【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションの判定時間とは?おすすめの判定時間を完全解説

バイナリーオプションの判定時間は、30秒取引〜1日取引とかいろいろあるけど、あれってどう使い分ければいいの?よく分かんない…。

初心者のうちは、判定時間を固定して分析したほうが、勝率も上がりやすいでござるよ。

この記事では、上記の内容を深堀り。

バイナリーオプションは、判定時間によって勝負の仕方や勝ち方が変わります。

そこで今回は、判定時間ごとの特徴とおすすめの判定時間をご紹介。

それぞれの判定時間に合うテクニカル分析の手法についても解説していくので、今後のバイナリ―オプションの取引に役立つこと間違いなしの内容となっています。

判定時間にも、投資家との相性のようなものがある。安定的に稼ぎ続けたいのであれば、判定時間の知識は必須なのでござるよ。

\ 口座開設数業界NO.1 /

目次

判定時間とは?

判定時間とは、エントリー後に勝敗を決める時間のこと。

例えば、

  • 判定時間が1時間の場合:10時にエントリー➡︎11時に取引の勝敗が決定
  • 判定時間が15分の場合:10時にエントリー➡︎10時15分に取引の勝敗が決定
  • 判定時間が30秒の場合:10時にエントリー➡︎10時00分30秒に取引の勝敗が決定

と、こんな感じ。

つまり、選択する判定時間によって、同じ時間にエントリーをしたとしても結果が大きく変わってくるということになります。

判定時間は自分で決める方式

海外バイナリーオプションは、判定時刻はエントリーの30秒後、60秒後、3分後、5分後、15分後、1時間後、1日後という形で自分で決めることができます。

下記記事を見てもらえばわかるのですが、国内業者は金融庁の規制により、2時間固定の判定時刻になっいるので、海外業者と比べると自由度が低い取引になってしまう。

ハイローオーストラリアの判定時間を一覧表にまとめてみました。

ハイローは、海外業者の代表格でござるよ。

判定時間分類転売
30秒短期不可
1分短期不可
3分短期
5分中期
15分中期
1時間長期
1日長期

主な判定時間は上記の通り。

「長くデスクに張り付くのが嫌なら短期。長い時間をゆっくり分析したい人は長期」など、自分にあわせて選べるのはいいわね。

極端に短い判定時間も、極端に長い判定時間もおすすめしていませんが、その理由や攻略のポイントも後で解説するでござるよ。

転売機能は、判定時間によって使えないので注意

また、一部の海外バイナリーオプションに搭載されている転売機能は1分以下の判定時間では利用することができません。

転売を利用したいのであれば、3分以上の判定時間を選ぶ必要があります。

判定時間によって難易度は変わる?

短期取引は、分析が難しく為替が乱高下するのでギャンブルのような取引に。長期取引は、上級者が分析をしながら取引をするため、投資家の心理が為替に影響しやすいという特徴がある。

為替も生き物なので、初心者は中間あたりを狙うのがベストでござる。

判定時間の長短によって、難易度が変わってくるということも考慮しておく必要があるんですね。

短期~長期取引のそれぞれの難易度について解説していきます。

短期取引はギャンブル

投資家の中では、「短期取引=ギャンブル取引」と言われています。取引時間が短すぎるので、ファンダメンタルズ分析及びテクニカル分析が一切効かないというのが理由。

言葉が難しかったらコレ⬇︎
ファンダメンタルズ分析:経済の状況やイベントを分析して、為替の動きを予想すること。

テクニカル分析:過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを分析し、今後の株価、為替動向を予想すること。

当然、30秒取引でこの分析を行うのは一部の例外を除いて、難しいというか不可能でござる。

一部の取引というのは、後程説明をするため、ここでは無視して頂いて結構です。

また、テクニカル分析を行うというのも短期取引では難しくなってきます。理由は、短期的な分析を可能とするテクニカル指標もあるにはありますが、「だまし」が増えてくるから。

「だまし」というのはテクニカル分析において売買サインが出たものの、そのサインとは逆の方向に動くということを指します。

具体的には下のチャートをご覧ください。

USD/CHFのチャートに、RSIを表示させたものになりますが、ショートのサインを示しているにも関わらず、為替は上昇しています。

これが「だまし」という現象のことなんですね。

この現象が短期取引の場合は多く見られるため、短期取引=ギャンブルという図式が成り立つのでござる。

中期取引が一番おすすめ

拙者がおすすめするのは、中期取引でござる。

ここでいう「中期取引」というのは、5分~15分のものを指します。

この時間帯は、先ほど説明したテクニカル分析における「だまし」が出現しにくいため、バイナリ―オプションをする上で非常におすすめ。

筆者も実際に取引を行う際には、ほとんがこの中期取引でエントリーを行っています。そのため、中期取引の判定時間毎の攻略ポイントについてはかなり精通しているんですよね。

中期取引の時間帯別毎の攻略方法については、後程詳しく解説をしていくため、ここでの説明は省略させて頂きます。

長期は上級者向け

長期取引はテクニカル分析が効きやすいというメリットが存在する上、ファンダメンタルズ分析も聞くというのが魅力になる。

ただ、最大のデメリットとしては「判定時間が圧倒的に長い」ということ。

15分取引とかに比べて1日取引というのは余りにも長いですよね。

実際に取引を行ったことがある方なら分かると思いますが、エントリーをしてから待つというのは、非常に精神的に辛いものがあります。

取引に慣れてきたら、長期取引に挑戦していくのもアリだとは思いますが、主戦場は中期取引で良いかと。

確信度が高いファンダメンタルズ分析が出来た時は長期取引を行ってもいいですが、初心者は、中期取引でのエントリーの方が稼ぎやすい。

以下では、おすすめの判定時間や攻略のポイントについて解説をしていきます。

おすすめの判定時間 15分判定

一つ目のおすすめの判定時間は「ハイロ―取引の判定時間15分」でござる。

筆者は、この判定時間を最も用いることが多いため、最初のおすすめとして挙げさせていただきました。

テクニカル分析が効きやすい

どうして、15分取引がおすすめなんですか?

おすすめする理由は、テクニカル分析が最も効きやすいからでござる。


繰り返しになりますが、バイナリ―オプションの取引をする上で、テクニカル分析というのは非常に重要となってきます。

そのため、この分析が効きやすいか否かというのはとても重要なポイント。

この点、15分取引はテクニカル分析を最も行いやすいので、筆者は5割くらいはこの15分取引を用いています。

テクニカル分析には、MT4という無料のツールが必須でござる。まだ、ダウンロードしていない人は、ダウンロードしておくといいでござるよ。

それでは攻略のポイントを説明していきましょう

攻略のポイント

15分取引を攻略する上では「MACD」と「RSI」の併用が重要。

「MACD」というのは、「指数平滑移動平均法」を用いた、「移動平均収束発散法」という「モメンタム指標」になります。

この一文を見て、嫌になった方も多いと思うので、順を追って説明していくでござる。


まず、「指数平滑移動平均法」ですが、正式な定義は、「遠い過去の値よりも直近の値の方が強く反映される加重平均的な性質を備えているというもの」。

まだちょっとわかりづらい方は、普通の移動平均線よりも最近の値の方を重視している移動平均線という理解で大丈夫です。

MACDのチャートを見てみよう

以下のチャートが「MACD」を表示させたものになります。

売買サインは非常に簡単で、上のチャートの赤丸部分がエントリーのタイミングということになります。

具体的に説明すると、

シグナル部分(白い棒)が増加し始めた時が「ハイのエントリータイミング」
シグナル部分(白い棒)が減少し始めた時が「ローのエントリータイミング」

と、こんな感じです。これが「MACD」の解説になります。

RSIのチャートを見てみよう

「RSI」というのは通貨ペアが買われすぎの水準にあるのか、売られすぎの水準にあるのかを見定める際に有用な指標のこと。

この指標の売買サインは以下の通りです。

・30%以下から、30%を上抜けたタイミングでLOWエントリー
・70%以上から70%を下抜けたタイミングでHIGHエントリー

んー難しい…。どういうことだろう。


少ししわかりづらいと思うので、以下のチャートで考えていきましょう。

上のチャートがRSIを同時に表示させたもので、赤丸部分が先ほど説明した売買サインということです。

2つを組み合わせて応用してみよう

これら二つの指標を組み合わせて分析を行うというのが、15分取引の攻略のポイントということになります。

以下のチャートは、「MACD」と「RSI」を同時に表示させたチャートです。

このチャートが同時に表示させたものです。
ローのエントリータイミングは以下の通りになります。

1つ目の赤丸がLOWのタイミング
「RSIが70%以上から下抜けた時」かつ「MACDのシグナルが減少し始めた時」

これが、ローの売買サインなのでしっかりと押さえておきましょう。

2つ目の赤丸がHIGHのタイミング
「RSIが30%以下から上抜けた時」かつ「MACDのシグナルが増加し始めた時」

これがハイのエントリータイミングになります。

これらの売買サインに基づいて売買を行えば、勝率がグンと上がること間違いなしなので、忠実にルールを守るようにしましょう。

なんとなくわかってきたかも!

最初から完璧に覚るのは難しいから、デモ取引で練習しながらMT4の解読も覚えていけばいいでござるよ。

\ 無料&口座開設なしでOK /

注意点も

注意点は売買サインが出たとしても、判定時間の直前にエントリーするのは避けるべき。

どういうことなの?

判定ギリギリの時間は、為替が揉み合うので分析が効かないことが多い。わざわざそこを狙って取引をする必要はないのでござる。

先ほどのチャートをもう一度ご覧ください。

右側の赤丸部分が、ハイのエントリータイミングを示唆しているものです。

ローソク足を見れば分かると思いますが、売買サインが出てからしばらくは為替が揉みあっているのが分かると思います。

つまり、「テクニカル分析は売買サインが出てから想定通りに動くまで時間がかかることも多い」ということ。

そのため、判定時間直前にエントリーをした場合、テクニカル分析が思ったようにいかないことが多いです。

この注意点を抑えたうえで、15分取引に取り組むようにしましょう。

おすすめの判定時間② 5分判定

おすすめの判定時間の二つ目は「ターボ取引の判定時間5分」でござる。

さっそく、攻略のポイントを教えてください!

エントリータイミングに悩まない

5分取引がおすすめな理由は、主に2つ。

  • テクニカル分析が効きやすい
  • エントリーのタイミングで悩まずに済む

テクニカル分析については、15分取引のときとは違った攻略法になるので、あとで解説するでござる。

また、エントリーのタイミングで悩まずに済むというのは、先ほど説明した通りターボ取引の判定時間が可変的であるということ。

先ほど説明した通り、ターボ取引はエントリーをしてから判定時間の5分で自動的に決済されます。

そのため、売買サインが出てから判定時間を気にすることなく、エントリーをすることが可能であるというのがターボ取引のメリットになります。

ハイロ―取引の場合は、判定時間が固定のため売買サインが出ても、すぐにエントリーが出来るわけではないというのは先ほど説明した通りです。

個人的には、売買サインが出てもエントリーを行えないというのは、面倒くさいと感じることも多いので、取引量を増やしたいという方にはターボ取引がおすすめですね。

5分判定攻略のポイント

ターボ取引の判定時間5分を攻略する際には、ボリンジャーバンドを用いた分析がおすすめ。

ボリンジャーバンドは、統計学を用いたテクニカル指標になります。

中心の移動平均線の上下に2本ずつで表示されるボリンジャーバンドですが、

・中心の移動平均線に近い上下1本ずつを「上下ボリンジャー①」
・中心から離れた上下一本ずつを「上下ボリンジャー②」

とここでは呼ぶことにしますね。

ボリンジャーバンドを実際に見てみよう

統計学的には、「上下ボリンジャー①」の中に収まる確率が68.27%、「上下ボリンジャー②」の中に収まる確率が95.45%とされています。

外の赤線(上下ボリンジャーバンド②)を抜けたタイミングにエントリーすると勝率があがるってことね。


下の図がUSD/CHFのチャートにボリンジャーバンドを表示させたものになります。

青丸部分がハイロ―のエントリータイミングを表したものです。

つまり、上下ボリンジャー②(赤線)のサインはこんな感じ。

・ローソク足が、上に抜けたタイミングでLOWエントリー
・ローソク足が、下に抜けたタイミングでHIGHでエントリー

をするのが攻略のポイントということ。

統計学的には先ほど説明した通り、上下ボリンジャー②に収まる確率が95%以上あるため、この手法は有効になるということです。

ボリンジャーバンドには注意点も

ただ、ボリンジャーバンドも万能ではなく、利用する上では注意点も存在ずるのでござる。

下の図もUSD/CHFのチャートにボリンジャーバンドを表示させたものになります。

上のチャートはボリンジャーバンドを上抜けたにもかかわらず、為替が上昇を続けているのが分かると思います。

こういった現象のことを「バンドウォーク」と呼ぶのでござる。

バンドウォークが生じると急激なトレンドが生じてしまい、確実に損失が出てしまうので注意が必要となります。


バンドウォークが起きやすいタイミングはこんな時。

  • 急なイベント発生時
  • ロンドン時間やNY時間に入った直後(市場オープン1時間前後)

上記のようなタイミングは、こういった事象が起きる場合が多い。

個人的にはこういった現象が怖いので、先ほどの「MACD」と「RSI」を組み合わせて分析を行うという手法を用いることが多いでござるよ。

おすすめの判定時間③ 30秒判定

おすすめの判定時間の3つ目は「ターボ取引の判定時間30秒」でござる。

え?さっきは、30秒はギャンブルだっていってませんでしたか!?

先ほど、短期的な取引は「一部の例外を除いて」ギャンブルであると説明しました。ここで説明していくのは、その「一部の例外」です。

急激なトレンド=収益チャンス

「一部の例外」といった理由は、急なイベントが発生してトレンドが生じた時は、30秒取引で利益を獲得することが出来る機会が多いからです。

急なイベントが発生するときは、下のチャートのように急激なトレンドが生じる場合が多いです。

これはUSD/JPYのチャートになりますが、赤丸部分である経済指標が想定を下回る結果になった直後です。

こういったイベントが生じた時に、ターボ短期取引が非常に有効ということです。

30秒判定攻略のポイント

ターボ取引を攻略する上で重要となってくるのが、以下の3つ。

  1. 指標の発表時刻を抑えておくこと
  2. どの指標が重要なのか理解しておくこと
  3. 結果を見極められるようになること

指標の発表が行われる時間が分かっていなければ、取引のタイミングを見極められないですよね。

通貨ペアに関しては、下記記事でおすすめ通貨ペアを解説しているので、参考にどうぞ。

また、取引をする通貨ペアにおいて、どの指標が重要になってくるか見極められるようになっておきましょう。

経済指標の確認の仕方については、コチラの動画がわかりやすかったので参考にどうぞ。

https://youtube.com/watch?v=Vyd5a3ohx9E

経済指標を確認するサイトは、

・みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/
・Yahoo!ファイナンス(https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/

で、無料で確認できます。

以上の3つを抑えたうえでイベントを迎えて、為替の上下に即座に反応できるようにしましょう。

おすすめできない判定時間 

以下では、2つのおすすめ出来ない判定時間を紹介していきます。

  • 1日取引
  • 1分取引

上記2つがおすすめできない取引時間です。

理由については以下の通り。

1日取引は、精神的に辛い

1日取引というのは非常に長期の取引になるので、エントリーをしてから精神的に追い込まれやすいです。

実際に取引をしたことがある方なら分かると思いますが、エントリーをして判定時間を迎えるまでかなり落ち着かないといけません。

相当確信をもってエントリーが出来る場合は別ですが、個人的には精神的に追い詰められるような取引はおすすめできません。

「相当確信をもってエントリー」と言いましたが、1日取引でそういった確信を得られるようになるよりも、中期取引においてテクニカル分析の手法を極めたほうが良いと思うのでござる。

1分で、市場は織り込む

30秒はお勧めできるが、1分はおすすめできないでござる。

その違いってなんなの?

先ほど、30秒取引をおすすめしたのは、急なイベントの発生時に利益を獲得することが出来るからというのが理由でした。

そのため、1分取引においても同様の手段を利用できると思われた方も多いかもしれません。

1分取引がお勧めできない理由は、こんな感じ。

  • 市場参加者のイベントに対応するスピードは、30秒なら対応できるが1分では遅すぎる。
  • 1分取引は、逆張りをするひとも入ってくる
  • そのため、一時的な振れがおきる可能性が高いので負けやすい

経験的に1分取引の場合は、一時的な振れが起きる可能性が高いのでござる。

初心者で1分取引の急激な値動きに対応するのは、難しそうね。

コメント

コメントする

目次
閉じる