バイナリーオプション業者

国内バイナリーオプションおすすめランキング【2020年最新】

バイナリーオプションは国内と海外でルールが異なります。
バイナリーオプションを始める時は、どちらのルールが自分にとって最適か判断をしましょう。

今回は規制が強い国内バイナリーオプションについて解説をします。
一番のおすすめは外為オプションですが、以降のランキングも参考にしてください。

国内バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、示された判定時刻に為替レートか現在と比べどうなっているかを予想する投資です。
お金を支払いオプション(権利)を購入し、予想が的中すれば提示された配当金を受取ることができます。

国内バイナリーオプションと呼ばれるのは、海外の業者が提供するバイナリーオプションと異なる点があることからです。
国内バイナリーオプションは、日本の金融庁が示した規制を受け、それを遵守しトレーダーに提供しているバイナリーオプションのことを呼びます。

国内バイナリーオプションは人気が低い?

国内バイナリーオプションは、海外に比べると人気が低いと言われています。
その理由は日本の金融庁が行った規制によるものです。

規制が原因?

昔は、国内も海外も同じようなハイローのルールで提供されていました。
しかし、日本がバイナリーオプション規制を開始したことで、投資内容の縛りが強くなり、日本人トレーダーが何人も離れていく結果となりました。

もともと自由度の高いものを取り締まれば、昔から馴染みのある取引を選択するのは当然のことではないでしょうか。
日本の規制内容を嫌がり、昔ながらのバイナリーオプションを求め、海外の業者を選ぶトレーダーが増えたのです。
国内バイナリーオプションは、次の内容を遵守しなければ認可を受けることができません。

国内バイナリーオプションの規制内容

  • 短時間の取引を禁止
  • 1日の取引回数は12回
  • ペイアウト率は変動させる
  • 総取りの禁止

日本でバイナリーオプションを提供するには、これらの規制を遵守しなければ承認を受けることができません。
ただしよく見ると分かる通り、すべてはトレーダーの使い過ぎを守るためのルールです。

国内バイナリーオプションが遵守しているのは、トレーダーが破産しないためのものとも言えます。

日本人はギャンブルが好き?

しかし、日本は世界と比べてもギャンブル好きなことで有名な国です。
規制のされていない取引にどっぷりハマっていた人たちが、この規制を守ったルールで満足できると思いますか?
当然満足できないトレーダーが増え、その人たちは、海外のバイナリーオプションを求めてしまったのです。

日本の金融庁は禁止をしていますが、海外の業者で取引することに対し罰則を強化していません。
海外にトレーダーが流れるのは当然、やはり日本の取り締まりは緩いなどの声もよく聞かれました。

トレーダーを守ることが稼ぎづらさを生み、取り締まりが甘いことで海外での口座開設者が増え、国内バイナリーオプションの人気は低迷したのです。

バイナリーオプションは世界中で規制が行われている

バイナリーオプションの規制は、日本に限ったことではありません。
EU経済圏では、バイナリーオプション自体を禁止しました。
アメリカも自国業者以外での取引を禁止しています。日本のような緩い取り締まりではありません。

日本は、何に対しても強い規制を行わない傾向があります。
緩いのはバイナリーオプション規制に限ったことではありません。
海外の政府は「やめなさい!」と強く話すイメージ、日本は「やめてね」とお願いするイメージです。

海外バイナリーオプション業者を選んでも自己責任としている事実が、国内バイナリーオプションの人気が低くなっている要因とも言えます。
アメリカのように海外を利用できなくすれば、比べる対象がなくなり、人気が低迷することもありません。

ルールがわかりづらいという声も

一度海外業者を利用すると、国内バイナリーオプションのルールがわからないと話す人もいます。

海外は現在のレートが判定時刻に上昇しているか下降しているかを決める単純なルールです。
外れれば掛け金は全額没収されますが、当たれば決められたペイアウト率で払い戻しがされます。至極簡単なルールです。

国内バイナリーオプションでの主要オプションは「ラダー」「レンジ」「ワンタッチ」などがあげられます。
利用を一度すれば、ルールも複雑ではないのですが、海外ほど単純ではありません。

国内バイナリーオプションを選ばない人は、海外バイナリーオプションを利用されている人が多く、まさに食わず嫌いを起こしているようです。

規制から稼ぎづらい、ルールに対し食わず嫌いなどの原因により、国内バイナリーオプションの人気が低迷しているように見えます。

国内バイナリーオプションのメリット

国内バイナリーオプションの人気が低いと説明しましたが、メリットを聞けば素晴らしさが伝わるはずです。

国内バイナリーオプションは安心安全

国内バイナリーオプションの最大のメリットは、海外によりも確実に安全という点です。
日本の金融庁の認可を受けている業者、安全性に欠けているわけがありません。

海外業者のような詐欺の横行、そのトラブルに巻き込まれても追及できない日本の現状、これらの心配は全く必要ないのです。
さらに万が一業者が経営破綻に追い込まれた場合でも、トレーダーの資金は信託保全により守られています。
金融庁の承認を受けるためには、信託保全が義務化されており、どの業者も必ず採用しているのです。

海外バイナリーオプションは、よくて分別管理、安全性への質が違います。
国内の強みは安心安全なこと、この点はさすが日本と言ったところです。

海外より税金がお得

国内バイナリーオプションのメリットは、税金面にも現れます。投資で稼ぐことができたら当然税金を支払う義務が生じますが、その適用が異なるのです。

「国内バイナリーオプション」

国内バイナリーオプション

  • 申告分離課税の適用により最大20.315%
  • 国内業者同士の損失ならばたとえFXの損失でも相殺が可能
  • 損失金額を3年間繰り越しできる

海外バイナリーオプション

  • 総合稼税の適用により最大50%
  • 別会社による損失の相殺は難しい
  • 損失額は繰越できない

明らかに、国内バイナリーオプションを優遇しています。税金がお得になるのも、国内バイナリーオプションのメリットです。

月次取引実績の公開

月次取引実績とは、トレーダーとの損益割合を表示した月ごとのデータです。
トレーダー側が全体でどのくらいの損益が生じているのかの確認ができます。

海外では見られない取り組みですが、国内では公開がルールとして定められているのです。
あまりにも業者の利益が大きければ、健全な状態とは言えません。業者が不正をしていないかどうかの見極めができます。

海外よりトラブルが少ない

これは当然ですが、海外よりもトラブルは断然に少ないです。
海外を利用する場合、出金はできるの?という当然なことまで心配をしなければいけません。
国内バイナリーオプションで、出金の心配をするトレーダーがいるでしょうか。そのような心配をする必要はありません。

国内バイナリーオプション業者で、万が一の事態が発生すれば、消費者センターが親身に対応をしてくれます。
金融業として警告を受けるわけにはいきません。しっかりと監視をされている、それがトラブルを未然に防ぐ抑止力になっています。
海外を利用してトラブルが発生し消費者センターに駆け込んでも、海外を利用したあなたも悪いと、逆に注意を受けることでしょう。トラブルの抑止力にはなりません。

国内バイナリーオプション業者は、少しのミスも許されないという気持ちで運営をしています。
海外にそこまでの気持ちがあるとは思えません。それがトラブルの多さの違いとして不平不満の口コミ量に現れています。

国内バイナリーオプションのデメリット

メリットもありますが、当然デメリットもあります。
国内バイナリーオプションのデメリットは、規制に関する内容です。

1日の取引制限回数がある

1日の取引に制限回数があるのは、デメリットかもしれません。12回という回数は、決して少ない回数ではないのですが、制限があるという事実に抵抗を持ちます。

「12回も普通取引する?」と聞かれると、多くの人は「しない」と回答するはずです。
平均的な1日の取引回数は10回以下の人がほとんど、12回以上の取引をする人は専業トレーダーではなでしょうか。

十分な数字なのに、制限と聞くと抵抗してしまう、これが人の感情なのかもしれません。
大きな問題でないのに制限を嫌います。制限と言う縛りは、ない方がいいと思う人がほとんどです。それ以上の取引をしないにも関わらず、気持ち的に嫌な気分になるのかもしれません。

ペイアウト率が変動制

ペイアウト率が変動することで、資金管理が難しくなります。海外業者の場合、ペイアウト率は1.90倍など固定されている業者がほとんどです。
1,000円でエントリーをし、勝利をすれば1,900円が払戻しされます。
これにより、損益分岐点の計算もしやすく、戦略もたてやすくなるのです。

国内の場合、払戻金額が1,000円と固定されていることから、ペイアウト率が変動します。
購入額が100円のとき、勝利をすれば1,000円の払戻しがされることから、ペイアウト率は10倍です。ただ、購入金額が毎回変わることから損益分岐点の計算はできません。

この点を複雑と捉えている人も居ます。一概にどちらがいいとは言えませんが、資金管理の点から考えると、デメリットではないでしょうか。

国内バイナリーオプションランキング

メリットを見て、口座を開設したいと思ったらランキングを参考にしてください。
おすすめの国内業者は外為オプションです。国内はどの業者も安全なので、海外のように気にする必要はありません。

1位外為オプション

国内バイナリーオプションと言えばGMOクリック証券が運営をする外為オプションです。実績と知名度、ともにトップクラスを誇っています。

項目 評価 参考
知名度 CMに新垣結衣さんを採用。
誰もが知っている証券会社。
取引ツールの使いやすさ 見やすく使いやすいツールを採用。
スマホでの取引 パソコンよりもスマホの方が使いやすという評判もあり。
オプションの種類 ラダーオプションのみの提供。
スプレッド スプレッドは60円程度。

CMに有名女優の新垣結衣さんを採用していることから、知名度と印象は抜群に良い外為オプション、有名人のCM採用は信用度も高まります。

テクニカル指標も利用できる取引ツールは、スマホの方が利用しやすいという評判もあり好評です。
ラダーオプションのみの提供ですが、国内バイナリーオプションならばラダーで取引をされる人が多いはず、特に問題はありません。
スプレッド幅も魅力なことから1位とさせていただきました。国内を初めて利用される人は、使いやすい外為オプションをおすすめします。

2位FXTFバイナリー・トレード

2位はゴールデンウェイ・ジャパンが運営するFXTFバイナリー・トレード、通称バイトレです。

項目 評価 参考
知名度 国内の知名度は高い。
取引ツールの使いやすさ 人気の高い未来チャートの利用が可能、
テクニカル分析のできるチャートも魅力的。
スマホでの取引 スマホでの分析も問題ありません。
オプションの種類 「ラダー」「「レンジ」「タッチ」の3種類からオプションの選択が可能。
スプレッド スプレッド幅は100円程度

ツールや未来チャートの利用のしやすさなど、機能面ではトップクラスを誇っています。ただツールを詰め込みすぎて、初心者だと慣れるのに時間がかかるかもしれません。

スプレッド幅は、外為オプションに比べると広いですが、平均値なのでそこまで気にしなくとも大丈夫です。未来チャートを利用したいがために、口座開設をする人も居ます。

3位LION BO

3位はヒロセ通商が運営をするLION BOです。

項目 評価 参考
知名度 国内業者では有名。
取引ツールの使いやすさ チャートも見やすくテクニカル分析も可能、
トレーダーの使いやすさにこだわったツール。
スマホでの取引 専用アプリが有る。
オプションの種類 ラダーのみだが、7種類のコースから選択可能。
スプレッド スプレッド幅は50円程度

ヒロセ通商はトレーダーの満足度を追及する国内バイナリーオプション業者です。それはツールの内容やスプレッド幅に現れています。
2020年のオリコンの顧客満足度で総合1位を獲得した実績が、口座開設の背中を押してくるはずです。

ハイローオーストラリア【ハイロードットコム】

画像の説明文

バイナリーオプション業界の老舗業者。
設立以来日本人トレーダーから圧倒的な支持率。
マーシャル諸島金融ライセンス取得。口座開設で5000円の出金条件なしキャッシュバック。ペイアウト率業界最高。無料のデモ機能搭載。

ザ・オプション【theoption】

画像の説明文

利用ユーザー増加中の人気業者。
登録不要のフリーデモ機能搭載。

マーシャル諸島金融ライセンス取得。豊富なボーナス&キャッシュバックキャンペーン。転売機能搭載で高いユーザビリティ。

-バイナリーオプション業者

Copyright© バイナリーオプションおすすめランキング2020 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.