【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

トレード200の口コミ・評判最新まとめ!【2021年最新版】

「トレード200」で口座を開設しようか迷われている人はいませんか?
評判を確認してからでも、口座開設は遅くありません。

トレード200は、リニューアルされたことが伴い、多少なりとも印象が変わった海外業者です。
最近の情報を口コミなどで取り入れながら判断をするのが得策ではないでしょうか。

そこで今回は、トレード200の良い評判と悪い評判をステマなしで紹介します。
口座開設時の参考にしてください。

目次

トレード200とは

まずは、トレード200の詳細を確認しておきましょう。

サイト名 TRADE200
運営会社名 K2 Ventures Limited
住所 Babrow Building The Valley Anguilla British West Indies
金融ライセンス 不明
資金管理方法 不明

詳しいことが記載されていないホームページです。

金融ライセンスをホームページに記載していないことから、所持していないことは間違いありません。
ライセンスを取得していれば、大きな宣伝効果が期待できるアピールポイントです。
公式サイトで触れていないということは、持っていないことを意味します。

優良海外業者と比べると、あまりにも寂しい情報です。
この時点で新規口座開設はしない方がいい海外業者かもしれません。

トレード200公式サイト

公式はコチラ

※クリックするとトレード200の公式サイトにジャンプします。

トレード200の良い評判

それでは、トレード200の良い評判を見ていきましょう。Twitterなどの口コミも集めました。参考にしてください。

トレード200の良い評判①:ローソク足表示ができる

トレード200のチャートは、ローソク足も表示できる優れものです。
しかも「1分足」「5分足」「10分足」から選ぶこともできます。

取引画面も見やすく評判も上々です。

「バイナリーオプションはラインチャートの方が見やすい!」というトレーダーには、ラインチャートでの取引もできます。

トレーダーの好みで選べる点が好評につながるのではないでしょうか。
トレーダーの利用しやすい方で、取引を行えるトレード200のチャート画面はおすすめです。

トレード200の良い評判②:200円から取引が可能

トレード200では、200円からの取引ができます。

業界の最安値は100円ですが200円でも十分低い金額、初心者にとっては嬉しいです。出費を低くしながら、レベルアップを図ることができます。

トレード200の良い評判③:ボーナス制からポイント制へ

トレード200は、2020年2月3日にリニューアルされました。これに伴い、変更された点もあります。

上記は、その時に受信したメールです。リニューアルに伴い、プラットフォームも新しくなりました。

リニューアルと同時に変更された点はいくつかあります。その中でも注目をするべきなのがボーナスではなく、トレードポイントを採用した点です。

ポイント制に対する良い口コミ

トレード200では、ボーナス制が利用されていましたが、わかりやすいポイントサービス制へと変更がされました。キャンペーンも開催される頻度が多くなったことから、次のような口コミも見られます。

付与されたポイントは、専用の取引で利用ができます。


ポイントを所持していれば、100%のペイアウト率で「ハイ&ロー取引」が可能です。

例えば、1,000ポイントを利用して取引をしました。勝利をすれば1,000ポイントが「円」に変わり口座残高へプラスされます。負ければ、ポイントを失うだけです。

トレードポイントは、「入金時」「キャンペーン時」「各種イベント時」など、獲得するチャンスが多く準備されています。難しい出金条件もないので、有効に活用をしましょう。

ボーナス制に対する悪い口コミ

トレード200がボーナスを利用していたときは、次のような口コミが見られました。

海外業者によく見られる悪い評判の口コミです。ボーナス条件をクリアできず、出金ができないといった不満がTwitterでも多くみられていました。

これは、昔トレード200が提供していた初回ボーナスに関する紹介です。口座を開設すると送られてきます。

まさに「海外業者あるある」と言えるボーナス内容ではないでしょうか。この情報を見ただけで口座の開設を止める人もいるはずです。

しかし現在はボーナス制度がなくなりました、

わかりやすいトレードポイント制に変更されたのです。これは高評価に値するトレード200の取り組みではないでしょうか。選ばれる海外業者に変わろうとしているのかもしれません。

トレード200の良い評判④:出金の変更

リニューアルに伴い、出金スピードも早くなりました。以前の出金スピードは遅く、不満も多かったようです。

昔は、出金日数を3営業日はかかると言われていました。

しかし現在は、よくある質問に「最短当日」と記載をしています。

このような取り組みは、トレーダーの高評価につながります。運営側の頑張りが見える取り組みではないでしょうか。良い評判につながるはずです。

トレード200の悪い評判

それでは、トレード200の悪い評判を確認していきましょう。
リニューアルで努力をされているようにも見えますが、以前からの悪い評判が多く見られます。

トレード200の悪い評判①:最低入金が他社より高額

トレード200の最低入金額は20,000円です。他社よりも高額の最低入金額となっています。

トレード200が準備している入金方法は次の4つです。

 

 

入金方法 入金可能額
クレジット入金 20,000円~100,000円
Vプリカ入金
銀行振込
Iwallet入金 30,000円~100,000円

初めてバイナリーオプションで取引をする人にとって、入金額20,000円のハードルは高いです。他の海外業者は、5,000円~10,000円を最低入金額にしています。
最低入金額がトレーダー目線で設定されていません。悪評と言われても仕方のない内容です。

さらに、最低入金額が他社よりも高額なのに付け加え、デモ口座までも準備されていません。

トレード200の悪い評判②:デモ口座がない

デモ口座が準備されていないのは、評価が大きく下がります。いくら200円で取引できるからといって、準備しなくてもいいと考えたトレード200は早計です。

確かにトレード200の取引プラットフォームは非常に分かりやすく、他のバイナリーオプション業者で取引の経験があるトレーダーならば、すぐに慣れることでしょう。

ただ、まったくの初心者にはどうでしょうか?初めての人には、利用方法を確かめるためにもデモ口座が必要です。いきなり自己資金を利用して試すような取引はしたくありません。

「そのためにトレードポイントがある」と言われるかもしれませんが、それとこれとは話が別です。練習のために準備するのならば、口座開設をしたときに無償でプレゼントするべきではないでしょうか。トレード200では、入金しなければトレードポイントを得ることができません。いずれにせよ、デモ口座がない言い訳にならない内容です。

デモ口座の有無は、海外業者の評価に大きな影響をもたらします。提供していないトレード200の評判が下がるのも仕方がありません。

トレード200の悪い評判③:利用できる通貨ペアが少ない

トレード200は、人気の海外バイナリーオプション業者と比べると、取引できる通貨ペアが極端に少ないです。

取引で選べる通貨ペアは全部で7種類です。選択肢が少ないのは、トレーダーにとってのマイナスではないでしょうか。悪い評判につながっても仕方がありません。

トレード200の悪い評判④:利用できる取引時間が少ない

さらに、利用できる取引時間も少ないです。

取引 取引時間
RETURN200 1分取引
2分取引
短期取引
HIGH&LOW 10分取引

短期取引に30秒は準備されていません。最短で1分取引です。
しかもHIGH&LOWに関しては、10分間の「受付後」に、10分間の「判定時間」へ突入します。

上記の画像で説明をすると、10時20分~10時30分の間でしがエントリーができません。10時30分を過ぎると次のように画面が変わります。

画面の右側を見ると分かるとおり、もうエントリーができない状態です。判定時間の10時40分まで待つことしかできません。
「新規購入」が表示されていますが、クリックをすると現在受付が行われている取引画面が表示されるだけです。この時間帯での取引はできません。

選べる取引時間が少なく、自由度も低いです。さらに、転売機能も利用できません。

トレード200の悪い評判⑤:転売ができない

転売とは、取引を中断する機能のことです。人気の海外バイナリーオプション業者では、取引終了の1分前までならば、転売を許可しています。転売を利用すると、ペイアウト率は下がりますが、0円になるよりはマシです。
利益を上げるために有効な転売機能が、トレード200には準備されていません。

ただ、規約には次のように記載がされていました。

取引の中止に関する項目です。「過剰なキャンセル」と記載がありますが、これは何を意味しているのでしょうか。海外業者ならば、転売と受け取れる内容ですが、機能は搭載されていません。
「あたかもあるように見せかけた?」「どっかの海外業者の規約を真似した?」など、いろいろと憶測が持てます。ただ何にせよ、転売機能が利用できない事実に変わりません。評判が低くなるのは当然です。

トレード200の悪い評判⑥:出金ができない

残念ながらトレード200には、海外業者が一番得てはいけない評判である「出金トラブル」に関する口コミがありました。

下の口コミはリニューアル前です。まだ「最短当日」を記載していない頃の口コミですが、2週間は長すぎて問題があります。

上の口コミはリニューアル後です。最近になっても、出金されないという口コミが見られるのは大問題ではないでしょうか。ただ、出金がされたという口コミもありました。

出金できるのは当然のことなのですが、海外業者だとこのような口コミを見るだけで安心もできます。

「できた」と「できない」の2つ、どちらを信じますか?
考えられるのは、「出金条件が厳しいのでは?」という点です。トレード200が以前利用していた、ボーナス関連の出金条件が厳しく、それをクリアしていないことで出金拒否をされた可能性があります。

しかし、「出金できない」の口コミはリニューアル後にも見られました。
どちらの口コミを信じるかが問題ですが「出金ができない」と口コミされる時点で、評価は下がってしまいます。

トレード200の悪い評判⑦:連絡がこない

サポート体制を問題視する口コミも見られました。

こちらは最近の口コミ、リニューアル後に行われたものでした。
サポートから連絡がないのは致命的です。海外業者が相手なだけに不安が募ります。

ただリニューアル時に送られてきたメールには次のような記載がありました。

トレード200では、日本人による安心安全のサポートをうたっています。にも関わらず、残念ながら連絡がこないという口コミがありました。

利用者側の意見しか見ていないので判断は難しいです。悪評と言い切ることはできません。
ただ本当に良い業者ならば、このような口コミは一切見られないはずです。本当に日本人がサポート対応しているのかな?と不安が生じます。
断言はできませんが悪い評判に、「サポート対応が悪いこともある」という内容を含めておきましょう。

トレード200の悪い評判⑧:約定が遅い

トレード200の約定力が悪いという悪評も見つけました。

この口コミもリニューアル後にされたことがわかります。

約定力が低いのは、取引の信頼性を無くします。口コミ内に「意図的」という言葉が利用されていますが、トレーダーにしてみればそう考えてしまうのも仕方がありません。何度もエントリーがはじかれたり、数秒後にエントリーがされたりなどが続けば、不信感が募ります。

もちろんトレーダー側のネット環境が原因になることもありますが、ほとんどは業者側のサーバーが原因です。リニューアルをした直後の口コミなだけに、サーバーへ負荷がかかっていたかもしれません。

ただ、約定力が低いという評価があることを頭の中にいれておきましょう。
もし今回、トレード200で口座を開設して取引を開始したとします。取引中にズレるようなことが多々おきれば、トレーダー側の問題ではないと、すぐに判断ができませんか。そのときは迷わず別な海外業者を選択するようにしましょう。

トレード200の悪い評判⑨:詐欺に利用されている業者

トレード200は、レクチャー詐欺に利用された可能性が高い業者です。
関連する口コミをたくさん見つけることができました。

もちろん、詐欺に利用をした人が一番の悪です。
ただ利用のされやすい海外業者側にも問題があります。

トレード200は、アフィリエイト報酬に「レベニューシュア」が利用されていると疑われています。

アフィリエイトのレベニューシェアとは、報酬額を固定しない契約のことです。
通常バイナリーオプション業者とのアフィリエイトは、紹介をした人が口座開設をして〇円以上の取引が行われたら〇万円支払うといった契約で締結をします。
レベニューシェアはこれにプラスして、業者側の利益に応じてアフェリエイト報酬をアップさせる制度です。

バイナリーオプション業者の利益はトレーダーの損失、つまり紹介したトレーダーのマイナスにより、アフィリエイターの報酬が上がります。
アフィリエイターにとって「おいしい制度」ではないでしょうか。
トレーダー側にしてみれば、負けるほどアフィリエイターの報酬につながる悪魔のような制度です。

これにより口コミでもあったように、レクチャー詐欺に利用しれてしまいました。
ここまで多くの口コミが見られることから、利用されたのは間違いありません。

リニューアルなど、いろいろと頑張っている海外業者かもしれませんが、利用をするのは控えた方が得策の海外業者です。

コメント

コメントする

目次
閉じる