【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

資金管理が崩れると資金ショートの危機!?重要性や注意点を詳しく解説!

バイナリーオプション取引では、資金管理が重要な投資と言われています。

私負けるとすぐに取り返そうとして資金を失くしてしまいます。

バイナリーオプションで最も重要なポイントだな。
資金管理についてよく理解して、自分の大事な資金を減らさないことが重要となるぞ。

本記事では、資金管理の重要性やおすすめの資金管理方法について詳しく解説していきます。

目次

市場退場の要因は大半が資金管理によるもの

お金を増やしたいと思ってバイナリーオプションを始めたのにも関わらず、大半の方は勝てずに辞めてしまっているのが現状です。

バイナリーオプションは、相場が判定時間までに上がるか下がるかを予想するシンプルな投資です。

そのため、適当にエントリーしても勝てる時は勝てます。

しかしそんな中で、勝てずに辞めてしまう人の多くは資金管理の崩壊よって負けてしまっているのです。

確かに勝敗で見るとそんなに負け越してないのに、資金だけは大きく減らしちゃうんですよね。

資金管理は、頭では分かっていてもできない人が多いようだ。
資金管理が崩れる要因について見ていこう。

資金管理を崩す要因①連敗後の欲

資金管理が崩れやすい最も大きな要因は、連敗した後にあります。

バイナリーオプションの取引は勝てばお金が増えて、負けたらエントリー額そのものが消滅するシステムです。

さっきまであったお金が少しの連敗でなくなってしまうと「さっきの資金まで戻したい」「負け分を取り返したい」といった欲が出てしまいます。

そのような欲は、資金管理を崩す大きな要因となるので気をつけなければいけません。

欲が出た時点でバイナリーオプションでは負けたも同然だ。
エントリ―チャンスを待って淡々とエントリーしなければならないぞ。

そうですよね。
ついつい取り戻そうとして無根拠なエントリーやエントリー額を上げて資金を失うケースが多くなっちゃってました。

連敗後はチャートを自分の都合よく見てしまう場合があります。
振り返りをした時に全くエントリーポイントではなかったと感じるケースも少なくありません。

バイナリーでは、自身のメンタルを保つことが重要です。

バイナリーのメンタル記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

資金管理を崩す要因②目標金額を決めている

バイナリーオプションの取引では、「1日に〇〇円稼ぎたい」と目標を決めて取引する方が多いです。

しかしこのように目標金額を定めた取引は、資金管理を崩す要因となってしまいます。

目標金額を決めたらだめなんですか?
私はバイトの日給分くらいは稼ぎたいなーって思ってますけど…

為替相場は常に形を変えるものだ。
つまり手法によっては全く相場に触れないケースもあるのでござるよ。

これは、2021年7月のUSD/JPYチャートを30分足で見たものです。

①の箇所は比較的レンジ気味に推移しているので、逆張り手法が強かった日になります。

しかし、②の日には円買いによるトレンドの発生で全く反発しない日が続いてしまったのです。

1日に1勝分の利益を目標にするのであればいいですが、5勝分や10勝分といった大きな利益目標を掲げてしまうと②のような相場の日に資金管理を崩してしまいます。

直近での目標は持たずに、月や年単位でのトータル勝ち越しを狙うといった長期的な視点で見ていきましょう。

資金管理を崩してしまう要因③体調を崩している時

バイナリーオプションで資金を溶かすタイミングは、体調を崩している時にエントリーをしているケースが多いです。

体調というのは病気やケガだけでなく、仕事のストレスを抱えている時や寝不足の場合も当てはまります。

体調を崩した状態で取引すると人は「早いとこ儲けを出して休みたい」といった心理状態に陥ってしまうのです。

その結果無根拠なエントリ―をしたり、普段よりも大きな資金でエントリーをして破産をしてしまいます。

自分自身の環境や状態が悪いと感じたら取引はせずにゆっくり休まないとだめでござる。そんな状態で取引しても何も良い事はない。

優秀なトレーダーになるには体調管理も徹底しないとだめですね….

資金管理を崩してしまう要因④マーチンゲール

バイナリーオプションでは、マーチンゲールを推奨する方が多いですがこれはとても危険な行為です。

マーチンゲール
取引に負けるごとに資金を倍にしていく取引手法。

1000円負け→2000円負け→4000円….といったように、資金を倍掛けしていく手法となります。

なんかすごく有効そうな手法に見えますよ!
これのどこが危険なんですか?

マーチンゲールは勝てた場合はいいが、負けてしまうと資金を大きく減らしてしまうもでござる。普段1000円エントリーの者が4000円エントリーもするのは異常なことだと思わないか?

マーチンゲールは最終的に高い勝率を保たないといけないので、大きく資金を減らす可能性の方が高まってしまいます。

上の画像は、バイナリーオプションの人気No1業者であるハイローオーストラリアのTurbo取引画像です。

全ての判定時間でペイアウトが2倍以下で定められていることが分かります。

バイナリーオプションではこのように2倍以上のペイアウトが付く会社はほとんどないので、マーチンゲールを行った時点で資金効率が悪くなってしまうのです。

高額な利益を出しているプロトレーダーでマーチンを推奨している方はいないと覚えておきましょう。

資金の30%を失うと危険

投資の世界では、資金の30%を失った時点で冷静さが保てなくなると言われています。

これは統計で導き出された数字であり、信ぴょう性の高いものです。

仮に10万円の資金が7万円に減っても、資金管理を徹底していればすぐに同額まで戻せる可能性は充分にあります。

しかし多くの方はこの時点で冷静さを保てずに、欲を出して資金管理を崩してしまうのです。

資金の30%がなくなったら、まずは取引を休んでデモ口座での取引や気分転換でバイナリー以外の事をすると良いぞ。

一旦は本取引から離れるってことですね。

精神状態が落ち込んだ状態では、上手なチャート分析やエントリーができなくなってしまう懸念があります。

しっかりと体制を整えてから、再び本取引に戻れるようにしていきましょう。

おすすめの資金管理方法

次に、おすすめの資金管理方法について紹介していきます。

口座資金の3%エントリー

バイナリーオプションのエントリーは、口座資金の5%~10%を推奨している方が多い傾向にあります。

エントリーの回数にもよりますが、口座資金の5%~10%の資金は多いと覚えておきましょう。

当サイトでは口座資金の3%ほどを推奨します。

連敗した時の資金推移
  • 資金10%→5連敗で50%の資金が消滅
  • 資金5%→5連敗で25%の資金が消滅
  • 資金3%→5連敗で15%の資金が消滅

どんなに強いトレーダーでも、5連敗ほどの負けを引くケースは珍しくありません。

10%だと資金の半分、5%だと4分に1を一気に減らしてしまうので、資金管理が崩れやすくなってしまうのです。

一定額でエントリーをする場合では、資金の3%ほどが妥当と言えるでしょう。

1000円エントリーをするものであれば、口座資金として3万円を用意しておくといいな。

金額を分散させてエントリーする

次に紹介するのは、資金を分散させてエントリーをするという方法です。

上のようなトレンド相場で逆張りを狙ったとします。

浅い位置で少額のエントリーをしておいて、相場が深く伸びてきたところでそれよりも大きい金額をエントリーするという手法です。

資金の割合はあくまでも目安ですが、トータルでも5%ほどの資金で収めておくようにしましょう。

有利な位置のポジションを少し大きな金額に設定しておけば、1勝1敗でも利益が出る計算になりますね。

そうだな。
トレンド相場を狙う場合などは特に有効性が増すものでござる。

トレンド相場の分析では移動平均線を使うと有効性が増します。

パーフェクトオーダー記事で解説しているので、トレンド手法の根拠に付け加えてみましょう。

勝率の高い箇所で大きな金額を張る

勝率の高い低いが分かっている場合は、勝率の高いポイントで高額のエントリーをするのも1つの手段です。

しかし、これは手法別の勝率を把握しておく必要があるので、バイナリーオプションの経験を積んだ方やある程度上級者向きの方法と言えるでしょう。

勝率を知るにはバックテストが取ったり、日々のトレード記録をしっかり付けておく必要があるな。

初心者には難しいそうですね。。。。

相場分析に不慣れな方や、バイナリー初心者の方がこの方法を使うと資金を大きく減らす危険性があるので注意しましょう。

過去データから勝率が分かるまでは上記のような資金の分散や、一定額でのエントリーがおすすめです。

資金を上げるタイミング

バイナリーオプション取引は、少額から始める方がほとんどです。

まずは少額から始めて、いずれ高額のエントリーができるようになりたいと考えている方が多いでしょう。

その場合、いつかはエントリー金額も上げていく事になります。

ほとんどの方が目標金額に到達した時点で上げる傾向にありますが、その方法ではすぐに資金を減らす可能性が高いです。

1000円エントリー→目標の10万円に到達して3000円エントリーに切り替えた場合
2連敗→2000円負けが6000円負けになる
5連敗→5000円負けが1万5000円負けになる

このように、エントリー金額を上げたあとすぐに連敗をするケースは珍しい事ではありません。

せっかくコツコツ積み上げた資金を大きく減らしてしまう懸念があります。

そうですよね….
でもいつまでも少額エントリーはしたくないですし….

エントリー金額を上げるには、3か月ほど安定した勝率が出せるようになってから上げるとい良いでござるよ。

前述したように、為替相場は日によって姿形を変えます。

それは月ごとでも同じなので、3か月ほどの期間で安定した勝率を出せるようになってからエントリー金額を上げると良いでしょう。

早く稼ぎたい焦りからエントリー額を上げてしまうのは、資金管理を崩す要因となるので注意しましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる