バイナリーオプション攻略

リミットブレイクシステムの評判は?バイナリーオプションに勝てるようになる?

バイナリーオプションのサインツールに、リミットブレイクシステムというものがあります。
YouTube動画でも説明がされている商品ですが、バイナリーに効果があるのでしょうか?詳しくし調べていきたいと思います。

リミットブレイクシステムとは

リミットブレイクシステムとは、Fintech Investors(フィンテックインベスターズ)の山口氏が開発したサインツールです。

リミットブレイクシステム動画(外部リンク)

フィンテックインベスターズ山口氏のラインアットに登録をすると、63ページわたるテクニカル分析の知識や、裁量ノウハウが込められた本がもらえます。
本屋でバイナリーオプションの本を10冊購入するよりも、価値があるものと言われていました。

それでは、そんな山口氏が開発したリミットブレイクシステムはどんなツールなのか、販売サイトからわかることを書き出していきます。

リミットブレイクシステムの概要

リミットブレイクシステムの販売サイトを確認すると、2013年2月~2017年11月の実績で勝率97%を記録した禁断のシステムと言われています。
何回取引をしたかはわかりませんが、4年以上の取引結果が本当ならば、十分すぎる数値です。
開発者である山口氏も利用していると解説しています。

数量限定で販売を解禁したそうで、提供人数に達したらサイトは封鎖と記載がありました。
ただ、2020年現在でもサイトを確認することから、まだ提供人数に達していないようです。

開発者である山口氏自身もリミットブレイクシステムを活用し、毎月500万円以上稼いでいると説明されてました。利用時間は1日2時間だそうです。
1カ月で取引できる日数は20日間程度、1日2時間で計算をすると40時間の取引、時給に換算すると125,000円になります。
ハイロードットコムを利用されているのならば限定凍結しないの?販売サイトの作成ややYouTube動画を取るよりリミットブレイクシステムを利用して取引してた方が良くない?など、いろいろな感情がわいてくる金額です。

YouTube動画内容から見たリミットブレイクシステム

YouTube動画の内容から、リミットブレイクシステムの使い方を解説していきます。

リミットブレイクシステムの使い方

  • 5分足チャートで表示
  • 勝率も表示されるので高い通貨ペアを選んで取引
  • 推奨はハイローオーストラリアの15分取引
  • サインツールなので、上矢印がでて、次のローソクが出現しても矢印が出たままならばハイエントリー
  • 基本はレンジ相場の逆張り

表示されている勝率は高く、魅力的なツールです。
逆張りを利用するサインツールのことから、よくあるオーソドックスなタイプと考えられます。

特定商取引の記載

インターネットを通じて販売をすることから、特定商品取引法に基づいた記載は必要です。
念のため確認をすると、開発者である山口氏の名前は一切出てきません。

運営元は株式会社アドバンス、代表者は杉森氏となっていました。電話番後の記載があると信頼性が増すのですが、残念ながら見当たりません。
また、金額についても意味が不明です。

リミットブレイクシステム【特定商取引法】

リミットブレイクシステムの金額

気になるリミットブレイクシステムの金額ですが、表示がそれぞれ異なる点が気になります。

リミットブレイクシステムの金額

  • 販売サイト:100,000円(税込)
  • 特定商取引について:139,800円(税込)129,800円(税込)の2つの価格が記載

システムがアップロードしたら無料で提供すると言われていますが、このような価格の状況を見ると信じがたい言葉です。

また、リミットブレイクシステムのサイトから「購入する」をクリックすると、128,000円(税込)の価格が表示されます。販売価格はまさに不明の状態です。
さらによく見ると商品名が「リミットブレイクシステム改」と表示されていました。

リミットブレイクシステム改?

リミットブレイクシステムの購入するとクリックすると、リミットブレイクシステム改の販売に飛ぶことから、こちらについても調べていきます。

リミットブレイクシステム改の「特定商取引について」は、以前のリミットブレイクシステムと変わらない内容です。
リミットブレイクシステムの時と同じく、運営元は株式会社アドバンス、代表者は杉森氏で開発者である山口氏の名前はどこにも出てきません。

YouTube動画内容から見たリミットブレイクシステム改

リミットブレイクシステム改を説明したYouTube動画から、リミットブレイクシステムとの変更点を上げていきます。

リミットブレイクシステムの改の変更点

  • 前回のリミットブレイクシステムを大きく上回る機能
  • 単発勝率のUP
  • カウントダウン機能でエントリーミスを防ぐ
  • 1回目に出る矢印よりも2回目のロジックが上回り、さらに3回目のロジックはそれを上回る、エントリーをするときは、この3つから勝率のよいサインを選べる
  • 1カ月の購入者は20名限定
  • 初代リミットブレイクシステムの購入者は30%引き

YouTube動画では、上記のような説明をし、実際にリミットブレイクシステム改を利用して、取引を行っています。動画を見た感じですと、前回のリミットブレイクシステムと同じく逆張りを利用した手法です。

価格は128,000円です。リミットブレイクシステム改の販売サイトでは、他の金額が表示されることはありませんでした。
今回の開発にはシステムエンジニアが3人追加され、莫大な経費が掛かったことからこの価格にしたそうです。

リミットブレイクシステム改の利用動画を見る限り、ハイローオーストラリアが禁止している連打エントリーを利用していることからデモ口座で撮影していると思われます。
また魅力的な撮影に効果的である増えた口座残高を表示しないことからも、デモ口座で間違いないはずです。

リミットブレイクシステムを購入した人が、30%引きだけはかわいそうです。
リミットブレイクの動画では、アップデートは無料で行うと言われていたのに、山口氏を信じてきた人ならば悔しく思われるかもしれません。

評判は?

検索サイトで「リミットブレイクシステム 評判」と検索をしても、口コミを見ることができません。
そこで別の角度から評判を探してみました。

フィンテックインベスターズのYouTubeコメント

フィンテックインベスターズがYouTube動画で流しているコメント欄を確認してみました。
ただそこにはコメントはあまり寄せられていません。情報が少なく、評判を判断することができない内容です。

フィンテックインベスターズ動画(外部リンク)

販売元で評判検索

リミットブレイクシステムの開発者は、山口氏ですが、販売元は異なります。

そこで、運営元である「株式会社アドバンス 杉森」で検索をしてみました。
残念ながら開発者ではない人が販売元なのが怪しいという口コミが1件見つかったのみです。

多くの評判が出ているツールではないということがわかりました。

ヤフオクで買う価値あり?

リミットブレイクシステムは、ヤフオクで転売されています。
価格は5千円いかない程度、果たして買う価値はあるのでしょうか?

フィンテックインベスターズの動画から判断

フィンテックインベスターズの動画は、初心者のためになる内容も中にはあります。
ダブルボトムの大衆心理や、ダウ理論などを用いた説明もされていました。

ただ、ほとんどの動画か過去チャートを利用して行われています。
その中には、本当に山口氏を信用していいのかな?という不安を覚える動画もありました。

熟知された為替の先生と呼べる説明方法ではありません。
その点から、果たして5千円で購入する価値があるのでしょうか。

ボリンジャーバンドを利用した結果論の説明

動画の中にボリンジャーバンドの逆張りを説明したものもあります。2σにタッチをすれば、逆張りという説明です。
ただ、ボリンジャーバンドはエクスパンションを起こすと、バンドウォークをるす可能性が高まります。

にも関わらず逆張りをし続けると、連敗をすると言った説明を、過去チャートを利用してされていました。
ボリンジャーバンドで逆張りをするときは、プラスマイナスσの間か狭いときと説明をしています。

このような過去チャートとボリンジャーバンドを利用した説明動画は、いろいろなサイトでよく見られますが、これはバイナリーオプション初心者を置き去りにした説明です。
このような説明方法をされる人たちは、為替を教える人として不十分と言わざるを得ません。

動画では、このように幅の狭いところでの2σタッチで逆張りをしましょうと説明を続けています。
しかしこれは、先がわかるチャートだからこそ判断できるもの、もし先を消したらどうでしょうか?2σにタッチしたばかりのボリンジャーバンドは、エクスパンションをするかのように開いています。
つまり結果論で説明をしている動画と言えるのです。

バイナリーオプション初心者は、これを見て真似をしようと考えます。
しかし説明通りには行きません。それは過去チャートを利用した結果論の説明をうのみにしたからです。
レンジ相場の判断は移動平均線なども利用する必要があります。ボリンジャーバンドだけで逆張りをすることは難しいのです。

YouTube動画は、リミットブレイクシステムを販売するだけに作られたサイトと見え、残念に感じました。
素晴らしい説明が見られれば、価値のある動画と判断もできるのですが、紹介しているテクニカル分析もどこかで見た二番せんじのイメージが持てます。販売者を信じることのできる動画とは思えません。

リミットブレイクシステム改のカウントダウン機能から判断

リミットブレイクシステム改の販売動画では、カウントダウン機能を大きく紹介していましたが、これは無料で提供されているインジケーターと同じものを利用しています。

リミットブレイクシステムの利用者が、タイミングを間違えて負けたと聞きこの機能をプラスしたと言われていますが、それはほんとですか?と疑いを持ちます。
ハイローオーストラリアの取引画面を見ていれば、ローソク足のでるタイミングを間違えることなど考えられません。

システムとして改善する必要があるほど間違える人がいたのならば、それは販売元のサポート不足です。
無料で手に入れられるカウントダウン機能を、さも大げさに宣伝する商品を信頼していいのか?これも判断材料に含まれるのではないでしょうか。

ヤフオクで買う価値はなし

動画の内容や、リミットブレイクシステム改のサービスを見ても、販売元はご自身の利益のみで動いているように見えてしまいます。
よく見せようとする努力しかせず、本当にバイナリーオプション初心者のことを考えていますか?と違和感を覚えました。

300円程度で売られたら購入を検討しますが、それより高い場合では購入する価値はないと思われます。

ハイローオーストラリア【ハイロードットコム】

画像の説明文

バイナリーオプション業界の老舗業者。
設立以来日本人トレーダーから圧倒的な支持率。
マーシャル諸島金融ライセンス取得。口座開設で5000円の出金条件なしキャッシュバック。ペイアウト率業界最高。無料のデモ機能搭載。

ザ・オプション【theoption】

画像の説明文

利用ユーザー増加中の人気業者。
登録不要のフリーデモ機能搭載。

マーシャル諸島金融ライセンス取得。豊富なボーナス&キャッシュバックキャンペーン。転売機能搭載で高いユーザビリティ。

-バイナリーオプション攻略

Copyright© バイナリーオプションおすすめランキング2020 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.