閉鎖されたバイナリーオプション業者が多すぎる…【ハイロー閉鎖の可能性】

バイナリーオプション業者って閉鎖する業者が多いってほんとですか?

詐欺や出金トラブルが多い業者は、長期間の運営は難しい。1年〜2年で閉鎖する業者がほとんどでござるよ。

結論から言うと、バイナリーオプションですぐに閉鎖するような業者は、信頼度が低く詐欺まがいな行為やトラブルの多い業者だと考えていいでしょう。

一方で、運営年数が長い業者ほど信頼できる業者ということ。

理由として、バイナリーオプションの取引は短期で資金が2倍になることからギャンブル性が高いと判断され、世界的に規制がかかってきているのが現状。ですから、この業界で運営を続けるためには信頼がすごく重要になってくるのです。

この記事で解説する「閉鎖されたバイナリーオプション業者」を知れば、安全に長く運営されている閉鎖リスクの少ないバイナリーオプション業者を選ぶことができるようになりますよ。

記事の後半では、バイナリーオプション業者の代表格「ハイローオーストラリアの閉鎖の可能性は?」などの噂についても調査し、解説していきます。

では、さっそくみていきましょう。

目次

閉鎖されたバイナリーオプション業者

まずは、閉鎖されたと噂されるバイナリーオプション業者を一覧表にまとめてみました。

閉鎖済みサイト一覧

  • binary option break
  • Option Bit
  • Option99
  • Option30
  • BitWin
  • MiracleOption
  • BO-ON-Line
  • 2selecitions
  • 88Option
  • A1Option
  • AⅡOption
  • Binary-60
  • Binary777
  • Binary Best
  • Binary Chart
  • Binary Trade
  • Binary30
  • BinaryFX
  • Binarymonster
  • Bi-op
  • Biz-option
  • BO Kingdom
  • BO Online
  • Bunny Trade
  • Byne
  • Crown Binary
  • Easy-Getter
  • EX-Option
  • Fast Binary
  • Fine Option
  • Go Bit

調査すると、きりがないほど出てきてびっくりしました…。これ以上書くと、途方もないので詐欺被害が特に出ているものを最重要視しまとめています。

閉鎖された業者の特徴

実は上記に記載した業者には、共通する特徴があったのでござる。

共通の特徴!?気になります!

  • 閉鎖前から、悪い噂が絶えなかった
  • 業者閉鎖の報告ページが類似しているサイトが多い。

下記で詳しく解説します。1つずつ見ていきましょう!

閉鎖前から悪い噂が絶えなかった!?

閉鎖してしまった業者の特徴の1つ目として、閉鎖する前から口コミで悪い噂が絶えなかったという共通点があります。

どういった口コミが多かったのか、調査した結果を抜粋し紹介します。

オプションビット(Option Bit)の悪い噂(Yahoo知恵袋より抜粋)

Yahoo!知恵袋より引用

オプションビットの口コミをまとめると下記。

  • 会社の電話番号、メールアドレス不明
  • 経営者などの会社概要不明
  • 詐欺業者オプションXPと運営元が同じ

オプションビットはそこそこ名が知られている業者なので、知っている人も多いはず。

binary-60(バイナリー60)の悪い噂(知恵袋より抜粋)

 

yahoo!知恵袋 より引用

バイナリー60の口コミをまとめると以下。

  • Binary60は、オプション99と同様の詐欺グループ業者
  • 出金依頼をするとあらゆる個人情報を求められる
  • 口コミで新たなカモを引き込むために、最初だけ出金できる可能性あり
  • 出金できないという悪質なトラブル被害報告が多い。

バイナリー60と同じく、オプション99も詐欺業者として有名でござる。

一覧に記載した他の業者も、やはり評判はかなり悪かったです。

特に多かった悪い噂は、下記3つでした。

  • 出金できない
  • 問い合わせに応じてもらえない
  • 会社概要が不明

もう、詐欺業者確定ね…。

業者閉鎖の報告ページがかなり似ている

そして!調査している最中に、閉鎖ページの状況を調べていると驚くべき事実が発覚しました!

こちらは文章で説明するより見てもらった方がわかりやすいと思います。閉鎖ページの画像をスクリーンショットで集めてきました。

下記は、Binary option breakのサイト閉鎖のお知らせ画面です。

続いて、MirecleOptionのサイト閉鎖のお知らせ画面…。

そして、最後がBitwinのサイト閉鎖お知らせの画面……。

上記のとおり。

サイトの画像をみてもらうとわかると思いますが、

  • 文面もデザインも全く同じ
  • 日付だけを書き換えているだけ
  • 他サイトに掲載されている閉鎖前の画像をみると、プラットホームのデザインも同じ。

上記で説明したとおり、全て同じデザインの閉鎖画面となっております。

このような業者の特徴を見るとパッと現れては、投資家の口座開設時の資金や個人情報を抜き取っては消えているようにしか思えません。

相当悪質なことがわかります。

閉鎖の可能性が低い業者の特徴は?

やっぱり、海外業者は詐欺業者が多いみたいね…。

安全に運営が長く続いている業者を選べば問題ないでござるよ。

上記で解説した業者の特徴は”出金トラブルが多い”や”詐欺まがいな行為をしている”でしたね。

ただ、そう言った業者はバイナリーオプション業界では長く運営することができないというのが特徴です。よって、運営歴=信頼度と判断していいのです。

ここでは、「安全に業者を選ぶ基準3つと運営歴が長い業者」を紹介します。

稼げる海外業者は、詐欺業者も多いと言うのも事実。3つの基準を頭に入れておくと良い業者を選ぶことができるのでござる。

知りたいです!

安全に業者を選ぶための3つの基準は下記

  1. 出金などの詳細が明記してある
  2. メールアドレスだけでなく、電話番号なども記載してある
  3. 会社概要が明記していある

この基準をクリアしている業者が、ハイローオーストラリアという海外業者です。

ハイローオーストラリアの閉鎖の可能性

ハイローオーストラリアは3つの安全基準をクリアしているから、閉鎖の可能性はよほどのことがない限り、考えられないでござるよ。

ハイローオーストラリアの出金についての明記

ハイローオーストラリアの契約条件には、「5営業日以内に、要求された出金額を支払うものとします」と記載してあります。

では、詳しい出金概要を把握しておきましょう。

ハイローオーストラリアの出金概要

出金条件:ハイローオーストラリアの取引口座残高が1万円以上ある場合に出金可能。1万円未満の出金は口座解約時のみ可能。

反映時間:銀行営業日の正午までに出金依頼を行った場合は翌銀行営業日に着金、正午を超える場合は翌々銀行営業日に着金。

出金手数料:無料。出金手続きに伴いハイローオーストラリア側に支払う事務手数料、銀行振込手数料含め、一切手数料はかからない。

バイナリーオプションの出金は、業者によって難しい出金条件があるところもあります。が、ハイローオーストラリアには、そのような出金条件は特にありません。

1万円から出金できるってことを頭にいれておけばよさそうね!

詳しい内容はハイローオーストラリアのFAQ内に記載していますので、気になる方はご自身の目で確認してみるといいですよ。

\ 出金についてを、クリックして確認 /

ハイローオーストラリアのお問い合わせ方法

「メール・電話」どちらも日本語で対応しているハイローオーストラリアはさすがですな。

バイナリーオプションを始めると、わからないことがでてくることもあります。海外業者の多くは「メールでのお問い合わせのみ」というパターンが多いです。

しかし、ハイローオーストラリアは「メール・電話」の両方に対応している数少ない海外業者でもあります。

またハイローオーストラリアでは、どちらでお問い合わせしても日本人スタッフが対応してくれるので安心です。

ほとんどのお悩みは、「よくある質問」で検索すれば解決できますが、どうしてもわからない場合はメールや電話サポートを利用すると便利ですよ。

メールでのお問い合わせ電話でのお問い合わせ
受付時間24時間受付平日の9時〜17時
対応時間平日9時〜17時の対応平均待ち時間15分
お問い合わせ方法ハイローオーストラリア公式サイトご自身の電話から、フリーダイヤルへ問い合わせ
日本語対応ありあり

急ぎの場合は、電話でのお問い合わせでもいいですが混雑している場合は、メールの方が早かったりもします。

ハイローオーストラリアは会社概要がきちんと明記してある

ハイローオーストラリア(HLMI LCC)は、セントビンセント及びグレナディーン諸島の有限会社法に基づいて登録されています。(会社番号:489LCC2020)

海外の業者だから危険じゃないの?と思う方も多いかとおもいますが、みなさんもご存知のGoogleやAmazonと同じように、拠点の国の法律にしたがって日本にもバイナリーオプションサービスを提供している業者なので安全です。

ハイローオーストラリアは、2010年からオーストラリアに拠点を置いてサービスを提供していましたが、オーストラリア金融当局の規制強化に伴い、HighLow Markets Pty Ltdはオーストラリア居住以外でのサービスを終了しました。

よりよいサービスを日本人に提供するために、セントビンセント及びグレナディーン諸島へ拠点を変え、2020年7月17日に「HighLow.com(ハイロードットコム)」となって新たにサービスを提供しています。

昔の名残りでハイロードットコムになった今も、ハイローオーストラリアと呼ぶ人が多いのでござる。

確かに、ハイローオーストラリアの方が知名度が高いわね。

ハイローオーストラリアの運営歴は長い

ハイローオーストラリアの歴史を時系列順に説明すると、

2010年5月10日〜2019年4月29日 HighLow markets Pty Ltd

2019年4月29日〜2020年7月17日 HLMI Ltd

2020年7月17日〜現在      HLMI LLC

拠点を変えながら、長い運営を続けています。

10年以上も運営が続いているのは、この業界では凄いことでござるよ。

海外のバイナリーオプション業者で有名な3社と比較しても、運営歴の長さは一目瞭然。

業者名運営年数
ハイローオーストラリア11年
ザ・オプション4年
ファイブスターズ・マーケッツ7年(トレーディングサービス開始からカウント)

ハイローオーストラリアの大御所感は圧倒的ですね。

詐欺業者などは、1年や2年で閉鎖してしまう業者がほとんどです。ハイローオーストラリアのように、11年の長い運営歴は信頼できる業者ということを証明しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる