【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションは未成年でも口座を作れる!?年齢制限は18歳から?

バイナリーオプションは、未成年禁止って聞いたんですけど、ほんとですか?

いいや、未成年でもできる。ただ、業者によって年齢制限が違うから情報が混乱しているみたいでござるな。

今回は、上記の内容を深掘りしていきます。

結論から言うと、バイナリーオプションには年齢制限があるというのが答え。

年齢制限に関する情報を調べても、18歳以上と20歳以上という2通りの情報があり、混乱するような内容のサイトが多い。

このページでは、バイナリーオプションの未成年による口座開設について正確な情報を詳しく調査してみました。

\ 18歳以上からできる業者はコチラ/

目次

海外バイナリーオプション業者の年齢制限

基本的にバイナリーオプションは、成人でないと利用できません。ただ、成人の定義は国によって違います。

未成年の基準は国によっても異なりますもんね。

そういうことでござるよ。未成年でもバイナリーオプションができるのは、最低18歳〜ってことは覚えておこう。

バイナリーオプション年齢制限を簡単にまとめると
国内業者➡︎20歳以上
海外業者➡︎18歳以上(業者によっては20歳〜)

上記のとおり。

18歳以上なら、海外業者を利用することで口座開設可能になります。

ただ、海外業者であっても20歳以上からじゃないと口座開設できない業者もあるので、年齢制限別で海外業者を調査してみることにしました。

年齢18歳以上で口座を作れる海外バイナリーオプション業者

最低18歳からだと、海外業者で口座開設ができるみたいね!

18歳以上で口座開設ができる主なバイナリーオプション業者は次のとおりです。

18歳以上で口座を作れる業者

  • ハイローオーストラリア
  • ザオプション

人気のハイローオーストラリアは、18歳以上ならば口座を開設できるようになりました。

運営会社HLMI LLC
所在地First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスマーシャル諸島金融ライセンス
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.85倍
最高ペイアウト率2.30倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5000円
入金不要ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

口座開設にあたり、日本に住んでいるという本人確認資料を提出できればOKです。
仕事をしていますか?親の同意を得ていますか?などの、詳しい質問を受けることはありません。

国内業者は知識確認テストなどがあるけど、海外業者はないので3分もあれば口座開設ができるでござるよ。

ただ、バイナリーオプションは余裕のあるお金で始めるべきです。
18歳からの利用がOKでも、カツカツの状況で始めるのはおすすめできません。

また、親の扶養家族で収入を得ると、世帯主の収める税金に影響を及ぼします。

始めることを親に内緒にするのは止めておくべきです。必ず許可をとってからバイナリーオプションの口座を開設するようにしましょう。

大学生でもできるけど、お金に余裕がある社会人での副業がおすすめでござるよ。

親に黙って口座開設なんかしたら、私の親だったらブチギレるだろうな…(苦笑)

年齢が20歳以上で口座を作れるバイナリーオプション業者

20歳以上は、成人だからどの業者でもOKよね。

20歳以上で口座開設ができる主な海外バイナリーオプション業者は次のとおり。

20歳以上で口座を作れる業者

  • ファイブスターズマーケッツ
  • トレード200
  • ソニックオプション
  • ザ・バイナリー

20歳を超えていれば、国内業者でも口座開設ができるようになります。


ただ、もし海外バイナリーオプション業者を利用するのならば、上記の業者よりも信頼性の高いハイローオーストラリアがおすすめです。

国内バイナリーオプション業者の年齢制限

国内業者で口座を開設する場合は、日本の金融庁の取り決めにより海外業者のように簡単にはいきません。

ここからは、国内業者で口座を作れる年齢制限を、GMOクリック証券を例にして解説をしていきます。

国内業者はGMOクリック証券が有名ですもんね!

代表的な国内業者と海外業者の違いは知っておいた方がいいでござるよ。

 国内と海外のバイナリーオプション業者の違い

GMOクリック証券のように、国内に会社を構えサービスを提供している業者は、日本の金融庁の認可を受けて営業をしています。


認可を受けるためには、多くの条件をクリアしなければいけません。

そのため、口座開設のイメージが国内と海外で異なります。

海外業者を経験したことのある人は、面倒を感じるかもしれません。国内業者の主な制限は次のとおりです。

国内バイナリーオプション業者の制限

  • 年齢は20歳以上
  • バイナリーオプションの口座を単体で開設するのではなくFX口座を開設しその中のオプション取引を利用する
  • 金融資産、詳しい勤め先、年収、投資経験なども口座開設審査の基準
  • 金融商品取引関係の仕事に務めている人は原則口座開設できない
  • マイナンバーの提出が必ず必要
  • 郵送でのやり取りなので、取引開始までに日数がかかる
  • 知識テストが必要

GMOクリック証券に限ったことではありませんが、国内業者はほとんど同じ条件で口座開設を受けています。
海外業者のように、バイナリーオプションだけに特化した専用口座を開設するわけではありません。

国内業者の口座開設はかなり時間がかかりそうね。

口座開設がめんどうなだけではなく、稼ぎづらいので利用者は海外業者に独占されているのでござるよ。

GMOクリック証券の年齢制限

GMOクリック証券で口座を開設するには、先ほどの条件内容にも記載しましたが、年齢制限を20歳以上としています。

20歳を超えていなければ、たとえ仕事で年収が1,000万円を超えていても、口座の開設はできません。

GMOクリック証券(外部リンク)

ただし国内業者の中には、18歳を超えていれば親権者の同意を得ることで、口座開設を許可している業者もあります。

また結婚をしていれば成人として扱われ、それを証明できれば親権者の同意がなくとも口座開設のできる業者もあるのです。

ただ、提出する書類も増えるので相当面倒、親権者の説得も合わせると大変かもしれません。

しかし、GMOクリック証券では、次のような口座を準備しています。

 GMOクリック証券には未成年口座がある

20歳からじゃないとダメなのでは??

親権者が許可をだして、未成年の名前の口座を開設するのはOKなのでござるよ。

GMOクリック証券では、0歳~19歳の未婚の未成年者向けに、未成年口座というサービス提供をしています。


未成年の親権者や、未成年後見人が口座開設をすることで、その紐付けのように口座開設をするサービスです。

GMOクリック証券【未成年口座】

親権者の口座開設が条件ですが、これにより未成年でも口座を持つことができます。


口座に入金するときは、その口座開設者である未成年の名前でなければ受け付けてくれません。自分の口座という気持ちがわいてきます。

ただ残念なことに、オプション取引は未成年口座を開設したとしてもサービス対象外となっています。

結局のところ、18歳未満がバイナリーオプションを行うのは難しいということです。

年齢制限に引っかかったらデモ取引

年齢制限でもバイナリーオプションがしたい!と思われる人には最後の手段、デモ取引をおすすめします。

デモ取引とは、国内や国外を問わず、サービス提供をしている業者がたくさんあるバーチャル取引です。実際のお金は利用できません。

しかし、人気のハイローオーストラリアなどは、リアルチャートをデモ口座に利用していることから、本番さながらの取引が可能です。

\ 1分で始められる/

お金が増えないなら楽しくないと思われる人もいるかもしれませんが、将来に向け若いうちから練習しておくと考えてみるのはいかがでしょうか。

為替を利用した投資を開始したいと思うのならば、勉強しておくことは山ほどあります。バイナリーオプションは、簡単に稼げる投資ではありません。

最初は勉強から始め、事前に準備をしておきましょう。その時間も、バイナリーオプションを行うには大切な期間です。

まだ、一度も取引をしたことがない方はデモ取引からやってみるといいですよ。

年齢制限が違うのはなぜ?

未成年の基準って国によっても違うんですよね。

そう。だから、それぞれ業者の拠点の国の法律で定められた年齢が、未成年の基準になるのでござる。

バイナリーオプションの口座は、未成年でも作ることが可能です。ただし、業者によって未成年の解釈が異なります。

これは、未成年の基準が国により異なるからです。海外ならオーストラリアのように、州ごとに未成年の年齢が異なる国もあります。

日本では、満20歳をもって成年とすると民法で定められていますが、2022年4月以降は満18歳に変更です。


国などによって未成年の判断が異なることから、いろいろな国でサービスが提供されているバイナリーオプションでは、未成年でくくることができません。

バイナリーオプションを提供している多くの業者は、口座を開設できるのは18歳以上~、20歳以上~など、規約に年齢を含め説明をしています。


18歳以上ならば、口座開設を許可している業者があることから、現行の民法では、未成年でも作れるというわけです。

日本では、未成年の投資は禁止されている?

ちなみに未成年が投資を行うことを、日本では禁止していません。


ただ公営ギャンブルにおいては未成年(20歳未満)が、例えば勝ち馬投票券を購入、もしくは譲り受けることを禁止しています。

この解釈がごちゃまぜになり、未成年の投資を禁止しているように見られがちです。例え、0歳でも業者やその子の親権者などが同意をすれば投資はできます。

ただ、バイナリーオプションでは、未成年者に口座開設を許可している業者が見当たりません。


業者側の立場で考えれば、未成年に口座開設をさせバイナリーオプション取引をさせるのも、あとあと面倒なことがおこりそうで避けたいと考えるのは当然です。


他人名義で投資を行うことは法律で禁止されていることから、年齢制限によりバイナリーオプション取引が18歳未満はできないという解釈は、間違っていないのかもしれません。

未成年がお金の管理方法がわからない状態で、バイナリーオプションをはじめるのは、確かにトラブルになりそうですもんね。

個人的には、若いうちに投資に触れることはいいことですが、無理のない資金でやることをおすすめしますよ。

コメント

コメントする

目次
閉じる