【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

海外バイナリーオプションおすすめランキング【2021年最新】

海外のバイナリーオプションの方が稼ぎやすいって聞いたんだけど、どの業者ではじめるのがいいの?

海外業者だと、ハイローオーストラリアを選んでおけば問題ないでござるよ。

この記事では、上記の内容を深堀りします。

海外バイナリーオプション業者の選ぶ審査基準と、それに基づいたおすすめラインキングを紹介していきます。

目次

海外バイナリーオプションおすすめランキング

それでは、おすすめする業者をランキング形式でみていきましょう〜!

1位はやっぱりハイローオーストラリア

運営会社HLMI LLC
所在地First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスマーシャル諸島金融ライセンス
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.85倍
最高ペイアウト率2.30倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5000円
入金不要ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

1位はハイローオーストラリアで決まりです。これは断トツではないでしょうか。

なんでそんなに人気なの?

この業界の大御所。10年以上も安全に運営を続けてきたことは信頼されている証拠

項目評価参考
運営年数10年以上(ハイローオーストラリアの時代を含む)
口コミの内容出金◎取引のしやすさ◎という口コミあり
入出金のスピードとサービス出金スピードは業界トップクラスの最短翌日
サポート体制電話でのサポート有り
ラインセンスの取得と
資金管理方法
セントビンセント及びグレナディーン諸島の有限会社に基づいて登録。資金は、分別管理で運営
プラットフォームの充実と
デモ口座の有無
プラットフォームは利用しやすいことで有名、デモ口座も利用できる

デモ取引もあるので、試してみてから登録しても良さそうでござる。

2位は最近人気のザ・オプション

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

最近、ハイローオーストラリアの対抗として人気を博しているのがザ・オプションです。

項目評価参考
運営年数2017年に開始
口コミの内容ハイローオーストラリアとまではいかないが良い口コミが多い
入出金のスピードとサービス出金に関し悪い口コミはなし、最短翌日出金が可能
サポート体制メールによるサポート
ラインセンスの取得と
資金管理方法
Finantsinspektsioon(エストニア金融監督庁)、分別管理を採用
プラットフォームの充実と
デモ口座の有無
プラットフォームでは、インジケーターの利用も可能、デモ口座もオプションが限定されているが利用ができる

運営年数や、ペイアウト率(払い戻し率)はハイローオーストラリアに劣るので2位。が、サブで口座を持つならこの業者がおすすめ。ライセンスも取得しており安全性重視の方にも◎

ハイローオーストラリアの次に稼ぎやすい業者でござる。

3位はファイブスターズマーケッツ

運営会社FIVE STARS MARKETS
所在地PO Box N-3944,Kings Court Bay Street,Nassau, Bahamas
金融ライセンス-
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.60倍
最高ペイアウト率1.84倍※随時変動
最低取引額500円
最高取引額100,000円
最低入金額10,000円
登録ボーナス-
無料デモ口座-
最短判定時間30秒

3位はファイブスターズマーケッツです。
ただ1位と2位以外は、言葉が悪いですがどこも大差は無いように見えます。

項目評価参考
運営年数5年以上の実績(トレーディングサービス)
口コミの内容口コミは賛否両論
入出金のスピードとサービス最短当日
サポート体制メールによるサポート
ラインセンスの取得と
資金管理方法
ライセンス取得の取得はないが、分別管理を採用
プラットフォームの充実と
デモ口座の有無
テクニカル分析やオートチャーティストの利用が有名

実績と、出金スピードの早さが魅力的の海外バイナリーオプション業者です。

出金手数料が1回につき1000円かかるので、要注意!出金スピード重視の方には◎利益を丸ごと出金するなら手数料無料のハイローが◎

海外バイナリーオプションとは

海外バイナリーオプションって?英語わからなくても大丈夫?

本社が日本にあるのが、国内業者。海外にあるのが、海外業者。海外業者でも日本語表記なので大丈夫でござるよ。

海外に拠点を置いて運営を行っている企業で、日本人向けにバイナリーオプションサービスを提供している業者で、イメージとしてはAmazonやGoogleと同じです。

海外拠点のものでも、日本語で使えるので使いやすいですよ。

国内と海外バイナリーオプションの違い

国内と海外バイナリーオプションの違いは、日本の金融庁の認可を受けているかどうかです。

日本の金融庁は、投資というよりもギャンブル性が高いと考えているため、バイナリーオプションの取引ルールを一部規制しています。

本来、日本の居住者へ海外バイナリーオプション業者が口座開設を勧誘するには、日本の金融庁の認可を受けなければいけません。

そして、その認可を受けるためには、平成25年12月1日から適用された以下の内容に沿ったバイナリーオプションを提供する必要があります。

1.改正後の内閣府令において、バイナリーオプション取引等の個人向けの特定店頭オプション取引(注)の基本的な枠組みを以下のとおり規定。
(1)取引契約の締結前に、顧客に対し、権利行使価格(一定の方法により定められる ものにあっては、その算定方法)を提示すること。
(2)取引期間・期限を、顧客が、公正な価格で、投資判断に基づいて、取引を行うために必要かつ適切なものとすること。
(注)「特定店頭オプション取引」とは、金融商品取引法上の店頭デリバティブ取引であって、取引に係るオプションが行使された場合に、あらかじめ金融指標として約定した数値と現実の数値の差に基づいて算出した額を授受することとなるもの。

引用:金融庁「アクセスFSA第122号」

国内に本社を置き運営を行っているバイナリーオプション業者は、すべてこの基準をクリアしています。


海外でこの基準を満たしているところはありません。ほとんどの海外バイナリーオプション業者は、「短い期間」の取引を提供しているのです。

国内と海外バイナリーオプション業者の違いは、この規制を守っているかどうか、それだけなのにだいぶ異なるルールが提供されています。

このルールの違いで国内の9割の利用者がハイローへと流れ、ハイロー独占市場となっているのでござる。

海外バイナリーオプション業者は違法なの?

これはよく聞かれる問題ですが、グレーゾーンというイメージが持てます。


日本の金融庁のホームページを確認してみましょう。

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)

引用:金融庁「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」

海外所在業者であっても、日本の居住者を相手にバイナリーオプションを提供するには、登録が必要と言われています。
「よく海外で認可を受けているからも問題なし」と記載しているサイトもありますが、日本の金融庁としてはアウトです。

しかし、海外バイナリーオプション業者は一切登録を行っていません。

なぜ、登録をしないの?

本来のバイナリーオプションの良さをユーザーに提供できなくなるからだと思うのでござる…。


登録をするには条件を満たす必要があり、

  • 超短期取引禁止
  • 1000円以内の掛け金にする
  • 取引は1日12回まで
  • 2時間に1回の取引制限
  • ペイアウト率は変動制
  • 2WAYの価格表示

など、細かい取り決めがあるからです。

これじゃあ、圧倒的に稼ぎづらそうになるわね。

そう。国内業者は、このルールで取引をしなくてはいけないのでござる。

違反者は罰則の対象となりますと記載されていますが、これは海外バイナリーオプション業者に向けて書かれていること、口座開設をした人に向けた言葉ではありません。

それじゃ海外バイナリーオプションは罰則を受けたことがあるのかな?と疑問が生じますが、海外の業者に日本の法律を当てはめるのは困難です。

また、このような記載もありました。

○無登録の海外所在業者は、業務の実態等の把握が難しく、仮にトラブルが生じたとしても業者への追及は極めて困難ですので、無登録業者との契約は行わないようにしてください。
○無登録業者との取引の勧誘を受けた場合には、金融庁金融サービス利用者相談室に情報提供をお願いします。

引用:金融庁「無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください」

「無登録業者との契約は行わないようにして」との文言です。

登録をすることに対し、禁止していますと記載がされていません。
トラブルが起きても追及ができないから念のためやめとこうと書かれています。

口座を開設しても、とくに罰則は設けられていません。万が一トラブルが起きれば自業自得というわけです。

日本の金融庁が一番嫌っているのは、日本人トレーダーの損失が、海外バイナリーオプション業者の利益になっていること、これを何とか止めたいと考えています。

海外バイナリーオプションは危険?

海外業者を使うのは危険?詐欺とかある?

変に認知度が低い業者で口座開設するのは危険かもな。ただ、認知度も高くて運営歴が長い業者はそれなりに信頼できるでござる。

海外バイナリーオプションが危険と言われる理由は、主に下記3つ。

  • ギャンブル性が高いから危険
  • 海外バイナリーオプション業者による詐欺
  • 業者を利用した詐欺

上記3つを深掘りしていきます。

ギャンブル性が高いから危険?

海外業者の代名詞でもある、超短期取引は投機的になりやすいから危険。

確かに、30秒などの取引では、ゲーム感覚のようになってしまい、投機的になりやすいです。

ただ、投資として利用しているトレーダーもきちんと居ます。

ギャンブルは運任せの取引のことを言いますが、バイナリーオプションは、きちんとしたテクニカル分析などを行えば利益を積み上げることが可能なので投資と言えます。


しかし、楽に稼ごうと安易に始める人も増えたのも事実。お金に困っている人達が、一攫千金を求めてしまったのです。

勉強もせず、運任せな取引をしてしまえばギャンブルと変わりません。資金もすぐに溶けてなくなるでしょう。

リスクを把握してしっかり分析していればこのような状況に陥ることは、防げるのでござる。

海外バイナリーオプション業者による詐欺

海外業者は詐欺が多いって聞くけど…。

海外業者で詐欺が横行していたのは10年ほど前の話です。

資金を持ち逃げされたり、出金できない業者が非常に多かったのですが、そう言った業者は摘発され、現在では運営できないようになっています。

運営歴=信頼できる業者。

といっていたのは、このことです。

特に金融関係の業者は信頼が大事ですから、詐欺まがいなことをすればすぐに摘発されます。

ただ、詐欺業者がたくさん運営していた10年前は、被害者も大勢いました。そのことがきっかけで、「海外バイナリーオプションのイメージ=怪しい・こわい・詐欺」と、世間の考えが強まったのです。

海外業者=詐欺業者っていうのは、10年前からのイメージだったのね。

いまは、ほとんど悪質な業者は残っていないでござるよ。

業者を利用した詐欺

  • 高額のツールを販売する詐欺
  • 登録料目当てに勧誘する詐欺
  • レクチャー詐欺
  • 自動売買詐欺

海外バイナリーオプションで稼げると説明し、上記のような詐欺も横行しました。

金融庁は、以下の注意を行いました。

『必勝法、勝率○○%、投資額の○○%の利益』等をうたい、 金融商品取引の勧誘において、バイナリーオプション取引等の 金融商品取引の投資用USBメモリーを高額で販売する詐欺的な行為が 学生を中心に広がっています。 『もうけ話』には注意しましょう。

引用:金融庁バイナリーオプション

これは、主に海外バイナリーオプション業者を利用した詐欺です。

63万円などの高額なUSBにはいったツール販売が流行ったのだが、実際の中身は使えないゴミツールばかりだったのでござるよ。

ええええええ!衝撃的すぎる…。USBにそんな大金!?

海外バイナリーオプションが危険と思われる理由をまとめると次の3点です。

海外バイナリーオプションが危険な理由

  • 投資ではなくギャンブル的に超短期取引を乱用し、破産者が増えた
  • 業者自体が詐欺を行った
  • 業者を利用した詐欺が横行した

これらのイメージが未だに根強く残っています。それは、ブログなどのサイト情報が消えないことも理由の一つです。これらの危険な情報は、サイトで検索すると未だに消えず残っています。

海外バイナリーオプションは危険なところばかりではない

海外バイナリーオプションは、危険というイメージがありますが、それはすべての業者に適用していい言葉ではありません。


中には、日本人トレーダーにバイナリーオプションを提供しようと、企業努力をしている業者もあります。どうしたら信頼してもらえるかと、サービスの向上を図っている業者があるのです。

ひとくくりにして決めつけるのは簡単、しかしそれを行うと、大切な情報までも見逃します。

海外バイナリーオプションを利用して、稼いでいる人もいることを知っておきましょう。

ひとくくりに危険と感じていると、そのチャンスを見過ごすかもしれません。

ようは大丈夫な海外バイナリーオプション業者を見つければいいのですね!

悪質な業者にひっかかったり、損をしないためにも、海外バイナリーオプション業者選びは間違いのないよう行うようにしましょう。

海外バイナリーオプション業者の選び方

ここからは、海外バイナリーオプションの選び方に審査基準を紹介していきます。

一緒にチェックしていきましょう!

運営年数

運営年数は大切な判断ポイントでござる。

長い年月にわたり、運営を行ってきたという実績は、トレーダーの信頼がある海外バイナリーオプション業者ということ。


できれば、3年以上の運営実績が欲しいところ

詐欺を行う海外バイナリーオプション業者は、資金を集めたらすぐにサイトを閉鎖し、連絡を一切取らなくなりました。1年以上の運営はしません。

また、詐欺業者ばかりではありません。

真面目に運営しようと頑張っていたが、資金繰りが伴わず、廃業をした海外バイナリーオプション業者もあります。

どちらにせよ、3年以上持てば安心ではないでしょうか。運営年数はある程度の目安になります。

そう考えると、ハイローオーストラリアの10年以上の運営歴は、ほんとに凄いことってことがわかるわね。

口コミの内容

Twitterなどの口コミも判断材料の一つ。悪評ばかり目立つ海外バイナリーオプション業者は、危険かもしれません。

ただこの口コミは、真実を見抜くことも必要です。ほめたたえてばかりいるサイトは、アフィリエイト報酬を目的としているかもしれません。良いことばかりを並べ、新規口座を促し報酬を得る方法です。

わざとらしくない、本当のことを説明している言葉を見つけるようにしてください。その言葉か真実どうか、他の口コミを探しながら判断をします。

一つの言葉に一喜一憂してはいけません。安心安全な海外バイナリーオプション業者を見つけるために、いろいろな口コミを見るようにしましょう。

入出金のスピードとサービス

特に入出金の口コミは大切です。出

金トラブルが多い業者は要注意、選択肢からは外すべきでござる。


安心な入出金ができる=信頼関係です。

預けたお金で利益が発生し、そのお金が出金できるのは至極当然のこと、その関係が破られれば信頼など生まれるはずがありません。

ホームページにより、出金スピードを明確に表示し、しかもそれが早いとなれば安心できます。

〇日程度と記載されている業者よりも、〇時までに出金依頼をすれば〇日に出金それ以降は翌日など、ハッキリと伝えている業者がいいポイント!

出金に対して、〇日程度と説明していますなど、言い訳ができるような記載をしている業者は危険です。

お金のことはトレーダーにとって重要なポイント、曖昧に記載して良いわけがありません。トレーダーを第一に考えている業者ならば、曖昧な記載はできないはずです。

サポート体制

サポート体制の充実も業者選びのポイントでござる。

日本語が通じない業者と取引するのは、不安です…。

ほとんどの業者が日本語でのサポートをしています。これは、当然のサービスと受取るべきです。よって、言葉以外のサポート体制が充実しているかどうか、ここが見極めのポイントになります。

ハイローオーストラリアでは、珍しく電話対応も可能。こういうサポートは初心者にも助かるし、良いでござるな。

ラインセンスの取得と資金管理方法

金融庁の認可を受けていないのは仕方ありません。

ならば、海外バイナリーオプション業者の本社がある国のラインセンスを取得しているかどうかが重要なポイント。

金融ライセンスの取得は国によってハードルが異なります。厳しい国のラインセンスを取得していれば、より高い信頼を得ることができるのです。

ハードルの高い国は、資金管理方法にも規定を定めているはずです。

最低でも分別管理をしていなければ、承認を受けることはできません。

分別管理は、「運営資金とトレーダーの資金を別にして管理すること」これは当然行われるべき管理方法です。一緒に管理されている業者は論外、資金が運営に利用され出金されない可能性も出てきます。

信託保全を適用されている海外バイナリーオプション業者を選択したいところですが、ほとんど見たことがありません。最低でも分別管理をしているとホームページに記載している業者を選択しましょう。

プラットフォームの充実とデモ口座の有無

プラットフォームの充実とデモ口座の有無も選ぶときに見ておくようにするといいでござるよ。

とくに運営年数が短い業者は、プラットフォームを適当に作成し、入金が集まったところで逃げ出す業者もあるかもしれません。

これは、昔に利用された手口です。

このような詐欺手口は、まわりまわって数年後に再度行う人も出てくることがあります。喉元過ぎれば熱さを忘れるという言葉があるように、忘れたころにふと昔の手口を行うのです。

プラットフォームが利用しやすいこと、デモ口座が利用できること、信頼という見極めに必要なポイントになります。選択をする基準に付け加えるようにしましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる