【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプション初心者におすすめの通貨ペア

バイナリーオプション初心者は「通貨ペアがたくさんありすぎてどれを使えばいいのかわからない」と悩んでいる人が非常に多い。

そういう初心者にこの記事は最適です。たくさんある通貨ペアを全て覚える必要はなく、今回は1つ覚えるだけで十分。ですから「通貨ペアって何?」という「ど」がつくほどの素人でもOK。

この記事は、バイナリーオプション初心者だった自分に向けて書いた記事でもあるので、まさに通貨ペアで悩んでいる初心者の方にぴったりな記事です。3分ほどで読み終える内容ですから、本記事を読み終えたあなたがゆっくりと、でも最短な道を通って稼げるようになることを願っています。

目次

バイナリーオプションで初心者におすすめの通貨

バイナリーオプション初心者が通貨ペア選びに迷ったら、王道なUSD/JPY(ドル円)を選んでおけばOK。

理由としては、以下の2つ

  • 情報収集が簡単
  • 取引量が多いので予測しやすい

上記2つの理由を詳しく解説していきます。

簡単に情報収集ができるのが「ドル円」

バイナリーオプションで勝つためには、最低限の情報も必要。
情報収集をしないよりはした方が間違いなく勝率は上がります。

例えば、テロがあったり大事な選挙があったりすると相場が乱高下します。このように情報によって相場の動きも変わってきますが、情報を知らずに取引をするのはギャンブルであって資金が溶けるだけなのです。

ただ、他の通貨は情報が集めにくい場合がほとんどですので、テレビでも情報を集めることのできる「ドル円」が初心者にはおすすめというわけ。

テレビや新聞以外にも利用している情報源を紹介させていただきますと、

などのニュースサイトを利用しています。もちろん日本語版です!

取引量が多いので予測しやすい

ニューヨーク市場は世界三大市場の一つで、「ドル円」の取引量も「ユーロドル」の次に多い。ですから、予測がしやすくUSD/JPYの取引難易度は結構低め。

世界三大市場とは、

  • USD/JPY(ドル円)
  • EUR/USD(ユーロドル)
  • EUR/JPY(ユーロ円)

ニューヨーク市場、ロンドン市場、東京市場の3つの市場のことを言います。
この3つの市場は参加者が圧倒的に多く、流動性が高いので予測しやすいのが特徴です。

日本円は安全通貨として見る投資家が多くいます。そのため、ロンドン市場や、ニューヨーク市場の時間帯でも取引量が活発になります。

時間帯を攻略しながらドル円の癖を知ることで、初心者でもハイローオーストラリアの取引をしやすくなるはず。まずはデモ取引で練習することをおすすめします。

初心者がUSD/JPY(ドル円)を使うための攻略法

バイナリー オプションで初心者におすすめの通貨はUSD/JPY(ドル円)ですが、問題は、この通貨をどう使いこなすのか。
そこで、今回はUSD/JPY(ドル円)で勝ちやすい攻略法をご紹介。

  • USD/JPYは「順張り」で攻略
  • USD/JPYは時間帯に合わせて使う
  • 経済指標で判断する

それぞれ解説していきます。

USD/JPYは「順張り」で攻略

初心者は相場の流れに沿った方向へエントリーするだけの「順張り」がおすすめ。

バイナリー オプションの手法は「順張り」と「逆張り」に大きく分かれ、それによって攻略方法や勝ちやすい時間帯も違ってきます。

逆張りは「相場の流れに逆らった予測をする」など少し難易度が上がるので、今回は初心者向けに「順張り」を使った攻略法方法を紹介します。

USD/JPYは時間帯に合わせて使う

日本時間の22時~24時がトレンド発生が起きやすい時間帯

市場のオープン状況によって、値動きの特徴は変わってきます。この時間帯はニューヨーク市場がオープンしている時間帯で、米国や欧州の参加者が多いため、通貨の流通も多い。ですから、トレンドが発生しやすい時間帯になります。

ニューヨーク市場がオープンする前後の1時間は、相場が荒れるのでオープン1時間後の22時から参加するのが鉄則。

また、金曜日は翌日に取引ができないため、全体的に強めの調整が入ります。不規則な相場になりがちなので金曜日は避けた方が吉。

簡単に噛み砕くと、金曜日以外の平日22時~24時に「初心者は積極的に順張りを狙っていこう!」ということです。まずは、取引の基本の順張りをこの時間帯にデモ取引で練習することから始めましょう。

経済指標で判断する

経済指標が発表される30分前後は、とにかく相場が荒れやすい。

勝てる時間であっても、経済指標の発表が絡んでくると相場の動きが予測不可能になるので痛い目を見るから慎重に取引しましょう。

逆に、発表値によってはこんな感じでめっちゃ動くので稼げる。大きい経済指標を狙っているとこんなチャンスはしょっちゅう現れます。

大きく為替が変動する重要な経済指標はコレ!

大きく為替の変動が起きやすいアメリカの経済指標をまとめます。
アメリカの経済指標

  • アメリカ雇用統計
  • アメリカFRB政策金利(FOMC)
  • アメリカISM製造業景気指数
  • アメリカ実質GDP
  • アメリカ小売売上高

初心者が重要な指標をチェックするポイントは上記を抑えておけば、とりあえずOK。

狙い目がわかったら、為替の変動にも影響がある「事前予測」の数値をみましょう。
これは、プロの投資家達がやっている方法なので、最初は見様見真似でやっておけば、そのうち大切さも実感できるはず。

だから、必ず「取引を始める前に、経済指標の事前予測をチェックする」が大事になります。

みんかぶFX「経済指標カレンダー」
Yahoo!ファイナンス

この2つをよく参考にしています。

例えば「みんかぶFX」の場合、事前予測に関しては左に出ています。
ここで見ると「前月比」は前回1.5%ですが、今回の予測は0.8%になっていますね。

ですから、例え前回よりも悪い数値が発表されたとしても、事前予測の通りだったら為替は大きく変動しない。
逆に前回通りの1.5%の発表だった場合は事前予測を上回るので、「これはすごい!」と為替は買われるのです。

これが先ほど紹介した、重要指標になると為替の変動が大きくなるので狙い目になると言うことです。

バイナリーオプション初心者におすすめしない通貨

三大市場以外の通貨ペアは、割とリスキーなのでおすすめしません。

USD/JPYに慣れてきて、他の通貨でも取引したい欲が出てきた場合、取引量が多く相場が安定している三大市場の通貨ペアを使いましょう。

  • USD/JPY(ドル円)
  • EUR/USD(ユーロドル)
  • EUR/JPY(ユーロ円)

正直、上記3つ以外はおすすめできません。稼げないことはないですが、取引量も少なく相場が不安定なので基本ギャンブルと同じ感覚です。
とはいえ、デモ取引を使って、ゲーム感覚で他の通貨を試して見るのも面白いと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる