【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

国内バイナリーオプションおすすめランキング【2021年最新版】

バイナリーオプションを始めたいんだけど、国内ならどこがいいの?

今回は、上記の内容を深掘りします。

バイナリーオプションには、国内と海外を合わせて数多くの業者が存在します。

上記記事でも解説しているとおり、国内業者は規制により圧倒的に稼げない業者へオワコン化しました。

規制前までは、まだ良かったのに…。

この記事では、上記の内容を踏まえた上でも「国内業者がいい」と思う方向けの記事となります。

\当ブログ運営者が使っている /

目次

国内バイナリーオプションとは

国内のバイナリーオプションは、海外業者とはちがうの?

国内バイナリーオプションは、日本の金融庁が示した規制を受け、そのルールにしたがって運営しています。

国内業者の方がちょっとルールが複雑で、FXに似ていると言われているのでござるよ。

比較項目国内BO業者海外BO業者
判定時間2時間〜30秒〜
ペイアウト率常時変動制1.85倍〜
1日の取引回数12回無制限

短期取引×、取引制限は1日12回、ペイアウトは変動するので固定の利益が得られない…。

短期取引でサクサク稼げなくなってペイアウトも変動するなら、これってFXと同じなんですよ…。

もう正直な話、国内のバイナリーオプションをするくらいならFXやった方がマシだと思うんです。

国内バイナリーオプションは人気が低い?

国内バイナリーオプションは、海外に比べると人気が低いと言われています。
その理由は、日本の金融庁が行った規制によるものです。

そんなに規制がひどくかけられたの?

この規制によって、海外業者にユーザーがほとんど流れていったっていうのも有名な話でござるよ。

規制が原因?

昔は、国内も海外も同じようなハイローのルールで提供されていたのでござるよ。

しかし、日本がバイナリーオプション規制を開始したことで、投資内容の縛りが強くなり、日本人トレーダーが何人も離れていく結果となりました。

もともと自由度の高いものを取り締まれば、昔から馴染みのある取引を選択するのは当然のことかもね…。


国内の業者にかけられた規制内容はこちら。

国内バイナリーオプションの規制内容

  • 短時間の取引を禁止
  • 1日の取引回数は12回
  • ペイアウト率は変動させる
  • 総取りの禁止

日本でバイナリーオプションを提供するには、これらの規制を遵守しなければ承認を受けることができません。


ただしよく見ると分かる通り、すべてはトレーダーの使い過ぎを守るためのルールです。

国内バイナリーオプションが遵守しているのは、トレーダーが破産しないためのものとも言えるのでござる。

日本人はギャンブルが好き?

しかし、日本は世界と比べてもギャンブル好きなことで有名な国です。

規制のされていない取引にどっぷりハマっていた人たちが、この規制を守ったルールで満足できるでござろうか?

そりゃ、元々あったものに規制をかけられると、不自由を感じますよね。

そういうこと。満足できないトレーダーが増え、その人たちは、海外のバイナリーオプションを求めたのでござる。

日本の金融庁は禁止をしていますが、海外の業者で取引することに対し罰則を強化していません。
海外にトレーダーが流れるのは当然、やはり日本の取り締まりは緩いなどの声もよく聞かれました。

トレーダーを守ることが稼ぎづらさを生み、取り締まりが甘いことで海外での口座開設者が増え、国内バイナリーオプションの人気は低迷したのです。

バイナリーオプションは世界中で規制が行われている

実は、バイナリーオプションの規制は、日本に限ったことではないのでござる。

知りませんでした!そうなんですね。


EU経済圏では、バイナリーオプション自体を禁止しました。
アメリカも自国業者以外での取引を禁止しています。日本のような緩い取り締まりではありません。

詳しくは、下記記事で解説しています。

日本は、何に対しても強い規制を行わない&行動が遅い傾向にありますもんね。

海外バイナリーオプション業者を選んでも自己責任としている事実が、国内バイナリーオプションの人気が低くなっている要因とも言えます。
アメリカのように海外を利用できなくすれば、比べる対象がなくなり、人気が低迷することもありません。

ルールがわかりづらいという声も

一度海外業者を利用すると、国内バイナリーオプションのルールがわからないと話す人もいます。

海外は現在のレートが判定時刻に上昇しているか下降しているかを決める単純なルールです。
外れれば掛け金は全額没収されますが、当たれば決められたペイアウト率で払い戻しがされます。至極簡単なルールです。

国内バイナリーオプションでの主要オプションは「ラダー」「レンジ」「ワンタッチ」などがあげられます。利用を一度すれば、ルールも複雑ではないのですが、海外ほど単純ではありません。

国内バイナリーオプションを選ばない人は、海外バイナリーオプションを利用されている人が多く、まさに食わず嫌いを起こしているようです。

規制から稼ぎづらい、ルールに対し食わず嫌いなどの原因により、国内バイナリーオプションの人気が低迷しているように見えます。

国内バイナリーオプションのメリット

国内バイナリーオプションの人気が低いと説明しましたが、

  • 安全性が高い
  • 海外より税金がお得(たくさん稼ぐ人は)
  • 国に守られているので、トラブルが少ない

というメリットもあります。

順に解説しますね。

国内バイナリーオプションは安心安全

国内バイナリーオプションの最大のメリットは、海外によりも確実に安全という点でござる。

金融庁の認可も受けているし、安全性に関しては問題なさそうね。

海外業者のような詐欺の横行、そのトラブルに巻き込まれても追及できない日本の現状、これらの心配は全く必要ない。

さらに万が一業者が経営破綻に追い込まれた場合でも、トレーダーの資金は信託保全により守られています。

金融庁の承認を受けるためには、信託保全が義務化されており、どの業者も必ず採用しているのです。

海外バイナリーオプションは、よくて分別管理、安全性への質が違います。

ただし、海外業者のハイローオーストラリアは専業職賠償保険というユーザーの資金を守る保険が適用されています。海外業者ではかなり珍しい。

海外より税金がお得

国内バイナリーオプションのメリットは、税金面にも現れます。

  • 国内業者:申告分離課税
  • 海外業者:総合課税

「国内バイナリーオプション」

国内バイナリーオプション

  • 申告分離課税の適用により最大20.315%
  • 国内業者同士の損失ならばたとえFXの損失でも相殺が可能
  • 損失金額を3年間繰り越しできる

申告分課税の認識としては、「利益の20.315%の税金を取られる制度」と理解しておけばOK。

税率は、どれだけ稼いでも一律20.315%ってことですね。

海外バイナリーオプション

  • 総合稼税の適用により最大50%
  • 別会社による損失の相殺は難しい
  • 損失額は繰越できない

総合課税は、簡単にいうと「稼いだ分に連動して税率も上がっていく」という理解でOK。

大きく稼ぐのであれば、国内業者の方がお得。反対にそんなに稼がないのであれば海外業者の方が税率は少ないって感じでござる。

海外よりトラブルが少ない

これは当然ですが、海外よりもトラブルは断然に少ないでござる。


海外を利用する場合、出金はできるの?という当然なことまで心配をしなければいけません。

国内バイナリーオプションで、出金の心配をする必要はありません。

国内バイナリーオプション業者で、万が一の事態が発生すれば、消費者センターが親身に対応をしてくれます。

どちらにせよ、”投資は自己責任”という気持ちをわすれてはいけないわね。

国内バイナリーオプションのデメリット

メリットもありますが、当然デメリットもあります。
国内バイナリーオプションのデメリットは、規制に関する内容です。

1日の取引制限回数がある

業者取引回数
国内業者1日12回まで
海外業者無制限

1日の取引に制限回数があるのは、デメリットでござる。

初心者は特に、相場に長く触れてなんぼってところがあるんですが、1日の回数が12回に限られているのは結構大きい。

チャンスの掴み方も回数重ねるごとにわかってくるところってあるんですけど…。その辺は、かなり不自由さを感じちゃいますね。

ペイアウト率が変動制

業者ペイアウト率
国内業者変動
海外業者固定

本来のバイナリーオプションって、相場が少しでも予想通りに動けば、固定の払い戻しが得られるのがいいところ。

しかし、国内業者に関してはちょっとちがっています。

国内バイナリーオプションのペイアウト率は「相場が予想通りにどれだけ動いたか」によって変動します。

これってFXと変わらないのでござるよ…。

FXのことよく知らないけど、狙った方向の振り幅で金額が変動するイメージだから同じよね…。やりづら…。

国内バイナリーオプションランキング

メリットを見て、口座を開設したいと思ったらランキングを参考にどうぞ。

国内はどの業者も安全なので、海外のように安全性を気にする必要はありません。

1位外為オプション

国内バイナリーオプションと言えばGMOクリック証券が運営をする外為オプションです。実績と知名度、ともにトップクラスを誇っています。

項目評価参考
知名度CMに新垣結衣さんを採用。
誰もが知っている証券会社。
取引ツールの使いやすさ見やすく使いやすいツールを採用。
スマホでの取引パソコンよりもスマホの方が使いやすという評判もあり。
オプションの種類ラダーオプションのみの提供。
スプレッドスプレッドは60円程度。

CMに有名女優の新垣結衣さんを採用していることから、知名度と印象は抜群に良い外為オプション、有名人のCM採用は信用度も高まります。

2位FXTFバイナリー・トレード

2位はゴールデンウェイ・ジャパンが運営するFXTFバイナリー・トレード、通称バイトレです。

項目評価参考
知名度国内の知名度は高い。
取引ツールの使いやすさ人気の高い未来チャートの利用が可能、
テクニカル分析のできるチャートも魅力的。
スマホでの取引スマホでの分析も問題ありません。
オプションの種類「ラダー」「「レンジ」「タッチ」の3種類からオプションの選択が可能。
スプレッドスプレッド幅は100円程度

ツールや未来チャートの利用のしやすさなど、機能面ではトップクラスを誇っています。ただツールを詰め込みすぎて、初心者だと慣れるのに時間がかかるかもしれません。

3位LION BO

3位はヒロセ通商が運営をするLION BOです。

項目評価参考
知名度国内業者では有名。
取引ツールの使いやすさチャートも見やすくテクニカル分析も可能、
トレーダーの使いやすさにこだわったツール。
スマホでの取引専用アプリが有る。
オプションの種類ラダーのみだが、7種類のコースから選択可能。
スプレッドスプレッド幅は50円程度

ヒロセ通商はトレーダーの満足度を追及する国内バイナリーオプション業者です。それはツールの内容やスプレッド幅に現れています。


2020年のオリコンの顧客満足度で総合1位を獲得した実績が、口座開設の背中を押してくるはずです。

コメント

コメントする

目次
閉じる