【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ザオプションは稼ぎすぎで凍結する?稼ぎすぎの危険性と凍結理由を完全解説

ザオプションで稼ぎ過ぎると凍結になるのかを解説します。

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

この手の考え方で難しいのが、稼ぎすぎがいくらからということ、凍結した理由が稼ぎすぎだからと判断できるかがポイントです。

ザオプションの凍結理由はいろいろとあります。凍結理由もまとめましたので、取引の参考にしてください。

目次

ザオプションで稼ぎすぎは危険?

ザオプションに限らず、稼ぎすぎることで口座が凍結する危険が、海外バイナリーオプション業者にはあります。

言葉が適切ではないかもしれませんが、バイナリーオプションではトレーダーの損失が業者の稼ぎです。
「ザオプションの収入はトレーダーの負け分」この方式があることを忘れてはいけません。稼ぎすぎのトレーダーは、バイナリーオプション業者にとって損失の原因です。

では、ザオプションの立場で考えてみましょう。自分がザオプションの立場ならば、稼ぎ過ぎのトレーダーをどう思うでしょうか。
できれば取引をして欲しくない、そう誰もが思うはずです。業者として収益がなければ社員の給料すら払えず存続ができなくなります。考え方としては当然です。

それでは稼ぎ過ぎるトレーダーに対し、どのような対応をすればよいのでしょうか?
店舗を構えて営業をしているお店ならば、来店を断ればいいのですが、ネット上で繰り広げられる取引にそれはできません。
口座を凍結させ取引をできなくするという考え方が、自然の流れと言えます。

ザオプションに限らず、海外バイナリーオプション業者は稼ぎすぎのトレーダーに対し対処内容への差はありますが、
凍結の処置をとるはずです。では、いくらから稼ぎすぎと判断されるのでしょうか?

稼ぎすぎはいくらから?

ザオプションでの稼ぎすぎに対し明確な情報はありませんでした。
凍結された金額は、トレーダーによってまちまちです。

稼ぎすぎはいくらからと明記していない

どこの業者にも言えますが、稼ぎすぎの金額をいくらからと定めている業者は一つもありません。
稼ぎすぎたら口座を凍結させるなど、業者の立場からすれば公表できない気持ちもわかります。

このようなTwitterの口コミを見つけることができました。

ザオプションってヤバイなあ。
たった18万ほどプラスになっただけで出金拒否とか…
よっぽどお金がないのね。
ハイローオーストラリアが一番だわ。 pic.twitter.com/gzeesSnhVe

— ホノボノン (@BAMBINA0083) March 5, 2020


稼ぎすぎと言っても18万円で凍結するとは考えられません。
何かしらの凍結理由があったものと考えることができます。

それは、次のような口コミがあったことからもわかります。

mokaバイナリー★~負け続けた歴史の夜明け~ : ザオプションから出金しました! https://t.co/ErFg2NUREN pic.twitter.com/kCc3SHZ6lt

— mokaFx.Hyena (@MokafxH) May 3, 2018

実際に何十万という金額を出金している人がいました。やはり稼ぎすぎのラインをみつけるのは難しいようです。

稼ぎすぎが問題ではなく手法が疑われたのでは?

ここまでで考えられるのは、稼ぎすぎの金額が問題なのではなく、そのプロセスが疑われたのではという点です。

ザオプションに限ったことではありませんが、稼ぎすぎで口座凍結になった口コミを見ると、その金額には開きがあります。
つまり、その稼ぎ方に問題があったのでは?という見方ができるわけです。

理論的には、バイナリーオプションは短時間で数百万まで稼げる投資ですが、それを現実にするのは中々できることではありません。
取引に何らかの不正を行ったのでは?と業者側が考えるのも不思議ではないことです。

その際に業者側が疑うのは、自動売買ソフトの存在かもしれません。
出金依頼の申請があると、ザオプションでは過去の取引内容を調査します。
不正が見られない取引内容ならば、即座に出金申請はとおり、おかしな点が見られると時間がかかるようです。

ザオプションでは以下のように公表しています。

ご利益分の出金依頼に関しましては、弊社の裁量により適切なお時間をいただく場合がありますことをご了承ください。

引用元:ザオプション「入出金方法」

過去の取引履歴を調査し、不正があると判断されれば口座は凍結と判断されます。

限定で凍結する業者もある

利用者の多いハイローオーストラリアでは、限定凍結という言葉があります。
稼ぎすぎると、エントリーが5,000円に限定されることを指し、完全凍結のように取引ができなくなるわけではありません。ただこの限定凍結の場合も、いくらからが稼ぎすぎという明確な公表はされていません。

ザオプションにも限定凍結の採用があるのか、いろいろと口コミを調べてみましたが、ツイートしている人は確認できませんでした。
稼ぎすぎになる前に凍結してしまうのかもしれません。稼ぎすぎの金額については、どこの業者もブラックボックスです。結論をだすことは、トレーダー側にはできません。

ならば、ザオプションを利用するにあたり気を付けることは、口座凍結になるような行為をしないことではないでしょうか。
ここからは、ザオプションで口座凍結になる理由を解説していきます。

ザオプションの凍結理由

ザオプションが凍結するにはいくつか理由があります。
凍結を避けるためにも確認をしておきましょう。

マネーロンダリングなど

ザオプションの入金などで、詐欺まがいな利用をすればザオプションの口座は凍結します。

マネーロンダリング、クレジットカード詐欺、換金目的が疑われると判断された場合(取引回数が著しく少ない、入出金回数や入出金額が異常に多い、少ない取引回数のまま入出金を繰り返す、明らかに取引目的ではないと判断される等)は、口座を凍結させて頂く場合がございます。

引用元:ザオプション「契約条件」

これは犯罪なので仕方ありません。意味のない入金を繰り返すのには注意をしてください。

ザオプションが公表している凍結理由

ザオプションは、利用規約で次のように凍結理由を公表していました。

内容を見るとわかりやすいものもあります。
例えば本人確認書類の偽造など、行ってよいわけがありません。重複口座も凍結理由としては当然です。
取引目的でないのも先ほどのマネーロンダリングを指していることがわかります。

難しいのは、手法が絡んだ取引に関しての内容です。自動売買取引ツールの利用をザオプション側がどのように判断するのかがポイントではないでしょうか。
例え利用をしていないとトレーダー側が旨を張って言えても、ザオプション側が疑うこともあるようです。

連打取引は危険?

連打取引とは、数秒間に同じポイントでエントリー繰り返すことを言います。そして、連打取引を利用したら口座が凍結されたという内容も多く見られました。
この連打取引は、先ほどの利用規約をみても明確に名指しで禁止をしているわけではありません。もしかすると、不自然な取引とみられたか、自動売買ソフトの利用を疑われたと考えることができます。

連打取引を推奨するサイトもありますが、最近は暗黙の了解で禁止をしている業者がほとんどです。利用規約を読んだだけでは判断できない取引手法もあるので、注意をしましょう。
ひとまず連打取引だけは利用しないことが賢明な判断です。

まとめ

ザオプションに限ったことではありませんが、稼ぎすぎのトレーダーには、凍結を考えるのが自然です。ただ、その金額と口座凍結理由をどのように当てはめるかはブラックボックスなのかもしれません。

しかし、普通に稼げている人もいます。大切なのは、疑わしいと思われるような取引手法を利用しないことです。正攻法でザオプションを攻略しましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる