【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バンドウォークは逆張りに不向き?バイナリーオプションでの分析方法を詳しく解説!!

ボリンジャーバンドを使って逆張りしているですがなかなか勝てません…

ボリンジャーバンドはもともと順張り用に作られたとされているからな。
バンドウォークというパターンを知っているか?

バンドウォーク….?
なんですかそれは?

ボリンジャーバンドでトレンドを示す指標のようなものでござる。

ボリンジャーバンドは、バイナリーオプション取引で人気のインジゲーターです。

もともとはトレンド用の分析に開発されたものですが、逆張り手法でも有効となります。

しかし、バンドウォークという現象が発生するとトレンドが続く傾向にあり、逆張りではなく順張りの方が強くなるのです。

本記事ではそんな、バンドウォークの特徴と発生するポイントを詳しく解説していきます。

目次

バンドウォークとは?!

バンドウォークとは、ボリンジャーバンドの線に沿ってローソク足がタッチをし続ける形を指します。

上のチャートをご覧ください。

青い四角で囲ったポイントはバンドウォークが発生しているポイントです。

ボリンジャーバンドは本来、〇σの中に価格が収まるという性質を持ったインジゲーターです。

そのため、バンドにタッチした時点で逆張りが有効になると考えられます。

しかし、上のチャート画像のようにトレンドが発生した状況では、ローソク足がバンドにタッチし続けてトレンドを形成していくのです。

こういうポイントよく見ます!
バンドにタッチしてエントリーしても、トレンドが伸びて負けてしまうんです!

ボリンジャーバンドの性質上、強いトレンドが発生するとこのようなバンドウォークが発生しやすいのでござるよ。

バンドの方向性に沿ってローソク足が歩いているように見えることから、バンドを歩く=バンドウォークと名付けられています。

トレンドの中でも波がなく、だらだらと一方方向に伸びる特徴があります。

トレンド発生のサイン

バンドウォークは初動を見ることが重要となります。

それまでレンジ相場を形成していた相場でも、ひとたび価格がブレイクして複数のローソク足がバンドにタッチする可能性があるのです。

レンジ相場には必ず終わりがきてトレンド相場へと変わりますが、このバンドウォークは強いトレンドのサインとして捉えられています。

バンドウォークが確認できた時点でトレンドが発生すると考えていいんですね!

相場に絶対はないという言葉があるように、必ずしも大きなトレンドになるとは限らない。
ただしその可能性は充分高いと見ていいでござるよ。

バンドウォークは、初動の大きなローソク足の伸びから確認されるケースが多いです。

1:初動でボリンジャーバンドにタッチから一時的に反発
2:バンドウォークの発生

初動で大きく伸びたあと一時的に反発をしていますが、再度高値挑戦をして上昇トレンドが形成されています。

FXのトレーダーが最も反応をするポイントがこの2のポイントです。

トレンドができたと考えて買いを入れているので、なかなか下落することなく大きなトレンドを形成していきます。

全ての投資家がボリンジャーバンドを使っているというわけではありませんが、為替相場の性質上ではこのバンドウォークの初動がトレンド相場の前兆として捉えられやすいです。

これはどの時間足でも同じでござる。
1分足や5分足での分析をする際にも注意してみることだな。

バンドウォークが発生しやすいポイント

バンドウォークが発生しやすいポイント=強いトレンドが発生しやすいポイントと考えていいでしょう。

次はそんな、バンドウォークが発生しやすい相場状況を解説していきます。

逆張りなら取引を回避するポイント、順張りなら積極的に狙うポイントとなるからしっかり覚えておくのだぞ。

三角保ち合いを作った時

三角持ち合いというチャートパターンを形成すると、バンドウォークのようなだらだらとしたトレンドを作りやすいです。

三角持ち合いからバンドウォークを形成するパターン
  1. ローソク足の波とサイズが徐々に小さくなる(三角持ち合い)
  2. 一方方向にバンドウォークができたのを確認
  3. 強いトレンド相場が発生する

相場の高安値が徐々に狭まって、ローソク足のサイズも徐々に小さくなることを三角持ち合いと言います。

その後、数本のローソク足でバンドウォークが発生すると大きなトレンドの前兆になりやすいです。

トレンドの過程でも波のないバンドウォークを形成している状況が多くなります。

このような相場では、瞬時のトレンドに巻き込まれてバイナリーオプションの逆張りが負けやすくなるポイントです。

②のポイントが確認出来たら、順張りで上昇方向にエントリーする方が強くなります。

バイナリーオプションではエントリーする足しか見ない人が多いが、このようにチャートを広い視点で見てあげることも重要でござるよ。

ボリンジャーバンドが大きく開いた時

ボリンジャーバンドが上下に開くと、バンドウォークが発生するだらだらトレンドの前兆となりやすいです。

確かに上下に開いた後にトレンドができていますね。

このようにボリンジャーバンドが開くと一時的には反発をする可能性もありますが、その後まもなく大きなトレンドを形成しやすいのです。

トレンドも波のある相場ではなく、バンドウォークを作った強いトレンドになりやすい傾向にあります。

ボリンジャーバンドは標準偏差という特殊な計算式を用いて算出されます。

価格のばらつきを示すものであるため、急騰急落時はこのように上下のバンドが大きく開くのです。

バンドが開いた時点で、バンドウォークを作った反発をしないトレンドが始まると考えて構えておくといいでしょう。

全ての通貨ペアで動きだした時

全通貨ペアで一斉に動きだした時も、バンドウォークを作る強いトレンドの前兆になりやすい傾向にあります。

その場合は、前述したボリンジャーバンドが上下に開きやすいポイントとなるのでセットで覚えておくといいでしょう。

でもどうして全通貨で動きだすんですか?

経済指標の場合もあるが、そうでない時間帯であれば機関投資家の介入と察知するといいな。

機関投資家とは?!
為替相場を一気に動かせる資金力を持つ投資機関の事。

代表的なところで言うと、アメリカのJPモルガンやゴールドマンサックスといった金融会社が挙げられます。

機関投資家の介入で売買が始まると、バンドウォークの前兆になりやすいと考えていいでしょう。

急な相場変動に驚いた個人投資家が一気に損切りを始めるので、反発しない相場になるケースが多いです。

しかしこの場合は順張りであれば有効というわけではありません。

予測不能の値動きになる可能性も高いので、どちらのエントリーも避けるべきポイントと言えます。

バンドウォークは2σ~3σで分析した方が良い

バンドウォークの発生をバイナリーオプションの分析で用いるには、2σ~3σ内での分析を行いましょう。

2σ以下→バンドのはるか上、もしくは下にローソク足が表示されるのでトレンドが分からない
3σ以上→バンドに到達しにくいので、バンドウォークを形成することが少ない

上記のような理由があります。

バンドウォークは順張りの分析では狙うべきポイント、逆張りでは回避するポイントとなりますが、短い時間足でも有効なトレンド分析の方法です。

そのため、表示させる偏差にはこだわっておいた方が良いと言えます。

バンドウォークに限らず、バイナリーオプションでボリンジャーバンドを使った分析では基本的にこの2~3σが有効となるので覚えておきましょう。

コメント

コメントする

目次
閉じる