>>ザオプションで期間限定キャンペーン実施中<<

ザオプション(theoption)の取引時間とおすすめ時間帯は?

ザオプションは1日23時間も取引が可能みたいね!
いつでも取引できて便利だわ!

うむ。
利用するならしっかりと営業時間を把握しておくべきだ。

業界第2位のバイナリーオプション業者である「ザオプション」はチャートのみやすさやインジケーター表示など、使い勝手の良さに定評があります。

このページではザオプションの取引時間を解説します。

目次

ザオプションの取引時間

ザオプションでは「取引時間が平日朝7時~翌日の朝6時」まで設定されています。

ザオプションでの週の取引の開始は月曜日の10時、終わりは土曜日の早朝6時です。

つまり、平日の朝6時~7時以外は基本的に取引可能です。

また、土日や祝日は基本的に休みとなっているため、入金や出金、サポート利用には気を付ける必要があります。

ザオプションの土日祝日の対応についても詳しく解説記事があるから参考にしてね!

ザオプションでは、取引アセット(銘柄)ごとに取引の開始時刻が異なるため、注意しましょう。

ザオプションでは取引方法によって判定時間が異なり、さらに判定時間ごとに取引開始時刻が異なります。

判定時間とは・・・
バイナリーオプション取引における、30秒や1分、5分など、設定された取引終了時刻までの時間のこと。

そこで、まずはザオプションの取引方法と判定時間について確認しておきましょう。

取引方法と判定時間

ザオプションの取引方法は大きく「High/Low取引」と「短期取引」に分けられます。

High/Low取引とは

エントリー前からあらかじめ取引終了時間が決められており、エントリーポイントとあらかじめ設定されている取引終了時点のHigh/Lowを予想する。

短期取引とは

エントリーポイントからの取引時間によって終了時間が変化する。例えば30秒を選択していれば、エントリーから30秒後に取引が終了する。

また、それぞれの取引方法による判定時間は取引方法によって異なり、30秒から1日まで、いくつかの種類が用意されており、以下で詳しくまとめています。

USD/JPYの取引方法と判定時間↓
※取引アセット(銘柄)によっては、取引がなかったり、判定時間が利用できないものもあります。

High/Low取引の判定時間
  • 5分毎
  • 1時間毎
  • 最長23時間毎
短期取引の判定時間
  • 30秒
  • 60秒
  • 2分
  • 3分
  • 5分
スプレッドHigh/Lowの取引判定時間
  • 5分毎
  • 1時間毎
スプレッド短期取引の判定時間
  • 30秒
  • 60秒
  • 2分
  • 3分
  • 5分

スプレッドがあるかないかは判定時間に影響を与えることはなく、ザオプションではHigh/Low取引と短期取引で判定時間が異なります。

短期取引とHigh/Low取引で判定時間が異なるんだね!

USD/JPYの取引時間

先ほど、取引方法によって判定時間が異なると解説しました。そして、判定時間ごとにも、取引開始時刻が異なります。

数ある銘柄の中でも、最も取引量の多いUSD/JPYの取引方法と判定時間ごとの取引開始時刻は以下のとおりです。

取引方法判定時間取引開始時間
High/Low5分毎平日朝8:05
1時間毎平日朝8:00
23時間毎平日朝7:00
スプレッドHigh/Low5分毎平日朝8:05
60分毎平日朝8:00
短期30秒平日朝8:00
1分平日朝8:00
2分平日朝8:00
3分平日朝8:00
5分平日朝8:00
スプレッド短期1分平日朝8:00
2分平日朝8:00
3分平日朝8:00
5分平日朝8:00

取引終了時刻は翌朝6:00となっていますが、ザオプションではシステムの関係上、16:00頃に短期取引ができない時間帯があるようです。

ザオプションのおすすめ取引時間

取引を進めるうえでのおすすめの時間、おすすめできない時間について解説していきます。

この記事で読んだ内容を、実際の取引チャート画面で確かめてみることをおすすめします。

ザオプションのおすすめ取引時間

ザオプションの取引でおすすめの時間帯は、大きく市場が変動するニューヨーク時間帯、ロンドン時間帯である22:00~26:00の間でしょう。

二つの市場開設時間が重なるこの時間帯はゴールデンタイムと呼ばれ、世界中のトレーダーがこぞって取引に参加します。トレンドを読み取り流れに乗ることができれば、勝率を上げやすくなります。

ニューヨーク時間帯は22:00~7:00時頃、ロンドン時間帯は17:00~25:00頃です。

ザオプションのおすすめできない取引時間

逆に、おすすめできない時間帯は、大きな相場の変動がない東京時間帯()です。

ザオプションでは短期取引でのアットザマネー(引き分け)は負け=購入額没収です。

取引の中で引き分けはなかなか起こるものではありませんが、東京時間帯には相場の変動が起きにくく、引き分けの確立が上がってしまい、結果として勝率を下げることにつながります。

あえてこの時間帯に取引をする場合には、この時間帯はレンジ相場になりやすいため、逆張りで狙うことで勝率を上げることができます。

ザオプションの取引時間まとめ

この記事のここまでの内容をまとめるでござる!

この記事のまとめ

ザオプションの取引時間は朝7:00~翌日朝6:00まで

  • アセットごとに取引の開始時間は異なる
  • システム上、16時ごろに短期取引ができなくなるときがある

取引時間ごとに相場の特徴がある

  • 市場開始直後は大幅な値動き
  • ニューヨーク市場は安定して値動きが大きい
  • 週末、週明けは窓開け・窓埋め時間帯がある
  • ゴトー日はドル需要が高まる

おすすめの時間帯とおすすめできない時間帯

  • おすすめの時間帯はニューヨーク市場+ロンドン市場時間帯(22:00~26:00)
  • おすすめできない時間帯は東京時間帯(9:00~15:00)

ザオプションの取引時間はほぼ24時間ありますが、すべての時間帯が取引に適している時間帯ではありません。

それぞれの取引時間の特徴を知り、何度も取引に挑戦することで、少しずつコツをつかみ、勝率を上げることができるようになるはずです。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる