>>ザオプションで期間限定キャンペーン実施中<<

ザオプションはMT4不要!?取引画面で使えるインジケーターを解説

ザオプションは、ハイローオーストラリアの次に人気高い海外バイナリー業者です。

  • 口座開設後10回の取引で5,000円キャッシュバック
  • bitwallet入金・出金で手数料無料
  • 取引画面で使える便利なインジケーター搭載

取引画面にチャート表示ができる事から、別途PC上でMT4を表示させなくても分析ができます。

外部リンク:メタクオーツ社【MT4】

本記事ではそんな、ザオプションではMT4が不要なのかというテーマで詳しく解説していきます。

チャート表示ができるとはいってもMT4が必要になる者もいる。詳しく見ていくでござるよ。

目次

ザオプションでMT4は不要

ザオプションでは、取引画面にチャートが表示されます。

上画像のように、ラインチャートで価格の値動きが示される仕組みです。

ラインは通常の1本線というラインとエリアラインという色付きのものから選択できます。

ハイローオーストラリアのチャートからすればずいぶん見やすいですね!

デザインはシンプルでござるな。チャートが見やすいからザオプションの取引画面だけを見て取引する者もいるでござるよ。

それぞれの銘柄の判定時間を変える事で、表示される時間軸も異なる仕組みです。

・短期判定→時間軸が狭い
・長期判定→時間軸が広い

判定時間ごとにそれぞれのチャートを分析できるので、別途MT4を見ずにエントリーする方も多いです。

そのため、普通に取引をするだけならザオプションでMT4は不要です。

ザオプションでMT4を使うべき人

しかし、ザオプションで以下の機能は使えないので、MT4を用意して分析した方が良い方もいます。

別途MT4を使うべき人
  • ローソク足で分析をしたい人
  • 複数の時間足で分析をしたい人
  • 複数銘柄の分析をしたい人

MT4を使うべき人①ローソク足で分析をしたい人

ザオプションのチャートはラインで表示されるので、ローソク足で分析をしたい人はMT4を用意しましょう。

トレードをする人ってほとんどローソク足で分析していますよね。どうしてなんですか?

ローソク足には投資家の心理状態や次の値動きに対する売買シグナルが表現されているものだ。

ローソク足のヒゲ、大きさ、形の全てに意味があると言われています。

FXにだけではなく、短期判定のバイナリーオプションでも重要な要素と言えるでしょう。

ザオプションのチャートは見やすいですが、ラインでしか表示できないので、投資家心理や売買シグナルの察知には向いていません。

MT4を使うべき人②複数の時間足で分析をしたい人

ザオプションのチャート画面には、1つの選択した銘柄しか表示ができません。

バイナリーオプションの取引では、幅広い視点から根拠を付け足してエントリーする事が重要となります。

同じ銘柄でも、1分足や5分足といった複数の時間足を表示させ、値動きの動向やチャートの形を見る事で有効な分析ができるのです。

ローソク足表示できない事もそうだが、選択した判定時間からの時間軸しか見れないのは大きなデメリットでござる。幅広い視点で取引する際には向いていないぞ。

そっかあ。上位足とか確認したい時はやっぱりMT4が必要なんですね。

MT4を使うべき人③複数銘柄の分析をしたい人

前述した複数の時間足に共通する事もありますが、ザオプションのチャートには複数銘柄の表示ができません。

ザオプションの取り扱い銘柄(HIGHLOW取引) 
  • 通貨ペア→15種類
  • 商品先物→2種類
  • 仮想通貨→1種類

取引する銘柄が1~5種類ほどと絞っている方であれば、ザオプションのチャートから取引をすれば良いでしょう。

しかし、取引銘柄を絞っておらず「チャンスが来た銘柄でエントリー」というスタイルであれば、別途MT4を用意しておいた方が良いです。

ザオプションの取引画面でいちいち銘柄を切り替えて分析をしていると、取引チャンスが来た時に逃してしまう可能性があります。

MT4であれば時間足はもちろん、複数銘柄の表示も問題なくできるので、少ないチャンスで瞬時にエントリーしたい方は導入をしておきましょう。

バイナリーオプションは特に瞬時の売買チャンスを逃さない事が大事でござる。トレード環境に拘りたいのであれば必ずMT4を使った方が良いぞ。

MT4をダウンロードサれる方は、バイナリーオプションのMT4ダウンロード方法の解説記事がありますので是非御覧ください。

ザオプションで使えるインジゲーター

ザオプションでは、以下3種類のインジゲーターが表示できます。

・RSI
・移動平均線
・ボリンジャーバンド

3種類ですか?結構少ないですね。

上記3つ以外のインジゲーターを駆使して取引したい者はザオプションのチャートだけでは物足りないでござるな。

しかしこの3種類のインジゲーターは、短期判定のバイナリーオプションで有効に活用できるものです。

以下では、PCが1台しかなくザオプションチャートのみで取引をしたい方向けに、それぞれの特徴を解説します。

RSI

RSIは、短期判定のバイナリーオプションで高い人気を誇るインジゲーターです。

相場の買われすぎ売られすぎを示してくれるので、逆張り手法で多く用いらます。

RSIが規定の上線を越えたら買われすぎ、規定の下線を超えたら売られすぎと認識できるぞ。

なるほど!そのタイミングが逆張りチャンスってことですね。

ザオプションでは、RSIの期間を数字を入力すれば自由に変更ができます。

デフォルトでは期間14となっていますが、自身の手法によって変える事で効率の良い相場分析が可能です。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、アメリカのアナリストであるジョン・ボリンジャー氏が提唱したテクニカル指標です。

RSIのようにサブチャートで表示されるのではなく、メインのチャートへ表示されます。

線の中に価格が収まる確率を示した指標であり、バイナリーオプションの逆張りでも有効に使えます。

ボリンジャーバンドの使い方は、バイナリーオプションのボリンジャーバンド活用法記事をご覧ください。

ザオプションではデフォルトで2σのボリンジャーバンドが表示できるでござるよ。RSIのように自由に期間と偏差設定ができるから、手法に合ったものを使うと良いでござる。

単純移動平均線(SMA)

移動平均線とは、期間の価格の平均値を結んだ線を指します。

一般的にはFXや株でトレンドを分析する際に用いられますが、バイナリーオプションの逆張りでも有効です。

複数の線を表示させてトレンドの強弱を見たり、反発ポイントとなる線を見極める事でエントリーポイントを探せます。

移動平均線には2種類あるが、ザオプションの線は単純移動平均線となっている。指数移動平均線を使いたい者はMT4で別表示させると良いな。

単純移動平均線 ….?
どんな特徴があるんですか?

単純移動平均線は期間ごとの価格のみで算出されます。

それに対して指数移動平均線は、最新価格に重きを置いて算出される事から値動きに敏感という特性を持つのです。

敏感に反応する指数移動平均線の方が短期取引のバイナリー向きと考える方も多く、重宝されている傾向にあります。

ザオプションはMT4がなくても攻略できる

ザオプションのチャートについて解説をしましたが、結論を言うとザオプションチャートだけでの取引はできます。

・インジゲーターをザオプションで使えるもののみ使用する人
・ラインチャートで取引ができる人

上記のような方であれば、わざわざMT4を使わなくても1台のPCで取引可能です。

PC1台できるのはいいですが、実際にそれで勝てるのかは不安ですね。

バイナリー取引の手法に正解なんてものはないでござる。最終的にその手法で勝てていればいいんだぞ。

ラインチャートを使ったザオプションでの取引でも、利益を上げている方は一定数います。

MT4を使った取引が推奨されているのは一般論のため、最終的に勝てていればなんでも問題ないと言えるでしょう。

しかし、ザオプションの画面だけでは相場を見渡す視野が狭くなることは事実です。

最初はMT4を使って手法を確立して、徐々にシンプルな手法にしていくと良いでしょう。

ザ・オプション攻略記事で詳しい攻略方法を解説しているので参考にしてみてください。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる