【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

【最新版】おすすめできないバイナリーオプション業者【初心者向け】

現在では、初心者向けのバイナリーオプション業者として様々な業者が紹介されています。

他の紹介サイトでは、詐欺やトラブルの経歴を隠して広告収入目当てで紹介しているサイトがかなり多い印象ですので注意が必要。しかし、初心者にとってはそのようなサイトを見抜くことは至難の技です。

なので、本記事では「これからバイナリーオプションを始めたい!」と考えている初心者の方の向けに、おすすめできないバイナリーオプション業者に焦点を絞って徹底的に調査し、その中の5つを晒します。

当サイトでは、信頼性確保のため「おすすめできない業者」の条件も全て公開しています。

初心者の方はカモにされないように避けた方が良い業者をしっかり頭に入れておくことが大事です。では本題に入っていきましょう。

おすすめのバイナリーオプション業者は上のボックスから選んでくれ。

クリックすれば、それぞれのランキングページにジャンプするわ!

目次

おすすめできないバイナリーオプション業者

国内業者のバイナリーオプション業者は、規制によって取引条件が厳しくなったので初心者には絶対に不向き。

先に言っておきますが、国内業者はおすすめできないと断言しておきます。

安全性においては国内業者が断トツなのには間違いありませんが、国内のバイナリーオプション業者は「2時間に1回しか取引できないルール」など、規制によって取引条件が厳しくなったので、稼ぐことはまず無理です。

国内業者を稼げる業者として紹介しているサイトも多いですが、「稼げないことに触れずに良いように紹介しているだけだ」という事実を理解しておきましょう。

ですから、国内のバイナリーオプション業者は選択肢から除外してOK。

今回は海外のおすすめできないバイナリーオプション業者5つとその理由について、大企業だろうが関係なく全て公開していきます。

バイナリーオプション業者名おすすめできない理由

ザ・バイナリー 

悪質なトラブルの事例/金融庁から警告

トレード200

悪質なトラブルの事例/疑いあり

ソニックオプション

情報が少ない/システムが分かりづらい

ジェットオプション

悪質なトラブルの事例/代表者不明

ゼン・トレーダー

トラブルの事例あり/不安定

上記5つのバイナリーオプション業者のおすすめできない理由を詳しく解説していきます。

ザ・バイナリー

THE BINARY(以下、ザ・バイナリー)は、BILLION ROAD LTD.が運営するバイナリーオプション業者です。

ザ・バイナリーの概要は以下にまとめました。

運営会社BILLION ROAD LTD.
代表者不明
所在地不明
金融ライセンス不明(※セーシェル共和国の法律に準拠)
分別管理不明
取引方法ショート/レンジ/ハイロー
ペイアウト率1.8〜2.0倍
取引銘柄7銘柄
判定時間30秒〜20分※1
最低購入金額100円
口座維持手数料基本無料※2
最低入金額1万円
入金手数料無料
最低出金額1万円※3
出金手数料無料
ボーナスあり
問い合わせ方法メール
営業時間月曜8時〜土曜3時(日本時間)
デモ口座なし

※1取引方法により異なる
※2最終ログインから1ヶ月経過毎に1,000円
※3出金上限は50万円、それ以上の出金はかなり遅延する可能性有り

ザ・バイナリーは金融ライセンス不明で、ボーナス条件も分かりづらく、お金が出金できないという口コミが圧倒的に多い業者で有名です。

上記の書き込みのように、ザ・バイナリーを案内する投資家は、100%広告収入目当ての詐欺師です。ここも注意!

さて、いろいろ書かれているザ・バイナリーですが、個人的におすすめできない理由を3つ紹介します。

  • 出金条件が厳しすぎる
  • 金融ライセンス未取得
  • 口座管理手数料が発生する

出金条件が厳しすぎる

7.払い戻し

〜中略〜

7ー4:出金手続きは、ご入金以上のお取引後に可能になります。お取引額がご入金額未満の場合は出金手続きを行えません。

https://the-binary.com/jp/pc/pages/rule:出典:ザ・バイナリー 「オンライン利用規約およびエンドユーザー向け使用許諾契約」

上記の規約を簡単に説明すると、「どのような場合でも入金額と同じ額以上の取引をしない限り、出金は受けつけない」という悪質さ。

利用規約を見ないで、ボーナスに飛びついて高額入金をしてしまったら最後。

ユーザーにとって都合が悪いことはすべて利用規約に書いてあるので、後からクレームをつけようが、「規約を読まなかったあなたが悪い」となってしまうので注意しましょう。

金融ライセンス未取得

代表者・所在地・金融ライセンスの有無・分別管理体制など一切不明。

ザ・バイナリーの運営会社は、金融庁・関東財務局からブラックリストに追加されています。

また、メールでしか連絡がとれない為、「出金できない」と問い合わせてもメールを無視され続けるユーザーが後を絶ちません。

口座管理手数料が発生する

とにかく、お金を巻き上げられるだけ巻き上げるのが、ザ・バイナリー

個人的な意見ですが、こういう罠をしかけている印象が強いです。

投資家に人気の代表的な海外バイナリーオプション業者の多くは、口座管理手数料が無料なのに対して、ザ・バイナリーは違います。

ザ・バイナリーでは、最終ログインから1ヶ月経過すると、未使用残高の管理料として月額1,000円が口座から引きおとされます。

Netflixに会員登録した方がまだマシ。

トレード200

トレード200は、ソニックオプションの運営元としても知られているK2 Vantures Limited社が2014年頃から運営を行う、金融ライセンスなしの海外バイナリーオプション業社です。

トレード200の会社概要は以下にまとめました。

運営会社BILLION ROAD LTD.
代表者不明
所在地Barrow Building The Valley Anguilla British West Indies
金融ライセンス
表記なし
分別管理不明
取引方法ハイロー/RETURN200/短期取引/ポイント取引
ペイアウト率1.0〜2.0倍
取引銘柄7銘柄
判定時間1分〜10分
最低購入金額200円
口座維持手数料無料
最低入金額2万円
入金手数料無料
最低出金額1万円
出金手数料3000円(現在5回まで無料)
ボーナスあり(入金額に応じたボーナス)
問い合わせ方法メール
営業時間月曜8時〜土曜4時(日本時間)
デモ口座なし

開始当初は、最大ペイアウト率が200%という魅力があったり、アマゾンギフト券を配るキャンペーンなどを行っていて、トレード200を利用する投資家もいました。

近年ではトレード200のペイアウト率を超える業者が増えたことから、一気に利用者が激減し、あまり注目されなくなったことも印象的です。

上記以外でもトレード200をおすすめできない理由が3つあります。

  • 代表者や電話番号の記載が一切ない
  • 詐欺業社が拠点を置いていた場所での運営
  • 金融ライセンスなし

代表者や電話番号の記載が一切ない

トレード200の公式サイトには、会社名・所在地・メールによる問い合わせ先の3つしか記載されておらず、代表者名や電話番号などの記載は一切ありません。

詐欺業社が拠点を置いていた場所での運営

所在地は以前に酷似した住所が、無登録の違法業者の住所として関東財務局・金融庁の警告に登場してる。

噛み砕いて話すと、過去に未公開株詐欺を行なっていた違法業者が拠点を置いていた場所が、現在のトレード200の所在地。

記述されている会社情報が少ない上に、この情報が出てくると信用度ゼロですね。

金融ライセンスなし

トレード200がおすすめできない理由3つ目は、金融ライセンスも持っていないことです。

信用できない点が多いので、他の海外業者と比較して、一つでも魅力があれば…」と思ったのですが、本気で1つもないです。トレード200を好んで利用するメリットは特にないと断言できます。

ソニックオプション

ソニックオプションは、先ほど紹介したトレード200と同じ運営元K2 Vantures Limitedで運営が行われています。もちろん所在地も一緒で2社とも同じです。

(正直、この時点で怪しいと察知した方は鋭いです!)

もうお察しの方もいるかもしれませんが、ソニックオプションの会社の概要を見ていきましょう。

運営会社K2 Vantures Limited
代表者不明
所在地Barrow Building The Valley Anguilla British West Indies
金融ライセンス表記なし
分別管理明記なし
取引方法ハイロー/SHORT/レンジ
ペイアウト率1.75〜2.02倍
取引銘柄7銘柄
判定時間15分
最低購入金額500円
口座維持手数料無料
最低入金額2万円
入金手数料無料
最低出金額1万円
出金手数料3000円
ボーナスあり
問い合わせ方法メール
営業時間9:00〜24:00
土曜朝4時〜月曜朝8時まで取引できない(日本時間)
デモ口座あり

上記のように、出金できないという口コミを多く見かけました。何故ソニックオプションが「詐欺業者じゃないか?」と噂されているのかも気になるところ。

上記も踏まえて、ソニックオプションがおすすめできないという理由を3つ紹介します。

  • システムの分かりづらさNO.1の業者
  • 圧倒的な情報量の少なさ
  • 悪質な勧誘にも気を付けよう(レクチャー集団)

システムの分かりづらさNO.1の業者

「システムが分かりづらい」「詐欺業者だ」などの悪評が多い原因は、どうやら出金条件にあるようです。

以前は、「入金額+ボーナス額×15倍か20倍」のような条件でしたが、現在は、ポイントでボーナスを受け取れるようになりました。

調査した結果、以前の出金条件のシステムが分かりづらかったことが詐欺だと言われているのではないかと感じました。

いずれにせよ、金融商品を扱うのにライセンスを持っていないということがありえませんが。

圧倒的な情報量の少なさ

ソニックオプションに対する呟き自体があまり多くない印象ですが、「出金できない」という呟きはいくつか見られました。他の呟きはさくらと思われる人の呟きばかりで、「出金できた」という呟きは見つかりませんでした。

悪質な勧誘に利用されている

SNSを使ってバイナリーのレクチャーに勧誘してくる人は100%詐欺です。

上記のように、ソニックオプションへ登録させて稼ぐアフィリエイト目的の詐欺師集団もSNSに多くいます。このような甘い言葉をかけてくる人たちに知識がある人は、まず居ません。

そもそも稼げていたら、あなたに声はかけません。本当に稼がせてくれる神が居たら見てみたい。

ジェットオプション

ジェットオプションはCapital Swifrt Investmensが運営するバイナリーオプション業者です。

結論から答えますと、ジェットオプションでの取引は絶対にやめておいた方が良いです。Capital Swifrt Investmensという業者は、詐欺とまでは言い切れませんが、「詐欺まがいの業者」です。

ジェットオプションは、日本の金融庁がマークしている業者の1つです。ブラックリスト入りしていて、実際に関東財務局から警告も出されています。

詳しい会社の概要を調査し、まとめてみました。

運営会社Capital Swifrt Investmens
代表者不明
所在地不明
金融ライセンス不明
分別管理不明
取引方法ショート/スプレッド/ハイロー
ペイアウト率1.6〜2.0倍
取引銘柄7銘柄
判定時間30秒〜10分
最低購入金額100円
口座維持手数料無料(最終ログインから1ヶ月経過する毎に1,000円)
最低入金額1万円
入金手数料無料
最低出金額1万円※ボーナス出金条件をクリアするまで出金できない
出金手数料無料
ボーナスあり
問い合わせ方法メール
営業時間平日9:00〜21:00(日本時間)
デモ口座なし

上記の会社概要を見てください。業者の情報が一切公開されておらず、信頼性にも欠けています。

次に、口コミを見ていきましょう。

出金条件をクリアできずに、出金できない方も多いようですね。

個人の見解ですが、ジェットオプションをおすすめしない理由を3つお話しします。

  • 無責任な利用規約内容
  • ボーナスという名の罠
  • 会社の信頼性が非常に低い匿名業者

無責任な利用規約内容

ネット上では、ジェットオプションをおすすめするサイトがいくつかあるのですが、そのほとんどが利用規約までを考慮していないのが事実。

そして、利用規約が無責任すぎるんですよね。

  • 「取引システム自体の信頼性」
  • 「取引システムのバグやエラーを修正する責任」
  • 「間違いない業務・運営をする責任」

上記全てを自ら、利用規約で放棄しています。

    ボーナスという名の罠

    ジェットオプションでは、初回入金限定100%ボーナスという餌を巻いて集客していますが罠なので注意。

    ボーナスは、口座開設前にサポートにメールして、受取を拒否した方が身の為。

    ジェットオプションのボーナスには以下のような特徴があります。

    • 実際のボーナスの還元率は5%程度
    • 最初の入金額以上を口座に残しておかないとボーナスが消滅する
    • ボーナスを出金したい場合は追加入金が絶対条件
    • 厳しい出金条件をクリアしなければボーナスを出金できない
    • ボーナスを使用した場合、ボーナスの出金条件をクリアするまで口座資金が出金ロックされる

    入金金額によってボーナスの金額が変わるので「最大100%ボーナス」である事実を理解しておきましょう。

    ボーナスを出金する為にはボーナス額の20倍を入金した金額で取引を達成しなくてはいけないという条件もあります。また、ボーナスは自己資金を使い切った後でなければ使うことができません

    ボーナスの付与条件は以下の通り

    入金額 ボーナス(%) ボーナス(額)

    10,000円

    入金額の30%

    3000円

    20,000円

    入金額の50%

    10,000円

    30,000円

    入金額の80%

    24,000円

    50,000円

    入金額の90%

    45,000円

    100,000円 入金額の100% 10,000円

    例えば、1万円入金した場合

    ボーナス出金条件はボーナス額の20倍の取引が必要なので、「3000円×20倍=6万円」となる。

    実際には6万円分の取引をしなくては3000円のボーナスを出金することはできません。

    公式サイトを見た感じではなんだかお得に見えますが、お金を巻き上げるシステムになっているので注意しましょう。

    会社の信頼性が非常に低い匿名会社

    ジェットオプションは、代表者・所在地・金融ライセンス・資金の分別管理など一切不明。

    先ほど紹介した会社の概要をご覧になって、お分かりの方も多くいるはずです。

    ジェットオプションは詐欺業者かどうか見分けるための会社情報が全て不明。怪しすぎる…。

    問い合わせもメールだけなので、ほぼ匿名の会社です。まともではないのは確実なので避けるが吉。

    ゼン・トレーダー

    ゼントレーダー は、ZT Markets Limited,SVG IBC社の運営の元、2018年に誕生した歴史の浅い海外バイナリーオプション業者です。

    こちらも以下に会社の概要をまとめました。

    運営会社ZT Markets Limited,SVG IBC
    代表者不明
    所在地セントビンセント・グレナディーン※1
    金融ライセンスRegistrar Of International Business Companies
    分別管理不明
    取引方法クラシック/オンデマンド
    ペイアウト率1.6〜1.95倍
    取引銘柄クラシック取引25銘柄、オンデマンド取引7銘柄
    判定時間クラシック:15分・1時間・1日
    オンデマンド:30秒・1分・3分・5分
    最低購入金額500円
    口座維持手数料基本無料
    最低入金額5000円
    入金手数料無料
    最低出金額5000円
    出金手数料無料
    ボーナスあり
    問い合わせ方法メール・電話
    営業時間平日24時間、土日午前9時〜午後5時(日本時間)
    デモ口座あり
    ※1(以下、キングスタウンジェームズ・ストリートファースト・セントビンセント銀行ビル1階)

    『ゼン・トレーダー』はいかんせん、新しい業者ですので、ネット上に情報が少ない業者です。

    海外のバイナリーオプション業者にはライセンスを取得していない業者も多いのですが、ゼン・トレーダーは、海外の金融ライセンスを取得しています。なので、未取得の業者よりは信頼できそうですね。

    サービス自体の歴史が浅いことが原因なのか、「ゼン・トレーダー 」の口コミは、ほとんど見当たりませんでした。

    上記を踏まえて、おすすめできない理由3つを紹介します。

    • 創業歴が浅すぎる
    • チャートとのズレや遅延がある
    • トラブルが多い

    創業歴が浅すぎる

    ゼン・トレーダーは、 2018年に開始されたサービスで情報があまりにも少ない。

    新しいからダメだということではないのですが、初心者にとって、ブログやSNSなどの情報は特に重要です。

    使い方や攻略法、口コミの良い悪いなどの情報は判断材料にもなります。

    わからないことやトラブルが起こった際にも、情報が無ければ解決策などを自分で導き出さなくてはいけません。

    初心者は、情報が少ない業者よりも情報の多いバイナリーオプションの業者を選んだ方が後に困らないでしょう。

    トラブルが多い

    設立から日が浅いことで、ゼン・トレーダー は出金トラブルや、取引上のトラブルなどのマイナスな評判が多く目立っています。

    運営が4年目に入ることや、金融ライセンスに登録されていることから、詐欺業者ではなさそうです。

    法人登録 25071IBC 2018
    保証 利用規約に表明と保証の内容を記載
    責任 リスク開示書に記載

    重要事項もしっかりと書類に開示してあります。

    そもそも詐欺業者だと、4年運営する前に潰されていてもおかしくありません。

    ただ、現時点ではマイナスな評判が目立っている為、初心者にはおすすめできないということ。

    今後、システムのトラブルが減り、取引環境が改善していくことに期待!

    チャートとのズレや遅延がある

    デモで試した際は、個人的にはチャートの大きなズレは気になりませんでした。

    ただ、実際の本取引でエントリーしてみた際に、相場の急変や値動きの激しい時間帯に若干インジケーターとラグが出てしまうことがありました。

    上記のような理由から、悪い評判はきたのではないかと考えられます。

    この問題は、他のバイナリーオプション業者でも発生する問題です。

    しかし、ゼン・トレーダーではチャートのズレや遅延などの口コミが特に目立った印象を受けました。

    ゼントレーダーはそう言った問題を解消する為に、独自のMT4(Forex Capital Markets(FXCM)を導入しています。どうしてもゼン・トレーダーで取引がしたい人は、このMT4を使うことで遅延が回避できます。

    ラグは少ない方が良いに決まっている

    個人的にはラグの少ない海外業者がおすすめです。

    初心者はバイナリーオプションの操作画面に慣れることでさえ必死なのに、遅延やラグの対策まで頭が回らないというのが本音。

    ハイローオーストラリアを主に使っていますが、MT4でもあまりズレを感じません。ですから、ラグのない業者を使う方がもちろん楽なのは事実です。

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる