【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションはモンテカルロ法で攻略できる?仕組みを基礎から解説します!

『モンテカルロ法』っていう攻略法を耳にしたんですけど、どんな攻略法なんですか?

バイナリーオプションでも有名なのがマーチンゲール法やモンテカルロ法、これらはもともと、カジノのために考えられたベット方法でござるよ。

カジノのベッティングシステムをバイナリーオプションに応用しても大丈夫なのでしょうか。よく、マーチンゲール法は危険との声もよく言われますよね。

バイナリーオプションをモンテカルロ法で攻略できるか?この記事で詳しく解説をしていきます。

目次

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法とは、カジノで利用されるベット方法のこと、数列と決められた法則によって掛け金を決める手法のことです。

バイナリーオプションでは、カジノで利用されるベット手法を用いる人が多くいます。

有名なマーチンゲール法もその中の一つでござるよ。

マーチンゲールは聞いたことあるわ。

モンテカルロ法は、バイナリーオプション取引に関してのみで言えば、マーチンゲール法ほど取り入れられている手法ではありません。


その理由は、主に3倍配当の取引で利用される手法だからです。

3倍配当って…。ペイアウト率が3倍ってこと!?

そう。ただ、バイナリーオプションの配当(ペイアウト率)は、3倍も付かないことは知っておるな?

うーん。じゃあ、バイナリーオプションでは使えない手法じゃないの?


モンテカルロ法は、2倍の配当でも利用ができることから、バイナリーオプションに応用することが可能なのです。

モンテカルロ法の進め方

まず紙とペンを用いてください。その紙に【1・2・3】と記載をします。

掛け金の決め方は簡単です。メモにかかれた数字の両端を足すことで決定されます。

メモ用紙に123って数字を書けばいいんですね?

123

つまりここでは、メモの両端にかかれている「1+3=4」が掛け金でござる。

バイナリーオプションで利用するのならば、4千円の掛け金になります。

※ハイローオーストラリアの最低エントリーが1000円からのため、モンテカルロ法を実践するときは基本的に4000円からスタートします。

この4千円の掛け金で勝利できれば、利益になることからモンテカルロ法はここで終了です。再度4千円で掛け続けましょう。

問題は負けた時です。
負けた時は、メモにかかれた数字に掛けた数字を増やしていきます。

  1. 【1・2・3】両端の「1+3=4千円」を掛ける⇒敗北したら次へ
  2. 【1・2・3・4】両端の「1+4=5千円」を掛ける⇒敗北したら次へ
  3. 【1・2・3・4・5】両端の「1+5=6千円」を掛ける⇒敗北したら次へ

負ければ数字は増えていきます。3連敗した後の掛け金は「1+6=7千円」です。

では2連敗後に勝利した場合のメモはどうなるんですか?

勝利した場合は、両端から2つずつ数字を消していくでござるよ。

2連敗したときのメモは【1・2・3・4・5】です。
このメモから両端を消します。

すると【2・3・4】となります。
次に「2+4=6千円」でエントリーをして、勝ったとしましょう。

すると間の【2・4】が消えて【3】だけが残ることからモンテカルロ法はここで終了です。
メモの数字が無くなる、もしくは1つになればそこで終了をします。

2連敗をしているので、4千円と5千円、そして3戦目で6千円を使いました。合計の損失は、1万5千円です。

しかし3戦目で勝利したことから「6千円×3(配当)=1万8千円を得ることができました。3千円の利益です。

連敗のあと勝ち、また負けた場合

3連敗した時のメモは【1・2・3・4・5・6】です。この場合、4戦目の掛け金は7千円。これで勝つと1・2・5・6を消すので、メモには【3・4】が残ります。次の掛け金は「3+4=7千円」

ここで負けるとメモには7を追加を追加しましょう。

※最後の数字の6の次が7のため
【3・4・7】の数字が記載されます。次の掛け金は「3+7=1万円」です。

数字が無くなるか1つになれば最終的に必ず利益がでます。これがモンテカルロ法です。基本的に配当が3倍のゲームに有効なため、カジノで多くの人が利用されています。

バイナリーオプションに応用できる?

モンテカルロ法は、3倍の配当で利用される手法です。もし2倍の配当で利用する場合は、勝利したときに消す文字を両端の2つずつではなく、1つずつにして応用をします。

配当が2倍であれば1セットが終われば必ず利益がでます。
しかし、バイナリーオプションの配当は2倍より低いことがほとんど

もしバイナリーオプションで利用をするのならば、より2倍に近いペイアウト率のオプション取引を選択するしかありません。

ただし2倍に近いと言っても、勝率が下がってはモンテカルロ法の意味がないでござるよ。

カジノで利用されるモンテカルロ法は、配当が3倍で勝率33.3%だからこそ生きる手法、勝率が下がっては破産の道をたどるだけ。

その点を考慮すると、モンテカルロ法を利用するのにおすすめなのがハイローオーストラリアTurboの30秒取引、ペイアウト率1.95倍ではないでしょうか。一番2倍に近く、勝率の維持もできるはずです。

カジノで利用するほどの利益は上げられませんが、両端の数字を1つずつ消す方法と、ハイローオーストラリアTurboの30秒取引を組みあわせれば応用ができます。

モンテカルロ法を使うメリット

それでは、バイナリーオプションでモンテカルロ法を利用するメリットを上げていきましょう。

勝率50%でも利益がでる

同じ金額で取引をし続けた場合、3勝3敗では損失が出ます。ペイアウト率が2倍ならば引き分けですが、2倍より低ければその分が損失額です。

モンテカルロ法ならば、たとえ3勝3敗であっても利益をもたらすことができるでござる。ペイアウト率1.95倍で考えてみよう!

メモ掛け金勝敗累計損益
1戦目【1・2・3】4,000円×-4,000円
2戦目【1・2・3・4】5,000円×-9,000円
3戦目【1・2・3・4・5】6,000円-3,300円
4戦目【2・3・4】6,000円×-9,300円
5戦目【2・3・4・6】8,000円-1,700円
6戦目【3・4】7,000円4,950円

ペイアウト率が1.95だと、3勝3敗で150円の損失が出ます。

しかし、同じ勝敗にも関わらず、モンテカルロ法ならば4,950円の利益が出ます。

この差は大きい!これがモンテカルロ法の破壊力、定額で掛けるよりも効率よく稼ぐことができるのでござる。

掛け金で悩まなくて済む

モンテカルロ法を利用することで、掛け金のルールが固定されます。メモ帳に記入した数字で金額が決まることから、複雑に考える必要はありません。

連敗しても、熱くなる感情を防ぐ効果もあり、無謀な掛け金で取引をすることがありません。モンテカルロ法に則ったルールを守ればいいという考え方は、非常にシンプルです。

メンタルコントロールがしやすいのはいいですね。

モンテカルロ法の注意点

次にモンテカルロ法でバイナリーオプションをするときの注意点を上げていきます。

モンテカルロ法は長引けばマイナス

負け続けた場合は、どうなるの?

バイナリーオプションでモンテカルロ法を利用した場合、勝負が長引けば、最終的にマイナスになることもあり得ます。

メモ掛け金勝敗累計損益
1戦目【1・2・3】4,000円×-4,000円
2戦目【1・2・3・4】5,000円×-9,000円
3戦目【1・2・3・4・5】6,000円×-15,000円
4戦目【1・2・3・4・5・6】7,000円-8,350円
5戦目【2・3・4・5】7,000円-1,700円
6戦目【3・4】7,000円×-8,700円
7戦目【3・4・7】10,000円×-18,700円
8戦目【3・4・7・10】13,000円-6,350円
9戦目【4・7】11,000円×-17,350円
10戦目【4・7・11】15,000円-3,100円

上記の取引では、最後に7が残りました。

累計損益がマイナスになっていますね…。


これは、本来3倍の配当で行うべき手法を無理やり2倍のバイナリーオプションに合わせてしまった結果です。

バイナリーオプションでモンテカルロ法を利用するときは、長引かせないように注意が必要でござる。

低いペイアウト率では利用をしない

本来ならば3倍の配当で利用をしなければいけない手法でござる。それを無理やりに数字を1つずつ消す方法で合わせました。

先ほど解説した10戦目はたとえペイアウト率2倍のバイナリーオプション取引でも、-1,000円の結果をもたらします。

ペイアウト率がさらに低くなれば、損失額はどんどん大きくなることから、できるだけ2倍に近いペイアウト率で取引を行うようにしましょう。

ペイアウト率をしっかりみて、高ペイアウト率のときだけ試せる手法ってことね。

資金は多めに口座へ入れておく

バイナリーオプションで人気のハイローオーストラリアを例にあげます。
ハイローオーストラリアでは、1回千円から取引が可能です。1万円の入金をしていた場合、最低でも10回の取引が可能です。

しかし、モンテカルロ法を利用する場合、1万円だとこんな感じになります。

  1. 最初の取引で4千円を使用
  2. ここで負ければ次は5千円
  3. 最初に2連敗をすればそれで終了
  4. 資金が底をつく

利益が出る前に、資金が底をついてしまうわ。

バイナリーオプションでモンテカルロ法を利用するときは、多めの入金をするようにするのがポイントでござる。

モンテカルロ法で攻略してみた

それでは、モンテカルロ法を利用してハイローオーストラリアのデモ口座で取引を行ってみます。

100万円の口座残高が1万円を基本ベースで取引することでいくら増えるでしょうか。早速試してみましょう。

最初は【1・2・3】なので4万円でのエントリーです。結果、負けてしまいました。次の取引に移ります。

メモは【1・2・3・4】両端を足して5万円でエントリーを行います。見事勝利をしました。口座残高も1,007,500円です。

しかしまだ数字が残っているため、モンテカルロ法を継続します。

先ほどのメモから1と4が消えるので、メモには【2.3】が残っています。そのため5万円で取引をおこないましたが、結果は負けてしまいました。

口座残高も957,500円に減少です。当初の1,000,000円を割ってしまいました。

メモは【2・3・5】と負けたため数字が追加されます。両端を足し7万円でエントリーを開始しますが残念、ここでも負けてしまいました。残高は887,500円です。

メモは【2・3・5・7】となりました。ここでは9万円で取引を行います。見事勝利、残高が973,000円になりました。

メモは【3・5】です。8万円でエントリーを行いました。結果は、負けです。残高は893,000円になりました。

メモは【3・5・9】です。ここでは11万円エントリーをしなければいけません。
見事勝利を収めることができました。しかし、口座残高は997,500円です。2,500円の損益を出してしまいました。

メモには【5】しか残っていませんのでここで終了です。

プラスになったら止める、この方法をプラスすれば、モンテカルロ法は成功でした。攻略方法に、プラスで止めるを追加しましょう。

しかし今の取引では、モンテカルロ法で攻略したことにはなりません。仕切り直しましょう。

口座残高1,000,000万円にもどして再スタートです。

モンテカルロ法の再スタートなので、メモは【1・2・3】つまり、4万円でのエントリーを開始します。結果は負けてしまいました。

次は【1・2・3・4】なので5万円でのエントリーです。負けてしまい、残高は910,000円です。

【1・2・3・4・5】なので6万円を利用します。ここでも負けてしまい3連敗、残高は850,000円です。

【1・2・3・4・5・6】7万円でのエントリーです。ここでは見事勝利ができました。残高も916,500円に上がります。

メモは両端が無くなり【2・3・4・5】です。7万円でのエントリー、見事勝利できました。残高も983,000円です。

メモは【3・4】ついに最後の勝負です。足して7万円でエントリーを開始しました。見事勝利です。口座残高も1,049,500円となり、49,500円の利益がでました。

モンテカルロ法を攻略する方法は、最後に数字を残さずきれいに終わることと、利益がでたら止めることのようです。

もともとは3倍の配当で利用される手法、試しながらルールを変更するしかありません。

今回はハイローオーストラリアのデモ口座を利用して攻略を模索しました。基本はモンテカルロ法をベースにして、利益が出る方法を模索しましょう。

負けるリスクと資金をどんどん注ぎ込まなければいけないので、初心者にはモンテカルロ法ではなく、少ない資金でコツコツ取引する方がいいかもしれませんね。

デモ取引で自分に合っている攻略かどうか試してみるのもいいでござるよ。

コメント

コメントする

目次
閉じる