>>ザオプションで期間限定キャンペーン実施中<<

Bi-winningの攻略手法3選!使用するインジケーターはコレだ!

Bi-winningは、2021年より日本でサービス展開をした海外バイナリー業者です。

同値が引き分け扱いな点や、土日でも取引ができる事から海外バイナリーオプション業者の中でも人気が急増しています。

bi-winningのトップページの画像
  • お得な初回入金ボーナス
  • 少額500円から取引可能
  • 高ペイアウト率に期待大

業者の詳細は、bi-winning(ビーウィニング)の評判・口コミの解説記事を読んでほしい。

本記事ではそんな、Bi-winningの特性を活かした攻略手法について詳しく見ていきます。

目次

Bi-winngの攻略手法3選

Bi-winningを攻略するには、まずBi-winningの独自ポイントを押さえておくべきと言えるでしょう。

Bi-winningの特徴
  • 豊富な銘柄を取り扱っている
  • 土日でも取引ができる
  • 同値負けが引き分け扱い

上記の特徴を活かした攻略方法を見ていきます。

株式の反発を狙う

Bi-winningでは、アメリカ企業を中心とした豊富な株式を扱っています。

株式のバイナリーオプションというものは、他社でできないものであるためあまり馴染みがありません。

通貨とか貴金属はしょっちゅう取引していますけど、株式は触った事ないです。

株式でも短期判定という性質を活かせば稼ぎやすいでござるよ。

全ての値動きは、大陽線や大陰線の出現後に瞬時の反発をしやすいという特徴があります。

これは株式でも同様の習性があり、銘柄によっては為替よりも反発確率が高いものです。

特に、大陽線で大きな上昇を決めた後はその後の反発が見込める相場と言えます。

株式では為替以上に指値への意識が強いので、大きなブレイクがあった際に反発をしやすいのです。

短期判定の逆張りを狙う際に有効な銘柄と言えるでしょう。

土日の仮想通貨を狙った逆張り

Bi-winningでは、他のバイナリーオプションとは異なり土日でも取引が可能です。

通貨や株式の市場は動いていないが、仮想通貨に関しては土日でも活発に売買が行われているでござるよ。

仮想通貨の攻略をするには、土日の取引の方がチャンスが多いので最適と言えるでしょう。

休日の仮想通貨の傾向
  • ァンダメンタルの影響を受けにくい
  • オシレーター系のインジゲーターに良い反応を見せる

どうしてファンダメンタルの影響を受けにくいんですか?

土日には国や企業の重要人物が注目度の高い発言をする事が少ないからな。大きな企業の仮想通貨戦略に対する発表などが少ないことで影響を受けにくいのでござるよ。

ファンダメンタルの影響を受けにくいということは、テクニカル分析が通用しやすい事と一致します。

そのため、インジゲーターの効果やローソク足の分析がしやすいのです。

前述したような、大陽線・大陰線後の反発も見込めるので、仮想通貨は土日こそ積極的に狙うのが良いと言えるでしょう。

仮想通貨の種類自体もとても豊富なため、仮にボラティリティが少ない日であったとしてもチャンスは必然的に多くなります。

値幅の小さい銘柄で逆張りを狙う

Bi-winnnigは、エントリー後に同値で判定を迎えたとしても負け扱いになりません。

引き分けとしてエントリー額がそのまま返金されます。

同値でも負け扱いじゃないって素敵ですね!
他の会社では負け取引で悔しい思いしていました!

ザオプションやハイローオーストラリアでは負け扱いでござるな。この特性を活かせば、小さな値幅を狙う際に効率的に稼げるぞ。

ハイローオーストラリアやザオプションでは、値幅の小さい銘柄や時間帯を狙うと同値負けリスクがありますが、Bi-winningではそのリスクがないです。

値幅の小さい銘柄→USD/JPY、EUR/USD、CHF/JPYなど
値幅の小さい時間→早朝から日中にかけて、夜中1時以降の深夜帯

このように、ボラティリティが低い銘柄・時間でも積極的に狙って良いと言えるでしょう。

おすすめは、深夜帯相場を狙う事です。

・深夜1時(夏時間は0時以降)
・通貨ペアの5分判定取引
・オシレーター(RSIやストキャスティクス)を使った逆張り

深夜帯は値動きこそ少ないものの、過去データでは最も逆張り勝率の高い時間帯となります。

そのため、RSIやストキャスティクスを使った短期の逆張りに最適な相場です。

反対にトレンドはほとんど作ってこないので、トレンド手法を使った順張りなどは使いにくくなります・

値動きが少ない分チャンスは少ないですが、同値負けのリスクがないという事で積極的に狙うと良いでしょう。

Bi-wining攻略におすすめのインジゲーター

Bi-wningでは、マイページ上に本格的なチャートが表示できます。

分析に使うようなインジゲーターも豊富に搭載されている事から、わざわざMT4を用意しなくてもBi-winning画面だけで分析可能です。

各銘柄や手法によって、様々なインジゲーターを使い分けると効率の良い取引に繋がるぞ。詳しく見ていくとするか。

ぜひお願いします!

株式取引に適したインジゲーター

Bi-winningで扱っている株式では、以下のようなインジゲーターが有効となります。

・トレンド相場の順張り→移動平均線
・レンジ相場・トレンド相場での逆張り→RSI

どちらも、Bi-winningに標準搭載されているインジゲーターで、チャートへそのまま表示が可能です。

RSIは為替で年々勝率を落としているインジゲーターですが、ボラティリティの高い株式であればまだまだ強い指標となっています。

レンジ相場では買われすぎ・売られすぎを見て逆張り、トレンド相場ではダイバージェンスという手法を使うと効果的です。

ダイバージェンス
価格は前の安値から下落水準にあるものの、現在価格のRSIは前回のRSI安値より上に推移している状態。

価格の値動きとRSIの水準が異なる値動きをしていると、トレンド転換を狙った逆張りが通用しやすいです。

トレンドは10分以上の長め、レンジでは5分ほどの短期で狙うと良いでござるな。

通貨ペア取引に適したインジゲーター

通貨ペアでは、以下のBi-winningに搭載されたインジゲーターが効果的です。

・レンジ相場での逆張り→ストキャスティクス
・トレンド相場での順張り→ボリンジャーバンド

RSIは年々勝率が落ちているインジゲーターですが、ストキャスティクスの方は長年安定した勝率を誇ります。

そうなんですね!
じゃあストキャスティクスを積極的に使ってみようと思います!

トレンド相場にはめっぽう弱いインジでもあるからそこだけは注意だな。

ストキャスティクスもボリンジャーバンドも、Bi-winningチャートに標準搭載されたインジゲーターです。

このように、メインチャートにボリンジャーバンド、サブチャートのストキャスティクスと同時表示もできます。

トレンド、レンジに限らず1つの画面で分析ができるので、為替のペアを取引する際におすすめのインジと言えるでしょう。

また、期間や偏差設定なども自由に変更ができるので、手法やスタイルに合わせて変更してみてください。

深夜相場はストキャスティクスが特に有効でござる。

仮想通貨取引に適したインジゲーター

仮想通貨取引では、以下のようなインジゲーターが有効です。

・レンジ相場での逆張り→移動平均線
・トレンド相場での順張り→移動平均線

どっちも移動平均線ですか?

新しい投資標品という事でデータが少ないのもあるが、移動平均線を抜けた後の逆張りや、トレンド過程を分析する際に効果的でござるよ。

オシレーター系は土日こそ通用しやすいですが、平日の勝率は低い傾向にあります。(2021年11月時点)

移動平均線を超えた地点での逆張りでは、短期判定でも高い勝率がデータとして出たのでおすすめと言えるでしょう。

新しい投資商品であるからこそ、Bi-winningに搭載された豊富なインジゲーターを駆使して、自身だけの手法を極めてみてください。


今すぐ無料で試してみよう♪↓↓
バイナリーオプションのでも取引はこちら

\\10秒で始められる!/

コメント

コメントする

目次
閉じる