【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションは本人確認なしでできる?【本人確認不要のバイオプ業者】

バイナリーオプションって本人確認が必要って本当?

どの業者でも本人確認書類は必要でござる。これは、金融犯罪の防止のためでもあるのだよ。

上記のとおり。

結論から言うと、バイナリーオプションで一度も本人確認がない業者はありません。
もし、そう言った業者が存在するのであれば、詐欺業者でしょう。

なぜここまで言い切れるかというと、本人確認書類の提出はマネーロータリングの関係で義務付けられているから。

ただ本人確認のタイミングは、業者によって以下のように違います。

  1. 口座開設時に本人確認が必要
  2. 入金時までに本人確認が必要
  3. 出金時までに本人確認が必要

手っ取り早く取引を始めたい方は、出金時までに本人確認を行えばいい業者を選ぶという手段もあります。

しかし、本人確認だけを重視して業者選びを妥協してしまうのは勿体ないです。

この記事では、本人確認を出金時までに済ませれば取引ができる業者を2社紹介。

また、妥協しない業者でバイナリーオプションを始めるためにもスムーズに本人確認ができる準備を解説します。

目次

本人確認なしでできるバイナリーオプション業者

冒頭でも解説したとおり、本人確認なしでできるバイナリーオプション業者はない。

海外バイナリーオプション業者はかなり多いので、全部調べたわけではありませんが、本人確認なしで出金までできるところは恐らく一社もありません。

例え、本人確認のなしのままだと

  • 出金できない
  • 入金やトレードさえできない
  • ボーナスがもらえない

などの制限がかかります。※制限内容は業者によって異なるので各業者ごとに確認しましょう。

たとえ「本人確認なしで出金までOK」と宣伝している業者があっても怪しいので使わない方が良いでござるよ。

出金時までに本人確認すればOKな業者

ここでは、「本人確認なしで取引を始められる業者」を紹介します。

取引後の出金時までに本人確認を行えばいいので、自分の好きなタイミングで本人確認を提出することが可能です。

とりあえず、本人確認を後回し♩手っ取り早く取引ができる業者を探してみましたよ。

上記2つの業者です。

というのも、「K2 Ventures Limited」という運営会社が同じなのです。

メリット
・完全日本語対応
・ペイアウト率が2倍と高水準
・本人確認がないので1分ほどで効率よく登録可能
・200円から取引可能

いまのところ良さそうな2業者ね。

まあ、他の業者と比較しても飛び抜けていいってこともないがな…。

デメリット
・受け取ったボーナス額は取引に使えない
ボーナス出金条件が入金額の20倍で、条件を達成するとボーナス額を含めた全額出金可能
・出金トラブルの報告が多い。
・違法業者が拠点を置いていた場所で運営を行っている。

この2業者、悪徳業者という噂も多く書き込みがありました。

具体的には、

20,000円を入金して20%ボーナスを受け取った場合、360,000円分を取引しないと1円も出金できない仕組み。

さ、さ、さんじゅうろくまんえん!???

出金条件をクリアする前に資金がなくなってしまうことがほとんど。

Twitterなどを調査すると、同じようなツイートを連続するステマが蔓延しており、正直信用できる業者ではないかと。

信用できる業者で、本人確認・登録なしでデモ取引から

本人確認が面倒と感じる方も多いとはおもいますが、必ず通らなくてはいけない道です。

正直、最初の業者選びを「本人確認が面倒だから」という理由で決めてしまうのは勿体ない。

というのも、登録後の手数料や出金条件などで、大きく損をしてしまう可能性があるからです。

稼ぎたいのであれば、最初の業者選びが肝心。

業者選びのコツとおすすめランキングは下記記事にも記載しています。

口コミ◎デモ取引◎安全性◎なハイローオーストラリアがおすすめなんですね。

 ハイローオーストラリアなら、登録・本人確認などなしで1分で無料のデモ取引が始められます。取引だけを試してみたい方は、遊び感覚でやってみるのもいいかもしれません。

\ 無料版の取引はこちら /

デモ取引で慣れたあとに、口座開設(本人確認)すればOK。

本人確認される3つの理由

上記は、ハイローオーストラリアの「よくある質問」に記載してあった回答は以下3つ。

  • 金融犯罪から守るため
  • リスク管理のため
  • コンプライアンス遵守のため

難しい言葉と感じる方もいると思うので、それぞれ解説します。

金融犯罪から守るため

  • 他人のクレジットカードの利用
  • クレジットカードの現金化
  • 複数口座解説、もしくは虚偽作成
  • 資金洗浄目的の口座悪用

本人確認がなければ、バイナリーオプションの口座を悪質なマネーロータリング(資金洗浄)に利用する人も出てくるでしょう。

例えば、麻薬取引、脱税、紛飾決算などの犯罪によって得られた資金(汚れたお金)を、資金の出所をわからなくするために、架空・他人名義の銀行口座などを利用して、転々と送金を繰り返したりします。

もし本人確認がなければ、捜査機関による差し押さえや摘発を逃れるために、巨大な汚いお金を海外バイナリー口座に隠しもつことだってできるようになるのです。

こういった金融犯罪から守るためにも、本人確認は必須でござる。

リスク管理

リスク管理とは
将来発生するかもしれないリスクを洗い出し、整理、それらのリスクを回避するための管理活動のこと。ちなみにリスクとは、今後発生し得る不確定事象を意味する。

バイナリーオプションのリスクとは、主に下記3つ。

  • 税制リスク
  • 口座凍結リスク
  • 購入金額を失うリスク

リスク管理はあくまでも、「未来を考えて行う行為」なので、「現在大丈夫でも将来的に問題になりそう」と、事前に手をうっておくことを指すことが多い。

トレーダーに何かおこってしまった場合、本人確認が済んでいないと個人を特定することができません。

まさしく、なにかおこってしまった場合のことを考えた上でのリスク管理の1つが「本人確認」なのです。

なにか起こってからでは、遅いもんね。

「もしも」のことを考えた動きは大事なのでござる。

コンプライアンス遵守のため

コンプライアンス遵守は、法律を守ることが大前提ですが、業者の規約や社会的良識、社会規範などを守っているかどうかということ。

例えば、業者を利用するトレーダーが社会的良識を逸脱した行動をとることで、バイナリー業者のイメージがダウンし、世間から避難を浴びることもあるのです。

コンプライアンス違反の例
・粉飾決算や脱税
・個人情報の流出(不正アクセスなど)
・不正行為

業者側が法律に反していなくとも、その一件が原因で利用者が減ったり利益が下がったりして倒産に追い込まれることもあるので、規約やマニュアルなどで法律以外にも広い範囲にわたって対応する必要があります。

本人確認の必要書類

バイナリーオプションで代表的なハイローオーストラリアは、本人確認を厳密に行っています。

本人確認に必要なものは、次の3点の中の1点でOK。

・運転免許証
・パスポート
・写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)

上記の書類の中から、有効期限内のものを提出します。

以前は、口座開設時に、住所を確認できる「公共料金のはがき」などの郵便物が求められていましたが、現在は必要ありません。

2019年以前は、本人確認書類を提出し承認されるまでに2〜3日かかっていました。

しかし、2020年以降改善され、本人確認書類の認証が自動化され3分程度で取引開始まで進むことが可能に。

大幅に改善されたので、時間がかかるイメージをお持ちの方は一度試してみると、思った以上に手っ取り早く取引が開始できると思います。

※ただし、マイナンバーカードの場合だけ承認に時間がかかります。

コメント

コメントする

目次
閉じる