【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションの7つのデメリットとは!【国内業者もデメリットあり?】

わたしもバイナリーオプションを始めようと思うのですが、ネットにはいいところがたくさん書かれているので、逆にデメリットを教えて欲しいです。

よかろう。デメリットも知ることは大切なことでござるよ。

この記事では、バイナリーオプションのデメリットに焦点を当てて解説してきます。

デメリットを知らずにリスクの高い取引をしてしまうと、損をしてしまうことになりますので、初心者は特に目を通しておくといい内容になっています。

では、さっそく「バイナリーオプションのデメリット」からみていきましょう!

目次

バイナリーオプションの7つのデメリット

バイナリーオプションには、以下のようなデメリットやリスクが存在します。

思いつく限り、書き出してみたでござるよ。

  1. 予測が外れると投資金が0になる
  2. 適切な資金管理を行えなければ、損失は膨らむ
  3. 短時間取引で予測が難しい
  4. 取引時間が限定されている
  5. 詐欺が多いことによりイメージが悪い
  6. 選択する業者を間違えると、資金をもち逃げされる可能性がある
  7. ギャンブル性が高いことで世界的に規制が強まっている

1つずつ詳しく解説していきます。

予測が外れると投資金が0になる

バイナリーオプションで予測が外れた場合、投資金は没収されてしまうので「0円」になります。

FXの場合、予測が外れたとしてもすぐに損切りを行うことで軽微な損失で済ませることが可能ですが、バイナリーオプションは予測がはずれると、投資金額がすべて損になってしまいます。

※バイナリーオプションにも一応転売をすることで損切りが可能

ただ見方を変えると、投資額以上の損失にならない点はメリットと捉えることもできます。

例えば、FXの場合は投資した金額以上のマイナスになったりしますが、バイナリーオプションは負けても0円です。

このルールにより、大きなマイナスを被ることはないのでメリットと考える人も多くいます。

適切な資金管理を行えなければ、損失は膨らむ

バイナリーオプションは「上か下かを予測する」簡単なルールで初心者でも始めやすいですが、裏を返せば投資の知識や能力が備わっていない人でも、簡単に参入できてしまう市場です。

投資をする上で”資金管理”が正しくできていれば、心配ありませんが、知識や能力を積む経験が浅い初心者にとって「正しい資金管理」は、そう簡単にできるものではありません。

”バイナリーオプションが投資ではなくギャンブル性が高い”と国が警告を出しているのは、この点への注意喚起が強いと考えられます。

短時間取引で予測が難しい

海外バイナリーオプションだと最短30秒から、国内バイナリーオプションだと2時間程度の時間軸でレートの動きを予測しなければいけませんが、短い期間の予測を正確に分析するのは、かなり難しいです。

短時間になればなるほど、ギャンブルのような取引になってしまうと言えます。

超短期取引の分析は、上級トレーダーでも難しいでござるよ。

取引時間が制限されている

国内バイナリーオプションの判定時間は2時間ごとになり、30秒や1分といった短期取引は全面禁止となりました。

これにより2時間ごとの判定時間となったため、取引回数も1日で最大12回までと制限もかかるように。

バイナリーオプションの醍醐味は、短時間で資金が2倍になることですが、国内業者ではこれができません。

取引回数に制限があることで、大きく稼ぐのも難しくなったんですね。

詐欺が多いことによりイメージが悪い

バイナリーオプションの取引会社を経由した詐欺が一時期、流行ったことでバイナリーオプションに対してかなり悪いイメージを持つ方も。

バイナリーオプション=詐欺とか怪しいってイメージは確かにあるかも。

ただこれらは、バイナリーオプションを使って悪質な行為をしようとしているひとが居るだけなので、バイナリーオプション自体が悪いということではないのです。

選択する業者を間違えると、資金をもち逃げされる可能性がある

正しい業者選びをできれば回避できる話ではありますが、出金トラブルなどが頻繁に起きているような詐欺業者に登録してしまった場合、資金を持ち逃げされるトラブルが起こることがあります。

海外業者が詐欺が多いっていうのは、よく聞く話ね。

海外業者だと、ハイローオーストラリアは安全に使えるでござるよ。

ギャンブル性が高いことで世界的に規制が強まっている

バイナリーオプションは、世界中で規制や禁止がおきていることからイメージもあまりよくありません。

2021年現在、G7(主要先進国)の中で、バイナリーオプションが取引できる国は、日本とアメリカだけです。他の国では明確に禁止をしています。

日本とアメリカでも規制をかけましたが、裏を返せば条件さえクリアしておけばバイナリーオプションで取引をしていいと認めているようなものです。

この世界的な規制は、バイナリーオプションの詐欺により国民の生活を守るために行われたものです。その結果、Google StoreやApple Storeからはバイナリーオプションのアプリが姿を消しました。

最近は、詐欺が落ち着きを見せているので、規制に関しても大きい動きはみられないでござるよ。

国内バイナリーオプション業者のデメリット

日本も2013年に規制を開始しました。これにより、「国内業者がはもう終わりだ!」とユーザーの8割が海外業者へ移行。

ここからは、国内業者で登録するデメリットを紹介します。

  1. 安全性を強調し、稼げないことを隠している
  2. 規制により取引ルールが複雑化し、初心者向けではない
  3. バイナリーオプションの醍醐味の「短期取引」ができなくなった

1つずつ順に見ていきましょう。

安全性を強調し、稼げないことを隠している。

  • リスクを抑えるなら、安全な国内バイナリー!
  • 海外業者は危険が伴うので、登録禁止!
  • 大手の国内業者だから安心!
  • 国内バイナリーオプションは少額取引可能!初心者でもはじめやすい!

国内業者を調べてでてきた、国内業者ゴリ推しの紹介料目的のサイト。これステマなので、完全に嘘ばかり書いてます。

実際は、こんな感じ。

  • 変動制のペイアウト率で計算をしながらの取引は、初心者向きではない。
  • 海外業者が危険ななのは、一部の詐欺業者。それ以外だと大丈夫。
  • 大手だろうが、規制で稼げません。
  • 国内バイナリーはルールが複雑で初心者には難しすぎる。

上記が事実。

規制により取引ルールが複雑化し、初心者向けではない

規制内容は色々あるんですが、変動制のペイアウト率になったことで「2WAYの価格表示」が追加され、取引が複雑化しました。

バイナリーオプションは、2択の「上か下か」を当てるだけの投資なのに、なぜか「売り」やら「買い」やら、意味のわからないものが追加されました。

ペイアウト変動制により、残り時間が少なくなって予測がしやすくなるにつれて掛金が変動し、勝った場合に受け取れる利益が少なくなっていきます。

この場合でも、負けた場合は「0円」になるため、”国内バイナリーオプションでは極めて高いリスクを取りながら予測しやすくなるにつれて収益率が下がっていく”ため、利益をあげるのが非常に難しい不利な取引になりました。

バイナリーオプションの醍醐味の「短期取引」ができなくなった

前述でも解説しましたが、国内バイナリーオプションは、規制により「判定時間が2時間以上」になりました。

また、1営業日の取引回数上限も12回以下にすることに…。

バイナリーオプションは5分取引や15分取引で分析しながら数をこなしていって稼ぐのが最強なのに、これでは無理なんですよね。

バイナリーオプションのメリット

大規模な国内バイナリーオプション業者の規制のあと、海外業者が圧倒的人気になりました。

デメリットをたくさん挙げましたが、正しい業者選びと資金管理をしてバイナリーオプションで稼いでいる人はたくさんいます。

大前提として、リスクのない投資はないでござるよ。

もちろんメリットもあるので紹介しますね。

  1. ルールや操作がシンプルでわかりやすい
  2. 少額から投資を始められる
  3. 損失が限定されているので、リスクを抑えて投資がはじめられる

順に解説していきます。

①ルールや操作がシンプルでわかりやすい

海外業者だとハイローオーストラリアが圧倒的人気。

初心者でも直感的に扱える、シンプルな取引画面と規制前のバイナリーオプション本来のルールで取引ができるので初心者向け。

上記の画像が、ハイローオーストラリアの取引画面です。初心者でも直感的に扱えるくらいシンプルな取引画面になっています。

そしてこちらが国内バイナリーオプションの「オプトレ!」の取引画面です。

めちゃくちゃ分かりづらい…。どれをどう選んで取引をすればいいのかわからない。

どっちが初心者向けかは、取引画面をみれば一目瞭然でござるな。

②少額から投資を始められる。

取引を開始するのも、最低1000円程度あれば取引を始めることができます。

1000円で始められるので、実際に資金を入れて投資に参入するハードルもかなり低いです。

投資ってそんな金額で始められるのね。

5000円入金をして、1000円など少しずつ投資をしている初心者も多いでござるよ。

③損失が限定されているので、リスクを抑えて投資がはじめられる

投資金が少額からスタートできることに加え、投資初心者がなにより安心できるのは、損失が限定されているところ。

FXなどのハイリスクハイリターンなどのように、高いレバレッジをかけることにより、元本以上の損失を被る恐れがあると安心して取引はできません。

が、バイナリーオプションにはそういったレバレッジという概念はありません。

バイナリーオプションでは、単純に「投資した金額が0円になる」というルールがあるだけです。

例えば、1000円で投資した場合、予測が当たれば約2000円になり外れた場合は0円になるということです。

それ以上の損失を被ることはないので、資金管理さえきちんとしておけば、損失を膨らますことなく取引ができます。

コメント

コメントする

目次
閉じる