【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

ハイローオーストラリアに金融庁から警告!?【ライセンス無登録】

ハイローオーストラリアは、日本の金融庁に無登録で運営を行っている海外バイナリーオプション業者です。

ハイローオーストラリア

金融庁無登録業者と聞いて「危険」と思われた人はいませんか?
無登録には理由があります。

この記事は、ハイローオーストラリアが金融庁にライセンス無登録の理由と、警告されていても安全かどうかを解説します。

\ 5,000円キャッシュバック開催中 /

目次

ハイローオーストラリアは金融庁に登録されていない

日本の金融庁の役割は、金融機関の監督や金融にまつわるシステムのチェックです。
金融業務の改正規定、法改正の提案なども担っています。

つまり、金融庁は日本の金融全般に携わっている機関ということです。

日本の居住者に対し金融商品の取引を行う場合は、海外に拠点を持つバイナリーオプション業者であっても、原則として金融庁の登録を受けなければいけません。

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に無登録

ハイローオーストラリアは、2010年の設立から3回にわたり会社名と所在地の変更を行っています。
そのため、ハイローオーストラリアは何度か金融庁から警告を受けているのです。

2010年に設立した会社の名称と住所
名称HighLow Markets Pty. Ltd.
住所Level 14, Macquarie House 167 Macquarie Street Sydney,NSW 2000, Australia
2019年に設立した会社の名称と住所
名称HLMI Ltd
住所Trust Company Complex, Ajeltake Road,Ajeltake Island, Majuro, Republic of the Marshall Islands MH 96960

引用:無登録で金融商品取引業等を行う者について(HLMI Ltd)

2020年に設立した会社の名称と住所
名称HLMI LLC
住所First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building, James St, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines

現在日本居住者向けにサービスを提供している「HLMI LLC」は、まだ警告を受けていません。
しかし、金融庁が掲示する「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」には、次のように記載がされています。

文字が小さくて読みづらいですが、掲載されている無登録業者は、警告を行った時点で無登録営業を行っていることが確認できた者に限られていますと記載されています。

金融庁もすぐに警告をだせるわけではないようです。
2019年に設立した「HLMI Ltd」への警告も、半年ほど時間がかかっています。

現在のハイローオーストラリアの運営会社である、「HLMI LLC」が警告を受けるのは時間の問題です。

※追記
現在では、金融庁のライセンス無登録業者にハイローオーストラリアの運営会社である 「HLMI LLC」 が既に記載されています。

ただ、ハイローオーストラリアには登録を受けられない理由があります。

ハイローが金融庁に無登録の理由

日本の金融庁に無登録の海外バイナリーオプション、ハイローオーストラリアだけではありません。

FXも含め、すべての海外業者が無登録で運営をしています。

日本に本社を構えながらバイナリーオプションを提供している国内企業は、基本的に金融庁からの認可を請けて運営しています。

ではなぜハイローオーストラリアは国内業者のように金融庁からの認可を受け、サービスの提供を行わないのでしょうか。
その理由は、ハイローオーストラリアの魅力である超短期取引などに制限を受けてしまうためです。

日本の金融庁は、認可をするために「規制」というルールを設けています。

次は、どのような規制を設けているのか確認をしていきましょう。

金融庁のバイナリーオプション規制とは

金融庁の規制は、2013年12月1日から適用が開始されました。
公的機関から発表される内容はわかりづらいので、噛み砕いて解説をします。

金融庁のすべての規制内容を遵守すれば、現在のハイローオーストラリアのサービス内容は行うことはできません。

適切性と健全性の確保

バイナリーオプションにより、借金を増やし法的な救済手段を利用する人が増えました。

破産者を増やさないためにも、金融庁に登録するためには、以下の内容を守ってサービスの提供をしなければいけません。

  • 短い時間で結果がわかることにより、投機的な取引を過度に助長してはいけない。
  • 利用者が取引のリスクを把握して判断ができるよう、エントリーを開始する前に金額の決定と提示をする。
  • 運営側だけが有利となる取引条件を排除する。
  • 公正な方法で払戻し金額を算出する。

バイナリーオプションを安全な金融商品にするためには、ギャンブル性(ハイ&ロー形式の取引)を抑止する必要があります。

金融庁が示す、適切性と健全性の確保が遵守されていなければ認可はされません。

利用者の知識確認

バイナリーオプションを始める人に、為替に関する投資の知識がどれだけあるかを確認しなければいけません。

バイナリーオプション業者はトレーダーの知識が乏しい場合は、口座の開設を拒む必要があります。

また、知識量に応じて取引限度額を設定するなどの対策が必要です。

先ほどと同様に、初心者がバイナリーオプションをギャンブルにしないための内容だ。

認可を受けるためには、ある程度の知識を得ていない人の口座開設を断る必要もあるのです。
もちろん利用者側の知識が基準に達すれば、口座開設を受けることができます。

過度な広告の禁止

利用者が、バイナリーオプションに過度な期待を持つような広告や宣伝をしてはいけません。

リスクの把握を正確にすることができ、投資の判断が適正にできるよう、業者は十分な説明と情報提供を行う必要があります。

「バイナリーオプションは必ず稼げる」などの、誤った宣伝を業者自身がするのは論外です。

「国内業者が過度な宣伝をしているのを見たことがある」という人もいるかもしれませんが、おそらく業者の公式サイトではありません。
過度な広告をするのは、アフィリエイターなどの仕業です。

設定根拠の十分な説明が必要

利用者が投資判断を合理的にできるだけの設定根拠を、業者側は事前に説明しておかなければいけません。
取引価格やエントリー時の価格、判定価格の説明が必要です。

取引停止の発生がある業者は、その旨や理由を公表しておく必要があります。
業者側の一方的な解約は公平性にも欠けるので、行ってはいけません。

また設定内容に関しては、第三者によるモニタリングを行って、適切性の確保が必要とされています。

運営側が守らなければいけないルールのまとめ

今までの内容から、バイナリーオプション業者が金融庁から認可を受けるためには、主に次のルールを満たす必要があります。

  • 権利行使価格(売買できる価格のこと)は、判定時刻の2時間前に固定する
  • 1営業日の取引上限回数は12回まで
  • 総取りのレート幅を設けるのは禁止
  • 売りと買いの価格を両方提示する「2WAY」を採用すること

ハイローオーストラリアは上記の内容を遵守していません。
つまり、金融庁の認可を受けるための条件を満たしていないのです。

ハイローオーストラリアの魅力を維持するため、認可を受けず運営を行っています。

ハイローオーストラリアの所持ライセンス

日本だけでなく、現在ハイローオーストラリアは海外の金融ライセンスも所持していません。

日本だけでなく、海外の金融ライセンスも所持してないの…。

金融ライセンスを受けている業者は、極めて安全性が高い業者と言えます。
ただ、ハイローオーストラリアは2022年現在、金融ライセンスを持っていないと言うのが事実です。

しかし、過去にはハイローオーストラリアはオーストラリアの金融ライセンスを受けていました。

上記の内容を踏まえて、ハイローオーストラリアの所持ライセンスについて詳しく見ていきましょう。

  1. ASICの金融ライセンスを所持していた
  2. バイナリーオプション全面規制のお知らせ
  3. 海外バイナリーオプションの圧倒的人気
  4. ライセンスは日本の金融庁によって剥奪された

信頼性の高い、ASICの金融ライセンスを所持していた

過去には、ハイローオーストラリアはオーストラリア証券投資委員会(ASIC)の金融ライセンスでサービスを提供していました。

ASICの金融ライセンスは、審査基準が厳しく取得するのはかなり難しいライセンスです。

外部リンク:ASIC公式サイト

ASICの金融ライセンスを取得するには、以下の項目の審査が必要です。

  • 入出金
  • 取引環境
  • サポート体制の有無
  • 顧客資産管理状況
  • 運営状況

上記の審査をクリアし、ハイローオーストラリアは、ASICの金融ライセンスを取得していました。

2019年までの長い間、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)の金融ライセンスで営業していましたが、現在はハイローオーストラリアは金融ライセンスを所持できなくなりました。

バイナリーオプション全面規制のお知らせ

前述の通り、金融庁よりハイロー形式の取引はギャンブル性が高いとの判断が下り、国内でのバイナリーオプションに全面規制が設けられました。

2012年末バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置
2013年ワーキンググループが自主規制についての最終報告
2013年7月3日内閣府令によって公的規制が導入
2013年7月18日金融先物取引業協会よりガイドライン発表
2013年8月1日内閣府令によって公的規制実施
2013年8月1日現行ルールのバイナリーオプション新規参入不可
2013年11月30日現行ルールのバイナリーオプション停止
  • 短期取引の禁止
  • 総取りの禁止
  • ペイアウト率変動制
  • 2WAY式価格表示

国内のバイナリーオプションは、金融庁から全面規制を設けられました。

規制により、完全に稼げなくなった国内バイナリーオプションは誰も利用しなくなり、利用者は海外バイナリーオプション業者へと流れたのです。

海外バイナリーオプションの圧倒的人気

  • 取引回数制限なし
  • ペイアウト率固定
  • 上か下か当てるだけ
  • 最短30秒からの短期取引あり

こうして、規制のない海外バイナリーオプション業者が稼ぎやすいと言う理由で、多くのユーザーがハイローオーストラリアを始めとする海外バイナリーオプション業者に流れていきました

こうして、国内バイナリーオプション業者を利用する人が激減しました。

ライセンスは日本の金融庁によって剥奪された

ハイローオーストラリアに日本の利用者が流れてしまったことを金融庁が問題視した。

金融庁

日本人向けのサービスを提供している海外バイナリーオプションにライセンスを付与しないでくれ。

日本の金融庁の要請により、ASICはハイローオーストラリアに金融ライセンスの許可を剥奪したのです。

ASICの金融ライセンスは、海外FXや海外バイナリーオプションで利用されていたのですが、2015年頃から、最後の砦となるまで粘ったハイローオーストラリアも2019年にライセンス剥奪となった。

金融庁が発表した理由としては、「日本のFX業者やバイナリーオプション業者を守るため。」とされていましたが、実際は以下の理由が本命でしょう。

  • 海外業者を利用する人が多かったこと
  • 資金を海外に流したくなかった
  • 日本のバイナリーオプション業者を使って欲しい

他にも、ギャンブル性が高いからと理由づけされていますが、「だったらパチンコは?競馬は?」と疑問が残ります。

そのため、ハイローオーストラリアは金融庁無登録&ライセンス未所持
以前は安全性の高いライセンスを所持していたのだ。

2019年ASICはオーストラリアでのバイナリーオプションを禁止

ハイローオーストラリアは規制対象外になるマーシャル諸島のHLMI LTDへ一時的に業務を移管し、その後、セントビンセント及びグレナディーン諸島へ拠点地を移しました。

ハイローオーストラリアは、運営を続けるために、拠点地を何度か変更しているのでござる。

2021年4月現在、セントビンセント及びグレナディーン諸島でサービスを提供しているハイローオーストラリアは、ライセンスに関して以下のように記載しています。

HLMI LLCはセントビンセント及びグレナディーン諸島の有限責任会社法に基づいて登録されています。

ハイローオーストラリアの公式ページには、金融ライセンスに関して明記されていませんので、「信頼できるのか?」と言われますと不安は正直あります。

ライセンスが無いのは、確かに不安要素になります…。

ハイローオーストラリアはライセンス無登録の違法業者

ハイローオーストラリアが金融庁より警告されていており、ライセンスがなくとも安全かは、難しい判断です。
ハイローオーストラリアが絶対に安全と言うことはできません。

安全なのかどうかは、自分がリスクを納得して利用をできるかが重要です。

ハイローオーストラリアは違法業者

金融庁のホームページでは次のように掲載がされています。

引用:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

日本で登録を受けずに金商品取引業を行うことは違法と記載されています。

つまり、日本からすればハイローオーストラリアは違法業者です。

どれだけ実績があろうと、金融ライセンスを所持していない以上違法業者とみなされるのだ。

無登録で営業をした業者には、罰則が設けられています。

しかし、無登録業者を利用した人への罰則は見られません。
口座を開設したからと言って、違法性を問われることはないので安心してください。

ハイローオーストラリアを利用することは違法ではないと覚えておきましょう。

ただ、「日本で暮らしている以上、違法業者とは取引したくない」という人は、ハイローオーストラリアとの取引は避けるしかありません。。

ハイローの不安材料

ハイローオーストラリアで取引をする際の不安材料は次のとおりです。

  • ハイローオーストラリアの経営が破綻したら、口座に預けている資金が返金されない可能性が非常に高い。
  • 海外業者なので、万が一の事態が起きても手が出せない
  • 無登録業者を利用しているためトラブルが発生しても公的機関は頼れない

現在のハイローオーストラリアは、保険の加入や信託保全を採用していません。
そのため、資金の安全性はそれほど高くない状況です。

ハイローオーストラリアで口座を開設するときは、それらの不安材料を把握しておく必要があります。

安全性を高める対策が必要

国が認可していない以上、安全性の確保は自分でするしかありません。

ハイローオーストラリアは、日本に住む人へ10年以上にわたりサービスを提供してきた実績があります。
不安材料もありますが、安心感を得られる内容もハイローオーストラリアは持っている業者です。

利用者が、リスクをできるだけ低くすることを常に考えておけば、利益は十分に得られます。

  • 絶対にギャンブルにしない
  • 定期的に出金依頼をして利益を確保する
  • 著しくサービス内容が低下したと感じたら、取引を止めすぐに全額出金依頼をする

金融庁の認可を受けてない業者を利用することで罰則を受けることはありません。
安全に対する対策を講じておけば、ハイローオーストラリアを利用して稼ぐことは可能です。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次