>>ザオプションで期間限定キャンペーン実施中<<

ザオプション本物の公式サイトはこれ!偽サイトに注意!

検索したらザオプションの公式サイトがすぐ出てきたわ!早速登録ポチーっと!

早まってはいかんでござる!!ザオプションには公式サイトと見せかけた偽サイトが存在するのでござる!

恐ろしいことに、ザオプションへアクセスしようとすると、多くの偽サイトみつかり、その中にはまるで公式サイトのような見た目で個人情報の入力を求めるような恐ろしいページも存在します。
ほぼ偽物と本物の区別はつきません。

偽サイトへのアクセスには、詐欺や個人情報の抜き取りなど、多くの危険があるので注意が必要です。

この記事では、ザオプションの公式サイトと偽サイトの見分け方を詳しく解説していきます。

目次

本物のザオプション公式サイトのURL

まずはザオプション公式サイトのURLを確認しておきましょう。以下が本物の公式サイトのURLです。

ザオプション公式サイトのURLは「https://jp.theoption.com/ja-jp」です。

「https://jp.theoption.com/ja-jp~~~~」 に続いてたくさんの英語や数字が並んでいる場合がありますが、末尾は識別番号です。

とにかく 「https://jp.theoption.com/ja-jp 」という部分がこの通りに表示されているか確認しましょう。

ザオプション(と思われるサイト)にアクセスしたら、本当に公式サイトなのか、必ずURLを確認しましょう。

ザオプションの公式サイト検索結果
ザオプションのgoogle検索表示結果
ザオプションの公式サイトURL部分
ザオプションの公式サイト上部URL

ザオプション公式サイトにアクセスしたら、まずはURLの確認!これは基本ね!

実際には表示されるURLの偽装も簡単にできてしまうため、ただURLが正しいからといって何でも情報を入力するのは危険です。

しかし、かならずURLをチェックするようにすることによって、かなり高い確率で偽サイトへのアクセスを防ぐことができます。

ザオプションの偽サイトと本物の見分け方

業界最大手のハイローオーストラリアともなると、数多くの悪質な偽サイトが存在しています。
実際に検索してURLを見るだけでも、「公式サイト」と書いてある偽サイトだらけである現状がすぐに分かると思います。

そして、どれもそのクオリティは高く、一見しただけでは公式サイトとの見分けはつきません。

偽サイト多すぎ…。ザオプションはどうなの?

URLを確認する

ザオプションに本物を偽装している偽サイトは存在します。
実際に多くの方が使っているであろうgoogle検索を試し、偽サイトを探してみました。

その結果、ザオプションの悪質な偽サイトは見つけることはできませんでしたが、公式サイトではない怪しいURLはいくつも見つけることができました。

ザオプションの公式サイトではないサイト
ザオプションの公式サイトではないサイト

公式サイトだと思いクリックしてみると、「一瞬違うサイト」にアクセスし、そこからザオプション公式(と思われる)サイトにアクセスしています。

移動先は公式サイトみたいだけど、やっぱり、なんだか不安よね。

怪しいサイトへのアクセスは極力控えることが安全にインターネットを利用するための基本です。

何かおかしい。何か怪しい。」

そう感じるサイトであれば、一度「戻る」で検索ページに戻り、URLを確認してからアクセスしましょう。

google検索の表示のされ方を知る

ザオプションの検索結果での表示のされ方についても解説しておこう。

インターネットを検索したとき、ザオプションの公式サイトは「theoption」というタイトルで公開されています。そして、さらにその上にはサイトのURLが表示されています。

このサイトのタイトルに加えて、上にあるURLがどちらも正しいものであるかを確認しましょう。

ザオプションの公式サイト検索結果

ザオプションの公式サイトはgoogle検索したときには一番上に表示されません。「theoption」というタイトルと、URLを確認してからアクセスすることで、安全に公式サイトに移動することができます。

googleデベロッパーツールでURLを確認する

URLで確認もできたしこれでもう安心ね!

まだ油断してはいかん!URLの表示は簡単に偽装できてしまう!その見破り方を教えてしんぜよう。

画面上部に表示されるURLは偽装することができるため、さらに安心して利用するためにはgoogleデベロッパーツールでサイトのセキュリティ証明書を確認する方法があります。(PC版のみ可能)

ザオプションの公式サイトで確認していきましょう。

お使いのパソコンがwindowsであれば、「ctrl+shift+I」、Macであれば「Cmd+Opt+I」を同時に押すことで、googoleデベロッパーツールの画面を開くことができます。開いたら、下のような画面が表示されるはずです。

デベロッパーツールを開いた画面

画面の右上にあるメニューバーから、「Security」を選択しましょう。ここからサイトについてみていきますが、まずは、Securityの左下にある南京錠のマークが正常に表示されているか確認してください。下の画像のように、緑の南京錠が正しく表示されていれば、「このサイトのセキュリティはバッチリです!」という証明です。

ここまで確認出来たら、今度はさらにその下にある「View certificate」をクリックしてセキュリティ証明書をチェックしていきます。

デベロッパーツールのセキュリティを開く

すると下のような画面にが表示されるので「詳細」→「サブジェクト」を選択しましょう。

詳細のCNを確認する

サブジェクトを開くと「CN = *.〇〇〇〇〇.〇〇」という文字列が表示されているはずです。この〇に入るのが証明書の持ち主であるので、サイトURLの https://jp.theoption.com/この部分と同じ表示になっているのか確認しましょう。

URLが偽装されている場合には、異なる英語が表示されます。

偽サイトにアクセスさせるフィッシング詐欺に注意!

偽サイトにアクセスさせるための定番の手法が「フィッシング詐欺」です。

ザオプションのような、ハイローに比べるとまだまだ知名度の低い業者はこれから人気が出てきて新規でトレーダーデビューするユーザーも多いことから、悪徳フィッシング詐欺業者のターゲットにされやすくなっています。

フィッシング詐欺の定番の流れを紹介します。

  1. ザオプションを名乗るメールが来る
  2. ログインして情報を更新してくださいという内容が書かれている
  3. ユーザーがログインするとIDとパスワードが悪徳業者にばれてしまう

フィッシング詐欺はメールによってユーザーを不安に陥らせ、ログイン情報や住所、氏名、銀行口座情報や資金に関する情報などを抜き取るもので、メールから個人情報を抜く偽サイトに誘導するのが定番の手法です。

以下のような場合には要注意です。

いつもと違うメールアドレスからメールが送られてきた。
なんだか日本語がおかしい。
ユーザーを不安にさせるような内容が書いてある。

メールの内容を少しでも不審に感じたら、公式サイトからサポートに問い合わせるのが賢明だろう。

ザオプション側としてもこのような悪質な詐欺行為は常に監視しており、ユーザーからの情報があればすぐに注意喚起メールやお知らせを発信してくれるはずです。

ザオプションの偽サイトにログインしてしまったら

「ログインしたけどサイトの表示がおかしい。偽サイトのようだ。」

偽サイトにログイン機能があり、入力してログインしてしまった段階で、最低でも、入力した情報は盗まれたと考えましょう。

もし万が一偽サイトにログインしてしまった場合には、落ち着いて対応を進めます。

  • すぐにザオプションのサポートに問い合わせ、事情を説明する
  • サポート、または自身で入金・出金状態を確認する
  • 資金に不正な動きがあった場合には、「国民生活センター消費者ホットライン(電話番号188)」に連絡をする

資金が引き出されていたり、怪しい入出金が行われていた場合、自分一人で対処するのはまず無理です。

すぐに消費生活センターへ連絡を取ります。

ザオプションの公式サイト・偽サイトのまとめ

  • ザオプションのページの正しいURLを知る
  • google検索はタイトルとURLを確認する
  • デベロッパーツールで証明書を確認する
  • 何かあったら消費生活センターへ連絡

バイナリーオプション業界の中でも特にザオプションの人気はどんどん高まってきており、ハイローオーストラリアのように偽サイトが次々と登場してくることが予想されます。

今のうちから慎重に利用するクセを付けておきましょう!

安心してバイナリーオプション取引をするためにも、日ごろから記事で紹介したようにインターネットは気を付けながら利用していきましょう。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる