デビットカードで入金ができるバイナリーオプション業者一覧【3社厳選】

デビットカードから入金できるバイナリーオプション業者を教えて欲しいわ。

海外バイナリーオプションへの入金といえば、クレジットカードかデビットカードが主流になっているようだな…。時代の波に乗り遅れるなよ。

この記事では、上記の内容を深堀りします。

クレジットカードやデビットカード入金の特徴は「早い、手軽、簡単」などです。カード入金って本当に便利なんですよね。

ただ、クレジットカードはOKでも、デビットカードはNGな業者もあります。VISA・JCB・Masterその他のブランドカードも業者によって変わってくるので、その辺も含めて見ていきましょう。

それでは「デビットカードで入金できる海外バイナリーオプション業者一覧【3者厳選】」です、どうぞ。

目次

デビットカードの入金対応一覧

まずは、デビットカードで入金できるバイナリーオプション業者をざっくり見ていこうかの。

デビットカードで入金できる業者できない業者を調査し、まとめました。

下記のとおり。

バイナリーオプション業者名デビットカード対応デビットカードが使えるカードブランド最低入金
ハイローオーストラリア×5,000円
ザ・オプションVISA/Master/AMEX/Diners/Discover5,000円
ゼン・トレーダー VISA/Master/JCB5,000円
ファイブスターズマーケッツ×10,000円
トレード200Vプリカ20,000円
ソニックオプションVISA/Master20,000円
THE BINARYVISAデビットカード10,000円

上記7つのデビットカード入金の可否を調査しました。業者によって使えるカードブランドや最低入金額が変わってくるので注意した方が良さそうですね。

あれ?ハイローオーストラリアでデビットカードが使えないの?

よく気づいたのう。ハイローオーストラリアではデビットカードは非対応と明記されておる。

ハイローオーストラリアではデビットカードで入金できないからこそ、他のサービスが充実しているので、他の方法で入出金すれば特に問題はない。

とはいえ、中にはどうしてもデビットカードで入金したいという方もいるはず。そんな方のために、デビットカードで入金できるバイナリーオプション業者3つに絞り、どんな業者なのか詳しく見ていきましょう。

デビットカード入金ができるバイナリーオプション業者3つ

  1. ザ・オプション
  2. ゼン・トレーダー
  3. ソニックオプション

上記は上からおすすめ順となっております。正直なところ上2つはおすすめできますが、ソニックオプションはイマイチ。

その理由についても解説しますので、1つずつ見ていきましょう。

ザ・オプション

評価⭐︎⭐︎⭐️⭐️
初回入金額5,000円
最低取引金額1,000円
ペイアウト率200%

ザ・オプション…なんか聞いたことがあるわ。どんな業者なの?

海外BO業者の中でも、ハイローオーストラリアに一番似ている業者ですぞ。

ザ・オプションの会社概要はこちら。

ライセンスFinantsinspektsioon(エストニア金融監督庁)
信託保全・分別管理分別管理
口座維持費無料
口座開設スピード即日
デモ口座あり
取引手数料無料
最低ペイアウト倍率1.77倍
最高ペイアウト倍率2.00倍
最低取引額1,000円
最高取引額50,000円
最低入金額5,000円
入金方法クレカ/デビットカード(bitwallet)、国内振込

上記のとおり。

ザ・オプションはきちんと金融ライセンスを取得しているので、安全性の信頼担保は十分かと。

ザ・オプションでデビットカード入金をする場合

次に、デビットカードに焦点を絞って使えるカードや手数料などを見ていきましょう。

ザ・オプションでは、デビットカードで入金する場合、安全対策として、ビットウォレットで送金するシステムが導入されておる。

ビットウォレットってなんなんですか??

ビットウォレットについて簡単に説明すると下記。

ビットウォレットとは、オンライン上のお財布みたいなもの。高度なセキュリティを備えているので、国際的にもFXなどで利用されています。

デビットカードの最低入金額(ビットウォレット)5,000円
デビットカードの入金手数料1%
出金手数料無料(キャンペーン中)
最低取引額1,000円
使用できるデビットカードVISA,Master,JCB,AMEX,Diners,Discover
キャッシュバック5,000円+5,000円

上記のように、ザ・オプションは様々なカードが使えてデビットカードにも対応しています。

ザ・オプションはハイローオーストラリアに対抗して、次々にキャンペーンを打ち出しているイメージで、他のサービスもハイローオーストラリアに近い点が多いです。

デビットカードが使いたいという方は、キャンペーン中にザ・オプションで取引してみるといいかもな。

ゼン・トレーダー

評価⭐️⭐️⭐️
初回入金額5000円
最低取引金額500円
ペイアウト率195%

ゼントレーダー は、メインで取引する業者としては少し物足りなく感じてしまいますが、サブ的な扱いだと十分に使える業者です。

ゼントレーダーは比較的に新しい業者だが、けっこうしっかりしている業者でござる。

サービスはハイローオーストラリアに似てますが、情報量は圧倒的に少ない気がしました。

ゼン・トレーダー は安全に使えるのか会社概要を調査し、まとめてみました。

ライセンスセントビンセント及びグレナディーン諸島
信託保全・分別管理
口座維持費無料
口座開設スピード即日
デモ口座あり
取引手数料無料
最低ペイアウト倍率172%
最高ペイアウト倍率197%
最低取引額500円
最高取引額100,000円
最低入金額5000円
入金方法国内銀行送金/海外銀行送金/クレカ/オンライン決済(デビット)

上記のとおり。最低取引額が500円〜と低いのも特徴。法人登記になりますが、ハイローオーストラリアと同じセントビンセントグレナディーン諸島から認可を受けているので安心して使えます。

ただ、資金の分別管理については明記されていませんでしたので、そこは注意した方が良さそうですね。

ゼン・トレーダーでデビットカード入金する場合

次に、ゼントレーダー のデビットカードに焦点を絞って使えるカードや手数料などを見ていきましょう。

ゼントレーダー もBitwalletの記載があったので、もしかしてザ・オプションの時と同じですか?

勘の鋭い子よ。そのとおりでござる。

手数料と使えるカードは下記。

デビットカードの最低入金額(ビットウォレット)5000円
デビットカードの入金手数料手数料無料
出金手数料手数料無料
最低取引額500円
使用できるデビットカードJCB/VISA/MasterCard
キャッシュバック5,000円

ゼントレーダー のメリットとしては、入出金の手数料がかからないところ。他にも、金、原油、株価指数、仮想通貨、外国株などのトレードが豊富な点がメリットかと。

デメリットとしては、転売機能がないところですね。

サブで使う分には問題なさそうでござるな。

ソニックオプション

評価⭐️
初回入金額20,000円
最低取引金額500円
ペイアウト率202%

私この業者知ってるわ!友達が詐欺業者って言っていた気がする・・・

ほう。厳密に言うと、詐欺業者ではないぞ。

「ソニックオプションは詐欺業者だ」と思っている方もいると思いますが、実際はそうではありません。ソニックオプションでは「ポイント制度」などを導入しており、システム自体がわかりづらくなっているのがそう言った噂が出る原因かも。

詐欺ではないが、システムがわかりづらいと言うのは、トラブルの原因になりかねん。

初心者がいきなりソニックオプションからバイナリーを始めるのは危険かもね。

では、そんなソニックオプションの会社概要をみていきましょう。

ライセンス明記なし
信託保全・分別管理明記なし
口座維持費6ヶ月取引を行っていない口座は1ヶ月毎に1000円差し引き
口座開設スピード約1分
デモ口座なし
取引手数料無料
最低ペイアウト倍率170%
最高ペイアウト倍率202%
最低取引額500円
最高取引額50,000円
最低入金額20,000円
入金方法クレジット、プリペイド、デビット、Vプリカ、銀行振込、iWallet

上記のとおり。

ライセンスや資金の管理方法などが明記されていないのは、不安要素かと思います。ソニックオプション自体まだ歴の浅い業者なので、情報量が少ないので「詐欺」とは言い切れません。

ソニックオプションはボーナスの仕組みがわかりづらいって聞きました。

そう。ボーナス制度からポイント制度に変わってもっとわかりづらくなってしまったのでござるよ。

なんで、わかりづらいことするのかな?

業者に少しでも儲けが残るようにしている可能性も否定できないのう。

上記のような理由から、日本人トレーダーはあまり利用していません。詐欺ではないとしても、「出金できない」と言う噂が出てくるのはリスクのある業者なのかもしれませんね。

ソニックオプションでデビットカードを使って入金する場合

では、ソニックオプションのカード入出金や手数料についてみていきます。

デビットカードの最低入金額20,000円
デビットカードの入金手数料為替の変動により請求額が5%前後変動
出金手数料3,000円
最低取引額500円
使用できるデビットカードVISA/Mastercard
キャッシュバック最大25000ポイント※

キャッシュバック25,000ポイント(円)!?

キャッシュバック額だけみると、他より優れてるように見えるけど、罠でござる。

ソニックオプションのキャッシュバックはややこしい。「獲得したボーナス×15倍の取引」が出金条件になっています。

例えば25,000円分のポイントをもらった場合↓

25,000×15=375000円

つまり、37,500円分の取引が終わるまで出金申請できないということ。

えええ!そんな金額いきなり無理よ。

ほとんどの初心者は、出金申請をする前に資金が溶けてなくなってしまうのでござる。

これが、ソニックオプションの罠であり、「出金できない」と噂される理由の1つです。情報も少ないことに加え、わかりづらいシステムなのであまりおすすめはできません・・・。

デビットカードとは

ここまで、デビットカードに焦点を絞りバイナリーオプション業者について解説してきました。ここからはデビットカードのメリットデメリットについてみていきましょう。

そもそもデビットカードって何

デビットカードは、電子型のお財布のようなもの。

簡単に説明すると上記のようなイメージ。

カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としされるので、クレジットカードと違って残高以上に使いすぎることがないので安心です。

デビットカード入金のメリット

  • 利用限度額=口座残高であるので使いすぎを防げる
  • デビットカードにポイントがついてお得
  • 利用のたびにメール通知がくる=不正利用がすぐわかる
  • 銀行振り込みと違って入金がスピーディー
  • 面倒な手続きなし

上記の通り。

入金も即時に反映され、つい燃え上がってしまって使いすぎてしまうようなバイナリーオプションにおいては、使いすぎ防止になるのでメリットかと。

デビットカードは、資金管理の面から見ても優れた入金方法ですぞ。

また、デビットカードはクレジットカードと違って審査がないので、その分簡単にカードを作ることができます。

国内でも利用者が年々増えてきており、楽天やするが銀行のデビットカードが有名です。

デビットカードって発行も簡単!普段の利用にも便利よね。

\ 先に申請しておくと便利!/

デビットカード入金のデメリット

  • 分割払い・リボ払いができない
  • 引き落とし口座の残高以上は利用できない
  • デビットカードで入金できない業者も多い

上記のとおり。

使いすぎ防止には良いですが、残高が残っていないと決済できないことはデメリットにもなるかもしれません。

自分にあった入金方法を選ぶことがポイントですね!

そういうことでござる。

コメント

コメントする

目次
閉じる