ソニックオプションの口コミ・評判最新まとめ!【2021年最新版】

海外バイナリーオプション業者が、近年になってサービス改善を進めています。
ソニックオプションも改善を進めた業者のひとつです。では、どのような点が改善したのでしょうか?

今回はソニックオプションの口コミや評判を確認しながら、利用する前に必要な情報を紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

目次

ソニックオプションとは

最初に、ソニックオプションの情報を確認しておきましょう。

サイト名 SONIC OPTION
運営会社 K2 Ventures Limited
住所 Babrow Building The Valley Anguilla British West Indies
金融ライセンス 不明
資金管理 不明
取引種類 「レンジ」「ショート」「ハイロー」

運営に関す情報が少なすぎる印象です。
金融ライセンスは「不明」と記載をしましたが、まず取得はしていません。
取得をしていれば全面的に宣伝をするはずです。

いつからバイナリーオプションの運営を始めたのか、口座を開設する人としては気になります。
しかし、記載は一切ありません。

ソニックオプションは口座開設を受ける側として、必要な情報提供をするべきではないしょうか?
残念ながら、ホームページに記載されている会社概要で、評価できる点は一つもありません。

ソニックオプション公式サイト

公式はコチラ

※クリックするとソニックオプションの公式サイトにジャンプします。

ソニックオプションの良い評判

会社概要は残念でしたが、ソニックオプションには良い評判もあります。
詳しく見ていきましょう。

ソニックオプションの良い評判①:500円取引

ソニックオプションは、500円から取引ができる海外バイナリーオプション業者です。ワンコインでバイナリーオプションが取引できるのは、初心者にとってありがたい話ではないでしょか。

人気の海外バイナリーオプション業者は1,000円からのところが多いなか、500円取引を提供しているのは評判も上がるサービスです。

ソニックオプションの良い評判②:ローソク足チャートの表示

ソニックオプションの取引プラットフォームでは、ローソク足チャートを表示するこができます。

取引画面の下に表示されます。
選べるローソク足チャートは「1分」「5分」「10分」の3種類です。

MT4で綿密なテクニカル分析をしたあと、ソニックオプションの取引画面のローソク足を見ながら取引ができます。トレーダーにとって、利用価値の高い機能ではないでしょうか。評判が高くなる要因のひとつです。

ソニックオプションの良い評判③:デモトレードがある

最低取引額の海外業者は、デモトレードの準備がされていない業者がほとんどです。しかし、ソニックオプションは違います。500円取引にも関わらず、デモトレードを準備しているのです。

使い方は簡単!ソニックオプションのトップ画面から「デモトレード」をクリックするだけです。
口座を開設する前でも利用ができます。

ただし、「ショート取引しかできない」「ローソク足チャートは表示できない」など、リアル取引とは異なる点もあるので注意をしてください。

何にせよ、準備がされていない業者よりも評価が高くなるのは当然です。
勝率を上げるためにも、有効活用をしましょう。

ソニックオプションの良い評判④:出金スピードが早くなった

ソニックオプションは、以前よりも出金スピードが早くなりました。

最短当日に出金ができると、ホームページで宣伝をしています。以前に比べてだいぶ早くなりました。

以前、ソニックオプションが利用規約に提示していた出金日数です。「7営業日から9営業日」もの日数が必要と記載をしていました。それが「最短当日」まで早くなったのです。

ソニックオプションの営業努力ではないでしょか。営業努力をする企業の評判があるのは当然です。
最短当日の出金スピードは、高評価につながります。

ソニックオプションの良い評判⑤:有益情報が頻繁に送られてくる

ソニックオプションで口座を開設すると、有益な情報が登録したメールアドレスに送られてきます。

キャンペーンの告知やアメリカの経済指標発表など、「忘れてた」というような内容が届くのです。
情報が多く受信されるのを、「うざい」と感じる人もいるかもしれません。「うざい」と感じる人は、設定をしてすぐにゴミ箱へ送ればいいだけです。
大切なのは、必要としている人もいることではないでしょうか。ソニックオプションとしては、別に送らなくても良い情報です。もちろん、利用して欲しいからこその送信だとは思います。しかし、営業努力をしている姿は、高評価に値するのではないでしょうか。
評判も上がります。

ソニックオプションの良い評判⑥:ポイントシステムの導入

ソニックオプションでは、不評のボーナスにかわりポイント取引を導入しました。

以前利用していたボーナスは不評

ソニックオプションは、海外業者によく見られたボーナスプランを実施していました。

口座開設後に入金をすると、金額に応じて取引に利用できるボーナスが付与されるサービスです。
しかし高額なボーナスを受取る代わりに、きつい条件を出金時に課せていました。入金額と得たボーナス分を足した金額の、15倍以上の取引実績がボーナスを付与した人へ課せられた条件です。非常にキツイものでした。

しかも、口座開設したときのメールには説明がありません。初回入金時には、大きなボーナスが受取れる説明があるだけ、条件を一切説明しないメールが届きます。

知らずに入金をした人は後から条件を知りました。そして、出金ができないトラブルが続出したのです。

ソニックオプションは、悪評の要因となっていたボーナスを終了しました。「利用規約」にも、ボーナスに関す情報はすべて削除してあります。
そして、新たなサービスである「ポイント取引」が導入されたのです。

わかりやすいポイントシステムは好評

キャンペーンやイベントに参加することでポイントが得られます。得たポイントは、ソニックオプション専用の「ポイントトレード」で利用し円に返還ができるのです。

ログインをしたらポイントトレードを選択するだけ、獲得したポイントを利用して取引をしましょう。
ルールはショート取引と同じですが、ペイアウト率は「1.00倍~」です。どの取引時間でエントリーをしても、「1.00倍~」のペイアウト率が適用されます。

2,000ptを利用した場合、未使用ポイントから2,000ptが引かれます。
トレードで勝利をすれば、ptが円に変わり口座残高へ加算され、負ければ変わりません。取引をすることで口座残高の円に返還できる、わかりやすいポイントシステムです。

悪評が多かったボーナスは廃止されました。現在は、新規口座開設時にも、ポイントシステムが利用されています。

説明したとおり、複雑な条件はありません。悪評をなくすための運営側の努力は、評判を上げてくれます。

ソニックオプション悪い評判

残念ながら、ソニックオプションには悪い評判も多く見られます。確認をしていきましょう。

ソニックオプション悪い評判①:ペイアウト率が低い

ソニックオプションはペイアウト率が低いです。
しかしホームページでは、次のような宣伝をしています。

上記の説明は酷い内容です。次に、下の画像を見てください。

2つともソニックオプションが魅力として紹介している画像です。

あたかもソニックオプションのペイアウト率が高い宣伝をしています。「ある他社サイトの場合」で紹介しているペイアウト率は、ソニックオプションのショートと同じ取引ではないでしょうか。

ソニックオプションが提供する「レンジ」には、取引相場の状況によってレンジ幅がプラスされます。

つまり、勝ちにくくしている取引です。ソニックオプションのレンジ取引と他社の通常取引を比較していることが、経験者ならばすぐにわかります。
しかし初心者ならば騙されるかもしれません。「ソニックオプションはペイアウト率が高い」という誤った情報で、口座開設を決めるかもしれません。

ソニックオプションは、レンジ幅のない通常取引である「ショート」のペイアウト率は「1.75倍~」です。1.75倍は、人気の海外業者に比べると、低いペイアウト率なのがわかります。

あたかも高いペイアウト率に見せようとする方法に、評判は下がると思いませんか?初心者に優しくない宣伝方法は、評価以前の問題です。

ソニックオプション悪い評判②:取引時間が少ない

ソニックオプションは、提供している取引時間が少ないです。

取引方法 取引時間
レンジ 「30秒」「60秒」「90秒」
ショート
ハイロー 「15分」

4種類の取引時間し準備されていません。
なぜでしょうか?バイナリーオプションでは、5分取引の勝率が良いと言われています。勝率の高い取引は提供したくなのかもしれません。

取引時間の選択肢が少ないことで評価が下がるのも当然です。

ソニックオプション悪い評判③:通貨ペアが少ない

ソニックオプションは、選べる通貨ペアも少ないです。

全部で7種類しかありません。

人気のハイローオーストラリアの取引通貨ペアを見てみましょう。

ハイローオーストラリアのHighLow取引には、多くの通貨ペアが準備されています。さすが人気ナンバーワンの海外バイナリーオプション業者、王者の風格です。

通貨ペアが多いと、選べる選択肢が増えます。トレーダーにとって有利な状況です。
さきほどソニックオプションは、ペイアウト率で自ら他社との比較をしていました。都合の悪い箇所を比較しないのは見ていてずるいです。
通貨ペアの少なさが、ソニックオプションの評判を下げてしまいます。

ソニックオプション悪い評判④:転売機能がない

ソニックオプションには転売機能が準備されていません。
海外バイナリーオプション業者の転売機能とは、取引を途中で終了する機能です。人気の海外業者は、取引終了の1分前までに限り転売機能の利用ができます。

ソニックオプションには、15分取引が提供されているので、利用したいと考えるトレーダーも多くいるのではないでしょうか。
しかし、提供していないので利用はできません。転売をするといった選択肢をトレーダー側が選べないのは、評価が下がります。人気の海外業者に追い付くには、トレーダー側が欲しいと思う機能の設置が必要です。

ソニックオプション悪い評判⑤:最低入金額が高い

ソニックオプションは、最低入金額が高額な海外業者です。
ソニックオプションでは、「クレジット決済」「Vプリカ」「銀行振込」「iwallet決済」の、4つの入金方法が準備されています。いずれも「20,000円~100,000円」までの入金金額です。

初心者にとっては、初めてのバイナリーオプションで20,000円の入金は高すぎます。せめて10,000円にしてほしいと考えるのではないでしょうか。
最低入金額が、口座開設のハードルを上げています。5,000円の業者がある以上、ソニックオプションの評判が下がるのは、仕方がありません。

ソニックオプション悪い評判⑥:出金に手数料がかかる

ソニックオプションは、出金に際し手数料が必要です。
以前、20,000円の出金依頼に対し、16,000円が出金されたという情報がありました。引かれた4,000円はソニックオプションに支払ったお金ではありません。リフティングチャージとして、経由した海外銀行の手数料で差し引かれたお金です。

ただ、最近は出金スピードが上がっています。最短当日をうたっていることから、海外送金は利用していないのでは?と考えることもできます。もしかしたら手数料は必要ないのかもしれません。しかし、利用規約には次のような記載がありました。

出金の際、ソニックオプションに必要な送金手数料はキャンペーン中で無料になります。無料は以前から表記されていた内容です。
最短当日~1営業日など、最新の内容に変更されているのがわかります。しかし、一番下には、リフティングチャージの負担に関する記載がありました。現在も手数料が引かれる可能性があるということです。

完全に無料で出金してくれる海外業者もあります。手数料が必要になるのはマイナス評価です。
また、ご入金以上のトレードがなければ出金手続きができないことも頭の中に入れておきましょう。

ソニックオプション悪い評判⑦:出金ができない

ソニックオプションでは、海外業者が一番受けてはいけない「出金トラブル」に関する口コミが見られました。


口コミで気になるのが日付です。ソニックオプションがボーナスを止めたのは2019年、変わり始めたことを意味します。つまり、2019年以前の口コミでしたら、変わる前の悪評かもしれないと考えることもできます。

しかし、2つの口コミは2020年のものです。1件ならばトレーダー側の勘違いも考えられます。ですが残念ながら、2件のツイートが発見されました。

ただ、先ほどの説明にあったとおり、手数料を引かれての入金は確認されています。もしかすると、トレーダー側にも問題があったのかもしれません。ただ、多く海外業者の出金トラブルが言われているなか、2020年になってもトラブルが口コミで見られるのは問題です。
さらに、詐欺業者といった口コミも見られました。

ソニックオプション悪い評判⑧:詐欺という口コミもある

ソニックオプションは詐欺業者と説明する口コミもありました。

「トレード200」「バイナリーキング13」に並んで「詐欺業者」と評されています。トレード200とバイナリーキング13は、評判の良くない業者です。出金トラブルが散見されます。2つと並んで称されたソニックオプションは、やはり問題の有る海外業者なのかもしれません。

出金ができないというレッテルが一度張られると、払拭するのは大変です。先ほどの口コミは2018年にツイートされたもの、ソニックオプションが変わる前の話になります。
変わろうと努力した業者を認めないのは社会風潮てきにもよくありません。しかし、2020年に入っても、出金トラブルが口コミで言われています。

そうなると、口座開設するのは控えた方がいい業者となってしまうのが一般的な考えではないでしょうか。
評判は最悪とまでは言えませんが、口座開設にはもう少し様子を見る方が好ましい海外業者です。

コメント

コメントする

目次
閉じる