【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ザ・オプションで出金拒否!?出金拒否の原因と対策を考察してみた

ザオプションは、理不尽な出金拒否をする業者ではありません。
基本的に出金には真摯に対応してくれます。

ただ、すべてにおいて出金拒否が行われないわけではありません。
当然ながら、何かしらの不正があれば出金拒否になることもあり得ます。

ザオプションの出金拒否が気になる人は、事前に事例を確認しておきましょう。
出金拒否を避けるための方法も解説していきます。

目次

ザオプションは基本的に出金可能

ザオプションは、基本的に出金のできる業者です。

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

ホームページから確認ができますが、ライセンスを取得し運営を行っています。

ライセンスがはく奪されるような理不尽な出金拒否は行いません。

ザオプションの運営年数が短く、不安に思われる人もいるかもしれませんが、それは新規参入を認めないことにつながります。
バイナリーオプション業者のサービス向上を求めるのならば、ハイローオーストラリアの一強状態も良くありません。

無難に利用のできる業者は、良いと評価されるべきです。
まれに、ザオプションで出金拒否されたという口コミを見ることがありますが、そのすべてがザオプション側の責任と決めつけられるものではありません。

出金拒否されたという口コミの数倍以上にわたり、問題なく出金できたというツイートがあります。出金拒否を受けたトレーダーには、何かしらの問題があったのではないでしょうか。
ザオプションで出金拒否になる事例を確認してみましょう。

出金拒否になる事例

ザオプションで出金拒否をされるのは、口座が凍結したのと同じです。
次にあげていく事例は、凍結後の出金拒否につながる可能性が高いので注意をしてください。ザオプションでは出金をする前に、独自の裁量により不正が無いか調べていると公表しています。

不自然な取引

価格の値動きに対し、レートの遅延だけを狙うような不自然な取引ばかりをされて得た利益は、出金拒否の対象になります。また一度に大きな取引のみをするなど、フロントランニングを感じさせるような不自然な取引も同様です。

疑わしい取引をしないように注意してください。出金拒否の対象となるかもしれません。

自動売買ツール

自動売買ツールを利用した取引は禁止されています。利用されていなくとも、疑わしい取引内容だと、出金拒否に関する通知をもらうかもしれません。

自動売買ツールを購入し、利用した場合は弁解の余地はありませんが、身に覚えのないことなら釈明をするようにしましょう。
出金拒否が解除される場合もあります。

クレジットカードの乱用

クレジットカードからの入金を普通では考えられない金額、回数、枚数で行われていた場合、不正利用が怪しまれ出金拒否になる可能性があります。
また入金額に対し、取引した金額が低い場合もクレジットカード枠の現金化が疑われるかもしれません。

クレジットカードの不正利用は、犯罪につながる可能性が高いことから、少しでもおかしいと感じられれば出金拒否の対応にすぐなります。
疑わしい利用は避けるようにしましょう。

不自然な入金額と取引額

不自然な入金はクレジットカードに限ったことではありません。bitwallet口座から多額の入金をしたにも関わらず、取引をあまりせず出金申請をした場合も不自然です。マネーロンダリングを疑われる可能性もあり、その結果、出金拒否を受けるかもしれません。

入金に関しては、不自然な行為をしないようにしましょう。普通に取引を目的としていれば、怪しまれるものは何もないはずです。

ザオプションの口座を複数開設

ザオプションでは、重複口座を禁止しています。
もちろん口座を開設するさいに、チェックはおこなっておりますが、何かしらの不正から口座が開設できる場合があるかもしれません。

もし、同一人物による口座の開設が確認できた場合、すべての口座が凍結される可能性があります。
もちろん出金拒否の対象です。

提出した本人確認書類に不正

ザオプションでは、入金をする前に本人確認書類等の提出をしておかなければいけません。

上の画像のように、ステータスが「承認されました」と表示されていれば入出金が可能となります。

しかし後日、この提出した書類が偽造されていたことが判明すれば、出金拒否の対象となるのは当然です。
偽造をする人はいないと思いますが、出金拒否以前に犯罪行為になるので、絶対にしてはいけません。

出金拒否を避けるために

身に覚えがない状態にも関わらず、出金拒否が起こるかもしれません。出金拒否を避けるためには、次の点に注意をしましょう。

疑わしい入金をしない

まず、疑わしいと思われる入金は避けてください。複数枚のクレジットカードを利用するのは、異様ととられるかもしれません。
しかも、ザオプションの口座残高が十分にあるにも関わらず、別のクレジットカードから追加で入金するのを、不自然と感じない人はいないはずです。

入金に対して、取引金額が異常となれば、ザオプションも何らかの不正が行われているのでは?と調べることでしょう。運営している場が、犯罪に利用されるのを見過ごしては、業者の存続にかかわる事態に及ぶかもしれません。
トレーダーのためでもありますが、自社のためにも、見過ごすことはできないのです。

例えば、クレジットカードの現金化に関しては、ザオプションのマイナスにならないことだし良いだろうと軽い気持ちで思いつく人もいます。しかし、それは大きな勘違いです。
見つからなければ、という甘い気持ちで疑わしい入金をするのは止めましょう。ザオプションも、犯罪に問われるような入出金に関しては、厳しく取り締まっていると思ってください。

疑わしい手法を利用しない

疑わしい手法を利用するのも避けるようにしましょう。
サイトでは、バレずに利用できる自動売買ツールなど、あの手この手で売ろうと画策している人も居ます。その手の話を信用して疑わしいツールを購入し利用をしても、出金拒否を受けるのはトレーダー自身だけです。
ツールの販売者は、購入代金をいただいているので、何の痛い目も見ません。そこでまで計算して販売している人がほとんどです。

バイナリーオプション業者では、必ずログを取っています。バレないはずがありません。しかも出金申請をした際に、疑わしい取引は詳しく調べられます。もし調べた結果、出金拒否に該当すれば、その間の取引時間は水の泡です。

疑わし手法を利用するのは百害あって一利なし、出金拒否を避けるためにも絶対に手を出してはいけません。

コメント

コメントする

目次
閉じる