【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

ゴトー日は稼げる!?バイナリーオプションでの必勝パターンや注意点

バイナリーオプションではゴトー日を狙うと勝ちやすいって聞いたんですが本当ですか?

確かにゴトー日の手法はかなり信ぴょう性が高いものだ。
しかし、それなりに注意点があるから気を付けないといけないものでござるよ。

バイナリーオプションでは、ゴトー日を狙うと効率よく稼げると考えられています。

ゴトー日は為替相場が規則通りに動きやすいので、短期的な値動きを予測するバイナリーオプションで狙うトレーダーが多いのです。

しかしゴトー日には注意点も多く存在するので、必ず稼げるというわけではありません。

本記事ではそんなゴトー日の特徴や活かし方、注意点を詳しく解説していきます。

目次

ゴトー日とは?!

ゴトー日とは5と10の付く日、5・10(ゴトー)という意味合いで付けられた名称です。

具体的には毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日を指します。

休日や祝日と被る日は、その直近の平日がゴトー日とみなされる傾向です。

ゴトー日ってなんで有名になったんですか?

5と10の付く日は銀行の資金決済が多くなる日でござる。
給料の支払いなどは10日締めや25日払いなどのゴトー日が多いだろう?

銀行の資金決済だけでなく、輸出入の関連企業もこのゴトー日に取引が集中することから、為替の値動きに影響を与えやすいです。

ドルの買いが強くなる傾向にある

ゴトー日は、実需でドル買いが強くなる傾向にあります。

これはあくまでも傾向の話であって100%そうとは言い切れません。

5・10の付く日が決済日となる企業が多いので、ドル決済が必要な企業が日本円を売ってドルに交換する動きが強くなります。

そのため一時的にドルの需要が高まり、米ドルが上昇する傾向にあるのです。

それじゃあこの日にドル買い方向へエントリーすればいいんですね!

傾向としては間違っていないが、あくまでもドルの需要が一時的に高まると覚えておくといいでござるよ。

ドル買いと共に円安水準になる傾向にもあります。

仲値の時間にかけて動く

ゴトー日のドル高円安が意識されるのは仲値の時間にかけてです。

仲値
東京時間の9時55分ごろ。
金融機関が為替取引を行う際の基準レートが決まること。

基準のレート?
どういう事ですか?

為替相場は常に変動をしているでござるな。
日本円→米ドルに両替する際のレ―トがこの時間に決まる仕組みなんだ。

アメリカに仕事の出張や旅行で行く際、日本円を米ドルへと交換します。

空港の両替所や銀行などで両替するのが一般的ですが、為替相場は秒単位で価格が変わるので銀行や両替所では正確なレートを把握しきれません。

そのため、東京時間の9時55分のレートを仲値(基準のレート)として定めており、決まったレートで交換できるように決めているのです。

これは一般的な両替だけでなく、輸出入業者のためでもあります。

決められた価格で両替をできるので、業者・銀行などがいちいちレートをチェックする必要がありません。

ゴトー日の中でもこの9時55分にかけてがドル高円安の動きになる傾向にあります。

ゴトー日を狙ったバイナリーオプション攻略法

次に、バイナリーオプションでのゴトー日の活かし方を解説します。

活かし方を覚えて有効なトレードを行いましょう。

9時30分ごろからハイエントリーを狙う

まずは、仲値でのドル買いを狙った手法です。

仲値の時間にかけてドル買い円安になるという習性を考慮して、9時30分ごろからUSD/JPYのハイエントリーを狙います。

判定時間としては取引をする会社にもよりますが、30分以上の長い判定時間を選択するといいでしょう。

ハイローオーストラリアでは、10時00分判定の1時間取引を使いましょう。

この時に9時00分から9時30分にかけて大きく上昇していると注意が必要です。

9時30分~10時にかけての上昇が弱くなってしまったり、レンジ相場で終わってギリギリの勝負になる可能性もあります。

あくまでも安値圏、もしくはそれまでにレンジを形成しているのを確認してから狙うようにしましょう。

前の深夜帯にFOMCといった注目度の高い指標や機関投資家の売買があると、この時間からトレンドを作っていることもあるのでござる。
その場合は狙わないのが賢明だな。

ゴトー日は5日、10日、15日、20日、25日、30日の月に6回あるので、その全てを狙ってトータル収支が出るようにしておきましょう。

もし、1回負けて辞めてしまった際に、次のゴトー日に勝てていたというケースも少なくありません。

根気よくゴトー日のタイミングで狙っていくようにしましょう。

仲値からの下落を狙う

次に紹介する攻略法は、ドル高円安後の下落を狙う手法です。

ゴトー日の仲値時間帯(9時55分頃)にドル円相場が大きく上昇したのが確認できたなら、その後の下落が見込めるポイントとなります。

10時頃からその後の30分~1時間後の長い判定時間を狙ってUSD/JPYのローエントリーをしましょう。

仲値にかけて上昇した後は下落しやすいんですか?

これも1つの為替相場の習性と言えるな。
大きな上昇をした後は一時的な下落をする可能性が高まるんだ。

株式相場などでは上昇し続ける可能性もありますが、為替相場は国や銀行によってレートの誘導がある場合が多いです。

1ドル110円が次の日に500円になるとい事はあり得ない話で、必ず落ち着いたレートで終わる傾向にあります。

そのため、ゴトー日の仲値で大きく上昇が確認できると、その後一時的な転換が見込めるという仕組みです。

前述した上昇を狙う手法と合わせて2回のエントリーチャンスが生まれます。

ゴトー日を狙う際の注意点

ゴトー日は高い勝率の担保された手法ではありますが、実際に狙う際には注意点もしっかり理解しておく必要があります。

次はその注意点について詳しく見て行きましょう。

バイナリー業者が対策をしている

バイナリーオプションの業者は、取引毎に顧客から手数料を取りません。

また、口座開設・維持費用なども発生しないので、顧客の勝ち負けがそのまま会社の利益に直結します。

そのため、ゴトー日の仲値を狙った勝率の高い手法などは対策をされているのです。

実際に多くの会社でレートの極端なずれなどが発生したという口コミが多く見られます。

確かにみんなが使って同じことしだしたら、業者はつぶれてしまいますよね。

公式ではないが、仲値を狙った取引をしないように警告があったトレーダーもいるって話だな。

勝率の高い手法だけに一般的にもかなり浸透しています。

バイナリー業者としては仲値での取引を辞めさせたいという思惑があるでしょう。

集団取引を疑われる可能性がある

バイナリーオプション業社のほとんどは、集団取引を禁止事項としています。

集団取引
1人のトレーダーがエントリーポイントを指示して、複数人で同じ銘柄同じ時間帯でエントリーする事。

あくまでもバイナリーオプションは自身の裁量で行ってくださいと言うルールです。

しかし、ゴトー日を狙った仲値では、同じ日の同じ時間帯にUSD/JPYへのエントリー集中してしまいます。

その結果、自身でチャートを見てエントリーしたにも関わらず、集団で取引をしているとみなされるケースがあるのです。

そうかあ….
エントリーする銘柄もタイミングも全く同じだとそうなりますよね。

だからこそ、ゴトー日の仲値だけでなく普通の裁量取引を淡々としていく事が重要となるな。同じポイントだけで狙ってしまうと、悪質な取引とみなされるから注意でござる。

コメント

コメントする

目次
閉じる