>>ザオプションで期間限定キャンペーン実施中<<

国内バイナリーオプションは規制で稼げない!【勝てないルールでオワコン化】

バイナリーオプションには国内と海外の業者があるみたいだけど、どっちを選べばいいのかしら?

ハハハッ!そんなもの、悩むことなく海外バイナリーオプション一択でござるよ!なぜなのか説明しよう。

日本国内のバイナリーオプション業者には大きな規制がかけられているということをご存じでしょうか?
2013年ごろから顕著となり始めたその規制が原因で、国内と海外の取引内容には大きな差が出ています。

規制が行われたのは、バイナリーオプション特有のギャンブル性の高さがあげられます。

海外バイナリーオプションにおいては、国内で運営されている業者ではないため、規制を受けることなく、バイナリーオプション本来のギャンブル性や稼ぎやすさを維持しています。

目次

国内バイナリーオプションの規制とは?

日本の金融庁により、国内の業者によって運営されているバイナリーオプションは大きく規制されています。

その規制に沿って運営を行わなければ、金融庁の認可を受けることはできません。
まずは、日本におけるバイナリーオプションの規制内容を確認していきましょう。

オプション取引の商品性に関する規制

バイナリーオプションの魅力とは?と問われたとき、短時間で勝敗が決するところと答える人もたくさんいるかと思います。
日本では、この超短期取引を規制の対象としました。

短時間のHIGH/LOWの禁止
通貨関連店頭バイナリーオプションの権利行使価格は、判定時刻の2時間以上前に決定します

金融庁: 金融先物取引業協会「取扱ルールの概要」

取引の開始から、判定時刻までの時間は2時間以上が必要とされています。
ただしトレーダーが途中でオプションを解消する、いわゆる転売に関しては業者ごとにルールが異なりますが、バイナリーオプション業者側はこれに応じなければいけません。

判定の際のペイアウト率は、明確にする必要があります。
さらに、業者側が1営業日に設定できる判定時刻の最大数は12回と上限を定めました。

また海外特有の、負けたらエントリー金額が全額没収されることも規制されています。
国内バイナリーオプションでは、2WAY方式による価格提示が義務付けられており、買付価格と売付け価格を同時に提示しなければいけません。

高ペイアウト倍率の設定も禁止されていることから、ペイアウト金額は1,000円と固定されています。

海外バイナリーは判定時間30秒とかもあってサクサク取引できたのに・・・。回数も制限されているのね。

オプション取引を開始するための規制

規制により、口座の開設前には知識確認を行うことが義務づけられています。
海外バイナリーオプション業者のように、1分で口座開設というわけにはいきません。

国内業者は、トレーダーがバイナリーオプション取引を行うにあたり、知識を得ているかの確認をします。

為替やバイナリーオプションの基礎知識がない口座申込者では、口座開設ができません。
基礎知識に関し十分な理解を求めた後、取引の開始という順番です。

そのほか「取引経験」「限度額の申告」を確認することが義務付けらており、すぐに取引開始というわけにはいきません。
バイナリーオプションに関するリスクにも十分な理解をしてもらい、確認書を提出したもらったうえでの取引開始が条件と、規制がされています。

海外バイナリー取引をするときにも、知識は必須よね!

規制を受けて、海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションに生まれた違いは別記事を読んでくれ。

国内バイナリーオプションが規制された理由

バイナリーオプションが規制された理由は、投機的な投資になりやすいルールの結果、ギャンブル感覚となるトレーダーが増えたことが原因です。

実際、バイナリーオプションはギャンブルでござる。国内業者が規制を受けるのは当然ともいえるな。

金融庁は、バイナリーオプションのリスクを次のとおり公表しています。

短時間で損益結果が判明するために、安易に何度も取引を行ってしまうおそれがあります。そして、短期間に繰り返し取引した結果、多額の損失を被るおそれがあります。

金融庁:「バイナリーオプション取引にあたってご注意ください!」

30秒や1分などの超短時間で勝敗を決し、それが何度も取引できる投資は、冷静な判断を損なう恐れがあると判断をしました

現実として、バイナリーオプションにより多重債務に陥る人が後を絶たない状況が起きたほどです。

この状況にストップをかけるべく日本の金融庁は規制を開始しました。
ただ、規制は急遽実行されたものではありません。段階を踏み、今の規制へと到達しました。

国内バイナリーオプションの規制の流れ

それでは、どのような流れで日本のバイナリーオプション規制は開始されたのでしょうか。

どのように規制をされたのか、詳しく流れをみていくでござる。

ワーキンググループを設置し新たな規定を設ける

先ほどの問題から、2012年にバイナリーオプション業者で構成されたワーキンググループが設置されました。

ワーキンググループとは、ある特定の課題に対し調査や企画、最終的にどのように解決し推進をしてくかなどを話し合うチームのことです。

この場で話し合われたことをまとめ、金融庁へ報告し内閣府は新たな規定を定めます。
それが2013年7月3日に設けられた金融商品取引業等に関する府令(府令)及び金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針(指針)の改正です。

これに伴い2013年7月18日には、一般社団法人金融先物取引業協会において、個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則(BO規則)並びに同規則に係るガイドライン(BOガイドライン)が制定されました。

国内においてバイナリーオプションを提供する業者は、すべて金融先物取引業協会の会員でなければいけません。
会員でいるためには、規則とガイドラインを遵守する必要があります。

つまり、バイナリーオプション取引による超短期などの提供ができなくなったということです。

施行日から停止までの流れ

先ほどの規制は2013年8月1日からの施行(規制の開始日)です。当然この日以降、短期取引を含む金融商品を提供する業者の新規参入は認められなくなります。

既存の業者に関しては、2013年11月30日の経過措置期間までに、2つのどちらかの道を選択しなければいけなくなりました。

「バイナリーオプションに関する業務を廃止する」か「新ルールに基づいたバイナリーオプションに切り替える」かのどちらかです。

当時、経過措置期間中は旧バイナリーオプション取引を提供している業者に対し、積極的な営業活動を行わないよう通達をしています。
経過措置期間満了まで超短期取引を提供するということも難しい状況だったのです。

最終的には、2013年11月30日に超短期取引を伴うバイナリーオプションの提供は完全に規制されました。

今後のバイナリーオプションの規制の予想

世界でバイナリーオプションがどのように扱われているのか知りたいわ!

バイナリーオプションに関しては、少しずつ肩身が狭い状況に追いやられています。世界中の規制からみても、難しい状況にあるのかもしれません。世界の動向などを参考に、今後の予想をしていきましょう。

世界の国々ではバイナリーオプションに対し厳しい規制を行っている

バイナリーオプションに規制をしているのは、日本に限ったことではありません。世界各地で日本よりも厳しい規制を行っています。

EU圏では、大半の国が完全なる禁止を決定しました。
イギリスやドイツ、イタリアやフランスなども禁止もしくは禁止をすると発表しています。

どの国も日本とほぼ同じ理由です。
バイナリーオプションを提供する業者の利益がどんどん上昇する事態に、それだけ損失を起こしている国民が多いと気が付いたのが原因です。

日本のような、取引内容を変更する規制ではありません。全面廃止をする国が大半を占めています。

アメリカの取扱いは?

日本の未来を予想するに際し、アメリカの動向を外すことはできません。
アメリカの真似や参考にすることがよくある日本、予想をするには重要な国です。

アメリカのバイナリーオプション規制は、国内のみの業者でなら取引をしてもOKとされています。
国外業者との取引は一切禁止です。

さらに、アメリカでは自国内の業者に、日本と同じような規制を設けています。
一度に取引できる上限は100ドルまでなどです。

ただ、国外業者との取引を禁止したら徹底的に禁止措置を行うのが日本との違いではないでしょうか。
日本のように「無登録業者との取引に注意をしてください」などと、呼びかけるにとどまるような半端なものではありません。アメリカでは海外業者との取引を完全に禁止しています。

日本のバイナリーオプション規制に関する予想

日本は、諸外国のような強い規制を行うことができない国です。
日本人はギャンブル好きが多く、規制をすることで新たな賭博を生み出すなどのマイナスが起きるかもしれません。

国内ではバイナリーオプション規制を行いましたが、海外業者における口座開設は注意喚起にとどまっていると考えることもできます。

ただ海外バイナリーオプション業者の利用によって、お金が海外に流れるのはなんとしても止めたいと考えているはずです。カジノ法案が成立したことから、もしかすると規制を厳しくする可能性もあるのでは?と、可能性は低いですが考えることもできます。

しかし日本の対策はいつも弱いです。緊急時であっても「お願いに」とどめるのが特徴ではないでしょうか。
その点から考えても、これ以上の規制を強いる可能性は、極めて低いのではと予想ができます。

人気のバイナリーオプション業者である【ハイローオーストラリア】の規制や撤退の状況は別記事を御覧ください。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる