【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

バイナリーオプションの早朝取引は有利なのか?メリットとデメリットを解説

為替相場は平日24時間動いていますが、バイナリーオプションでは早朝に取引制限を設けている会社が多いです。

しかし、営業開始からの時間帯を積極的に狙う事で効率的なトレードができるケースもあります。

本記事では早朝のバイナリーオプション取引をテーマに解説していくので、ぜひ参考にして日々のトレードに活かしてください。

目次

バイナリーオプションの取引開始時間

以下は、バイナリーオプション取引で人気の高い3社の取引時間を表にしたものです。

バイナリー業者取引開始時間
ハイローオーストラリア平日朝8時~
Bi-winning平日朝8時~
※仮想通貨は原則24時間
The option平日朝8時

売買の最も多い通常の通貨ペアは、全ての会社で平日8時から取引が可能となっています。

為替相場は24時間動いているとはいっても、バイナリーオプション業界では早朝の早い時間が取引不可の時間帯となっているのです。

でもどうして早朝の早い時間で取引ができないんですかね。
朝型の方だっていると思いますし。

早朝に取引できないのは様々な要因があると考えられている
でござるよ。

・値動きの反映が難しい
・逆張り勝率が高い

このチャートを見て分かるように、ローソク足がコマになっていたりティックのずれが大きくなっている事が分かります。

バイナリーオプションでは各社がサーバーの市場価格を参考にしている事から、このような特殊な動きが反映できないと考えられているのです。

またオシレーター系のバックテストをとると、早朝の6時台などは逆張り勝率が最も高い時間となっています。

そのため、各社でメンテナンスを行って取引ができないようにしていると言えるでしょう。

関連する人気記事をチェック!

バイナリーオプションは取引する時間帯が大事だ。
勝率を確保するためにも知っていて損はない。

バイナリーオプションにおける早朝相場の特徴

次に、バイナリーオプション取引の早朝相場の特徴を解説していきます。

ここで紹介する早朝は各バイナリー業者で取引ができる8時頃からを紹介します。

どのような特徴があるのかを押さえて分析に活かしてください。

一時的にトレンドを形成しやすい

早朝の時間帯は、オセアニア市場が開場する時間となります。

オセアニアとはオーストラリアやニュージーランドといった国です。

ロンドンやニューヨーク市場に比べると参加者は少ないですが、アメリカ市場が閉場して値動きが少なくなった後のため、一時的に大きな平均値になるケースが多いです。

深夜帯には小さな値動きであったにも関わらず、日本時間の朝を迎えると一時的に小さなトレンドが発生しやすくなります。

ただし動く銘柄というのはかなり限られているぞ。豪ドル、NZドルのオセアニア通貨やUSD/JPYのようなメジャー通貨がメインだな。

スイスフランや英ポンド、カナダドルといった通貨ではほとんど値動きがなく、小さい平均値で推移するケースが多いです。

ドル買いの進行

日にちによっては、早朝から日本時間の10時にかけてドル買いが進行するケースもあります。

ゴトー日と呼ばれるもので、為替相場では特に意識されやすいです。

ゴトー日
ゴ(5)トー(10)の付く日に、円をドルに換えたい企業が一斉にドルを買う傾向にある。
仲値の10時までにドル買いが進行するケースが多い。

このゴトー日を活かしたバイナリーオプショントレードは為替相場でもかなり意識されやすいものとなります。

バイナリーオプションとゴトー日の記事でも手法や傾向、注意点について詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

月曜日につける相場の窓

為替相場では、金曜日の終値と月曜日の始値の間に価格差が発生する事が多いです。

上のチャートのように、ローソク足とローソク足の間に大きな空間ができる現象です。

この現象を相場の窓と言います。

月曜日によく見ますね。でもどうしてこのような現象が起きるんですか?

窓は以下の要因でできると言われているぞ。

窓ができる要因
  • 中東の一部の国では土日でも細々と取引が行われているため
  • 市場の開場と共に注文が殺到するため

土日に相場への影響を与える大きなニュースがあると、その分窓も大きくなります。

窓には窓埋めという習性があり、その習性を為替取引に活かす方も多いのです。

金曜日の終値まで価格を戻してくるという習性です。

窓を付けたあとは高確率でこの現象が発生します。

その習性を活かせばバイナリーでも有利になるんじゃないですか?!

もちろん有効なエントリーポイントにはなりやすい。ただし以下の注意点もあるんだ。

・価格をどのタイミングで戻してくるか分からない
・バイナリー取引ができる8時までに既に窓埋めをしている可能性がある

窓埋めはどのくらい時間をかけて戻してくるかが分からないので、判定時間の決まっているバイナリーでは狙いにくいものと言えるでしょう。

早朝にバイナリーオプションをするメリット

次は、早朝にバイナリーオプションをするメリットについて解説をしていきます。

約定されやすい

早朝(8時以降)の時間帯はエントリーが集中しにくいので、約定されやすいというメリットがあります。

バイナリーオプションでは値動きの荒い箇所やエントリーが集中することで、約定ずれや約定拒否が発生しやすいです。

しかし朝の時間は参加者が少ないほか、比較的穏やかな値動きで推移するケースが多いので約定されやすい快適なトレードができます。

値動きが小さい分チャンスは少ないと思うが、少ないチャンスを逃す心配は少ないぞ。

銘柄を絞った取引ができる

早朝や午前中の相場は、値動きのある銘柄が限られています。

朝の値動きが少ない銘柄例
  • スイスフラン系の通貨
  • ポンド系の通貨
  • ユーロ系の通貨

上記のように、ヨーロッパ系の通貨はほとんど値動きがありません。

ユーロやポンドはクロス円通貨であれば値動きも期待できますが。ドルストレート通貨になるとほとんど同値で推移するケースが多いです。

値動きがある銘柄が少ない分チャンスも減りますが、銘柄を絞った取引ができるのは大きなメリットであると言えるでしょう。

早朝にバイナリーオプションをするデメリット

続いて、早朝にバイナリーオプションをするデメリットを紹介します。

不規則な価格変動になりやすい

早朝の為替相場は、不規則な価格変動になりやすいです。

5時~7時までの相場で発生しやすいですが、これはバイナリーの取引も可能な8時台で発生する場合もあります。

十字線やコマ足が頻発している相場は、明確な価格が表示されない可能性もあるので注意しなければいけません。

バイナリー業者の値動きがうまく反映されない可能性があり、仮にバイナリーオプションで取引をしたとしても約定拒否や約定ずれになる可能性もあります。

特にオーストラリアやニュージーランドが祝日の場合は注意だな。

オーストラリアやニュージーランドのようなオセアニアの祝日は、早朝の市場参加者が少なく流動性が極端に低下する可能性があります。

仮に取引をする場合は、事前にオセアニア国の祝日ではないかチェックしておきましょう。

ギリギリの勝負になりやすい

前述した豪ドル、NZドルといった通貨では比較的値動きがありますが、その他ヨーロッパ系の通貨では小さな値動きになるケースが多いです。

一定価格のまま止まってしまう事もあります。

そのような状況でエントリーしてしまうと、思うように値幅を抜けず同値やギリギリの負けを拾うケースが多くなるのです。

Bi-winning以外の会社では同値が負けとなってしまうので注意しましょう。

早朝に日本やオセアニア指標がある事もありますよね?

指標のある日でもヨーロッパ系の通貨にはほとんど影響が
ないケースが多いな。

その前の深夜にアメリカのFOMCがあった場合には早朝から各通貨で動くケースも多いです。
相場状況に応じた戦い方を身に着けていきましょう。

バイナリーオプションは夜の取引がおすすめ

早朝の取引は、様々なメリット・デメリットがありますが、やはりバイナリーオプションの取引は夜の時間がおすすめです。

夜の取引がおすすめな理由
  • エントリーチャンスが多い
  • 値動きが大きくテクニカル向き

夜の時間帯は流動性が活発になるため、値動きも大きくなります。
そのため、エントリーチャンスも多くテクニカル分析に適した時間帯です。

仕事の関係で早朝しか取引できないという方でなければ、無理して早朝に取引する必要もないでしょう。

早朝しか取引できないものは、早朝相場の特徴や通用しやすい手法を駆使して取引してみると良いな。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次