ハイローオーストラリアは外国人でも使える?日本人以外でもハイロー取引は可能?

ハイローオーストラリアは、日本語学校に通う留学生の僕でも取引デキマスカ?

今日は、ニュージーランドから日本に来ている友人のミカエルを連れてきました!ハイローに興味があるみたいですけど…。外国の方の場合は、口座開設ってどうしたらいいんですか?

ほう…事情は承知した。では、ミカエル殿のお悩み解決にいざ参ろう。

今回の深堀りするテーマは、「ハイローオーストラリアは外国人でも取引ができるのか」です。

本来ハイローオーストラリアで口座開設する場合、本人確認書類として”顔写真付きで、日本の住所が記載されてある証明書”が必要となります。

では、ミカエル君のように留学中の外国人の場合は、ハイローオーストラリアに登録することができるのでしょうか?

この記事では、「外国人の場合は、本人確認の証明が必要なの?」「そもそも、口座開設ってできるの?」「口座開設に必要な書類は?」などの疑問を詳しく解説していきます。

目次

ハイローオーストラリアは外国人でも取引できる?

 

ハイローオーストラリアは、外国人でも取引可能です。

ハイローオーストラリアは、条件を満たせば外国人の方でも取引が可能でござるよ。

では、ハイローオーストラリアで外国人が取引をするための必要な条件を、詳しく見ていきましょう。

  1. 日本に住所があれば、外国人でも取引できる
  2. なぜ、日本の住所が必要?
  3. 必要書類さえあれば、どこからでも登録できる

上記の内容を1つずつ詳しく解説していきます。

日本に住所があれば、外国人でも取引ができる

外国人であっても、日本に住所があれば問題なく取引ができる。

ハイローオーストラリアは現在、日本での取引をHLMI Ltdに引継ぎました。そのHLMI Ltdでは、口座開設の約規に次のように記載してあります。

”日本での居住が証明できないと、口座開設できない”

上記のとおり。

ハイローオーストラリアでは口座開設をする際に、必ず日本の住所が必要となります。

なぜ、日本の住所を証明しなくてはいけないの?

ハイローオーストラリアって海外のバイナリーオプション業者ですよね?どうして日本の住所じゃないとダメなんですか?

海外のバイナリーオプションなのに、なぜ日本の住所が証明できないといけないのか。

その理由は下記3つ。

  • バイナリーオプションを禁止する風潮が、世界中に広まっている
  • トレーダーを金融犯罪から守るため
  • ハイローオーストラリアが信頼される経営を続けるため

上記のとおり。1つずつ詳しく見ていきましょう。

バイナリーオプションの規制や禁止が世界で起きている

バイナリーオプションは、投資とギャンブル。国によっても扱いが違うので、ギャンブルを法律的に禁止している国や、特定の場所以外でのギャンブルを禁止している国、その上でバイナリーオプションがギャンブルだと考えられている国からは取引することができません。

上記の理由から、バイナリーオプションの取引が禁止になった国は下記。

2016年ベルギー
オランダ
2017年マルタ共和国
カナダ
イスラエル
2018年ドイツ
2019年キプロス
ポーランド
アイルランド

日本もバイナリーオプション取引に規制をかけましたが、それは裏を返せば取引をしてもいいと認めているようなもの。

当然、禁止されている国に住んでいる人が、バイナリーオプションで取引を行うのはNGです。

そこで、ハイローオーストラリアは日本人にターゲットを絞り、規制のない国に拠点を置いて、日本人向けにサービスを提供することになりました。ですから、「日本に住んでいる」と証明できる書類が必要なのです。

トレーダーを金融犯罪から守るため

日本居住の本人確認を行う理由の2つ目。

もし口座開設時に日本居住の本人確認がなかったら、脱税などの様々な犯罪に繋がる可能性があります。

例えば、

  • マネーロータリング
  • テロ資金対策 など

このような様々な金融犯罪から守るというのが、居住の本人確認が必要な2つ目の理由です。

ハイローオーストラリアが信頼される営業を続けるため

上記のような「金融犯罪目的での利用や禁止国で取引をするという行為」などをトレーダーが行った場合、信頼を失うのはハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアは、バイナリーオプション業者の中でも長い運営を続けてきた大御所のような存在。

これからも信頼を積み上げながらサービスを提供していくためにも、本人確認が必須なのです。

外国籍の場合は?

外国籍の場合でも、ハイローオーストラリアでの口座開設はできます。

外国籍の場合でも、日本の住所が証明できるものがあれば取引を始めることができます。

  • 外国籍の方が準備する本人確認書類
  • ハイローオーストラリアに直接問い合わせてみる

上記2つのことを詳しく解説していきます。

外国籍の方が準備する本人確認書類

基本的に日本の住所が明記してある顔写真付きのものであればOK。

例えば下記のようなもの。

  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証

口座開設時に本人確認書類として、上記の中の1点を準備しておきましょう。

マイナンバーカードは通知書ではなくて、写真付きの個人番号カードでないとダメでござるよ。

外国人の個人番号について(PDF)

ハイローオーストラリアに直接問い合わせ

ハイローオーストラリアに新規で登録を行う場合は、日本の住所が記載された本人資料が準備できればOK。ですが、それでも不安な要素があったり、特殊な理由がある場合はハイローオーストラリアに直接問い合わせてみましょう。

ハイローオーストラリアの問い合わせは、公式ページから行うことができます。

直接問い合わせする場合はこちら↓

ハイローオーストラリア公式
電話番号:0120-542-381
営業時間:平日AM9:00~PM5:00まで

たまに、繋がりにくい時もあるので、その場合はメールでの問い合わせがおすすめです。

サポートスタッフが対応してくれますが、もちろん海外スタッフと日本人スタッフを準備していますので安心です。わからないことは直接聞いてみると案外早く解決するのでおすすめです。

ボクも書類を準備して、アカウントを作ってきます!

口座開設の手順は、基本的に同じなので下記記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【新規ユーザー向け】ハイローオーストラリアの口座開設の方法【2021年最新】
【新規ユーザー向け】ハイローオーストラリアの口座開設の方法【2021年最新】ハイローオーストラリアの口座開設をスムーズに終わらせたい人のために、画像付きで口座開設方法を詳しく解説していきます。参考サイト:ハイローオーストラリア口座開...

外国に住所がある場合は?

基本的に、ハイローオーストラリアは海外在住者には利用できません。

前述でも解説しましたが、口座開設の規約で「日本の居住が証明できないと新規口座開設できない」と記載してあります。

ですから、日本の居住が確認できない海外在住者は残念ながら登録はできません。

では最後に、次のようなパターンを見ていきます。

  • 今は日本に住んでいるけど、海外に転勤予定。
  • ハーフの場合もハイローオーストラリアはできるのか

今は日本に住んでいるけど、海外に転勤予定

今は日本の日本語学校に通っているけど、卒業したら自分の国に帰るつもりだよ。その時もハイローは続けて利用できるの?

ミカエルはニュージーランド出身って言ってたわね。

ハイローオーストラリアは、禁止されている国でなければ続けて利用することが可能です。ちなみに、ニュージーランドはバイナリーオプションを禁止していない国なのでミカエルも続けて利用することができます。

では、ニュージーランド以外の国は?

前述に、禁止の国をざっくり解説しましたが、次は利用できる国を紹介します。

  • オーストラリア
  • インドネシア
  • ベトナム
  • ニュージーランド
  • マレーシア
  • ブラジル
  • UAE
  • 南アフリカ
  • 韓国

リサーチした結果、上記の国からはまだ利用ができるはずです。

ただ、すでに海外在住者で日本の住所が証明できない人は登録を諦めるしかありません。

日本の住所が記載された本人確認資料(期限内)のものを準備して転勤する前に登録するようにしておきましょう。

ハーフの場合は取引できる?

ハーフでも問題なく取引できます。

ハーフの方もこれまで話をしてきたこと同様、日本の住所が証明できれば取引は問題なく開始できます。

下記の例を表にあげております。

住所 取引の可否
日本 日本 海外 取引できない
日本 フィリピン 日本 取引できる
アメリカ 日本 日本 取引できる
ニュージーランド オーストラリア 日本 取引できる

日本の住所さえ証明できれば、国籍は関係ないってことね。

そういうことでござる。

すでに、ハーフでなくてもハーフであっても、問題なく利用することはできますが、すでに海外在住者で年月がけっこう経っている人では、少しハードルが高い条件かと思います。

日本の住所を証明できる書類(期限内)のものが準備できない方は、やはり諦めるべきかもしれません。

お父さんが日本人だから、単身赴任中のお父さんの住所で登録してもOK?

答えは、絶対にNOです。

日本にいる家族や親族の名義を利用しようとしている方は、絶対にやめてください。

これは、ハイローオーストラリアだけではなく、「借名取引」という違法行為になります。口座凍結のリスクもかなり高いので、絶対にNGな行為です。

コメント

コメントする

目次
閉じる