【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ハイローオーストラリアで稼ぎすぎると口座凍結!?稼ぎすぎのボーダーラインは?

「ハイローオーストラリアで稼ぎすぎたら口座が凍結した!」っていう噂を見たんですけど、ほんとうですか!?

結論から言うと、稼ぎすぎると限定口座凍結になる(らしい)。

なんで(らしい)って言ったかと言うと、稼ぎすぎの口座凍結の条件は明らかになっていないので、あくまでも考察の記事になります。

では、早速ハイローオーストラリアの口座凍結についていろいろ解説していきます。

目次

ハイローオーストラリアで稼ぎすぎは危険?

ハイローオーストラリアの口座凍結は、以下の2種類。

  • 限定口座凍結➡︎取引制限
  • 完全口座凍結➡︎強制退会

稼ぎすぎで口座凍結になるのは、”限定口座凍結”になります。

完全凍結は、不正な取引などハイローオーストラリアが禁止をしている方法で利益を得た場合の処分です。

完全口座凍結は強制解約、2度と開設はできなくなるでござるよ。

完全口座凍結は、禁止事項を行った場合と明記してありますので規約を確認しておくといいかも。

稼ぎすぎは口座が限定凍結される

稼ぎすぎは、限定口座凍結になるのですが、取引はできます。

ただ、完全凍結のように明確な理由が提示されているわけではありません。
「稼ぎすぎ」という曖昧な情報しかないのです。

限定口座凍結になると、こんな感じで制限されます。

  • エントリー金額の上限額が5000円になる。
  • 連続エントリー禁止
  • 入出金は普通に行える。

凍結なのに、取引はできるんですね(笑)

ただ、大きく稼ぐのは圧倒的に難しくなるのでござる。

「それじゃ規約違反だ!」と思われる人もいるかもしれませんが、ハイローオーストラリアの「利用条件」には次のように記載されています。

バイナリーオプションは、実際の市場で利益が得られる取引ではありません。利用者の負けが相手の利益、勝ちは損失です。

1人のトレーダーが稼ぎすぎると「マーケットの維持」が困難になるという意味に受取れます。

限定口座凍結の原因は?

限定口座凍結の原因は、ハイローオーストラリアの規約に明記されていません。

ただ、Twitterやネットの口コミで何人か限定口座凍結を食らったひとがいるので、現在わかっている条件を共有しておきます。

  • 勝ちが続いている
  • 利益を出しすぎている
  • そして今後も利益を出し続けそう。

正直、ハイローオーストラリアも企業なんで、あまりにも大きな金額を稼ぐ人がでてきたら、危機を感じで焦る気持ちもわかるんですよね。

会社が成り立たなくなったら大変ですもんね。

稼ぎすぎ判定されるボーダーライン

稼ぎすぎってどんくらいからなの?

稼ぎすぎの明確なラインは、ハッキリとわからないのでござるよ。

先ほども説明しましたが、稼ぎすぎによる限定凍結には、規約にも明確な記載がないのです。そのため、いろいろな情報が飛び交っています。


多くの情報から分析すると800万円~1,000万円付近が稼ぎすぎのラインです。
3,000万円という情報もありましたが、1件では情報量として少なすぎます。

ただ、人によってラインが変わっています。

中には500万円で限定凍結された人もいるようですよ。

これも憶測ですが、トータル利益が関係していると考えられます。

例えば、始めた当初は負けが続きます。入金を繰り替えし、損失額は-100万円になりました。そこから取引の勉強をして200万円を得たとします。負け分とのトータルで言えば、利益は100万円です。

不正な取引を疑われて凍結をされた人もいるので、明確なボーダーラインは不明です。
しかし、数百万程度ならそれほど心配する必要はありません。

とはいえ、稼ぎすぎを避けるためにいろいろな情報から避ける方法も考えてみました。

稼ぎすぎを避ける方法

多くの情報を見ていると、荒い稼ぎ方をすると簡単に凍結されるように見えます。

簡単に説明すると「目立たない」ことが大切なのでは?と推測しました。
こちらのTwitterを見てください。

最初から飛ばして稼ぐと目立ちます。目立つことで運営から見られるようになるのでござる。

「マーケットの維持」を果たすため、目立つ人は早めに芽を摘むという対策にでるのではないでしょうか。

そこで稼ぎすぎを避ける方法として、次の方法を推奨します。

  • 高額な出金は避ける
  • 頻繁な出金は避ける
  • 大きな掛け金や連打取引は避ける

高額な出金は目立ちます。ハイローオーストラリアの運営目線で考えてみましょう。

高額な出金は避けよう。

200万円の出金依頼と50万円の出金依頼、どちらを詳しく確認するでしょうか。

もちろん両方確認はするはずですが、100万円超えの大台に乗っている方をより詳しく確認するはずです。

つまり、高額な出金を頻繁に行うと目立ってしまいます。

短時間に大きな利益をあげるのも危険

また、短時間に大きな利益を上げている人も目立ちます。

1時間で100万円以上の利益を得ているトレーダーがいたら、運営側も「稼ぎすぎ」と見て確認を行うはずです。

稼ぎすぎを避ける方法は目立たないこと、多くの情報から避ける方法を考えました。

稼ぎすぎ判定されたときの対策

稼ぎすぎたときの対策としては、ハイローオーストラリアで取引を続けるのならば、5,000円でエントリーをするしかありません。

そもそも、感覚が麻痺してきますが、月に100万円稼げるだけでもすごいことですよね(笑)

5,000円のエントリーでも限定凍結の処分を受けるほどの人ならば1日で50,000円を稼ぐことは可能なはずです。

月の稼ぎは100万円にとどきます。夢のような生活です。

別の業者で口座開設をする

他には、別の業者で口座開設をする方法もあります。

一回アカウント消して、もう一回登録すればいいんじゃないの?

ハイローオーストラリアは端末のIPアドレスを記録しているので、口座凍結した人の記録は残っています。それに、口座を消すとすぐに再登録するのは不可でござる。

取引ができる業者は他にもあるので、ハイローオーストラリア以外の業者を見つけて開設を考えましょう。

手を出してはいけないのが、親族の名義を借りることです。これは違法行為に該当するので絶対に行ってはいけません。

誰もが思いつく手段ですが、ハイローオーストラリアが禁止しているのではありません。
法律で禁止がされています。

自分ができる対策で、稼ぎすぎの対策を講じましょう。5,000円でも短期取引が可能なハイローオーストラリアならば、十分に稼ぐことができます。

コメント

コメントする

目次
閉じる