイアウト率 ハイロードットコム
15分 85% 85%
30分 85% なし
60分 85% 85%
2時間 70% なし
4時間 70% なし

全体的に見ても、とりわけ高いという印象はありません。
オンデマンド取引の1分95%は高いかもしれませんが、「これは魅力的なペイアウト率だ!」という評判には、値しないように感じます。

人気のハイロードットコムと比べても、残念ながら勝っているようには見えないのが本音ではないでしょうか。
ペイアウト率は低いわけではありませんが、高いというわけでもありません。「平均値」という言葉がしっくりきます。

ゼン・トレーダーの悪い口コミ

それでは次に、ゼン・トレーダーの悪い評判の口コミを確認していきましょう。
最初に説明しましたが、良い評判よりも多いです。

詐欺疑惑が存在する?

ゼン・トレーダーは詐欺業者という口コミが見られました。

出金拒否について問い合わせをしたら返信非表示をされた、これが事実ならば後ろめたいことがあるから非表示にしたと思うのもわかります。
ただ、これだけで詐欺業者と見極めるのも早すぎるかもしれません。

日本では、お客様は神様ですという考え方が根強く、企業に対し扱いが厳しい人もいます。
この口コミでは、ゼン・トレーダーに対し、どのような連絡をしたのかまではわかりません。

質問の仕方に威圧的な態度があればゼン・トレーダーも顧客を選ぶ権利があります。
非表示をせざるを得ない事情があり、その結果かもしれないことから、この内容だけで判断するのは早計かもしれません。

とても難しい内容ですが、この後の口コミや評判を確認しながら、判断をしていくことにしましょう。

出金拒否という評判最悪な口コミ

海外バイナリーオプション業者が一番もらってはいけない評判、それは出金拒否の口コミです。
冒頭でも説明しましたが、この内容がゼン・トレーダーでは散見されました。

口コミの内容は「ごもっとも」と言える内容です。バイナリーオプションは、インターバンク市場を利用した取引ではありません。
そのため、トレーダーの利益はゼン・トレーダーの損失となります。

「トレーダーの勝利=業者の負け」という考え方をされるトレーダーが居るのも、無理ありません。
負けたならば払えと言う言葉は理解ができます。

また他にも出金拒否の口コミがあります。5万円の利益で取引ができなくなり、残高が0円にされ出金拒否が行われたようです。
これも真実ならば、業者側の横暴とも言えます。

連打を認めていますが、1度の連打で不正と判断されては困りもの、ミスによるクリックの可能性も0ではありません。
ゼン・トレーダーが明らかな不正を感じた時に、さかのぼって利益がなくなるのならば理解もできますが、1度でハイおしまいでは業者があまりにも強い立場すぎます。

出金拒否は、業者の評判を下げるのは間違いありません。
ゼン・トレーダーは歴の短い業者、これから評判を上げていかなければいけないのに、出金拒否の口コミが多いのは気になります。

さらにはこのような口コミも見られました。

問い合わせをしたが無回答

ゼン・トレーダーに問い合わせをしたにも関わらず無回答だったそうです。

この口コミは致命的です。出金には対応してくれたようですが、
取引できなくなった理由を回答しないのは不誠実と言われても仕方ありません。
取引をできなくしたのは何かしらの理由があるからこそ、その理由を説明するだけなのに、時間がかかるのはおかしいです。

システム上など、理由が明確でない質問に時間がかかるのは仕方のないこと、しかし今回の質問は違います。
ゼン・トレーダーが行ったことに対しての、理由を求めているのです。営業日ならば、24時間以内の返信が当然ではないでしょうか。

返信をしない理由がわかりません。
もし「出金をしたから問題ないでしょ」とゼン・トレーダーが考えているのならば、評判は地に落ちます。

問い合わせの返信がないのは、出金拒否よりも大問題です。
出金拒否は、トレーダー側にも問題があるかもしれませんが、問い合わせの未対応に言い訳など存在しません。

もし自分が出金拒否をされ、その理由に対し明確かつ理解できる回答がなければ、信頼など持てるわけがないのです。

この後どうなったかはわかりませんが、バイナリーオプション業者は他にもあるので、トレーダー側は出金されれば二度と利用しないだけという考え方ができます。

この口コミのおかげで、ゼン・トレーダーの口座開設をしないで済んだと思われる人も居ることでしょう。
不誠実な対応など、誰も受けたくはありません。海外バイナリーオプション業者が敬遠される理由の一つです。

明らかな数字ずらし?

ゼン・トレーダーが明らかな数字ずらしを行ったという口コミもありました。

海外バイナリーオプション業者に対し、このような口コミはよくあることです。
評判の良いハイロードットコムでも、レート操作が行われていると言った内容の口コミを、見かけることがあります。

バイナリーオプション取引は、業者側が準備をしたプラットフォームを利用することから、ブラックボックスのイメージがどうしてもぬぐえません。
負けた時にレート操作が行われたと、考える気持ちもわかります。
マイナスイメージを少しでも低くするため、ハイロードットコムでは、判定レート一覧の公表を行っているのです。

ゼン・トレーダーは、そのようなブラックボックスによるマイナスイメージに対し、何かしらの対応をされているのでしょうか?
いろいろサイトを確認してみましたが、ブラックボックスのイメージを持たせないための対応は、残念ながらされていないようです。

ゼン・トレーダーのプラットフォームやボーナス内容はハイロードットコムに似ていると言われています。
人気がある業者だからこそ、マネをしたのかもしれません。それ自体は、とても良いことなのですが、必要な箇所を真似しないのは残念と言えます。
ブラックボックスのイメージの払拭は、海外バイナリーオプション業者にとって大切なことです。

もしゼン・トレーダーが判定レート一覧を表示していれば、このような悪い評判の口コミに対し弁明ができます。
その対策を行っていないのですから、レート操作と疑われても仕方ないのかもしれません。

出金手数料がかかる

出金手数料がかかるという口コミもありました。
仕方ないのでは?と思われるトレーダーもいるかもしれませんが、何度出金をしても無料で対応する業者があります。無料が実際に存在していることが、残念な評判につながるかもしれません。

この口コミから、ゼン・トレーダーを確認しましたが、出金手数料に関しては無料のようです。
ただし、口座情報が正しく表示されていないことで、出金処理に対し訂正や組み戻しが発生した場合の銀行手数料はトレーダー側の負担となります。
出金先の情報を間違わなければ、手数料に関し問題は無いようです。

ハイローオーストラリア【ハイロードットコム】

画像の説明文

バイナリーオプション業界の老舗業者。
設立以来日本人トレーダーから圧倒的な支持率。
マーシャル諸島金融ライセンス取得。口座開設で5000円の出金条件なしキャッシュバック。ペイアウト率業界最高。無料のデモ機能搭載。

ザ・オプション【theoption】

画像の説明文

利用ユーザー増加中の人気業者。
登録不要のフリーデモ機能搭載。

マーシャル諸島金融ライセンス取得。豊富なボーナス&キャッシュバックキャンペーン。転売機能搭載で高いユーザビリティ。

-ゼントレーダー

Copyright© バイナリーオプションおすすめランキング2020 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.