ザ・オプション

ザ・オプションはペイアウト率が低いってホント?ハイローと比較してみました

ザオプションのペイアウト率は、今一つという口コミも見られます。確かに、業界トップクラスのハイローと比べると今一つかもしれませんが、業界全体で見ればそうでもありません。

今回はザオプションのペイアウト率を、ハイローと比較をしてみました。口座開設時の参考にしてください。

ザオプションのペイアウト率

最初に、ザオプションのペイアウト率を、オプション別に確認していきましょう。
ただしザオプションのペイアウト率は、変動するので注意をしてください。
ペイアウト率はすべて2020年6月中旬現在の数値です。

HIGH/LOWのペイアウト率

ザオプションのペイアウト率は、銘柄によっても異なります。

取引時間 ペイアウト率 通貨ペア
15分
1時間
85% NZD/JPY、SILVER
82% GOLD、BITCOIN
80% AUD/JPY、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/JPY、
EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/USD、
USD/JPY
77% AUD/NZD、EUR/CHF、GBP/CAD、USD/CAD、
USD/CHF
1日 90% EUR/USD、GBP/USD、USD/JPY、
85% AUD/JPY、AUD/NZD、AUD/USD、EUR/AUD、
EUR/CHF、EUR/JPY、GBP/CAD、GBP/JPY、
NZD/USD、USD/CAD、USD/CHF、SILVER
82% GOLD、BITCOIN

HIGH/LOWのペイアウト率は、77%~90%です。70%台のペイアウト率があると、目立ってしまいます。すべてが80%台以上でしたら、見た目の印象も変わったかもしれません。

短期のペイアウト率

短期も銘柄ごとにペイアウト率が異なるので、一覧表で確認をしましょう。

取引時間 ペイアウト率 通貨ペア
30秒 83% AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、
NZD/USD、USD/JPY、EUR/AUD、GBP/USD、
NZD/JPY、EUR/CHF、EUR/GBP、GBP/CAD、
USD/CAD、USD/CHF、GOLD
80% GBP/JPY
60秒 83% EUR/CHF、EUR/GBP、GBP/CAD、USD/CAD、
USD/CHF、GOLD
82% AUD/JPY、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/JPY、
EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/JPY、
NZD/USD、USD/JPY
2分
3分
5分
83% EUR/CHF、EUR/GBP、GBP/CAD、USD/CAD、
USD/CHF、GOLD
77% AUD/JPY、AUD/USD、EUR/AUD、EUR/JPY、
EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、NZD/JPY、
NZD/USD、USD/JPY

AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、NZD/USD、USD/JPYに関しては、ペイアウト率最強キャンペーンと称し、96%で取引がされています。
一覧表は普段のペイアウト率による、83%で作成をしたので注意してください。

主要通貨であるUSD/JPYのペイアウト率が低いのは気になります。初心者の方は、親しみやすい通貨で取引される可能性が高いと思いますので、もうちょっと高ければ嬉しいかなというイメージです。

スプレッドHIGH/LOWとスプレッド短期のペイアウト率

スプレッドHIGH/LOWとスプレッド短期のペイアウト率は100%で固定されています。
スプレッドは相場の状況に応じて変動されますが、ペイアウト率は一律100%で変動しません。

ハイローと比較してみた

それでは、ザオプションとハイローのペイアウト率を、似たオプション取引同士で比較をしていきましょう。

HIGHLOWのペイアウト率で比較

ザオプションは「HIGH/LOW」、ハイローでは「High/Low」と呼ばれているオプションが似た取引です。

ザオプション ハイロー
15分 77%~85% 85%
1時間 77%~85% 90%
1日 82%~90% 80%~95%

全体的にハイローの方が、高いペイアウト率と見ることができます。
判定時刻が1日の取引に関しては、ハイローも銘柄によってペイアウト率が変動しますが、主要取引である通貨ペアに関しては95%です。
この点からも、ハイローのペイアウト率の高さがうかがえます。

短期取引のペイアウト率で比較

次に、海外バイナリーオプションの魅力でもある、超短期取引のペイアウト率を比較しましょう。
ザオプションは「短期」、ハイローは「Turbo」と呼んでいます。

ザオプション ハイロー
30秒 80%~83% 95%
60秒 82%~83% 90%
2分 77%~83%
3分 90%
5分 85%

通常期のペイアウト率は、ハイローの方が断然高いことがわかります。すべての判定時刻に対し勝っている状況です。

ただ取引できる銘柄は、ザオプションが16種類、ハイローが7種類と倍に近い数となっています。
いろいろな銘柄で取引をしたい人は、ザオプションの方がおすすめかもしれません。

次は、初心者の方が一番取引するであろうとも言える、USD/JPYのペイアウト率を比較してみましょう。

USD/JPYのペイアウト率で比較

主要通貨はいくつかありますが、初心者の方が多く取引をするのが、USD/JPYではないでしょうか。
そこで、USD/JPYに絞ってペイアウト率を比較してみましょう。

ザオプション ハイロー
15分 80% 85%
1時間 80% 90%
1日 90% 95%
30秒 83% 95%
60秒 77% 90%
2分 77%
3分 77% 90%
5分 77% 85%

すべてにおいてハイローが上です。
ペイアウト率に関するキャンペーンが行われることで、ザオプションが高いペイアウト率になることもありますが、普段のままではハイローの方がお得に見えます。
とくに、1分から5分の取引をする場合は、70%台ということが目立ってしまうのではないでしょうか。やはり、80%を切るペイアウト率に低いかな?というイメージを持ってしまいます。

ザオプションのペイアウト率は低い?

ハイローとペイアウト率を比較すると、ザオプションが低いように見えるかもしれませんが、決して低いわけではありません。

ハイローが高い

海外業者の中でも人気がひときわ高いハイロー、ペイアウト率の高さも評価に入ってこその人気です。ザオプションがペイアウト率で勝負を挑んでも、現在はかないません。

ならザオプションのペイアウト率が低いの?と言われるとそうではなく、ハイローが強すぎるというイメージです。ハイローのペイアウト率は、断トツで高い数値を誇っています。

他の業者と比べるとザオプションも引けを取らない

ハイロー以外の業者と比べると、ザオプションのペイアウト率は決して低いものではありません。それどころが高い数値を誇っています。
詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事
ファイブスターズマーケッツの口座開設の手順【2020年最新版】

土日にバイナリーオプションが取引できたらと考えている人には、ファイブスターズマーケッツがおすすめ!銘柄は限定されますが、土日に取引ができる数少ない業者の一つです。平日は本業が忙しいという人は、ファイブ ...

続きを見る

ザオプションは、これからの業者です。利用者が増えることで、ペイアウト率も向上していくのではないでしょうか。ハイローという追う目標があるのは、成長を早めます。

海外業者の中では、ナンバーツーのイメージがありますが、いつまでもその地位に甘んじているとは思えません。それは、プラットフォームの再開発を行ったなどの、テコ入れからもうかがえます。

取引画面にインジケーターが表示できることで、取引しやすくなったトレーダーも居るはずです。ペイアウト率が少々低くても、勝率が上がるのならば、ザオプションを選ぶ人もいるのではないでしょうか。

ハイローには現段階で劣ってはいますが、これから先に期待が持てるのは間違いありません。

ハイローオーストラリア【ハイロードットコム】

画像の説明文

バイナリーオプション業界の老舗業者。
設立以来日本人トレーダーから圧倒的な支持率。
マーシャル諸島金融ライセンス取得。口座開設で5000円の出金条件なしキャッシュバック。ペイアウト率業界最高。無料のデモ機能搭載。

ザ・オプション【theoption】

画像の説明文

利用ユーザー増加中の人気業者。
登録不要のフリーデモ機能搭載。

マーシャル諸島金融ライセンス取得。豊富なボーナス&キャッシュバックキャンペーン。転売機能搭載で高いユーザビリティ。

-ザ・オプション

Copyright© バイナリーオプションおすすめランキング2020 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.