【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションのおすすめインジケーター【最強インジケーター公開】

バイナリーオプションで稼ぐために、インジケーターというものがあるのをご存知でしょうか。

「インジケーター?なんだそれ…」などと、いかにもバイナリーオプションとは関係なさそうなイメージをする方もいらっしゃるかもしれません。この記事は、そのような初心者のあなたにぴったりの記事です。

インジケーターを使わずにバイナリーオプションをやる人は、戦争に武器を持たず拳のみで挑むのと同じくらい無謀な行為。インジケーターはバイナリーオプションの取引で確実にあった方が良いものです。

この記事では「インジケーターがわからない!」と言う初心者向けに噛み砕いて解説します。

インジケーターを利用するにはMT4が必要だ。
ダウンロード方法は別記事で解説している。

目次

インジケーターとは

簡単にいうと、為替が「今から上がるかも!」「今から下がるかも!」と視覚的に表示してくれる指示器のこと。

インジケーター(指示器)は、相場の流れを見て将来の値動きを予測する時に使われるテクニカル指標の1つです。

参考:FBIFXトレード

為替相場を分析するテクニカル指標は、大きく分けて2つあります。

  • トレンド系インジケーター
  • オシレーター系インジケーター

このように同じ為替相場を読み解く指標でも、目的によって区別されているのです。

今回は「おすすめインジケーターの使い方」「どういった場面で使い分けるか」を解説しますでは、さっそく見ていきましょう。

バイナリーオプションのおすすめインジケーター(トレンド系)

トレンド系の分析では、チャートの動きを読み解いて、「これから上がるかも!(下がるかも!)」という、これからのレートの動きを予測します。

トレンド系インジケーターを簡単に説明すると、相場の流れ(トレンド)を読むためのテクニカル指標です。

具体的に相場(トレンド)の流れとは以下の3つです。

  • 相場は上昇しているのか下降しているのか
  • 相場の勢いが強いのか弱いのか
  • 相場の勢いが始まったのか終わったのか

上記3つを分析していくのがトレンド系のインジケーターになります。

トレンド系インジケーターは、トレンド相場で活躍するので、バイナリーオプションでは「順張り手法」で用いるのが堅実。

今回は、順張り手法で使えるトレンド系おすすめインジケーターを3つ紹介します。

  • 移動平均線
  • MACD
  • 一目均衡表

上記3つの特徴と見方について解説していきます。

移動平均線

移動平均線はインジケーターの代表格。過去一定期間の終値の平均値を線でつないだものです。

チャートをローソク足で表示することもありますが、ローソク足が棒グラフだとすると、移動平均線は大まかなチャートの流れを示した折れ線グラフのようなものです。

例)75日の平均線があった場合、過去75日分の終値を足して20で割った値をその日の値として線で繋いだもの。

移動平均線は3種類(短期、中期、長期)あり、この3種類は平均をとる期間によって分けられています。

また、同じ短期移動平均線でも、日足チャートの場合は短期(5日)、中期(20日〜25日)、長期(75日)となっており、週足チャートの場合は、短期(13週)、中期(26週)、長期(52週)が移動平均線でとる大体の目安の期間で、平均をとる日数が変わるので使い分けには注意しましょう。

  • 日足チャートを表示させる場合は短期トレード向き
  • 週足チャートを表示させる場合は中期・短期のトレード向き

と覚えておけば安心です。

移動平均線は1本だけで相場を判断するのではなく、短期、中期、長期の複数の移動平均線を用いて相場を判断するのが基本。

では、次に3種類(短期、中期、長期)の移動平均線の特徴について見ていきましょう。

長期移動平均線

長期移動平均線は、平均をとる日数が長いので線が緩やかなのが特徴。よく使われる期間は100日か200日

トレンドを知りたい時に、短期の移動平均線だけで判断するのは信用性にかける為NG。

これは変動があったとしても、一時的なものである可能性が高いからというのが理由。

長期移動平均線を併用し、短期移動平均線でのトレンドが長期の場合でも見受けられた場合、そのチャートの動きに信用性が増します。

中期移動平均線

中期移動平均線は、「人気度を表す平均線」と言われている。よく使われる期間は50か75日。

長期移動平均線だけでは、大まかな傾向しかわからないので、中期移動平均線を併用することで、最近の動きの傾向を掴むことができるのです。

短期移動平均線

短期移動平均線は、最近の為替レートの傾向を知るのに最適。よく使われる期間は15日か25日。

ですが、短期移動平均線はトレンドが出たとしても、すぐに逆の動きに転換する場合が多い。

したがって、短期移動平均線だけで、売買のタイミングを決定するのは危険な行為になりますので避けるが吉。

ですから、プロの投資家は3本(短期、中期、長期)の線を併用してレートの動きを把握するのです。

移動平均線の基本的な使い方

前述では、移動平均線の特徴を説明しました。ここからは、基本的な使い方を解説します。

今回紹介するおすすめの使い方は2つ

  • デッドクロス
  • ゴールデンクロス

また難しそうな言葉が出てきましたがね。しかし、意外と簡単なので初心者の方も安心してください。それぞれの見方と使い方をみていきましょう。

デットクロス=売りのサイン

デッドクロスとは、長期の移動平均線を短期の移動平均線が上から下に突き抜けクロス状になったもの。

図でみると、オレンジ色の◯がついている箇所がデッドクロスです。

このようにデッドクロスは短期的にみて、価格が下落し始めると発生します。

デッドクロスの捉え方

  1. 短期移動平均線が下降し始めた➡︎「最近価格が低下している」
  2. 長期移動平均線を下に突き抜けた➡︎「長期的な平均よりも価格が低下しているから、これからもっと価格が低下するかも。」

図の通り、短期移動平均線が下降し始めて、長期移動平均線と交わったあとは、そのまま短期移動平均線は下降する傾向にある。

この場合は、「価格が下落する」と予測し、売りのサインとなるのです。

初心者は、「デッドクロス=売りのサイン」と覚えておけばOK。

ゴールデンクロス=買いのサイン

ゴールデンクロスは、長期の移動平均線を短期の移動平均線が下から上に突き抜けてクロス状になったものをいいます。つまり、デッドクロスの逆です。

では、デッドクロスの解説時と同じ画像をみていきます。


上記の図では、青色の○で囲っている箇所がゴールデンクロスです。
ゴールデンクロスは短期的に見て、価格が上昇し始めると発生します。

ゴールデンクロスの捉え方

  1. 短期移動平均線が上昇し始めた➡︎「最近価格が上昇してきている」
  2. 長期移動平均線を上に突き抜けた➡︎「長期的な平均よりも価格が上昇しているから、これからもっと価格が上がるかもよ。」

図の通り、短期移動平均線が上昇し始めて、長期移動平均線と交わったあと(青の○の部分)は、そのまま短期移動平均線は上昇する傾向にある。

この場合は、「価格が上昇する」と予測し、買いのサインとなるのです。

初心者は、「ゴールデンクロス=買いのサイン」と覚えておけばOK。

しかし、ゴールデンクロスやデッドクロスのシグナル通りの動きをしない「だましのサイン」の場合があります。ですから、ゴールデンクロスとデッドクロスの読み解きには「MACD(マックディー)」を併用するとさらに精度が増すのでおすすめです。

MACD(マックディー)

MACDは、トレンド系とオシレーター系両方の特性を持つ移動平均線を改良して出来上がったテクニカル指標です。

MACDはデッドクロスやゴールデンクロスよりも少し早くサインが出る傾向にあるので、早めに売買を決めたい場合や、トレンド発生時に効果的なインジケーターとして多く活用されています。

ここからは初心者向けに、MACDの詳しい使い方を見ていきます。

MACDラインとシグナルの線2種類の線を使って分析していきます。

線の見方は以下のように理解しておくと分かりやすい。

  • MACDライン(緑のライン)➡︎短期移動平均線
  • シグナルの線(赤のライン)➡︎長期移動平均線

このように、チャートの画面下に移動平均線に似たようなものがもう一つあると覚えておけばOK。

例えば、シグナルの線(赤のライン)をMACDライン(緑ライン)が上から下に突き抜けた場合デッドラインと同様のサインで「売り」のサインと捉える。

前述に解説した移動平均線の見方をマスターしておくと、MACDの見方も理解しやすいです。

ゼロライン


MACDでゼロラインというマイナス圏かプラス圏かを定めるラインがあります。このゼロラインから離れているほどサインの信用性が高まります。

  • プラス圏に線がある場合➡︎上昇相場を示す
  • マイナス圏に線がある場合➡︎下降相場を示す

ゼロラインの上下どちらに線があるのかを、「相場が上昇傾向にあるのか」「下降傾向にあるのか」を判断する材料にすると「だまし」対策にもなります。

チャート画面に慣れていない初心者でもデッドクロスやゴールデンクロスは売買のポイントを見つけやすいサインの一つなので、この辺りから始めて見るのが良いのではないでしょうか。

一目均衡表の雲

チャートが雲のような形になっていますね。一目均衡表は、多くのプロ投資家が利用している分析法の一つ。

一目均衡表は、「ローソク足」と「5つの線」で形成されています。

一目均衡表の5つの線

  1. 基準線(ピンク)
  2. 転換線(黄色)
  3. 先行スパン1(グレー)
  4. 先行スパン2(青)
  5. 遅行スパン(緑)

この5つの線を詳しく解説すると少し難しい話になってくるので、初心者は以下3つのときに買いシグナルとなり「好転した」と判断すればOK。

  • 転換線が基準線を上抜いたとき
  • 遅行スパンがローソク足を上抜いたとき
  • ローソク足が雲を上抜けたとき

さらに、上記3つの買いシグナルが3つ揃った場合「三役好転」と言い、より強いシグナルになります。

また逆の向きへ動いた場合は売りシグナルとなって、「逆転した」となり、3つの売りシグナルが揃った場合は「三役逆転」と言い、より強い売りシグナルとなります。

バイナリーオプションのおすすめインジケーター(オシレーター系)

オシレーター系の分析では、「上がり方が強くなりそう!(上昇や下降の強弱)」など、相場の強さを読み解くことができる。

つまり、オシレーター系は、相場の売られ過ぎや買われ過ぎを示す指標のこと。プロの投資家は、オシレーター系インジケーターを逆張りでの売買で利用します。

理由としては、トレンド系インジケーターよりも早く相場が変わるサインが確認できるので、トレンドの終わりや転換での逆張りが効果的に利用できるからです。

逆張り手法で使えるオシレーター3選を紹介します。

  • モメンタム
  • ストキャスティクス
  • RSI

では、それぞれどのようなオシレーターなのか、使い方も一緒に見ていきましょう。

モメンタム

モメンタムは短期間の価格の変化率を見ることによって、相場の勢いの強さや相場転換の目安を知ることができる。

モメンタムは上図の通りチャートの下に表示され、ゼロラインを基準にして読み取ります。

  1. ゼロラインよりも上にある➡︎レートの上昇の勢いが強い
  2. ゼロラインよりも下にある➡︎レートの下降の勢いが強い

他にも、モメンタムは相場の転換を見極める目安にもなります。

モメンタムでの上昇トレンドと下降トレンドの見分け方

  1. 上昇トレンド:ゼロラインよりも下から上に突き抜けた場合
  2. 下降トレンド:ゼロラインよりも上から下に突き抜けた場合

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、相場の売られすぎや買われすぎ、または相場の転換を知ることができる。

1950年代にジョージ・レインによってストキャスティスクは考案されました。

名前は難しそうですが、簡単に説明すると、2種類の線の数値(%)やクロスしたタイミングを見るだけです。

0%〜100%で表示され、価格が上昇するほど%の値が高くなり、価格が下降するほど%の値が低くなると覚えておきましょう。

  • LOWエントリー:70%~100%の範囲に線が移動し線が上から下にクロスしたタイミング
  • HIGHエントリー:0%~30%の範囲に線が移動し下から上にクロスしたタイミング

では、この2本の線がどういったものなのか正体を見ていきましょう。

  • %Kライン

%Kラインはある期間内での最高値と最安値のうち現在がどの位置にあるのかというものを示したもの。

%K=(今日の終値−過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値−過去n日間の最安値)

  • %Dライン

%Dラインは%Kラインの移動平均線。そのため%Kラインと比較したとき、動きは緩やかになる。

%D=(n日間ストキャスティクスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティクスの分母のm日移動平均)

また、より精度の高いシグナルは以下のときです。

強い買いのシグナル

%Kラインが30%以下で、かつ%Dラインを下から上に突き抜けた場合

強い売りのシグナル

%Kラインが70以上で、かつ%Dラインを上から下に突き抜けた場合

RSI

RSIとは、一定期間の値動きに対して、相場が上昇した値幅と下降した値幅を活用し、現在の価格が買われすぎなのか売られすぎなのかを示してくれるテクニカル指標。

RSIはオシレーター系の中でも世界的にメジャーな分析方法です。

バイナリーオプションで使用する際のエントリーサインは下記になります。

  • 70%以上のラインに触れて角度を付けて下がったポイント

買われすぎでこれから下降すると考えられるので「LOWエントリー

  • 30%以下のラインに触れて角度を付けて上がったポイント

売られすぎでこれから上昇すると考えられるので「HIGHエントリー

  • 50%よりも上で動いている

上昇の勢いがあると判断する「HIGHエントリー

  • 50%よりも下で動いている

下降の勢いがあると判断する「LOWエントリー

RSIは大きな変動があった場合は、売買サインに騙しが多く発生するので、判断材料としては弱いと言うのがデメリット。

RSIはレンジ相場やゆるやかな変動に対して逆張り手法で効果があります。

個人的に最強なインジケーター3選

ここまでは、おすすめのインジケーターの特徴や手法などを解説してきました。

ここからは初心者でも使える個人的に最強と思うインジケーター3選を紹介します。

  1. 移動平均線
  2. レジスタンス・サポートライン
  3. 一目均衡表の雲

この3つのインジケーターは定番中の定番です。為替は人の心理が大きく影響してくるので、多くの人が使っている定番の分析を使うことで勝率が上がります。

ですが、インジケーターは「これを使えば必ず勝率が上がる」というものではありません。自分の好みの特徴にあったインジケーターを選ぶことが重要です。

移動平均線

利益を得るためのインジケーターと言う意味で最強と言えるインジケーターと言うのであれば、どんな戦略でも利用する可能性が高い「移動平均線」が個人的にはおすすめです。

こちらは、前述に見方や特徴を解説しました。忘れた方はもう一度見直してみてください。

「トレンド」を見るためのインジケーターは、どんな戦略を使うとしても利用できるので、知っていて損はないかと思います。

移動平均線を覚えるだけでも、売り買いのタイミングがわかるようになり、他の分析手法にも応用できるので初心者にもおすすめです。

バイナリーオプションで取引をするのであれば必ず表示させておきたいインジケーターが移動平均線なので、まずはここから覚えていきましょう。

レジスタンスライン・サポートライン

テクニカル分析の基本で、目安となるラインを引いて分析していく手法。

移動平均線とは少し違うのですが、バイナリーオプション初心者も試しやすい攻略法です。

サポレジラインとかレジサポラインと呼ぶ人もいるので、頭に入れておくと良いでしょう。

サポートラインとレジスタンスラインは、相場の高値と安値の目安。

  • レジスタンスライン:高値と高値を結んだ線
  • サポートライン:安値と安値を結んだ線

相場は一定の幅で上下を繰り返すので、その幅を超える時がきたらそこでエントリーする攻略法

詳しいエントリーのタイミングは下記を見るとわかりやすいかと。

  • HIGHエントリーのタイミング
indicator

レジスタンスラインを上に抜けた➡︎まだ上昇する可能性が高い。なのでHIGHエントリー

  • LOWエントリーのタイミング
indicator

サポートラインを下に抜けた➡︎まだ下降する可能性が高い。なのでLOWエントリー

移動平均線とサポートライン・レジスタンスラインの攻略法を使用すれば勝率70%くらいは行けるはず。

しかし、この手法は、なかなかエントリーのタイミングがこないのがデメリット。ですから、忍耐強くできる方にはおすすめの手法になります。

一目均衡表の雲

一目均衡表の特徴や見方も前述に解説しました。簡単におさらいすると、

雲のようになっている部分をチャートが突き抜けるとトレンドの転換と判断する。

難しそうに見えて、けっこう簡単なので個人的にも気に入っています。

個人的な判断基準ですが、ここまで読んでくれたあなただけに5つのポイントを特別に晒します。

  • 雲よりもチャートが上➡︎上昇トレンド
  • 雲よりもチャートが下➡︎下降トレンド
  • 雲にチャートが突入➡︎トレンドが転換する
  • 雲のなかでチャートが揉み合っている➡︎様子見のタイミング
  • 雲の中でチャートが揉み合うことなく突破➡︎その方向へ勢いがある

この5つのポイントだけ頭に入れておけば分析がしやすい。

他サイトでは、結構難しく書いてありますが、実はこんなに簡単なやり方なので、初心者でも使いこなせるはず。

ただ、他のインジケーターと組み合わせて分析すると精度が増します。

おすすめのインジケーターの組み合わせ

インジケーターを単独で使用していると、シグナル通り動かない「だまし」にあうこともある。

ここまで、おすすめのトレンド系インジケーターやオシレーター系インジケーターの特徴を解説してきましたが、どちらも単独で使うことはおすすめしません。

より精度の高い分析をするためには、トレンド系とオシレーター系のインジケーターを組み合わせて使うことです。

様々な種類の組み合わせがあるので、「どれを組み合わせたら良いのかわからない」と言う方におすすめの組み合わせを2つご紹介します。

  • 移動平均線とRSI
  • MACDとストキャスティクス

上記2つの組み合わせを詳しくみていきましょう。

移動平均線とRSIの組み合わせ

トレンド系の分析方法で、トレンド転換を見極め、オシレーター系の分析方法でトレンドの勢いを判断するのが基本。

移動平均線ではゴールデンクロスやデッドクロスなどによって、トレンド転換を知ることができます。しかし、そのトレンドはイマイチ信憑性に欠けます。

そのような場合に組み合わせるのがRSIです。RSIでは、トレンドの勢いを判断することができます。

例えばエントリーを判断するまで、以下の流れになります。

  1. 移動平均線:上昇トレンドを把握
  2. RSI:「50%以上なので上昇の勢いがある!」と判断
  3. HIGHエントリー

ですから、移動平均線でトレンドを把握し、RSIで勢いを見ると信憑性が増すと言うことです。移動平均線を使った攻略法は実はめちゃめちゃ簡単なので、初心者の方も是非試してみてください。

移動平均線とRSIのエントリータイミング

  • ゴールデンクロス発生時:RSIが50%以上なら上昇の勢いが強い
  • デッドクロス発生時:RSIが50%以下なら下降の勢いが強い

トレンドに沿った取引を行う際におすすめの組み合わせで、手法としては「順張り」で考えて取引すると良いです。

移動平均線のデッドクロスやゴールデンクロスの発生が取引の目安になっているので、サインが出るまで待機する必要があります。忍耐力との戦いですが、狙い目がくるまで待つのも1つの戦略です。

MACDとストキャスティクス

  • トレンド系インジケーターのMACD
  • オシレーター系インジケーターのストキャスティクス

もう一つのおすすめのイジケーターの組み合わせは上記2つです。

2つを表示させる意味としては、「トレンド相場ではトレンド系インジケーターを使う」「レンジ相場ではオシレーター系インジケーターを使う」と言う具合に、あらゆる状況に対処するためなのです。

以下はトレンド系とオシレーター系で違うサインが出た場合の図です。

上の図をみてください。

レートとMACDは同じ時点で下降傾向です。ですが、ストキャスティクスは上昇傾向にあります。その後、レートは上昇していき、MACDのサインだけでは不十分だったことが見て分かります。

このように、トレンド系とオシレーター系で動きが異なることがあるので、現在の相場の状況を判断するためにも、2つを表示させておくことが有効になります。

インジケーターのトレンド系とオシレーター系をどちらか一方だけを表示させていると、「だまし」のサインに気づかないまま、誤った判断をしてしまうこともあります。

MACDとストキャスティクスのエントリータイミング

エントリーを一旦やめて、トレンド転換の可能性をじっくり考える。

トレンドの転換点になる可能性があるので、一旦様子見をした方が賢い戦略です。

トレンドの転換点になる可能性がある動きのポイントは以下

  • MACDのラインが上昇トレンド傾向
  • ストキャスティクスにデッドクロスが出ている

逆張りで狙えないと言うわけではないですが、30秒や1分取引などの短期取引をメインにしている場合は、一旦様子見にしておくことが勝率をあげるためのポイントです。

基本的には初心者が逆張りで取引を行うのは少し難易度が高いのでおすすめしません。始めは、順張りの方がシンプルで狙いやすいと思いますので、デモ取引で練習してみてください。

インジケーターは単独では使わないこと

複数のインジケーターを試してみて、自分にあう特徴のインジケーターを使うことが一番です。その中でどれを信用するかは人によって違うと思いますが、複数のインジケーターを表示させて判断基準を増やしておくことが重要になります。

今回紹介した図では、トレンド系で「だまし」が発生していました。しかし、それとは逆にオシレーター系で「だまし」が発生する場合も多いのです。

オシレーター系の分析方法は、「トレンドを早く発見するための相談役」として活用することがおすすめです。

もちろん、インジケーターのみで相場を判断することは難しいのですが、1つの判断材料として2種類のインジケーターの使い方を覚えておくと良いでしょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる