評判の良いバイナリーオプションおすすめランキング【2021年最新】

バイナリーオプションを始めようとするとき、どうしもて悪い評判の方が目につきます。その理由は、世界中のバイナリーオプションに対する規制や、一部の業者の悪評をひとくくりにした評価が目立つことからではないでしょうか。
バイナリーオプションの評判ではなく、業者単位で見比べれば問題ありません。
今回は、評判の良いバイナリーオプション業者をランキングで紹介します。

目次

評判の良いバイナリーオプションランキング

それでは、評判の良いバイナリーオプション業者を紹介します。口座開設時の参考にしていください。

1位は不動のハイローオーストラリア

運営会社HLMI LLC
所在地First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスマーシャル諸島金融ライセンス
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.85倍
最高ペイアウト率2.30倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5000円
入金不要ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

ハイローオーストラリアが1位なのは間違いありません。もちろんアンチもいます。
今の世の中、万人受けするのは不可能です。

しかし、良い評判が9割を占める、それがハイローオーストラリアではないでしょうか。

やはり評判の良い理由は長年の実績と、出金条件の分かりやすさです。
さらに、なにか分からないことがあれば、電話での問い合わせも可能としています。

電話番号を公表しているバイナリーオプション業者はありますが、実際に電話でサポートを受けられるのはハイローオーストラリアぐらいです。

出金、サポート体制などトレーダー側から見たサービス向上に努めているからこそ、評判が高いと言えます。

2位ザ・オプション

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

2位は最近人気を博してきたザ・オプションです。
ハイローオーストラリア以外ならザ・オプションしかないという評判をよく見かけます。

ライセンスの取得が魅力的なザ・オプション、信頼度が高まります。
デモ口座の利用も可能で、評価はうなぎ登り中のバイナリーオプション業者です。

また、取引のプラットフォーム上で、インジケーターが利用できるのも魅力的、ハイローオーストラリアでは利用できません。

サポート、出金、ペイアウト率などを見ると、ハイローオーストラリアよりも劣っていると感じるかもしれませんが、他の業者と比べれば問題のないレベル、ハイローオーストラリアが良すぎるだけとも言えます。

バイナリーオプション業者の選択で迷ったときは、評価の高い2業者から選択することがおすすめです。

3位ファイブスターズマーケッツ

運営会社FIVE STARS MARKETS
所在地PO Box N-3944,Kings Court Bay Street,Nassau, Bahamas
金融ライセンス-
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.60倍
最高ペイアウト率1.84倍※随時変動
最低取引額500円
最高取引額100,000円
最低入金額10,000円
登録ボーナス-
無料デモ口座-
最短判定時間30秒

3位は横一線ですが、わずかの差でファイブスターズマーケッツの評判が良く見えました。

ファイブスターズマーケッツの評判は、土日の取引です。
休日に取引ができるバイナリーオプションという点が評判を上げています。

さらにオートチャーティストなど、機能についてはピカイチです。分析をサポートする機能が備わっています。

良くない評判も見られますが、サービスの向上を運営が考えていることが伝わってくる業者です。無料での口座開設ができますので、一度オートチャーティストを利用してみてください。

バイナリーオプションは評判が悪い?

バイナリーオプションの評判は悪いです。
日本人はギャンブルが好きというのは周知の事実ですが、それは熱狂的なファンがいるだけのこと、すべての人に当てはまることではありません。
日本人はまじめな人が多い、これは外国の方から見た日本人のイメージです。

日本人には、ギャンブルが好きな人も居れば、忌み嫌う人もそれに負けじと大多数います。バイナリーオプションは、数秒で大金が手に入れられる投資ですが、見る人によってはギャンブル性の強い取引にも見えるはずです。
バイナリーオプションにより借金をする人や、債務整理をした人もいます。このような事実を嫌う人がいるのは、当然ではないでしょうか。

つまり、バイナリーオプションはイメージがよくありません。一攫千金を求めるような考え方を、認めたくない人もいます。宝くじは夢を買いますが、バイナリーオプションにそのようなイメージを持つ人は少ないです。

イメージの悪さから、評判が悪くなっている感があるのは否めません。

評判が悪い理由

イメージがバイナリーオプションは悪いと言いましたが、細かく理由を確認してみましょう。

簡単と誘い込むサイトが多すぎる

バイナリーオプションは簡単と誘惑するサイトが多すぎます。一部のサイトでは、怪しい勧誘をするサイトも見られることから「何か怖い」というイメージを与えているかもしれません。

これは、バイナリーオプション業者が提示するアフィリエイト報酬が高額なことが影響しています。サイトから口座開設者を勧誘すれば、業者によっては数万円の報酬を得ることができるのです。

報酬を得るだめに、わざとらしいおべっかのような説明をするサイトもあります。わざとらしいおべっかのような解説は、見ていて気分のよいものではありません。逆に「褒めすぎでなんか怪しい」と見る人が現れるのも当然です。

誰でも簡単に稼げるという言葉に、良いイメージを持つ人よりも、それ以上に怪しいと感じる人がいます。「簡単に稼げる」という言葉は、詐欺によく使われる言葉のイメージがあるからです。
バイナリーオプションの説明で、この言葉を利用するサイトがあまりにも多すぎます。

ギャンブルを嫌う人が見れば、イメージを悪くされるのは当然です。評判が悪くなるのは、こういった怪しいサイトが散見されるのも理由の一つと言えます。

お金の増減スピード

評判が悪くなる理由の一つに、所持金の増減スピードが早いことがあげられます。これは、バイナリーオプションだけでなく、FXにも言えることです。一日に何百万円の利益を上げたなどの口コミを、Twitterなどで見ることもあります。その言葉に抵抗を感じる人もいるはずです。

自己破産をするのに、ギャンブルで増えた借金の場合は難しいという言葉があります。一昔前からこれに、FXやバイナリーオプションという言葉も付け加えられました。FXやバイナリーオプションで増えた借金に対し、自己破産ができないわけではありませんが、裁判官も呆れる借金の理由です。バイナリーオプションで借金する人の中には、数カ月で自己破産を考える人もいます。これは、お金の増減スピードが早いのも原因の一つです。

この事実により、バイナリーオプションによる多重債務を注意喚起するサイトが多数見られることから、評判を悪くしました。自分で作成した投資としてのルールを遵守しながら取引をすれば、最悪な状態に追い込まれることはありません。

ただお金の増減スピードが、まともな考えを麻痺させます。麻痺した人が債務整理に陥るのです。それにより悪いイメージが付いてしまいます。

バイナリーオプションを利用した詐欺

バイナリーオプションを利用した詐欺の横行も評判を悪くしました。これは、バイナリーオプション業者が悪いわけではありません。バイナリーオプションの必勝法と題して、必ず稼げると称し高額なツールを販売した大元が原因です。

投資に絶対はありません。為替を動かしているのは集団心理、ある程度の分析ができても、絶対にこう動くという見極めをすることなど不可能です。しかし、詐欺をする集団の言葉巧みな誘い文句に騙される人が続出しました。
仮想通貨で何億と稼いだ人が居るという報道も、この詐欺を後押ししたかもしれません。「インターネットなら稼げる」「多くの人に知られて、バイナリーオプション業者に対応される前に急げ」など、購入を悩んでいる人の一歩を踏み出さたさせる裏付けに利用されました。

バイナリーオプション自体が悪いわけではありません。利用して詐欺をした人たちが悪いのです。しかしこの詐欺の被害者はあまりにも多く、金融庁が注意喚起をしました。これにより、バイナリーオプション自体のイメージが悪くなったのは言うまでもありません。
評判を下げる理由には十分な出来事でした。

海外業者の計画的倒産

海外業者の計画的倒産、もしくは逃げてしまうような詐欺も多発しました。これは、バイナリーオプション規制が日本で開始されたときのことです。
多くのトレーダーが、日本のバイナリーオプションではつまらないと感じ、海外の業者を利用しようと口座開設をしました。

計画的か一生懸命頑張った結果なのかそれはわかりませんが、口座開設してからの入金後、連絡の取れなくなる海外業者が多発したのです。
日本の法律が適用できないケースがほとんどのことから、海外業者を追及することは難しく、泣き寝入りするしかありません。この状況が、バイナリーオプションの評判を下げました。

海外業者との出金トラブル

海外業者の出金トラブルも評判を下げています。これはバイナリーオプションに限ったことではありません。海外FX業者においても、出金におけるトラブルはつきものです。
出金ができなかったなどの口コミが、バイナリーオプションの評判を下げてしまいました。

出金できない原因が、すべてバイナリーオプション業者にあるわけではありません。不正の取引をした結果、出金ができなくなったトレーダーもいます。中には、不正取引がバレた腹いせに、被害者のごとく発した口コミもあるかもしれません。

しかしそのような口コミも含め、先ほど説明した計画倒産の詐欺のイメージがあることから、すべてバイナリーオプション業者に非があると捉える人がほとんどではないでしょうか。イメージの悪いものの評価を下げることなど簡単です。

海外業者における出金トラブルの口コミは、悪いものが多く見られます。これは、悪いつぶやきの方がしやすいから、良い評判をわざわざ上げる必要など本来はありません。できるのが当たり前のことに対し、できなかったことをつぶやく人の方が断然多いはずです。

出金で評判を下げていますが、業者単位でみるようにすれば、評価が変わります。バイナリーオプションの出金で判断するのではなく、業者名で評判を見るようにしましょう。

バイナリーオプション規制からのイメージ

日本の金融庁が行った規制がバイナリーオプションのイメージを悪くし、評判を下げる結果へとつなげています。

バイナリーオプションを規制しているのは、日本だけではありません。海外でも規制がされ始めている投資です。その理由はギャンブル性が強いこと、世界中でハマる人が増え、貯蓄を減らす人が続出しました。各国がこの状況を打破しようと、バイナリーオプション規制を行ったのです。

世界中で規制が行われている投資をどう思われますか?イメージは最悪ではないでしょうか。評判が下がるのも当然です。ではなぜバイナリーオプションだけ規制を強めたのでしょうか。

業者の利益はトレーダーの負け

バイナリーオプションでトレーダーが負けると、そのお金は業者の利益です。バイナリーオプションは、為替の購入を実際に行っていません。オプションを購入し取引を行っています。FXのようなインターバンク市場を利用した投資ではなく、レートの変動を利用した、言わば業者対トレーダーの対決です。

各国の金融庁が問題視したのが、この取引環境でした。注目したのはバイナリーオプション業者の営業利益、この数字が年々圧倒的に増加をしていったのです。それだけ多くのトレーダーが負けているという事実、個人資産を減らし、お金がバイナリーオプション業者に集まっている状況を危険と感じました。

バイナリーオプションは投資ではないと声を上げ、バイナリーオプションの危険性を多くの国が唱えます。この状況が評判を下げないわけがありません。
業者の利益があまりにも膨大になったことにより評判を下げたのです。

国内FX業者も似たような取引

トレーダーの負けが業者の利益というのは、国内FX業者でも利用されている取引方法です。多くの国内FX業者は、実際に注文を受けてもインターバンク市場で取引をしません。トレーダーの負けが、国内FX業者の利益となります。

バイナリーオプション取引における業者とトレーダーの関係と何ら違いはありません。しかし、バイナリーオプションの場合は、業者があまりにも稼ぎすぎたことがマイナスイメージにつながり、評判を下げたのです。

トレーダーが熱くなりやすい取引、バイナリーオプションはこの点が問題なのかもしれません。バイナリーオプションの悪いイメージは、勉強もしないで始めたトレーダーが負けすぎたことで築いた部分もあると言えます。

日本の金融庁が禁止をしている業者が多い

日本の金融庁は海外業者のすべてを、口座開設をしてはいけない危険な業者として公表しています。
これにより、海外業者で問題が生じた場合も、すべては自業自得です。禁止している業者に手を出す人が悪いと、言うことができます。

日本の金融庁から禁止を受けている業者があるという事実は、バイナリーオプションの評判を下げるのに十分な情報です。

コメント

コメントする

目次
閉じる