>>ザオプションで期間限定キャンペーン実施中<<

ザオプションの引き分け(ドロー・同値)返金に注意!負け判定の場合も!

ザオプションは引き分けで返金される優良業者だと聞いたわ!本当かしら?

ザオプションでは、引き分けでも返金されず、負け判定となることもあるから気を付けるでござる。

引き分け(同値)になった経験を持つトレーダーも多く、ザオプションでは引き分けに対してどのような判定が設定されているのか気になっている人もいるでしょう。

ザオプションでの取引における引き分けの判定方法と、各業者の引き分け判定方法について分かりやすく解説していきます。

目次

ザオプションは引き分けで返金される

「アット・ザ・マネー」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

アット・ザ・マネーとは、市場価格と権利行使価格が等しい状態のことで、バイナリーオプションでは購入時の市場価格と判定時の市場価格が等しく、引き分け状態にあることを指します。

ほとんどのバイナリーオプション業者では、”引き分けは負け判定でござる。

ザオプションでは、短期取引でのアットザマネー(引き分け)は没収HIGH/LOW取引では返金対応です。

ザオプションでの引き分け判定方法についてさらに詳しく解説していくわね!

「ザオプションは引き分けで返金されるからおすすめ!」

といった内容の記載だけがあるザオプションの紹介サイトがありますが、これは半分正しく、半分間違いです。たとえ引き分けであっても、上述したように短期取引を利用していた場合には購入した分の資金は没収となります。

ザオプションの公式サイトから「よくある質問」を確認すると、引き分けに関して以下の内容を見つけることができます。

短期取引ではアット・ザ・マネー判定時は購入額が回収されます。HIGH/LOW取引では購入額が返金されます。

ザオプション公式サイト:よくある質問

ザオプションの引き分け判定の返金方法

引き分けになった!そんな場合にどのように返金されるのかを説明しておこう。

ザオプションで引き分け判定になった場合、購入金額がそのままアカウント口座に返金されます。

アット・ザ・マネー担った場合にはとくに何かやるべきことがあるのではなく、自動的にザオプションのアカウント口座に返金されている状態になるので、すぐに次の取引を進めることができます。

返金は即時反映されるわ!確認してから次の取引を始めましょう!

ザプションの引き分け判定に違いがある理由

あれ?でもどうして取引方法によって引き分けの判定に違いがあるのかしら?

そうだな。まずはザオプションの短期取引、HIGH/LOW取引の判定時間を確認してほしい。

ザオプションの短期取引とHIGH/LOW取引の判定時間は以下の通りです。

取引方法判定時間
短期
スプレッド短期
30秒
60秒
2分
3分
5分
HIGH/LOW5分毎
1日毎
スプレッドHIGH/LOW5分毎
ザオプション取引方法と判定時間

ザオプションでは短期取引とHIGH/LOW取引が提供されており、HIGH/LOW取引でのみ引き分け返金となっています。

表から分かる通り、HIGH/LOW取引は取引時間が短期取引に比べて長いため、短期取引に比べて引き分けとなる確率が低くなります。

特に市場の相場が動かない時間帯や時期に短期取引をした場合には、判定時間が短く相場が動く前に判定時刻となり、引き分けになる確率が高くなります。

短期取引だと、判定時刻になったときに引き分けになる確率が高くなるんだね!業者側にとっては嬉しくない!

短期取引まで引き分けを「負け判定」とすると、結果として業者側が勝率が下がるため、ザオプションでは「引き分けで返金!」というトレーダーへのアピールをしつつ、少しでも利益を向上させるために短期取引での引き分けを負け判定としているのでしょう。

どちらにせよ、引き分けで返金があるというのはわずかでも勝率があがるため、トレーダーにとって嬉しいものでござるよ。

海外バイナリーオプション業者の引き分け判定ルール

やっぱり引き分けは返金の方がお得よね!ザオプション以外の業者はどうなっているのかしら?

日本人トレーダーも多く利用している海外バイナリーオプション業者の引き分け判定方法を確認してみましょう。

業者名引き分け判定
ザオプション短期取引は負け
HIGH/LOW取引は返金
ハイローオーストラリア負け
Bi-Winning返金
ファイブスターズマーケッツHIGH/LOW取引は返金

ザオプションと同じくHIGH/LOW取引において引き分けを返金対応している業者もあるようです。

そしてほぼすべての業者で30秒や1分といった超短時間取引では引き分けを負け判定としており、現状、どの取引方法でも引き分けを返金対応しているという業者はBi-Winning以外にみつかりませんでした。

しかし、意外なことに、業界でも圧倒的な人気を誇るハイローオーストラリアは引き分けで負け判定となっています。

ハイローオーストラリアは引き分けが負け判定であっても、業界No.1の業者なのでござる!

引き分けで返金でもハイローオーストラリアの人気が高い

引き分で没収なのに、どうしてハイローオーストラリアが選ばれるのかしら?

ザオプションは海外バイナリー業界ではハイローオーストラリアに次いで人気です。

単純に考えれば、返金がある業者を選んだほうが勝率を上げることができ、利益を上げやすいように思えます。しかし、それでもザオプションがハイローオーストラリアを越えられない理由があるのです。

ハイローオーストラリアには及ばない

ハイローオーストラリアは他社を寄せ付けない圧倒的なペイアウト率を誇ります。

取引において引き分け返金対応があったとしても、バイナリーオプションで最重要ポイントであるペイアウト率でハイローを上回らない限り、その人気を超えることは難しいでしょう。

当サイトでもザオプションのペイアウト率をハイローと比較しているわ♪

ザオプションを使うべきタイミングもある

引き分けで返金になるザオプションを使うべきタイミングもあるでござる。

ハイローに劣るとはいえ、時間帯や時期によってはザオプションを利用すべきタイミングも存在します。

相場がほとんど動かない時期にはアット・ザ・マネーの確率が高くなり、ハイローとのペイアウト率の差を埋める可能性があります。

年末などの取引がほとんど行われなくなる時期では、通常期よりも圧倒的に引き分けの可能性が高くなります。

この記事で、バイナリーオプションの年末年始取引の相場の特徴も解説してるわ!

ハイローとザオプションのペイアウト率に差があるとはいえ、その差は大きくても5%ほどです。

引き分け判定の確率が高い一部の時期にはザオプション、通常期にはハイローオーストラリアという使い分けをすることで、勝率をさらに上げることができます。

取引時間、取引時期によってトレーダーにとって最も有利な業者を見極めることが大切なのでござる。

ザオプションの引き分け返金のまとめ

ザオプションの引き分け返金について、この記事の内容をまとめています。

  • HIGH/LOW取引の引き分けは返金
  • 短期取引の引き分けは没収
  • 引き分けになると購入金額が即時アカウント口座に返金
  • ハイローオーストラリアに劣るが、ザオプションを使うべきタイミングもある

引き分け返金はザオプションの魅力であり、強みだ。各業者の強みを知ることで、より高い取引スキルを身につけることができるだろう。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる