【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

ハイローオーストラリアの危険性・リスクを徹底解説【安全は嘘?】

ハイローオーストラリアは危ない、危険だと考える人は多いです。
先入観で危険だと判断する人も多いですが、ただしく理解をしていればハイローオーストラリアの危険性は低いです。

しかし、ハイローオーストラリアは安全で危険性がないと言い切ることはできません。

このページでは、ハイローオーストラリアの危険性について詳しく解説します。

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

目次

ハイローオーストラリアは違法企業

そもそもの話、ハイローオーストラリアは違法企業です。

ハイローオーストラリアが詐欺や犯罪を犯しているというわけではなく、日本国の金融庁に登録されていません。

ハイローオーストラリアは海外のライセンスを取得しているから違法ではないという意見もありますが、完全な間違いです。

「海外のライセンスを取得している」「海外の法人法に則ている」などは関係ありません。
日本居住者へ向けて、日本の金融庁の登録を受けずに金融商品取引を提供するのは禁止されています。

金融商品取引法の登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。無登録業者との取引にはご注意ください。

バイナリーオプション取引にあたってご注意ください!

現在ハイローオーストラリアは金融庁に登録されておらず、なにより海外の金融ライセンスも所持をしておりません。

以前は信頼性の高いオーストラリアの金融ライセンスを所持していましたが、数年前に拠点をマーシャル諸島に移した際にライセンスを返上しています。

一時期はマーシャル諸島の金融ライセンスも所持していましたが、現在は公式サイトにライセンスの表記が消えています。

そもそもハイローオーストラリアは日本の法律上違法業者であり、金融ライセンスを所持していないということを認識しておきましょう。

ハイローは海外バイナリーオプション業者の中では安全

ハイローオーストラリアが日本の金融庁に登録をしていない違法企業ということはお伝えしたとおりです。
しかし、海外のバイナリーオプション・FX業者は基本的に日本の金融庁に登録されていません。

金融庁に登録をしていない理由は、海外と国内で取引ルールが異なるからです。

そのため、海外業者を利用する方は基本的に自己責任で海外業者を利用しているということになります。

危険な海外バイナリーオプション業者は多く、ハイローオーストラリアはその中で最も安全です。
ハイローオーストラリアが危険と感じる方が多い理由は、海外バイナリーオプションが危ないという印象が強いことが理由です。

海外バイナリーオプション業者の詐欺

海外バイナリーオプション業者は詐欺業者が横行した時代があります。

  • 口座開設後、入金をしたら業者と連絡とれなくなった
  • 利益を得たのに出金ができず、その後連絡がとれなくなった
  • クレジットカードで入金をしたら悪用された

「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、出金を求めても応じてもらえない」といった相談が、最近になって全国の消費生活センター等に数多く寄せられています。

海外業者とのバイナリーオプション取引にご注意ください!-無登録業者との契約は行わないで!!-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140904_1.html

上記の内容から、「海外バイナリーオプション業者は危険、ハイリスク」と勘違いされる人もでてきました。

ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者で最も有名です。
そのためハイローオーストラリアは危険だと考える人が増えたのです。

海外バイナリーオプション業者を利用した詐欺

海外バイナリーオプション業者を利用した詐欺も横行しました。

内容は「このツールを利用すれば、簡単に海外バイナリーオプション業者で儲かる」と言った甘い誘惑です。

海外バイナリーオプション業者で最も有名な業者はハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアは詐欺の勧誘に利用されることも多く、危険という認識を持たれるようになりました。

  1. SNSで豪遊する写真で、「有料ツール」を利用すれば遊んで暮らせると紹介し購入者を募る
  2. 被害者が詐欺ツールを高額で購入したが海外バイナリーオプション業者で取引をしても稼げない
  3. 販売元から「稼げないならば、大学の友人やSNSでツールを販売したら利益を渡す」とそそのかされる
  4. 友人からすすめられたので購入した結果、稼ぐことができず詐欺被害が蔓延した

海外バイナリーオプション業者を利用した詐欺が、いつの間にかハイローオーストラリアが詐欺に加担したと勘違いされるようになりました。

ハイローオーストラリアが危険だという印象は、海外バイナリーオプション絡みの詐欺やトラブルが原因の1つです。
ハイローオーストラリアが関わっていなくとも、知名度が高さが仇となりイメージ低下につながっています。

ハイローオーストラリアの危険性

では、ハイローオーストラリアには危険性はなく、完全に安全な海外バイナリーオプションなのかというと、そう言い切ることはできません。

ハイローオーストラリアにどのような危険があるのか、より具体的に解説します。

偽サイトの存在

ハイローオーストラリアで最も注意すべき危険性は偽サイトの存在です。

現在、ハイローオーストラリア公式サイトにそっくりな偽公式サイトが蔓延しています。

ハイローオーストラリアの偽公式サイトの目的は製作者でないとわかりません。
入力された個人情報を収集するため、ハイローオーストラリアのアフィリエイト広告目的が考えられます。

最悪のケース、公式サイトと思って入力した情報を他人に抜き取られることも考えられます。

詐欺サイトを公然と放置するような運営では、ハイローオーストラリアが危険と考えられることもうなずけます。

残念ながら、ハイローオーストラリアの運営が偽サイトに対処する可能性は現時点では有りません。

ハイローオーストラリアは偽サイトから個人情報を抜き取られる可能性があるということは必ず認識しておきましょう。

日本のルールに則っていない

前述の通り、ハイローオーストラリアは日本の金融庁のルールを守っていません。

日本は、30秒や1分で結果が決まるハイローオーストラリアのような取引を認めていません。

金融庁はハイロー形式の取引ルールが危険であると判断し規制をしています。
そのため、ハイ&ローの海外バイナリーオプション取引自体が危険であるといえます。

また、口座開設方法に関しても「金融商品取引法制」に則って行われていないのが現状です。
国内バイナリーオプション業者は口座開設に数日を要します。

契約締結前交付書面などの交付に関し、リスク情報などについて顧客に理解されるために必要な方法及び程度による説明をしないで契約を締結する行為を禁止。

金融庁「金融商品取引法制の政令・内閣府令等の概要」P7
https://www.fsa.go.jp/news/19/syouken/20070731-7/34.pdf

契約を開始する前にリスクなど重要事項の説明を運営側からされる必要があるのですが、ハイローオーストラリアではリスクの説明はありません。

ハイローオーストラリアの運営体制がどうであれ、海外バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)で取引をする時点で危険性やリスクがあると認識する必要があります。

レート操作の疑惑

ハイローオーストラリア側がレートを操作し、トレーダーを負けさせているという評判も散見されました。

ハイローオーストラリアが裏でレートを操作し、トレーダーを負けさせる危険性があるのなら多くなリスクです。
とはいえ、実はあまり現実的な話ではありません。

しかし、ハイローオーストラリアがレート操作をするのは、考えられないでござるよ。

ハイローオーストラリアは、レート配信元を公開しているからです。

  • FXCM社
  • レバレート社
  • Bitfine社
  • BitMEX社

ハイローオーストラリアでは、独自のレートではなく上記の配信元でレート配信をしています。

ハイローオーストラリアのような大手会社がレート操作をしていたら大騒ぎになってしまいます。

証券会社のMT4によっても価格が微妙に異なります。
レート操作の危険性は、都市伝説程度に考えるほうが良さそうです。

サービス終了の可能性

あくまで噂レベルであり、信憑性は薄いですがハイローオーストラリアは2022年に日本撤退、サービス終了するという噂もあります。

ハイローオーストラリアには数年前から撤退疑惑があり、いつサービスが終わるかわからないと考える人も多いです。

しかし、現実的にはハイローオーストラリアが日本撤退する可能性はかなり低いです。

もし仮にハイローオーストラリアが撤退するとなると、海外バイナリーオプション業界は混乱することは間違いありません。
ハイローは業界内のシェアがダントツに高いからです。

また、ハイローオーストラリアは数年前には加入していた損害保険に現在は未加入です。
そのため、仮に倒産や廃業といった終わり方になった場合、トレーダーに資金が返金されるかどうかの不安があることも事実です。

ハイローオーストラリアの安全性は実績が担保

数年前、ハイローオーストラリアがオーストラリアのライセンスを所持していた時代には損害保険の加入もしていました。

損害保険の加入はオーストラリア金融当局の加入条件であり、以前は公式サイトにもはっきりと記載がありました。

しかし、オーストラリアのライセンスを返上してから損害保険には加入していません。

損害保険に加入しておらず、日本の金融庁にも登録されておらず、海外のライセンスも取得していないハイローオーストラリアを安全だと言い切ることはかなり無理があります。

しかし、未だにハイローオーストラリアの人気が高く、多くのユーザーが安全だと考え利用している理由は運営実績の長さです。

10年以上の運営実績があり、海外バイナリーオプション業者ナンバーワンという地位があるからこその信頼性がハイローオーストラリアの安心感につながっています。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次