【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

月曜日のバイナリーオプションの稼ぎ方【窓埋めが攻略の鍵】

バイナリーオプションの取引をする際は、曜日ごとの特徴を理解することで相場分析の精度が上げられるのです。

本記事では、週明け月曜日の習性をバイナリーオプションの観点から見て詳しく解説をしていきます。

月曜日って週の最初だから、ぜひ勝ち越してスタートしたいですね!

バイナリーオプションの時間帯も別記事で解説しているぞ。
合わせて読んで勝率UPだ。

目次

月曜日のバイナリーオプション相場

まずは、月曜日の為替(バイナリーオプション)相場の特徴について解説していきます。

週の初めである月曜日には、どんな習性や特徴があるのかをしっかり押さえておきましょう。

相場の窓を作りやすい

月曜日の始値は、金曜日の終値からレートがずれた位置でスタートするケースが多いです。

為替相場の窓
金曜日の終値と月曜日の始値の間に大きなレート差が発生する現象。

このパターンは月曜日によく見かけますね!
でも、どうしてこのような現象が起きるんですか?

窓は主に以下のような要因で発生するでござるよ。

窓が発生する要因
  • 土日が祝日でない国の売買が週明けに反映されるため
  • 月曜日の市場の開場と同時に注文が殺到するため

中東の一部の国では、土日が休みではない国があります。

為替取引が細々と行われており、週明けに反映されることでこのような窓を作るのです。

また、週明けの月曜日には指値や逆指値を入れたトレーダーによる注文が活発になるケースもあります。

週末に大きなマーケットニュースや自然災害などが発生すると大きな窓をつける傾向です。

窓を付けた相場はその後、金曜日の終値まで価格を戻す習性があります。
窓埋めと呼ばれるパターンですが、FXでは勝率の高い手法として意識されているのです。

判定時間の明確なバイナリーオプションでは、具体的なエントリ―ポイントにならないでござる。しかし活かす方法はあるから後ほど詳しく解説するぞ。

月曜日に注目度の高い指標がない

為替相場が大きく動く経済指標ですが、週明けの月曜日には注目度の高い指標がほとんどありません。

意識される指標は火曜日~金曜日にかけて発表されるケースが多いです。

指標が少ないってことは、相場の動きは小さめってことですか?

その傾向になる場合が多いな。
トレンドを作りにくいから、逆張り手法をレンジで狙う際には有効性が増す曜日とも取れるぞ。

また、週末に各国の祝日があると月曜日を振替休日とする国も多いです。

アメリカやヨーロッパの国が祝日となると、ボラティリティが普段よりも小さくなってしまいます。

ただでさえ値幅の小さいメジャー通貨などではギリギリの勝負になりやすいので注意してバイナリーオプション取引をしましょう。

リスクオンとリスクオフ

月曜日は値動きが小さいせいか、リスクオンとリスクオフの動きが顕著に現れる場合があります。

リスクオンとリスクオフ
リスクオン→値動きの大きい銘柄(リスクの高い銘柄)を買って値動きの緩やかな銘柄(リスクの低い銘柄)を売る
リスクオフ→ 値動きの緩やかな銘柄(リスクの低い銘柄)を売って 値動きの大きい銘柄(リスクの高い銘柄)を買う

リスクの低い銘柄とは、安全資産として認知されている日本円や米ドルを指します。

世界情勢が不安定になるとリスクオフ、反対の場合にリスクオンの動きとなりやすいです。

つまり、米ドルや日本円を基軸として相場が動くケースが多くなります。

バイナリーオプションで取引する銘柄はクロス円やドルストレートの銘柄が多いから、月曜日は通貨の相関性に注意する曜日と言えるな。

ドルや円の動きに要注目ってことですね。

クロス円(〇〇〇/JPY)やドルストレート(〇〇〇/USD)の銘柄で同じような動きをしたら、円と米ドル起点で相場が動いていると捉えることができます。

トレンドを作り出したら逆張りが有効でなくなってしまうので、各銘柄で同じような値動きになっていないかをよく確認しておきましょう。

月曜日のバイナリーオプション攻略方法

次に、月曜日のバイナリーオプション攻略法について解説します。

基本的には自身の手法を信じて、曜日に関わらず期待値を追ったエントリーをすることが重要です。

しかしその中でも月曜日の習性を活かしたバイナリーオプションの戦い方はあるので、詳しく見いきましょう。

窓埋めで相場の方向性を確認する

前述したように、為替相場に窓を作ると金曜日の終値まで戻してくると解説しました。

しかし窓は、どのタイミングで戻してくるかが分からないといった欠点もあります。

10分ほどの短期ですぐに戻すケースもあれば、1時間~数日かけて価格を戻す可能性もあるのです。

短期で戻した場合は相場の方向性が掴めませんが、バイナリーの取引中にまだ窓埋めをしていない場合はチャンスと見ていいでしょう。

・金曜日の終値より月曜日の始値が下にある状態→価格が上昇する可能性が高い
・金曜日の終値より月曜日の始値が上にある状態→価格が下落する可能性が高い

価格が上昇する可能性=ハイエントリーが強い、価格が下落する可能性=ローエントリーが強いと捉えられるでござるよ。

なるほど!
窓埋めしていない状態の相場では強いエントリー方向が分かるってことですね!

ハイエントリーが強い相場でローエントリーのチャンスが来ると、一つの懸念材料となりエントリー額を下げたりエントリーの回避ができます。

このように相場の方向性を見ることで、ハイとローのどちらが強いかを見極められるのです。

レンジ相場を積極的に狙う

為替相場はレンジ7割、トレンド3割と言われています。

厳密に言うと月曜日の為替相場はレンジ相場の割合が7割を超えるので、積極的にレンジ相場の手法を使うとエントリーチャンスが増えるのです。

あくまで傾向であり、全くトレンドが出ないというわけでは無いので注意しましょう。

レンジ相場では主にストキャスティクス、CCI、RSIといったインジゲーターが有効となるでござるよ。

合わせて読みたい

ストキャスティクスを使ったバイナリーオプション攻略法

CCIを使ったバイナリーオプション攻略法

RSIを使ったバイナリーオプション攻略法

この中でもストキャスティクスは、長年勝率が安定しているバイナリーオプション向けのインジゲーターです。

レンジ相場の多い相場でトレンド手法を使ってもチャンスが少ないので、月曜日にはレンジ手法を積極的に使っていきましょう。

月曜日と他の曜日の相場変動に違いがあるのかを検証してみた

バイナリーオプション取引をするにあたって、曜日ごとの特性を把握するのはとても重要なことです。

そこで、USD/JPYを例に月曜日と以外の曜日で相場状況に違いがあるのかを検証してみました。

平均値の違い

以下は、2023年8月後半から9月までのUSD/JPYを日足で表示したチャートです。

赤い線で示した部分が月曜日、他のローソク足がそれ以外の曜日となっています。
比較して見ると、他の曜日に比べて平均値自体は大きくないと言えるでしょう。

指標が少ない点や祝日の多さ、週明けで様子見に入る投資家が多い点が考えられます。

しかし、極端な差があるというわけではありません。
週によっては月曜日の平均値が高い場合もあるので、一概には判断できないでしょう。

あくまでも傾向として平均値が低いという点を押さえておこう

逆張りの勝率

続いて、バイナリーオプションで用いられやすい逆張りでの勝ちやすさを見ていきます。

こちらは、2023年8月以降のEUR/JPY相場でボリンジャーバンド2σタッチとストキャス反応を根拠に加えて、次足の反発率を当サイト独自に調査したものです。

月曜日:28戦16勝12敗
火曜日:34戦17勝17敗
水曜日:42戦23勝19敗
木曜日:33戦23勝10敗
金曜日:41戦22勝9敗

通貨や手法によってばらつきがあると思いますが、約30~40戦ほどで比較しても、週末の方が勝率が高い傾向です。

週初めでは月曜日の勝率も良かったですが、平均値の小さい日が多かったため、エントリーチャンスが少なく感じます。

結果として、他の曜日と大きな違いは見られませんでしたが、チャンスが少なめであるという共通点はあります。
月曜日に集中的な取引をしたい方は、意識してトレードの参考にしてみてください。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次