【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

Bi-Winning(ビーウィニング)とハイローオーストラリアを徹底比較

Bi-Winningとハイローオーストラリア、どっちを選ぶのが正解?ハイローよりBi-Winnnigが稼げるって本当なの?

人によっては、Bi-Winnigの方が向いてるかもしれないでござる。

今回は、上記の内容について深堀りしていきます。

最近、ハイローとBi-Winningを比べてるサイトやYouTubeがいろいろと出ているのですが、結局「ハイローオワコン。Bi-Winningの時代だ!」みたいな構造になっているんですよね。

ただ、そんなの紹介料目当てでしかないし、ハイローはオワコンな業者ではありません。総合的にみても、ハイローはまだまだ稼げる業者。

人によって向き不向きがあるので、2つの業者の特徴を紹介しつつ、客観的なデータをもとに忖度なしで比較していこうと思います。

目次

Bi-Winningとハイローオーストラリアを徹底比較してみた

これから、Bi-Winningとハイローオーストラリアを比較していくのですが、まずは比較の概要を一覧表でざっくり紹介します。

Bi-WinningHighLow.com
ペイアウト率長期取引:182%~184%
短期取引:186%~188%
長期取引:185%~200%
短期取引:185%~230%
取引方法全88銘柄
最大取引額:20万円
最低取引額:500円
全33銘柄
最大取引額:20万円
最低取引額:1000円
入金方法全3種類(全て無料)全2種類(無料)
出金方法手数料無料手数料無料
キャンペーンありあり
初回ボーナス期間限定で入金の10%(出金条件あり)一律5000円(出金条件なし)
安全性低い高い
約定力弱め普通
使いやすさ超初心者〜上級者向け超初心者〜上級者向け

ペイアウト率を比較

Bi-Winningのペイアウト率は、5分取引のみハイローより3%高い。

以下が、2つの業者のペイアウト率をまとめた表なので、まずは確認しておきましょう。

Bi-Winnigハイローオーストラリア
HighLow取引なし185%~195%
HighLowスプレッド取引なし200%
Turbo182%~188%185%~195%
Turboスプレッド取引なし200%~230%

選べる取引内容がハイローよりBi-Winningの方が少ないですね。

実は、Bi-Winningではハイローで言う、「Turbo取引」しかできないのでござる。

そこで、Bi-Winningの全ての取引時間を書き出し、ハイローオーストラリアのペイアウト率と細かく比較した内容を以下にまとめています。

取引時間Bi-Winningハイローオーストラリア比較
30秒なし195%(Turbo)
230%(Turboスプレッド)
1分188%190%(Tubo)
220%(Turboスプレッド)
ハイローが上
2分188%なし
3分188%190%(Turbo)
205%(Turboスプレッド)
ハイローが上
4分188%なし
5分188%185%(Turbo)
200%(Turboスプレッド)
Turboの場合:Bi-Winning
スプレッド:ハイロー
10分184%なし
15分184%185%(HighLow)
200%(HighLowスプレッド)
ハイローが上
20分184%なし
25分184%なし
30分184%なし
45分184%なし
60分184%190%(HighLow)
200%(HighLowスプレッド)
ハイローが上
14時間184%なし
21時間184%なし
1日なし195%(HighLow)
200%(HighLowスプレッド)

確かに、取引時間が充実していることと、ターボの5分取引ではBi-winningの方が優れています。でも、それ以外は、ハイローオーストラリアの方が優れていることがわかります。

比較した結果をまとめると、以下の通りになりました。

  • 取引方法の充実度は、ハイローの方が上。
  • ペイアウト率は、Turbo取引(5分)で比較した場合のみ、3%Bi-Winningの方が高い。
  • 総合的に見ると、ハイローオーストラリアのペイアウト率の方が高い。
  • 取引の細かい選択時間は、Bi-Winningの方が充実している。(特に長期)

「5分取引を攻略したい。」「長時間取引を充実させたい」という人は、Bi-Wining向き。ですが、取引内容によっては、ハイローオーストラリアの方が稼ぎやすいと考えられます。

総合的には、ハイローの方がペイアウト率が高いでござる。

「ハイローオワコン!」とか言われていましたが、美味しいところだけを切り取って広告料を狙うステマが蔓延している可能性がありますね…。

取引方法で比較

Bi-Winningハイローオーストラリア
取引銘柄通貨ペア:23種類
株式:34種類
コモディティ:4種類
指数:6種類
仮想通貨:21種類
通貨ペア:17種類
株式:なし
コモディティ:3種類
指数:9種類
仮想通貨:4種類
最大取引額20万円20万円
最低取引額500円1000円
引き分け判定引き分け負けなし負け(投資分没収)

取引方法は、Bi-Winningの方が銘柄数・最低取引500円、同値負けなしという点で、圧倒的にハイローより優れています。

Bi-Winnigでは、ハイローオーストラリアにない株式投資(企業に投資する)のバイナリー取引が可能です。また、500円から始められる点は、初心者にとって嬉しいことではないでしょうか。

引き分けになったら、投資額没収される業者がほとんどの中、Bi-Winningでは、引き分け負けがないのもユーザーにとって嬉しいことでござる。

引き分けで、負けることは地味にストレスなのよね。それがないのは、ほんとに嬉しい!

株式のバイナリー取引をやってみたい方や、少額から始めて見たい初心者の方であれば最適のバイナリー業者といえます。

入金方法で比較

ハイローオーストラリアの入金方法は3種類なのに対し、Bi-Winningの入金方法は2種類になっています。

まずは、ハイローオーストラリアの入金概要についてみてみましょう。

入金方法最低入金額反映時間手数料
クレジットカード5,000円即時反映0円
銀行振込10,000円午前に入金:15時までに反映
午後に入金:銀行の翌営業日
(土日は翌営業日)
0円(銀行の送金手数料のみ)
ビットコイン5,000円30分〜1時間0円(マイナー手数料なし)

続いて、Bi-Winningの入金方法は2種類。こちらも詳細を確認していきます。

最低入金額反映時間手数料
銀行振込み5,000円午前に入金:1~2時間
午後に入金:銀行の翌営業日
0円(銀行間手数料あり)
ビットコイン0,01BTC
(日本円で4万円程)
即日反映0円

バイナリーオプションでは、即日反映されて、手数料のかからないクレジットカードの入金が人気ですが、Bi-Winningではクレジットカードからの入金ができません。

ただ、銀行入金の場合も5000円からでOKなので、低コストで始めたい方にはいいかもしれませんね。

今後、もしかするとクレジットカード入金も使えるようになるかもしれませんが、現状は2種類のみの入金手段になっているのでござる。

クレカ入金ができないのは、不便に感じる場面もありそうですね。

出金方法で比較

Bi-Winningは設立して間もない業者ですので、情報がすくないという点もあります。
しかし、いまのところ出金は問題なくできています。

(※情報が少ないですので、あくまで当サイトの管理人目線の現状をお伝えします。)

ということで、出金方法の詳細について比較してみました。

Bi-Winningハイローオーストラリア
出金方法銀行振込銀行振込
着金までの時間原則翌日原則翌日振込
最高出金額上限なし上限なし
最低出金額10,000円10,000円
出金手数料無料無料

出金の便利さは、両者とも変わりませんでした。

取引総額がボーナス額の90倍未満の場合での出金は、もらったボーナスがなくなってしまいます。

※例えば、2万円のボーナスを貰った場合➡︎180万円の取引をしなければボーナスは取り消し。ボーナス以外の出金は普通にできる。

キャンペーン内容の比較

キャンペーンに関して、Bi-Winnnigの場合「入金10%ボーナス」しかありませんが、今後発表されることが期待できます。

ハイローオーストラリアの主なキャンペーンは、以下のとおりです。

  1. 初回入金時に5000円のキャッシュバック
  2. 毎月の取引額に応じてキャッシュバック(HighLowポイント)
  3. 負けている人への養分キャッシュバック(最大10万円)
  4. もっと負けている人には、極上養分キャッシュバック(最大5万円)
  5. 勝ち負け関係なく、稀に贈られるVIPボーナス(最大10万円)
  6. 取引後に定確率で貰えるジャックポットボーナス(最大10万円)

基本的には、こんな感じです。⑥のジャックポットボーナスは最近追加された制度なので、このような感じで稀にチャンスが増えることもあります。基本的には、キャンペーンの内容は変わりません。

対して、Bi-Winningのキャンペーンは、今確認できるものとしては、1つです。

  1. 初回10%入金もしくは、20%入金ボーナス

公式ページでは、期間限定と書いてあるのでいつまで開催するのかはわからないボーナス制度となっています。

キャンペーンはTwitterでも発表するって書いてましたよ。

いまのところハイローよりキャンペーンは少ないが、今後キャンペーンが打ち出されることは期待できそうなのでござる。

安全性で比較

Bi-Winningは安全なの?っていうコメントが2チャンネルで話題になっていましたよ!

両業者を使ってみての現時点での感想は、以下のとおりです。

  • Bi-Winningのプラットフォームの日本語がおかしい
  • Bi-Winnningの「よくある質問」の文章が文字化けしている。
  • 運営期間や営業実績が短いので、「安全です」とは言い切れない。
  • ただ、入出金はいまのところ普通にできる。
  • 取引の問題がけっこう起きている。(微調整中のようです)
  • 安全性に関しては、総合的にハイローオーストラリアの方が上。

Bi-Winningは、設立間もない会社なので、企業の安全性が不透明であるという懸念があります。

みてくださいよ、プラットフォームの日本語がかなり変…。

プラットフォームは、ハイローにかなり似せているみたいだが、誤字が非常に目立つのでござる。

信頼にも繋がるし、読んでいてもかなりストレスを感じるのではやく直して欲しいですね…。

不具合は、運営が解消するように努力はしているようです。文字化けも、今後改善されるとは思うのでござる…。

Bi-Winningの安全性に関してはいまのところ、安心しきれない部分があるといった感じでしょうか。

約定力で比較

ハイローオーストラリアの約定力(取引の成立)などの低さは、ネットでも評判ですが、Bi-Winningでも、取引画面が固まるなどの情報が入っています。

実際問題、取引のユーザーが多いとサーバーが固まってしまうなどはよくあることなのですが、約定力が低いとストレスにもなります。

価格変動が激しいときやユーザーが殺到した場合、ハイローオーストラリアの約定力は低くなります。それに対して、Bi-Winningでは、取引画面が固まって取引自体が進まないことがあるようです。

約定拒否もストレスですが、取引画面が固まるのはかなりストレスになるかと思います。

これも、改善されることを願います…。

使いやすさで比較

シンプルで使いやすいのがハイロー、ロウソク足などの分析ツールが搭載されていて便利なのがBi-Winningです。

無駄なものがなく、超シンプルで操作性がいいのがハイローの評価ポイントです。ただ、これから始める初心者で「投資」をやりたい方にはちょっと使いづらいかもしれません。

ハイローオーストラリアで真面目に投資をやりたい場合は、MT4という分析ツールが必須です。しかし、初心者にとって「ダウンロード」「設定」「1つのモニターにMT4まで表示するとみづらい」という壁が生じるんですよね。

確かに、操作画面を覚えるのでも大変なのに、MT4をダウンロードするっていう作業は、かなりめんどくさく感じちゃったかも…。

そんなに大変なことでもないけど、後伸ばしにしてしまうことってあるのでござる。

しかし、Bi-Winningの取引画面は、初めから取引画面にインジケーターも出せるようになっているので、投資初心者にとっての「分析ツール」のハードルが、ぐんと下がるのです。

Bi-Winningでは、以下のようなチャート表示の変更が可能です。

  • 時間足変更
  • 足変更(ロウソク足、ライン、エリア、4本値)
  • ライン描写
  • インジケーター反映

スマホユーザーの方にとって、スマホでロウソク足を確認しながらエントリーできるのは、かなり嬉しいことではないでしょうか。

YouTubeでも、スマホで攻略している動画が載っていたのでスマホユーザーの方に共有しておきますね。

Bi-Winningとハイローオーストラリアは使い分けよう

結論、Bi-Winningとハイローオーストラリアは使い分けると便利です。

”ハイローはオワコンだから、業者を移行してBi-Winning1本で取引を!”とか言うのは、頭の固い人のやり方だと思うんです。

業者をうまく使いこなせば、バイナリーオプションでかなり稼ぎやすくなると思うので視野を広げて使い分けましょう。

  • 土日に仮想通貨で取引やTurboの5分取引をするときは、Bi-Winnig
  • 短時間で高い払い戻しを狙いたい場合は、ハイローオーストラリア

こんな感じで使い分けると、賢く利益をあげられる取引ができるのでおすすめでござる。

たしかに、Bi-Winningが1番いいと妄信するのはちょっと勿体ないかもしれませんね。

というわけで、どちらの業者も口座開設の記事を紹介しておきますので、是非参考にしてみてください。

コメント

コメントする

目次
閉じる