【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションは「やばい」「やばすぎ」と言われる真相を暴く!

バイナリーオプションは、やばいからやめとけって友達に言われたんだけど…。そう言われる理由ってなんなんだろう?

上記のお悩み・疑問を解決していきます。

この記事では、バイナリーオプションがヤバイと言われる噂の正体を調査し、危険を回避しながら上手に稼ぐ方法を紹介します。

まずは、バイナリーオプションがやばいという噂がどんなものなのか、確認してみましょう。

目次

バイナリーオプションの「やばい」といわれる噂5つ

バイナリーオプションにまつわる、「やばい」と言われる噂をまとめてみました。

  • レートは操作をされているからやばい
  • 若い世代のトラブルがやばい
  • 金融庁が規制をしているからやばい
  • 出金できない業者があるからやばい
  • 多重債務者が増えていてやばい

バイナリーオプションは、簡単で始めやすい投資ではありますが、リスクがあるのも事実です。

しかし、誤解されている情報も噂によって拡散されていたりするのでござる。

まずは、どういった噂が広まっているのかを見ていきましょうか。

レートはバイナリーオプション業者に操作されているからやばい

バイナリーオプションは、業者側が準備したチャートで取引をすることから、レートが操作されているというやばい噂がつきものです。

パチンコにも似たような噂がありましたよね。ホールが当たりを操作しているからやばいとかなんとか…。

噂としては、かなり似ている。そのバイナリーオプション版と言ったところでござる。

勝負する相手が企業になると、どうしても騒がれてしまうやばい噂なのかもしれません。

若い世代のトラブルがやばい

「バイナリーオプションによる、20代から30代のトラブルが増加している」という、やばい噂もよく見られるでござる。


これは簡単に稼げるという言葉から、高額なツールを買ってしまう詐欺が、大学生の間で横行したことが原因です。

  • 簡単で投資初心者でも始めやすい
  • 始めるハードルが非常に低い

このようなことから大学生がターゲットにされたのかもしれません。

実際に言われた通り取引をしたが、稼げないと言った被害が消費者センターに報告された事実があります。

このトラブルは、ねずみ講の要素も含まれており、被害者が加害者側にまわることで横行が止められなかったようです。

大学の友達からの紹介で始め、稼げず何十万も騙されたという被害者が続出しました。その大元は、有名な詐欺集団オプザイルです。

若い世代、とくに大学生の間でバイナリーオプションはやばいという噂になったのは、詐欺が横行したことが原因と言われています。

バイナリーオプションを利用した詐欺が横行したんですね。

金融庁が規制をしているからやばい

日本の金融庁は2013年にバイナリーオプションに対し、超短期取引などの利用禁止を含めた規制を行いました。

金融庁の規制により、バイナリーオプションがやばいという噂も広がったのでござる。

また金融庁は、認可を行っていない海外バイナリーオプション業者に対し、「口座を開設しないでください」と注意喚起をホームページから行っています。

トラブルに巻き込まれた場合、無認可の業者で口座を開設した人にも責任はあるとする意味合いが込められているようです。

日本の金融庁が規制や禁止をするバイナリーオプション、やばいという噂が広まっても不思議ではありません。

出金できない業者もある?

出金できない業者があると言った、やばい噂もあるようですね。


これは国内業者ならば考えられない内容です。この噂は、海外業者を利用している人が、出金ができないと発信をしました。

実際、このような詐欺業者が10年ほど前に蔓延していたのは事実。詐欺業者は摘発され閉鎖したでござるよ。

バイナリーオプションで多重債務者が増えてやばい

バイナリーオプションにより、多重債務者が増えたというやばい噂を見かけることもあります。

先ほどの若い世代も含め、バイナリーオプションで身を滅ぼしたという人がたくさんいるのならば、それはやばい噂です。

バイナリーオプションを利用した、悪質な人に騙されて借金を背負ったケースもあるみたいね。

バイナリーオプションのやばい噂はホント?

やばい噂はすべてホントなのでしょうか?

もちろんホントの内容もあるが、過剰な書き方をされている内容もあると思うのでござる。

大切なのは、バイナリーオプションで稼いでいる人もいるという事実です。
その事実を捻じ曲げることはできません。

では、気になる噂の真相を調査していきましょう。

  • レート操作は考えられない
  • 若い世代のヤバイ噂は本当?
  • 日本の金融庁が規制を出しているのは本当
  • 過去に出金できない詐欺業者があったのは事実
  • 多重債務者が増えたの事実

1つずつ解説していきます。

レート操作は考えられない

レート操作がバイナリーオプション業者側で行われているからやばいという噂。正直、負け犬の遠吠えの可能性が高い。

レート操作をするような悪徳業者が、何年も運営をし続けることは不可能な話でござる。

例えば、バイナリーオプションで有名な海外業者のハイローオーストラリアでは、レートの配信元も公開しています。

レート配信元を公開している以上、業者によるレート操作は考えられません。

ただ、同一配信元よりオプションごとにレート情報を個別に配信するシステムとなっているため、更新タイミングによるズレ等の要因により、必ずしもレートが一致しない場合もある。

このズレが原因で、レート操作と騒ぐ人も多いでござるが、このズレはどこの業者でもありうることなのでござる。

更新のタイミングのズレは、仕方ないのかもしれませんね。

レートの発信元の他にも、時間ごとの判断レート一覧を公表している業者もあります。現在では、「レート操作」は、真実味のない噂です。

若い世代のやばい噂はホント?

大学生の間で詐欺が横行したのは事実です。

上記の記事でも詳しく解説していますが、バイナリーオプションを利用した詐欺は多数報告されています。

この詐欺に伴い、金融庁は注意喚起を呼びかけました。

ただこれは、バイナリーオプションがやばいのではなく、利用された詐欺内容がやばいことが問題です。

詐欺に利用された側にしてみれば、迷惑な話ですよね。

バイナリーオプションを利用した詐欺により、トラブルに巻き込まれた大学生がいるのは事実です。しかし、それをバイナリーオプション自体がやばいに結びつけるのには無理があります。

日本の金融庁が規制をしているのはホント

日本の金融庁が規制をしているって噂はほんとなのかな?

日本の金融庁が規制を行ったのはホントの話でござるよ。


それに伴い、無認可で日本の居住者へバイナリーオプション口座の開設を促している海外業者を個別に名指しし、国民に無登録業者で開設をしないようにと注意喚起もしています。

バイナリーオプションは、確かに投機的な投資かもしれません。

上記の記事でも解説しているとおり、「ギャンブルのような取引になる」のは、利用者に問題があります。

海外のルールの方が、規制された国内よりも稼ぐことができるのは、事実。海外業者を利用すると言った、リスクが追加されますが、よく見極めれば問題はありません。

海外の業者にしろ、日本の業者にしろ、「投資は、自己責任」なのでござる。

規制はホントですが、だからといってバイナリーオプションがやばいわけではありません。

出金ができない業者があったことはホント

出金ができない海外業者が、蔓延した時代が過去にありました。

それも10年ほどの話なので、今でも「詐欺業者!」と騒いでいる人は、バイナリーオプションをよく知らない人かもしれません。

過去のイメージが根付いてしまったんですね。

出金ができない事実がやばい噂となり、バイナリーオプションに悪い影響をもたらしています。

このようなトラブルに遭わないために、気をつけることは3つ

  • 会社概要が記載されている業者を選ぶ
  • 入金前に、出金条件を確認しておく
  • 聞いたことのないような業者で口座開設をしない。

海外業者を利用するときは、よく確認してから取引を開始した方がいいんですね。

国内と勝手が違うのは当然のこと、利用者がその点を理解しておけば問題を回避できます。

海外業者で口座を開設するときは、自分が納得できるまで確認をしてからにしましょう。

多重債務者が増えたのもホント

残念ながら、バイナリーオプションを利用して多重債務者に陥った人がいるのも事実。

バイナリーオプションのルール上、投資額以上に損失を生むことはないのでござる。だから、BOで借金するひとは、BO以外で借金をしてきた人でござる。

FXなどの投資では、レバレッジをかけて大きいリスクを被り「FX破産」をすることはありますが、バイナリーオプションで借金をすることはありえません。

バイナリーオプションで借金する人は、

  • 生活資金まで手をだしてしまい、生活するためのお金を借りた
  • 資金管理ができずに、オーバーな入金をしてしまった
  • クレジットカードで次の月の支払いを考えずに、入金。

どれも、資金管理ができていない素人がついやってしまうことです。


余裕のある資金を利用して為替の勉強をし、冷静な判断を保ちながら取引ができる人ならば、多重債務に陥ることはありません。

コメント

コメントする

目次
閉じる