【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションはメンタルを崩すと大負けする?【自分を管理する方法】

うーん、バイナリーオプションでなかなか勝てないです。
お金が増えたり減ったりするとなんか疲れちゃいます。

バイナリーオプションは相場分析以上にメンタルの管理が重要となるでござるよ。

本記事ではバイナリーオプションのメンタルというテーマで詳しく解説をしていきます。

精神的な部分なのでピンとこないかもしれませんが、バイナリーオプションでは特に意識して取引する事が重要です。

目次

バイナリーオプションでメンタルを崩すと…

バイナリーオプションに限らず、トレードといわれる分野ではメンタル管理がとても重要です。

メンタルを崩すと資金管理の崩壊や、根拠のないエントリーの要因となってしまいます。

バイナリーでメンタルを保つことが重要な理由を具体的に見ていきましょう。

資金を一瞬で溶かしてしまう

バイナリーオプションの投資では、勝つのには時間がかかるが、負ける時は一瞬で資金を失う方が多いです。

投資の世界では「コツコツドカン」とも言われますが、投資未経験者が多いバイナリーオプションでは特にその失敗をしてしまう傾向にあります。

勝つときはゆっくりだが、負ける時は短時間で資金を失ってしまう人が多いんだ。

資金管理が崩れちゃうんですね…

バイナリーオプションで連敗をする可能性は充分にあり得ます。

相場がかみ合わない事や、機関投資家の参入で相場が思惑と逆方向に動くことはよくある話です。

どんなに勝率の高いプロトレーダーでも連敗はするものなので、資金を失ったショックですぐに取り返したいという欲は出さずに淡々と期待値を追いましょう。

無根拠なエントリーをしてしまう

バイナリーオプションでは、「早く稼ぎたい」「早急に勝って今日はトレード」を終えたいといった欲を出すのが禁物です。

お金を稼ぎたいと思ってトレードするのに、欲を出しちゃいけないなんて不思議ですね。

バイナリーでは欲が出た時点で相場が自分の都合よく見えてしまうでござる。無根拠なエントリーに繋がってしまうのだ。

バイナリーオプションでは、エントリーチャンスを待つことが重要となります。

チャート分析をする際に欲が出てしまうと、チャートが自分の都合のいいように見えてしまいがちです。

後々チャートを見返した時に、実はエントリーチャンスではなかったというケースは少なくありません。

根拠がないポイントでエントリーをしてしまうので、余計な負けを増やす要因となってしまいます。

為替相場に私情を持ち込まず、ルール通りのエントリーをしましょう。

バイナリーでメンタルを保つために

バイナリーに限らず、全ての投資は自身の感情を捨てて行うことが重要です。

次は、バイナリーでメンタルを保つためにやるべきことを紹介します。

1日の許容損失額を決める

まずは、1日の許容損失額を決めるという方法です。

許容損失額
自身の証拠金が減っても許容される損失のライン。

1日に資金の〇%を失ったら、その日の取引はやめるというルールを作っておきましょう。

もしくは日別ではなく、時間帯別で見てあげることも重要です。

時間帯別….ですか?

為替相場では時間帯によって各国の市場参加者が違うだろう。
午前中に自分の手法が合わなかったとしても、夕方や夜には良い相場となっている場合があるでござる。

各国の市場時間
  • 7時~15時→オセアニア市場の参加
  • 8時~17時→日本市場の参加
  • 16時~1時→ロンドン市場の参加
  • 22時~6時→アメリカ市場の参加

最も相場が活発になるのは、ロンドン市場とアメリカ市場の重なる22時以降の時間です。

長い時間でチャートが見られる方は、1日単位ではなく時間帯別の許容損失額を設定しておくといいでしょう。

損失許容額は大きく設定せずに、3敗分ほどの金額に設定をしておきましょう。

また、相場は曜日別でも変わってきます。

月曜日金曜日の相場を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

手法を明確にする

手法を明確にするという事もメンタルを保つために重要です。

メンタルを崩しやすいのは、間違ったエントリーをした場合やエントリーを逃した際に多い傾向にあります。

手法を明確にするというのはエントリーポイントを決めるというだけでなく、「こういう状況になったらエントリーをしない」といった回避する能力も重要となるのです。

どんなに良いチャンスが来ていても、相関が悪ければ打たない、時間帯が悪ければ打たないといった回避のルールを決めておくのだ。

エントリールールを必ず守って取引しましょう。

負けても追わない

バイナリーオプションでは、1回負けるとその後資金を追いかけるマーチンゲールという手法を使う方がいます。

マーチンゲールは、ペイアウト2倍以下に設定されたバイナリーの業界で資金を溶かしてしまう可能性が高い手法です。

また、マーチンゲールに慣れている人は、1回のエントリーポイントで負けてしまった場合に追いかけてしまう傾向にあります。

逆張り手法でトレンドの発生があると、追いかけたポイントも負けて大きな損失を出してしまうのです。

順張り手法であれば上下を繰り返すレンジ相場になると、追いかけることで大型連敗してしまいます。

必ずしも追いかけるのが悪いというわけではない。
相場によって追いかける回数を設定しておくといいな。

許容損失額にもよく似ていますね。
私は根拠があれば2回まで追いかけるようにします!

追いかける危険性を、バイナリーのナンピン手法記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

1敗を認める

バイナリーオプションは、勝率を上げて利益を積み上げる投資になります。

FXは獲得した値幅が重要となるので、最悪1勝10敗などで負け越しても利益が出せるシステムです。

それに対してバイナリーオプションは、ペイアウトごとの損益分岐点を理解しておくことが重要と言えるでしょう。

ペイアウト損益分岐点
2.00倍50%
1.95倍51.28%
1.90倍52.63%
1.85倍54.05%

ペイアウト1.85倍の場合→100回取引をして55回以上勝ち越せば利益となる。

損益分岐点を超えた勝率を保っていると、一定額でエントリーをしていれば資金が増えます。

メンタルを崩す人は1敗の重みを重要視する傾向にありますが、小さな負けは受け入れることが重要となるのです。

バイナリーでは1回負けても損失はエントリー額のみだからな。
資金の消滅よりも、勝率を重視して意取引することが重要だぞ。

資金の増減には目を向けず、月でどのくらい勝ち越したかを見てあげるようにしましょう。

違和感を察知したらすぐに取引を辞める

様々なメンタル管理方法があるが、私は違和感を察知したらすぐに取引を辞めるという方法をとっているでござるよ。

違和感ってどんな違和感ですか?

違和感と一言で言っても様々なシーンがあります。

・自身の体調への違和感
・ストレスへの違和感
・為替相場の違和感

為替相場だけでなく、自身の精神状態や体調面なども含まれます。

体調を崩していたり、仕事や私生活でストレスを抱えている状態では良いトレードができません。

相場を都合よく見てしまう要因となるので、違和感を感じた状況でのトレードは避けておきましょう。

また、相場の危機管理能力はバイナリーを行う上でとても重要です。

相場がおかしい、または連敗した時の相場と似ていると察知した場合は、すぐに取引を辞めるのが賢明と言えるでしょう。

MT4とバイナリー業者のチャートがずれた時なども違和感の1つです。
余計な負けを拾う可能性が高まるので、取引を避けるといいでしょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる