【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ハイローオーストラリアの通貨解説完全版【勝てる通貨と勝てない通貨】

ハイローオーストラリアで勝ちやすい通貨で取引したいんですけど、そういうのってあるんですか?

特徴を抑えておけば、通貨で勝つコツっていうのは掴めるでござるよ。

今回は、上記の内容を深掘りしていきます。

この記事では、ハイローオーストラリアのそれぞれの通貨の特徴と選び方のコツを紹介していきます。

\ 口座開設数業界NO,1 /

目次

ハイローオーストラリアで選べる通貨

ハイローオーストラリアで選べる通貨ペアは全部で17種類です。
取引可能な通貨を一覧にまとめてみました。

  • USD/JPY(米ドル/日本円)
  • AUD/JPY(豪ドル/日本円)
  • EUR/JPY(ユーロ/日本円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • NZD/JPY(ニュージーランド/日本円)
  • AUD/USD (豪ドル/米ドル)
  • CAD/JPY(スイスフラン/日本円)
  • EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
  • EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
  • GBP/AUD(英ポンド/米ドル)
  • GBP/USD(ニュージーランド/米ドル)
  • USD/CAD(米ドル/カナダドル)
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
  • AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)

これをみたら、なんか頭いたくなってきた…。

初心者はとりあえず、「こんなにあるんだ〜」くらいでOK。実際は、「USD/JPY」「EUR/USD」「EUR/JPY」の3種類を覚えておけばいいのでござる

ハイローオーストラリアでは、通貨以外にも「仮想通貨」「商品指数」「株価指数」を利用した取引が行えます。

通貨ペアの種類は、FXと比べると少ないですが、海外バイナリーオプション業者の中では圧倒的に多い方です。

選べるメリットをいかして取引を行いましょう。

通貨の選び方を解説

それでは、ハイローオーストラリアの取引通貨の選び方をみていきましょう。

選び方のポイントは、ざっくりこんな感じ。

  1. 取引時間で選ぶ
  2. 取引量が多い通貨を選ぶ
  3. 情報収集がしやすい通貨を選ぶ
  4. 馴染み深い通貨を選ぶ

上記の4つを、上から順に解説していきます。

取引時間で選ぶ

毎日何時にハイローオーストラリアで取引を行いますか?

うーん。平日休みの日はお昼で、仕事の日は20時くらいから。あんまり時間は決めてなかったかも…。

平日のサイクルは、変則勤務をされている人以外は大体同じはず。

時間帯に関係なく全く同じ手法でトレードしても、特定の時間帯に大きく負けてしまう可能性が高くなります。

そのため、毎日同じ時間帯で、なおかつ同じ通貨ペアを利用し、相場に合わせて取引をしなければ、勝率をあげることは難しいでしょう。

得意な時間帯のみトレードをするなど工夫が必要なのでござる。

まずは、通貨ペアを選ぶ前に、取引時間帯の大切さを確認しておきましょう。

市場が空いている時間

自分が毎日何時~何時の間に取引できるのか、取引できる時間帯で最も取引量が増加する通貨ペアを選択しましょう。

通貨の取引量に影響を与えるのは、証券取引所の開催時間でござる。

通貨証券取引所開催時間(日本時間)
(上:現地夏時間)
(下:現地冬時間)
AUD
(オーストラリアドル)
オーストラリア8:00~14:45
9:00~15:45
CAD
(カナダドル)
トロント22:30~翌日5:00
23:30~翌日6:00
CHF
(スイスフラン)
スイス16:00~翌日0:30
17:00~翌日1:30
EUR
(ユーロ)
ユーロネクスト16:30~翌日0:30
17:30~翌日1:30
GBP
(イギリス ポンド)
ロンドン16:30~翌日0:30
17:30~翌日1:30
JPY
(日本円)
東京9:00~15:00
NZD
(ニュージーランドドル)
ウェリントン6:00~12:45
7:00~13:45
USD
(アメリカドル)
ニューヨーク22:30~翌日5:00
23:30~翌日6:00

開催時間による通貨の取引量は増えます。

下のチャートは、「EUR/USD」の1時間チャートです。

市場が開催している時間や開く前は、値動きの大きさがわかります。


通貨ペアを選ぶ時は、どちらかの通貨ペアが開催しているときがおすすめです。

値動きの特徴を掴む

値動きの特徴を簡単に解説します。

通貨特徴
AUD中国の経済指標の影響を受けやすい。地学性リスクなど国際情勢に注意が必要。
CADアメリカとの連動制が高く追随する傾向がある。資源国通貨なので原油価格に注意が必要。
CHF安全資産なので地政学リスクが生じると高騰しやすい。
EURアメリカドルと表裏の関係。紛争やテロなど、地政学的リスクに注意が必要
GBPとにかく値動きの激しい通貨。経済指標発表に注意が必要。
JPY安全通貨を定着しつつある。市場のリスク回避先として選ばれる傾向が強い。
NZD中国の経済指標の影響を受けやすい。農産物価格の影響に注意が必要。
USD取引量が多く、流動性が高い。金融政策や雇用統計の発表に注意が必要。

時間帯は、市場の開催時間だけではありません。

特徴から経済指標の発表や、影響の受けやすい通貨を知っておくことも大切です。

ここに注意!
・市場開催時間
・経済指標の発表


初心者の方は、上記の2つの情報から取引通貨を固定しましょう。

例えば、いつも夕方から取引をする人は「EUR」がおすすめ
取引をするときに注意する経済指標:地学的リスクやUSDの関係をチェックしてテクニカル分析を行う。

2つを組み合わせて自分のライフスタイルに合った取引時間と手法を決めるのでござる。

取引量がハイローオーストラリアで勝つためのポイント

  • 取引量が多い➡︎テクニカル分析がしやすい
  • 取引量が少ない➡︎何が起きるかわからない

取引量が多くなるのは、

  • 市場が開いている時間帯
  • 通貨のそもそもの取引量

上記2つが、主に関係します。

国際通貨の中で、中心的な通貨を「基軸通貨」と呼びますが、その大役を担っているのがアメリカドル。そのため、アメリカドルの取引量は特に多くなっています。

引用:BIS為替取引量調査2019-1

上の画像は2019年に調査された取引量の順位です。

圧倒的に「EUR/USD」の取引量が多いことがわかります。次に「USD/JPY」です。
取引量の多い通貨ペアを優性して選ぶのが、テクニカル分析のためにも重要になります。

取引するべき通貨が、だいぶ絞られてきましたね。

情報が取得しやすい通貨で選ぶ

情報量がどれだけ得られるかも、通貨選びのポイントの1つ。

先ほど特徴を説明しましたが、例えば中国の経済情報をまめに取得する人は、少ないのではないでしょうか。

ニュースで流れるのは、基本的に「USD/JPY」のレートだけ。「EUR」についても、毎日レートをニュースで公表することはありません。

確かにニュースで日頃から情報が入ってきやすいのは、日本とアメリカよね。

オーストラリアドルを取引したくても、情報があまりにも少なすぎます。検索して調べなければ得られません。為替の値動きが起きてからわかることも多々あります。

為替情報の取得のしやすさも重要でごさる。

取引に必要な情報が得やすい通貨を選択しましょう。

自分の馴染み深い通貨を選ぶ

最後に、自分に馴染みが深い通貨を選ぶのもコツでござる。


例えば、ニュージーランド関係の仕事に就いている人は、馴染みが深いのではないでしょうか。
取引もしやすくなるはず。

中国の輸出関連を仕事にしている人は、オーストラリアドルの動向が得やすくなるかもしれません。

こんな感じで、馴染みが深い通貨を選ぶのも良い手段でござるよ。

ただ、多くの人は馴染み深いとなれば「日本円」になるのではないでしょうか。
通貨を選ぶときは、「日本円」を絡ませることをおすすめします。

ハイローオーストラリアで勝ちやすい通貨

今までの説明から、勝ちやすい通貨は以下の3つ。

  1. USD/JPY
  2. EUR/USD
  3. EUR/JPY

この3種類がおすすめでござる。

さらに言えば、先ほどの特徴から

  • 主に午前中の取引:「USD/JPY」
  • 主に夕方の取引:「EUR/USD」か「EUR/JPY」
  • 主に夜の取引:「EUR/USD」

に分けることができます。

ほほ〜!なるほど!

それぞれの攻略例を見ていくでござる。

攻略例①「USD/JPY」

「USD/JPY」は、午前中の9:00〜10:00がトレードチャンスで、9時を過ぎたらオープンと同じ方向に順張りトレード。10:00以降は、逆張りトレード。10:30〜15:00は、静かな値動きになる。

ドル円の特徴
圧倒的な流動性の中での緩やかな値動き。大きい変動や突発的な変動を好まない人向け。初心者はとりあえずコレ。

ただし、それほど取引量が多くないため、HighLowの1時間取引がおすすめでござるよ。

上の画面は、「USD/JPY」の30分チャートと1時間チャートを表示させたMT4。

※MT4がわからない方は、下記記事を先に読むと理解が深まりますよ。

両方ともボリンジャーバンド(黄色い線)が右下がりに表示されていることから、下降勢力が強いことがわかります。

今回の状況で取引できる時間帯は11時。

・期間25で表示された中期移動平均線に30分チャートが触れている。
・1時間チャートも30分チャートも下降の勢いは衰えていない。

11時開始の取引のコツは、こんな感じになります。

  1. HIGHLOW取引で12時判定時刻のチャートが開始されたらLOWエントリー
  2. 11時半のロウソク足が、また中期移動平均線にタッチしたのを確認。
  3. ここでLOWエントリーをもう1本追加。

下降が強い局面です。途中上がることでドキドキするかもしれませんが、下降トレンド中なので問題ありません。

こんな感じでトレンドを狙った手法を行うのでござる。

「USD/JPY」を取引するときは、確実に勝てる時間帯とタイミングを狙って攻略をしましょう。
2つの時間チャートを表示させることで、エントリーポイントが見えてきます。

攻略例②「EUR/USD」

「EUR/USD」は夜の取引向け。活発に動く時間は21時(冬は22時)からの4時間。

ユーロドルの特徴
欧米はもちろん、世界中で取引される通貨ペア。トレンドが出やすい傾向にあり、一度トレンドがでると強いトレンドになりやすいため、逆張りではなく、順張りでのトレードが基本。

夜は取引量も増えるため、トレンドが発生したらTurboの5分取引で何度もエントリーができるのでござるよ。

上の画像は「EUR/USD」の15分チャート。

このチャートの見るところは、こんな感じ。

  • 0時過ぎに中期移動平均線にローソク足がタッチした。
  • ボリジャーバンド、3本の移動平均線どれをみても下降トレンドが発生している

上のチャート状況は、こんな感じでござる。

全体的に右に下がってるのは、わかるわ。

では、なんとなくわかったところで次のチャートも見てみましょう。

上の画像は「EUR/USD」の5分チャート、下降トレンドが発生していることがわかります。

エントリー開始のポイント
短期移動平均線に触れた点から。触れたときから5分で連続取引を行う。

エントリー終了のタイミング
-2σ(下から2本目の黄色線)にローソク足にタッチしたあと、上昇のローソク足が2本続いた場合です。

なんか難しい!!!

実際取引をすれば、そんなに難しくない。一旦デモ取引でおさらいしてみると、感覚を掴みやすいでござるよ。

\ 頭の中を整理しよう/

取引量が多い時間帯の通貨ペアならば、機械的な気持ちで取引をすることで、メンタル面も維持できます。強いトレンドを利用した通貨ペアと時間帯ならではの攻略です。

攻略例③「EUR/JPY」

「EUR/JPY」は夕方からの取引(16時〜20時)

ユーロ円の特徴
値動きが激しく、トレンドが継続しやすい。1日の値動きが緩やかなため急激な損失にならない。勝率を上げることができればドル円より大きく儲けることができる。

取引量から、「EUR/JPY」 はHighLowの15分取引をおすすめします。

上の画像は「EUR/JPY」の5分と15分チャート、時間帯は夕方です。

どちらのチャートも、移動平均線、ボリンジャーバンドから下降トレンドが発生していることがわかります。

エントリータイミングは、こんな感じ。

・5分チャートのローソク足が中期移動平均線に触れたタイミング。
・図で言うと、③と⑤の赤丸がエントリータイミング。

下降トレンドが発生しているので、勝てる可能性は非常に高く効率的な取引方法です。

取引量により取引時間と攻略方法が変わるんですね。

時間帯と取引量を意識すれば、おのずと取引すべき通貨がわかるようになるはず。

ハイローオーストラリアで選ぶべきでない通貨

先ほどの3種類以外は、あまりおすすめできません。
馴染み深い通貨があれば選んでも良いですが、特別な理由がない限りは、控えた方が無難。

値動きが激しすぎる通貨:GBP

「GBP」は値動きが激しいことで有名な通貨。

値動きが激しいのならばハイローオーストラリアの取引に向いているのでは?

必ずしも激しいのが良いとは言い切れないのでござる。

例えば、15分取引でエントリーしたとき

①残り時間が1分なので余裕で勝てる!
②しかし、急激な変動により、予想だにしていない状況が発生
③残り数秒で負けてしまう。

運要素が高い取引はギャンブルに近づきます。つまり急激な変動をする通貨で取引をすると、ギャンブルになるかもしれないのです。

メンタル面を維持するのにあまり良くない状況になるのでござる。

できれば、「GBP/AUD」「GBP/JPY」「GBP/USD」などの通貨で取引をするのは控えましょう。急激な変動をする通貨はおすすめできません。

情報量が少なく分析が難しい通貨

  • AUD
  • NZD
  • GBP

上記のような、情報量が少なく分析が難しい通貨もお勧めできません。

「AUD」「NZD」「GBP」との通貨ペアは、たとえ「JPY」とペアにした場合でも、テクニカル分析がしづらくなるでござるよ。

通貨の情報は、注目されている通貨ほど手に入れやすいのが特徴です。

比較的日本に情報が入ってきやすい、「USD」「JPY」、取引量の多い「EUR」の情報にアンテナをたてておくだけで、十分に利益をだすことが可能。

情報はありすぎても邪魔になるだけです。情報量が得やすい通貨を選ぶようにしましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる