【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ペイアウト率の高いバイナリーオプションおおすす業者ランキング【2020年度版】

バイナリーオプション業者はたくさんあってどこを選べばいいのかわからない…。

似た業者が多いでござるからな…。業者選びは、ペイアウト率(配当金)と安全性、この2つが特に重要でござるよ。

今回は、上記の内容を深堀りします。

利用する時間が同じ取引ならば、費用対効果の観点から、少しでもペイアウト率が高い業者の方が利益を上げることができます。

そこで今回の比較は、HighLow取引のペイアウト率に焦点を当て海外バイナリーオプション業者を比較していきます。

目次

ペイアウト率ランキング

ハイロー取引のペイアウト率で比較を表にしてみました!

ランキング業者名ペイアウト率
1位ハイローオーストラリア1.95倍(固定)
2位ザ・オプション1.90倍(固定)
3位ゼン・トレーダー 1.97倍(変動性)

やはり人気のハイローオーストラリアが1.95倍で1位!パッと見ゼン・トレーダーも高ペイアウト率に見えますが、変動するので何とも言えないのでござる…。

それでは、1位~3位の詳しいペイアウト率を見ていきましょう。

1位ハイローオーストラリアのペイアウト率

運営会社HLMI LLC
所在地First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスマーシャル諸島金融ライセンス
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.85倍
最高ペイアウト率2.30倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5000円
入金不要ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

やはりハイローオーストラリアのペイアウト率は魅力的です。

オプション名判定時間ペイアウト率
HighLow15分
1時間
1日
1.85倍
1.90倍
1.95倍
Turbo30秒
1分
3分
5分
1.95倍
1.90倍
1.90倍
1.85倍
HighLowスプレッド15分
1時間
1日
2.00倍
2.00倍
2.00倍
Turboスプレッド30秒
1分
3分
5分
2.30倍
2.20倍
2.05倍
2.00倍

スプレッドの取引ではペイアウト率が2.00倍を超えていますね!

勝ちにくい取引ですが、魅力的な数値でござる。ボラティリティの高い時間帯ならば挑戦してもいいかもしれません。

ハイローオーストラリアの魅力は、

  1. 値動きによってペイアウト率が変動しない
  2. 常に同じペイアウト率で取引ができる
  3. 海外バイナリーの中でもトップクラス
  4. 30秒取引の1.95倍だけ、ザ・オプションの方が1.96倍と高い

2位ザ・オプションのペイアウト率

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

2位は、ハイローオーストラリアのライバルのザ・オプション。

気になる数値を表で確認していきましょう。

オプション名判定時間ペイアウト率
HIGHLOW15分
60分
1日
1.80倍
1.80倍
1.90倍
短期30秒
1分
2分
3分
5分
1.96倍
1.82倍
1.77倍
1.77倍
1.77倍
スプレッドHIGH/LOW15分
1時間
2.00倍
スプレッド短期30秒
1分
2分
3分
5分
2.00倍

ハイローオーストラリアと比べると、全体的に若干低いように見えますが…。

他のバイナリーオプション業者と比較をすると十分な数値でござる。ハイローオーストラリアが優秀すぎるだけ(笑)

ただ、30秒取引が得意な人は、ザ・オプションで口座開設を考えるのもいいかもしれません。

オプション内容もハイローオーストラリアと似ています。ハイローオーストラリアで凍結をした場合は、ザ・オプションの利用がおすすめ。

ザ・オプションの口コミが気になる人は、こちらの記事も参考にしてください。

3位ゼン・トレーダーのペイアウト率

3位は似たようなバイナリーオプション業者が多いですが、独断と偏見でゼン・トレーダーの勝利です。

利用を考えている人は、以下の表を参考にしてください。

オプション名判定時間ペイアウト率
オンデマンド30秒
1分
3分
5分
1.95倍~1.97倍
1.95倍~1.97倍
1.85倍~1.87倍
1.80倍~1.82倍
クラシック15分
30分
1時間
2時間
4時間
1.85倍~1.87倍

ゼン・トレーダーのペイアウト率は、変動するでござるよ。また、通貨ペアごとにも変わるので注意!

とくにペイアウト率を公表しているわけではありません。一覧にあるペイアウト率が変わることも多々あると予想されるので、取引をするときには確認をするようにしましょう。

30秒取引の1.97倍は高いペイアウト率です。ただ変動するので、3位にしました。これが比較を難しくするポイントです。

ボラティリティが高くなるとペイアウト率が低くなるのが納得できない人は、やめておきましょう。イライラする原因にもなりかねません。

口コミが気になる人は、こちらの記事で確認をしてください。

ペイアウト率とは

ペイアウト率とは、掛け金に対し払い戻しされる割合を表したもの。

バイナリーオプションだけに利用される言葉ではなく、カジノなどギャンブルにも利用されています。

詳しく見ていきましょう。

ペイアウト率の表示

ペイアウト率の表示は、バイナリーオプション業者によって異なります。

  • 「1.80倍」「180%」など掛け金分の払戻しまで含めた表示の業者
  • 「0.80倍」「80%」など還元率のみで表す業者

の、2通りです。

比較をするときは見にくいかもしれませんが、広告文字のトリックに惑わされないよう、公平に比較をするようにしましょう。

ペイアウト率が重要な理由

トレーダーの利益に直結する数値がペイアウト率です。ペイアウト率が高ければ高いほど、1回の取引で払い戻しされる金額が高くなります。

ペイアウト率が1.90倍ならば900円の利益、1.85倍ならば850円の利益。

差額は50円ですが、20回取引をすれば1,000円の差がつきます。

確かに、取引回数が増えれば増えるほど、わずかな差がどんどん大きくなっていきますね。

ただし、同じ業者内でも取引時間や通貨ペアによってペイアウト率が違います。

勝ちにくい取引ほどペイアウト率が高くなるのでござるよ。

30秒取引のペイアウト率が高いのは、トレーダーが勝利を得難いから。その点もしっかりと踏まえておきましょう。

ペイアウト率の違いを業者選びやオプション選択の材料に

どの業者のどのオプションで取引をするか、ペイアウト率の違いも判断材料にするといいでござるよ。

ペイアウト率を比べるときに見て欲しいのが次の2点です。

必要なモノ

  • ペイアウト率で、バイナリーオプション業者を比較
  • ペイアウト率で、取引オプションの比較

海外業者を利用する場合、バイナリーオプションルールに大きな違いはありません。

特殊なルールを採用している海外業者もありますが、それはオプション取引の一つで、ハイアンドロー取引に関しては同じルールでおこなわれます。

なのに、海外業者によってペイアウト率が違うのはどうしてでしょうか。

それは、「ドローの取り扱い」や「業者の経営状況」が主な原因でござる。

エントリー時と判定時刻のレートに差がないドローでゴールした場合、業者によって、返金か全額没収かで処理が異なります。

ドローを利用している業者は、ペイアウト率が低めに設定されています。

・ドローなんて取引時間に注意すれば必要ない人➡︎ドロー返金を採用していないペイアウト率の高い業者を選ぶ。
・ドローになることが多い人➡︎手法を変更するかドロー返金の業者を利用するか

自分の得意とするオプションで、最も高いペイアウト率の業者を見つけたら、あとはその業者の安全性から口座開設を判断しましょう。

ペイアウト率と安全性、この2つから口座開設する海外バイナリーオプション業者を選択するべきです。

ペイアウト率比較表

主な海外バイナリーオプション業者のペイアウト率を一覧表で比較をしていきましょう。

なんだか、考えすぎてどの業者がいいのかわからなくなってきました…。

眉間にしわを寄せて考え込むまでいかなくとも大丈夫でござるよ。ポイントだけ押さえておこう。

ペイアウト率比較表を確認する前に知っておくべきこと

バイナリーオプションは、国内業者と海外業者で取引の内容が異なるのは知っているな?

はい!国内業者は規制でルールが複雑に変わったんですよね。

ペイアウト率固定が海外業者、ペイアウト率が変動するのが国内業者という説明をよく見かけますが、海外業者も変動することを知っておきましょう。

海外バイナリーオプション業者の変動には主に2種類あります。

ペイアウト変動のパターン

  • ペイアウト率は原則固定で、変更する際はトレーダーに知らせる
  • ペイアウト率はある程度の幅を利用して、相場の状況と通貨ペアごとに変動をさせている

海外業者でもペイアウト変動性を取り入れている業者は多いのでござるよ。

ハイローオーストラリアで取引をしていたから、ペイアウト率が変動しないシンプルな取引が当たり前だと思ってました。

ハイローオーストラリアに慣れているトレーダーは、取引をするときにペイアウト率を確認するなんて思いもしなかったと言われるかもしれませんが、その都度エントリーをする前にペイアウト率を確認するようにしましょう。

海外バイナリーオプション業者ごとのペイアウト率比較表

それでは海外バイナリーオプション業者の、主要通貨ペアにおけるペイアウト率を一覧表で確認します。

業者名取引名称ペイアウト率
ハイローオーストラリアHighLow
Turbo
HighLowスプレッド
Turboスプレッド
1.85倍~1.95倍
1.85倍~1.95倍
2.00倍
2.00倍~2.30倍
ザ・オプションHIGH/LOW
短期
スプレッドHIGH/LOW
スプレッド短期
1.80倍~1.90倍
1.77倍~1.96倍
2.00倍
2.00倍
ファイブスターズマーケッツハイ/ロー1.70倍~1.90倍
トレード200HIGH&LOW
短期取引
RETURN200
1.76倍
1.74倍
2.00倍
ソニックオプションハイロー
ショート
レンジ
1.75倍
1.75倍~1.80倍
2.02倍~2.20倍
ザ・バイナリーHIGH&LOW
SHORT
RANGE
1.65倍~1.85倍
1.84倍~1.86倍
2.01倍~2.10倍
ジェットオプションHIGH&LOW
SHORT
SPREAD
1.60倍~1.78倍
1.60倍~1.84倍
1.60倍~2.50倍
ゼン・トレーダークラシック
オンデマンド
1.60倍~1.90倍
1.80倍~1.97倍

変動制と固定性、オプション時間などから考えると、比較するのは難しいかもしれません。そこで、取引方法が最も似ているハイロー取引のみで、比較をしてみましょう。

ハイローにおけるペイアウト率一覧表

ハイロー取引のみで比較をしてみましょう。

業者名取引名称ペイアウト率
ハイローオーストラリアHighLow1.85倍~1.95倍
ザ・オプションHIGH/LOW1.80倍~1.90倍
ファイブスターズマーケッツハイ/ロー1.60倍~1.90倍
トレード200HIGH&LOW1.76倍
ソニックオプションハイロー1.75倍
ザ・バイナリーHIGH&LOW1.65倍~1.85倍
ジェットオプションHIGH&LOW1.60倍~1.78倍
ゼン・トレーダークラシック1.75倍~1.90倍

変動する業者は、通貨ペアや時間ごとにペイアウト率がだいぶ変わります。そう考えると、ボラティリティが高いときに、高いペイアウト率で取引できる海外バイナリーオプション業者が高いのかもしれません。

変動の多いペイアウト率では、資金管理もブレてきて大変でござる。固定性が個人的にはおすすめ。

コメント

コメントする

目次
閉じる