【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ザオプションが撤退の可能性あり!?サービス終了するって噂はホント?

近年、撤退するバイナリーオプション業者が増加しています。

バイナリーオプション業界の風当たりが非常に厳しい中で、ザオプションは運営を続けなければいけません。
そのため今後撤退するのではと頭をよぎるトレーダーもいるのではないでしょうか。

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

推測ですが、ザオプション自らが撤退を決断するのは考えにくいです。
その理由の一つにザオプションのサービス向上があげられます。

今回はバイナリーオプション業界の動向と、撤退の可能性が低い理由を解説していきます。

目次

ザオプションの撤退の可能性

現状だと、ザオプションが自ら撤退を考える可能性は極めて低いと言えます。
ザオプションはエストニア金融監督庁に金融機関として認可を受け運営を行っている業者です。

そこまでしてバイナリーオプション取引を提供している業者が、簡単に撤退するとは考えられません。
資金の分別管理を採用するなど、トレーダーの信頼を得るための行動には、抜かりがないように見えます。

さらにサービス面の充実も撤退の可能性を否定します。
デモ口座の提供は、わざわざ準備する必要のないサービスです。開発するにも資金がかかります。

ココがポイント

ザオプションはデモ機能の搭載されたバイナリーオプション業者です。

ザオプションは、デモ口座の準備などプラットフォームの充実に力を入れている業者です。
長きにわたり利用して欲しいからこそ力を注ぐカ所ではないでしょうか。

取引プラットフォームは、ザオプションとトレーダーの真剣勝負の場です。
機能の充実を図るために資金を投入する業者が、撤退を考えるとは思えません。

ザオプションが撤退を考えるときは、業界全体の動向がさらに怪しくなったときではないでしょうか。

最近のバイナリーオプション業界の動向

ザオプションが撤退する可能性があるとすればバイナリーオプションが、金融業界から締め出される状況追い込まれた場合ではないでしょうか。
バイナリーオプション業界の最近の動向を見ていきましょう。

バイナリーオプション業者は稼ぎすぎた

バイナリーオプションは元々海外で生まれ、それが伝わり日本でも流行りだしました。
日本のトレーダーも、ルールが非常に簡単なバイナリーオプションを敷居の低い投資として受け入れ、人気は瞬く間に急上昇しました。
世界中で多くの人が、バイナリーオプションにハマり始めました。

新たに提供をする業者が増え、バイナリーオプションは、凄まじい勢いで口座開設者数を伸ばしたのです。

しばらくすると、各国の金融庁はあることに気が付きます。
それは、バイナリーオプション業者の業績が、あまりにも急激に伸びていることです。

覚えておこう

バイナリーオプション業者の利益は、トレーダーの損失です。

状況はバイナリーオプション業者の一人勝ちではないかとまで思えるほどでした。

トレーダーの中には、多額な借金をする人も増えたようです。
この事実を目の当たりにした各国の金融庁は、国民の生活を守るため取引がマヒするようなバイナリーオプション投資は危険と判断し、禁止する方向に乗り出しました。

世界中で禁止を始めている

バイナリーオプションは世界中で禁止が進められている投資です。
その理由は、短時間で勝負が決することから、投機的な取引になりやすいことがあげられます。

投資ではなくギャンブルのような掛け方をする人が増えたこと、その結果、債務を増やす個人が増え社会問題にまで発展した背景があります。

トレーダーへ気を付けてバイナリーオプションで取引をしてと説明をしても、ギャンブル要素の強い投資なため、聞く耳を持つ人など限られた人です。
ならば取引自体を禁止する方が早いと考えるのは至極当然のこと、日本のような緩い規制ではなく、完全な廃止を行う国が増えました。

強い禁止を強いていない主な先進国は、日本ぐらいしかありません。
日本は、超短期取引を提供する業者は、金融庁が認可しないと規制を発しました。
しかし、アメリカのように海外業者との口座開設を禁止していません。注意喚起にとどまっています。

日本の規制が弱く普通に海外業者と取引できることから、あまり気にされないかもしれませんが、世界中でバイナリーオプションを締め出そうという動きは続いています。

撤退をした業者もある

飛ぶ鳥を落とす勢いのあったバイナリーオプション業者も、世界中の規制を受け、撤退を余儀なくされた業者も少なくありません。
日本のトレーダー向けにサービスを提供していたブローカーも次々と撤退を行いました。

そのたびに日本のトレーダーが「そろそろバイナリーオプションがやばい」と騒ぐほど、撤退をする業者が多かったのです。
日本人の多くが口座開設をしており、はたから見ても業績も十分だろうとわかるような業者が撤退をしていきました。

そのような逆境の時代にもかかわらず、運営を開始したのがザオプションです。

ザオプションの最近の動向

ザオプションが運営を開始したのは2017年、まさに世界中がバイナリーオプションに対し規制を始めたころです。
そのような逆境にも関わらず、日本でのサービスをザオプションは開始しました。
ザオプションの最近の動向を確認していきましょう。

新プラットフォームの誕生

2019年10月、さらなる進化を遂げた最強プラットフォームと題し、新たな取引画面の提供を開始しました。

ココがポイント

従来の取引プラットフォームと異なり、取引ができるチャート上にインジケーターの表示ができるようになったのです。

ザオプションは、新プラットフォームはトレーダー目線で開発をした最強とも呼べる仕上がりだと解説をしています。
確かに、旧プラットフォームと比べると、取引のしやすさは格段に上がりました。

トレーダー目線でサービスの向上を考えない業者ならば、プラットフォームにこだわりません。
開発費がかかるのですから当然です。バイナリーオプションを提供しているほとんどの業者が、取引をする場でテクニカル分析までできるプラットフォームを提供していません。

しかしザオプションは違いました。テクニカル分析ができるプラットフォームを開発していたのです。
このような業者が撤退をするでしょうか。考えにくいことです。

アプリの提供

ザオプションが提供するのは、新プラットフォームだけではありません。アプリの提供も開始しました。
アプリは2種類、「スマホアプリ」と「デスクトップアプリ」です。

あわせて読みたい
ザオプションのスマホアプリが便利すぎる!?ダウンロード手順&使い方を徹底解説 ザオプションでは、スマホアプリの提供がされており、ホームページからダウンロードができます。ただ、パソコンと使い勝手が異なることから、初めての人は戸惑うかもし...
あわせて読みたい
ザオプションのデスクトップアプリのダウンロード方法&使い方【2021年最新版】 ザオプションのデスクトップアプリは、テクニカル分析をしながら取引ができる便利なソフトです。ザオプションで取引をするときは、デスクトップアプリをダウンロードす...

スマホアプリは、Android端末のみの提供になりますが、DLすることでスマホでも簡単に取引ができるようになります。
デスクトップアプリは、取引のしやすさに特化した素晴らしい画面、新プラットフォームにも引けを取らない出来ばえです。

ココがポイント

バイナリーオプションの取引画面にも関わらず、ローソク足チャートが表示でき、さらにはインジケーターの利用も可能としています。

なんと10秒足チャートも準備されており、30秒取引をメインにしている人には嬉しい限りです。

MT4と取引画面のレートがズレると悩まれていた人には、デスクトップアプリがあれば解決します。
取引とチャートが一つの画面で表示さているのです。ズレる心配はまったくありません。

さらに、取引画面を1度に4画面表示させることができます。プラットフォームで取引をする場合は、その都度チャート表示を変更する必要がありました。デスクトップアプリならば、1度に4つの取引画面が表示されるので、そのような手間がかかりません。
まさに取引に特化したアプリが、ザオプションから提供されるようになりました。

多くのキャンペーン展開

さらにザオプションでは、多くのキャンペーンを展開しています。キャンペーンの実施は、トレーダーを増やしたいことの現れではないでしょうか。
多くのキャンペーンを打ち出すザオプションが、撤退をするはずがありません。

あわせて読みたい
ザオプションのボーナスを完全解説【2021年最新版】 ザオプションは、手厚いボーナスが魅力的な業者です。同じバイナリーオプション取引を行うのならば、少しでもお得な方が良いと思いませんか? 多くのキャッシュバックボ...

中には、バイナリーオプション業界の最強ペイアウト率に挑戦と言ったキャンペーンが開催されたことがありました。
このキャンペーン告知から、ザオプションが狙っているのはバイナリーオプション業界ナンバーワンの称号かもしれないと推測ができます。

ココがポイント

充実したキャンペーンを行うことでトレーダー数を増やし、業界のナンバーワンに躍り出ようとしているのでは?とまで思える内容です。

もちろん、運営を続ける上でトップを狙うことはいいことです。それにより業界全体が切磋琢磨しサービスの更なる向上が見込めます。

ザオプションの最近のキャンペーンを見ていると、その思いがひしひしと伝わってきます。キャンペーンの内容と量からも、撤退の可能性は極めて低いと判断できるはずです。

ザオプション撤退しない

やはりザオプションの撤退は考えにくいです。
開発費やキャンペーンなどにいくらの費用が使われているかはわかりません。ただ、それだけ行う業者が簡単に撤退を決めるとは思えないことが理由です。

バイナリーオプションが逆境の中で運営を開始した業者

バイナリーオプションがあれだけの逆境の中、サービスの提供を開始した業者です。
運営を始めるに際し、業界の動向を見るのは当然のこと、ザオプションもその点に抜かりがあったとは思えません。

2017年は、日本でもすでに規制が行われており、諸外国も禁止に踏み切る話し合いがなされているときでした。
誰の目から見ても、バイナリーオプションに対して厳しくなると簡単に予想ができる時期です。にも関わらず、運営を開始した根性のある業者と言えます。

ザオプションの動向が撤退を感じさせない

ザオプションがプラットフォームを発表したのは2019年です。
2019年は、多くの先進国がバイナリーオプションの禁止を打ち出していました。

最近のザオプションのキャンペーン内容は、目を見張るものがあります。
何とか業界で上に行こうという意気込みすら見えてくる内容です。そのような業者が撤退を行うでしょうか。

ザオプションが撤退をするのは、日本の金融庁が禁止をすると発表したときしかないように思えます。

日本の金融庁が日本人に対し、罰則を設けたら撤退をするしかありません。
あくまでも推測ですが、それ以外の理由でザオプションが撤退することはないはずです。

コメント

コメントする

目次
閉じる