【完全無料】バイナリーオプションのデモトレードを試す

bubinga(ブビンガ)で口座凍結はありえる!?アカウント停止の可能性を解説

海外バイナリー業者では、口座凍結による出金拒否や口座の使用停止が度々話題となります。

2022年9月より日本でのサービスを展開したBubingaでも、何らかの要因で口座凍結するのではないかと懸念する声が多いです。

\ 当サイト限定入金不要ボーナスを受け取ろう /

そこで本記事では、Bubingaで口座凍結になる原因や注意点について詳しく解説していきます。

目次

Bubingaで口座凍結はあり得る?

海外バイナリー業者として最近日本でのサービスを展開したBuingaですが、まだまだサービス展開して浅いこともあり、口座凍結に関する口コミなどは出ていません。

関連する人気記事をチェック!

悪質なブローカーであれば、少し利益が出ただけで出金拒否などの措置を取るところもありますが、Bubingaではそのような情報はなく、問題のない健全な運営がされていると考えられます。

仮に口座凍結になるとすれば、規約に違反した取引をした場合に限ります。

Bubingaで取引を始める際は、規約事項を良く読んだうえで利用するようにしましょう。

稼ぎすぎで口座凍結にはならない

海外バイナリーオプション業者では、「利益を出しすぎた」「何連勝もした」「一気に大金を稼いだ」ことで口座凍結になる場合があると言われています。

このような噂が立つのは、バイナリーオプションの業者がNDD方式ではなくDD方式を採用していることが要因です。

DD方式…業者と顧客が1対1で取引を行う体系、顧客の負け取引が業者の利益になる
NDD方式…顧客の注文がインターバンク市場に流れる、業者は取引毎のスプレッドを利益にする

重要となるのは、会社がどのように利益を出しているかです。

DD方式のバイナリーでは顧客の負け取引が利益になるため、会社の利益を上げるには損失を出す顧客が多いに越したことはありません。

海外FXなどでは、スプレッドを業者の利益とするNDD方式が採用されているので、比較的透明性の高い取引方法と言われています。

Bubingaではバイナリーという業態上DD方式が採用されているので、勝ちすぎると凍結するのではないかという懸念の声も多いです。

しかし、サポートに問い合わせたところ「bubingaは稼ぎ過ぎで凍結することは絶対にない」との回答が得られました。

規約違反をして勝ち過ぎるのであれば凍結対象ですが、規約の範囲で取引している分には安心して利用できると考えていいでしょう。

バイナリーオプションは、ユーザーのほとんどが資金管理の乱れでトータルでの損失を負っています。
負け顧客が多いのは必然であるため、会社の運営上、一人の顧客が勝ち続けようと問題ないと考えられているのです。

海外での実績は豊富なため、安心して利用できる

Bubingaは、悪質な運営をしている会社ではないので、理不尽な凍結はないと考えていいでしょう。

日本では2022年9月よりサービスを展開しているので、まだまだ認知度も低く敬遠する声も多く見られます。現に海外での評価は高く、健全で透明性の高いバイナリー業者として知られています。

ネット社会の現代では、悪質な運営や理不尽な口座凍結をしていると、会社の信用問題に繋がりすぐに破綻してしまうからな。

しかし、Bubingaは設立して10年以上もの実績があることから、理不尽に口座凍結を受けるようなことはないと言えます。

\ 公式サイトにジャンプ /

Bubingaで口座凍結になるケース

次に、Bubingaで口座凍結になるケースを紹介していきます。

前述したように、Bubingaで口座凍結になるケースは規約に違反した取引をした場合のみです。

どのような取引が規約違反になるのかを確認したうえで、Bubingaでの取引を開始していきましょう。

集団取引

まず、口座凍結の凍結要因となりやすいのが集団取引です。

SNSなどでは、バイナリーグループやコンサルといった集団が多く存在しています。

怪しい誘いに注意
  • バイナリーのコンサルと称して、プロトレーダーがエントリーポイントを教えます
  • チャットグループなどを使い、集団が一斉に同じポイントでエントリーするだけなので安心です

上記のような誘いには注意が必要です。

Bubingaのようなバイナリーサービスでは、集団での取引が禁止されています。

1人のプロトレーダーが期待値の高いポイントを教えてくれるので、初心者でも利益を出しやそうと感じて誘いに乗ってしまう方が多いです。

Bubingaでの集団取引は規約違反で、あくまでも個人がエントリーポイントを分析したうえで取引をしなくてはいけません。

高い勝率を求めたい初心者の方は、Bubingaのシグナル配信サービスを利用するようにしましょう。シグナル配信はBubinga独自のサービスであるため、口座凍結の要因にはなりません。

自動売買ツールを使用

Bubingaでは、自動売買ツールを使った取引が禁止されています。
もしも、Bubingaで使用できるツールの利用を促された場合は、口座凍結の懸念から断るようにしましょう。

Bubingaでは、独自の取引ツールが提供されていますが、対応する自動売買ツールを作成するのは理論上可能です。

現在は日本でのサービス開始から間もないので、まだ大々的にツール販売などは行われていないですが、今後認知度が高くなると自動売買の販売業者も増える可能性が高いです。

自動売買では、決められた売買ルールに基づいているほか、人の手でエントリーしていないことがはっきり分かるので、すぐに発覚して凍結対象になるケースがあります。

誘われたとしても使用はせず、あくまでも裁量取引でサービスを利用するようにしましょう。

ボーナスの悪用

Bubingaでは、以下のような豊富なボーナスが提供されています。

Bubingaのボーナス制度
  • 入金ボーナス
  • トレードバック
  • 損失補填

どれも高額で受け取りやすい魅力的な制度です。

関連する人気記事をチェック!

しかし、上記のようなボーナスを悪用した場合は、口座凍結の要因となるので注意しましょう。

具体的には、複数アカウントを作成して不正にボーナスを受け取るような行為です。
Bubingaでは、1人のアカウントで1口座まで作成できます。

同じ人が複数の口座を開設して、全ての口座でボーナスを貰うような行為は絶対にしてはいけません。

レートのずれを狙った悪質な取引

Bubingaでは、レートのずれを狙った悪質な取引も凍結対象です。

Bubingaでは、以下のような場面で値動きのずれが起きる可能性があります。

レートずれが起きる時
  • マーケットオープン時
  • 指標や要人発言などの相場が大きく動くタイミング

上記のような状況で、バイナリー業者のチャートが一時停止するのは珍しいことではありません。

しかし、レートのずれを狙って取引を行い、それが発覚すると口座凍結の要因となってしまいます。

また、サーバーへ過度な負荷をかけた取引も、不正取引とみなされ口座凍結になる可能性があるので注意しましょう。

bubingaで口座が凍結した場合の対処法

Bubingaでは、まだ口座凍結になったという情報がないため、具体的な対処法などは存在していません。

そもそも口座凍結の対象は不正な取引によるものであるため、明確な対処法などはないと考えて良いでしょう。

もしも、今後思わぬ形で凍結になった場合は、Bubingaの公式サポートに問い合わせて指示を仰ぐと良いです。

Bubingaには日本人スタッフが在籍しているので、日本語での対応が受けられます。

不正な取引をせずに、自身の力で勝てるようになりましょう。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次