【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

デモ口座のあるバイナリーオプションおすすめ業者ランキング【2021年度版】

バイナリーオプションをするならデモ口座から始めるといいでござるよ。

デモ口座とは、本番口座と同じ環境でバイナリーオプション取引の体験ができる機能のこと。

へー!デモ口座ってどの業者でもあるの?

デモ口座が利用できることで有名なのは、ハイローオーストラリア。現在は、さまざまな業者でデモ口座を利用できるようになっています。

この記事では、”デモ口座を利用できる海外バイナリーオプション業者を調査し、ランキング化”していきます。

目次

デモのあるバイナリーオプション業者

デモの性能からBO業者をランク付けしてみたでござるよ。

ランキングの結果は、こんな感じ。

  • 1位:ハイローオーストラリア
  • 2位:ザ・オプション
  • 3位:ソニックオプション

このような順位になった理由を、ランキング順に解説します。

1位ハイローオーストラリアのデモ口座

運営会社HLMI LLC
所在地First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスマーシャル諸島金融ライセンス
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.85倍
最高ペイアウト率2.30倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5000円
入金不要ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

トップに君臨すると言っても過言ではないハイローオーストラリア、デモ口座の内容にも優れているからこそではないでしょうか。

ハイローオーストラリアのデモの特徴は、下記。

  1. 本番取引と同じ、リアルタイムで動く為替レートを使える。
  2. 転売機能やトレーダースチョイスも使える。
  3. 取引画面がシンプルで見やすい
  4. キャッシュバックの利用方法まで学べる。
  5. 入金・口座開設なしでデモを試せる。

利用できるツールは、本番とすべて同じってことですか?

そうでござるよ。さすがハイローでござる。


バイナリーオプションが初心者の人は、口座を開設する前でも構いません。ますはハイローオーストラリアのデモを利用してみましょう。

2位ザ・オプションのデモ口座

運営会社TCG holdings Ltd.
所在地Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall Islands
金融ライセンスTCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000397
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.77倍
最高ペイアウト率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
登録ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

2位はハイローオーストラリア以外ならばこのバイナリーオプション業者を利用したいという呼び声も高い、ザ・オプションのデモ口座。

ザ・オプションのデモ口座の特徴は、下記。

  1. リアルレートを利用している
  2. ザ・オプション専用の簡易的なインジケーターを追加可能
  3. 簡単な分析では、MT4を別画面に表示しなくても十分に。
  4. 登録・入金不要でデモがスタートできる。

MT4のダウンロードって最初は面倒に感じることもあるから、内蔵されているのは嬉しいかも!

まずはインジケーターを利用したデモ取引を、体験してみましょう。簡易的なものではありますが、エントリーポイントの目安としては十分に役立つことを、デモ口座から確認してください。

3位ソニックオプション

ソニックオプションでは、最近デモ口座のサービスを開始しました!

ソニックオプションが3位にランクインした理由って?

1位と2位にも共通しているのですが、口座を開設なしで利用ができる点でござるよ。

ソニックオプションも本番さながらのデモを体験するこができますが、残念なのがショートしか利用できないこと、他のレンジやハイローをデモで試すことはできません。

残念だがハイローのように、全ての機能を試すことはできないようでござる…。

しかし、今後サービスが向上して、使えるようになることは十分に考えれます。

デモ口座とは

バイナリーオプションにおけるデモ口座とは、仮想の通貨を使って、ほぼ本番取引とおなじ環境で取引が体験できる仮想口座のことです。

それは、便利な機能ですね!

また、国内海外に関係なくデモ口座を提供している業者はたくさんあります。が、業者によって条件がそれぞれ異なっています。

デモ取引をするための条件は、こんな感じ。

  • 口座開設なし・入金なしで利用できる業者
  • 口座開設後に利用できる業者
  • 入金後に利用できる業者

など、パターンはさまざまです。

デモ取引は、なんであったほうがいいの?

  1. お試しで操作画面に慣れることができる
  2. 戦略を試せる(仮想資金が0円になってもリセット可能)
  3. デモ口座がある業者はサービスに自信をもっており、信頼できる

上記のとおり。

仮想資金を使って本番取引ができるものもあれば、シュミレーションだけのデモ取引などもあるのでござるよ。

バイナリーオプションのデモ口座はお試し用

デモ口座は、本番前のお試し用というイメージでOK。

ただ業者の中には、あまり意味のないようなデモ口座があるでござるよ。

例えば、

  • 取引のルールを覚えるためだけのシュミレーションのみ
  • 同じ値動きでしかデモができないもの。
  • リアルタイムの為替の動きではないもの。

上記のような感じ。

その点、ハイローオーストラリアはリアルタイムの為替◎、本番と同じ機能が全て試せるのがいいでござるよ。

デモ口座は何度でもリスタートできる

仮想資金が0円になったらどうするの?

ブラウザをリセットすれば、またリスタートできるでござるよ。

  1. 0円になっても、ブラウザをリセットすればリスタート可能
  2. 何回でもデモ口座で取引を試すことができる

チャンスは1回などとケチなことは言いません。何回でも満足いくまで利用ができます。

デモ口座があると安心できる

デモ口座が準備されている=その業者の安全性も◎と考えてもいいくらいでござるよ。

それは、さすがにいいすぎじゃないですか!?

「デモ口座まで作成した業者は資金をもち逃げしない可能性が高い」という投資家の中では言われているほど、デモ口座のサービス提供があるのかないのかは重要。

資金を持ち逃げする詐欺業者の特徴は、プラットフォームでも見極められます。

  • ホームページが簡易すぎる
  • デモ口座などがない
  • 会社の概要が載っていない

上記のとおり。

詐欺業者は、どうせすぐに逃げるのだから見かけだけのホームページで問題なし、余計なものまで作成していたら不必要なお金がかかると考えていたことでしょう。デモ口座の準備などをするわけがありません。

つい最近までは、そのころの教訓が生かされ、デモ口座の有無で口座の開設を決める人もいたくらいでござるよ。

精度の高いデモ口座=安全性の高さにも直結するってことね。

上記の理由から、デモ口座の有無を口座開設時の見極めのポイントにするのもいいかもしれません。

デモ口座でできること

それでは、デモ口座でできる一般的なことを確認していきましょう。

  1. 取引全般を試せる
  2. 手法の勝率を確認できる
  3. スマホでも、使用感が試せる
  4. リスクゼロで自分の取引を分析できる

順に解説していきます。

デモ口座でできることは取引全般

デモ口座でできることは取引全般、実際の口座で利用できるツールはすべて利用ができるようになっている業者がほとんど。

業者によっては、

  • 複数ある取引のうち、決まった取引の時間のものしかデモを用意していない業者
  • 取引方法を全て試すことができない業者
  • 同じ過去チャートを流し続ける業者

もあります。

サービスがユーザー目線で、きちんとした業者ほど、リアルに作成されているでござるよ。

例えば、ハイローオーストラリアだと

  • 転売機能で勝ち逃げや損切りまで試せる
  • キャッシュバックボーナスまでリアルに表示される
  • 簡単な取引から難しいスプレッド取引まで全て体験できる

もし、デモがない業者を選んでしまうとぶっつけ本番で取引することに…。リスクが高すぎるでござるよ。

確かに…。まずはデモで試してみるのがよさそうね。

どれだけ勝ちがたいものなのか、興味がある人は大切な自己資金を利用せずとも体験ができます。

デモ口座で手法の勝率確認

それにデモ口座は、口座を登録する前にお試ししてみるだけで使うのは勿体ないでござるよ。

え?他に使うタイミングってなんですかね…?

デモ口座は、初心者だけが使うものではなく、長く使っているトレーダーも勝率を上げるために利用しているのでござるよ。

デモ口座は、経験が長い人ほど、新たな手法による勝率の確認で活用している。

バイナリーオプションで利益を上げるために必要なのが、決められたエントリールールを確率すること。

つまり、チャートやインジケーターがこうなったらエントリーするという考え方です。

テクニカル分析を行い、バックテストのみで確認する人もいますが…。試しに取引する以上に確かなものはないでござるよ。

デモ口座を真剣に利用することで、手法の勝率を導き出すことができます。その勝率が高いことが確認できたら、リアル口座で取引を行いましょう。

スマホでもデモ口座を体験できる

スマホでバイナリーオプションをやってみたいと考えている人もいるはず。

デモ口座はスマホで利用できる業者も増えてきました。ただし、スマホのバージョンには注意をしましょう。今はandroid端末のみですが、アプリを提供している業者もあります。

ハイローオーストラリアの場合は、

  • Android➡︎アプリ・ブラウザで取引可能
  • iPhone➡︎ブラウザで取引可能

操作画面や取引画面はパソコンとほとんど変わらないので、操作画面に慣れてみたい!ちょっと試しに!と言う方はスマホでデモ口座をやってみるのもありかと。

ただ、スマホで取引する場合、画面の小ささやキーボードがないことから、自由度が低く感じるかもしれません。

スマホしか手元にない場合は、慣れてきてからパソコンを購入するかを検討してもいいかもね。

デモ口座は入出金と戦歴の確認だけはできません

デモ口座なので、当然入出金の利用はできません。また、戦歴を残せないデモ口座もあります。デモ口座を利用して勝率を計りたいと考えている人は、メモやExcelなどを開いてチェックをしながら行うようにしましょう。

初心者はデモ口座を利用しよう

初心者はとりあえず、デモ取引で勝率が60%くらいになるまで練習してから、本番取引に移行するのがおすすめ。

ただ、デモ取引を使うデメリットも頭に入れておきましょう。

  1. デモに慣れすぎて本番取引で緊張する。
  2. デモばかりで取引して、なかなか本番にいけない
  3. デモで勝ってもお金にならない。

なので、ある程度練習して、コツを掴んできたら1000円くらいから少額エントリーしていきましょう。

メンタルコントロールを学ぶのも大切なことでござる。

コメント

コメントする

目次
閉じる