【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションは独学で充分勝てる?【おすすめ独学学習法】

バイナリーオプションでなかなか勝てません….独学でやるのってやっぱり難しいんですかね。

そんなことはない。
バイナリーはむしろ独学でやる方がいい投資だ。せっかくだからおすすめの方法や心得を解説するでござる。

本当ですか!
ぜひお願いします。

バイナリーオプションは、レクチャーを受けるなどして教わった方が勝てると考える方が多い傾向にあります。

しかし、レクチャーを受けるのには詐欺業者に当たるなどのリスクが伴うので、独学で学んだ方が遠回りのようで実は近道です。

本記事では、バイナリーを独学で学ぶというテーマでおすすめの方法から心得までを詳しく解説していきます。

目次

バイナリーを独学で学ぶメリット

まずは、バイナリーを独学で学ぶメリットを紹介します。

コンサルやレクチャーを受ける時との違いも併せて見ていきましょう。

自分だけの手法ができる

バイナリーオプションを独学で勉強するという事は、他者の意見には左右されず自分だけの手法が身につけられます。

投資の世界に絶対という言葉はないように、手法や稼ぎ方にも正解はないと考えていいでしょう。

正解があるとするならば、最終的に資金が増えた手法が正解となります。

他者の意見を参考にするとその概念に縛られて自由な考えを持てなくなりますが、独学であれば自由な視点から手法が編み出せるのです。

手法を見つけ出すのは決して簡単なことではないが、しっかり相場と向き合う事で高い勝率のポイントなどが分かってくるようになるぞ。

長い道のりになりそうですが頑張ってみます!

相場分析の能力が向上する

独学はその名の通り、1人で学ぶ孤独な闘いです。

しかし、コンサルやレクチャーを受ける時に比べて相場分析の能力が向上します。

1から自分で道筋を立てていくので、考える力がかなり重要となるのです。

自分なりにどのような手法が勝ちやすいか、もしくは負けやすいかを徹底して検証することで分析の力が伸びやすいと言えるでしょう。

優秀なプロトレーダーの中にも人から教わったというものはいる。しかし結果的に自分で勉強したことが全てであったという共通の考えを持っているでござるよ。

株トレーダーで一躍有名となったcisさんという方は「相場の事は相場に聞け」という名言を残しています。
全ての投資に共通する概念で、自分の世界観の中で相場に向き合う事を重視する事が大事だと考えているようです。

取引が有利になる

独学で自分だけの手法を身につけることは、バイナリーオプション取引を有利にできるメリットもあります。

・約定拒否が発生しにくい
・スプレッドが発生しにくい

バイナリーオプションの投資はどの業者でも、エントリーが集中することで約定拒否が発生しやすくなります。

また、人気No1のハイローオーストラリアでは、約定の集中によりスプレッドが拡大するので取引の期待値が落ちてしまうのです。

巷で高勝率と考えられているトレード手法はすぐに出回ってしまいます。

バイナリーオプションは顧客が負けないと会社の利益にならないので、多くの方に浸透した勝率の高いポイントで対策をしてくるのです。

実際にバイナリー業界人気No1のハイローオーストラリアでは以下のような対策をしてきた経緯があるぞ。

ハイローオーストラリアの対策例
  1. 逆張り勝率が高い時間帯でのメンテナンス
  2. GOLD、AUD/NZDといった勝率の高い銘柄の15分取引廃止
  3. BTC/USD、ETH/USDのTurbo取引でのペイアウト変更

これは勝てる手法や勝率の高い銘柄などが、バイナリーのレクチャーなどで浸透してしまった事が要因となります。

独学で分析や独自手法を身につければ、上記のような対策をされることなく有利な取引ができるのです。

強い手法は口外すると自分の首を絞めちゃうんですね。

おすすめの独学勉強法

次に、バイナリーオプション取引のおすすめ独学方法について解説します。

今勝てておらず悩んでいる方も、これからバイナリーオプションを始める方も、以下を参考にしてバイナリーの勉強を始めていきましょう。

バイナリーの基礎知識を学ぶ

バイナリーオプションを独学で学ぶには、まずバイナリーの基礎知識を押さえておかなければいけません。

最低でも上記の事は押さえておくと良いでしょう。

インジゲーターなんかに関しては、その計算式と役割まで細かく知っておくといいでござるよ。

例)RSIの計算式
→A:14日間の値上がり幅の平均B:14日間の値下がり幅の平均
A÷A+B×100

何が書いてあるかさっぱりです。

無理に全ての計算式を理解する必要はないでござる。ただ、その計算式を見て相場の何を示しているのかを理解しておくことが重要だぞ。

MT4には豊富なインジゲーターが標準搭載されています。全ての機能を理解しようとすると膨大な時間がかかるので、自身が極めたいものに絞って徹底して磨くと良いでしょう。

本を見て勉強する

次は、本を見て勉強するという方法です。

しかし、本やの投資コーナーなどでバイナリーオプション専門の本を見たという方はほとんどいないのではないのでしょうか?

バイナリーオプションは一時的な規制強化やマイナー投資という認識から、専門の本がほとんど出版されていません。そのため、同じ為替取引であるFXの本を見て勉強するのが一般的です。

本を見て勉強する際の注意点や方法に関しては、バイナリーを本で学ぶ(今回提出分の内部リンク)記事にて詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

止まったチャートを動かして分析する

値動きは平日であれば24時間動き続けています。

常に動いているチャートを見る事はもちろん重要ですが、手法の確立をしたい時には不向きです。

手法研究をする際は止まったチャートで検証してみると良いぞ。

土日であればチャートが止まっているので、マウスを横にスクロールするだけで過去チャートの確認ができます。

常にチャートが動いている平日であれば、チャート内を右クリック→プロパティ→チャートの自動スクロールのチェックを外すことで過去チャートの確認が可能です。

インジゲーターなどを挿入して、どのようなポイントで勝っているかを過去相場から検証してみましょう。

止まっているMT4チャートを表示させて、パソコンのF12をクリックするとローソク足1本分動きます。値動き予測をしたい方におすすめの機能です。

独学で学ぶ際の注意点

次に、バイナリーオプションを独学で学ぶ際の注意点を解説します。

独学で学ぶ際は以下の注意点をよく理解したうえで臨むようにしましょう。

短期的に結論を出してはいけない

手法の研究をする際などは短期的な結論を出さない事が重要です。

1つ例となるチャートを見ていくぞ。

検証条件
  • GMMA(複合型移動平均線)が短期線(青)→下、長期線束(赤)→上の下落トレンドを形成
  • サブチャート上に表示したストキャスティクスが70以上でローエントリー

全部次の足で青の陰線になってますね!
最強の逆張り手法じゃないですか?

次はその直後のチャートでござる。

あれれ、今度は普通に負けてますね…

このように短期的な連勝はどんな手法を使っても必ずある事なんだ。強い根拠になると短期的に判断をしてしまっては、手法の確立はできないと認識しておくでござるな。

バイナリーオプションに限らず為替取引では相場のダマシというものが発生します。

相場のダマシ
為替相場がテクニカル分析を無視して逆行した動きになる事。

ダマシはその時の相場状況や経済指標、ファンダメンタルといった様々な要因で発生するものです。

そのためどんな手法でも100%勝てるという事はありません。

検証をする際は確実に勝てる手法ではなく、勝率の高い手法を模索していきましょう。

チャートの1画面だけを見せて勝率100%といった誇大広告を出している悪質な業者も多いです。

手法の検証をする際は、様々な根拠に基づいて長期的な目線で確立する事が重要です。

普通の資金でエントリーしてはいけない

独学で勉強をしていても、実際に取引をして相場感を失わない事が重要です。

手法自体の根拠が弱い場合や、まだまだ相場分析が不十分であると思っても、実際の取引は行っていきましょう。

しかし取引をする際は、少額orデモ口座での取引をした方が良いです。

実際の取引と同じような資金管理で取引をしてしまうと、その手法の勝率が実は弱かった場合や不安定な相場状況になった際に資金を大きく溶かしてしまう可能性があります。

資金がショートすると独学での勉強どころでなく、その後バイナリーオプションを辞めてしまう例も多いでござるよ。

独学で学んでいる間は失っても問題ない金額かデモ口座の仮想資金で行いましょう。

独学の心得

バイナリーオプションを独学で勉強する際は、以下の心得を重要視しておく必要があります。

・仮説と検証を繰り返す
・1エントリーを大事にする

詳しく見ていきましょう。

仮説と検証を繰り返す

バイナリーオプションを独学で勉強するのに、最も重要なことは仮説と検証です。

具体的にいうとPDCAサイクルというサイクル理論が重要となります。

P→PLAN、計画
D→Do、行動
C→Check、確認
A→Action、改善

上記のサイクルを徹底して行いましょう。

P→手法やインジゲーター根拠などの仮設を立てる
D→実際にエントリーor過去相場で検証
C→勝敗の確認
A→改善案を模索

この繰り返しをすることで、強い手法や根拠付けの勉強に繋がります。

1回のエントリーを大切にする

バイナリーを独学で学ぶ際は1回のエントリーを大切にしましょう。

バイナリーオプション取引では1回の勝ち負けで一喜一憂してしまい、その後に何もしない方が多いです。

勝敗の記録は、今後自身が取引を行う上で将来的な資産になると覚えておきましょう。

特に負けたポイントの振り返りは徹底して行った方が良いです。

負けた時はチャート画像をスクリーンショットして、以下のような記録をしておくといいな。

・銘柄とエントリー時間
・その時に思ったエントリーの根拠
・他通貨でのトレンド
・ボラティリティの大きさ

このような負けた時の記録をしておくことで、将来的な勝率アップが見込めます。

強い手法を探す事も重要ですが、余計な負けを減らすという事もバイナリーでは勝率アップの重要な要素です。

たとえデモ口座であったとしても、負け記録の徹底はしておきましょう。

バイナリーは独学で充分

バイナリーオプションを独学で勉強する心得やメリット、方法などについて解説してきました。

解説してきたように、結論バイナリーは独学で充分です。

特に初心者の方であれば、不要な知識がない状態で勉強できるので、他者とは違った独自視点で相場を見られるようになります。

また、巷に出回っている手法や分析方法はすぐに真似されて、将来的に勝てなくなる可能性が高いです。

将来使えなくなる手法を勉強するくらいであれば、独学で勉強をして自分だけの手法や分析方法を身につけていきましょう。

バイナリー勉強記事でも勉強法を紹介しているので、ぜひ読んで独学する際の参考にしてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる