【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションの30秒取引とは!?攻略法を完全解説

30秒取引、一瞬で負けちゃった…。まじで難しくないですか!?

今回は、上記の内容を深掘り。

バイナリーオプションで、最も短時間で結果が得られる30秒取引、興味はあるけどちょっと自信がないと思われている方も多いはず。

このページでは、バイナリーオプションの30秒取引を詳しく解説。具体的にどういった戦略がいいのかを調査しましたので取引の参考にどうぞ。

では、さっそくみていきます。

まだ一度も30秒取引をやったことがない人は、デモ取引で試しておくと記事の内容がイメージしやすいでござるよ。

\ 1分でスタートできる /

目次

30秒取引とは

そもそも、30秒取引ってなんなんだろう?

30秒取引とは、30秒後に現在のレートより高いか低いかを予想する取引です。

例えば、

  1. ①の時間帯で30秒後に価格が上がると予測。(Highエントリー)
  2. ②ではレート(黄色の📈)が①の時よりも上昇している
  3. 予測した30秒後に価格が上がっているので、取引の勝利です。
  4. ①から②の途中で価格が低い状況があったとしても、結果的に②で上昇していれば利益を得られます。

では、現在のレートを予測してみましょう。

上の図の現在の価格は108.901です。

Highエントリーをした場合→現在の価格(108.902)より30秒後の③でのレートが上がっていれば勝ち。
LOWエントリーをした場合→予測した時よりも下ならば勝利です。

30秒後に今より上か下か?ってことね。簡単ね!

30秒取引のルール

ハイローオーストラリアの30秒取引は、大きく分けて2種類の取引方法が存在します。

取引方法取引時間難しさペイアウト率取引ルール
Turbo30秒難しい1.95倍上か下か
Turboスプレッド30秒超難しい2.30倍ある一定の価格幅(帯)よりも上か下か

Turboスプレッドは、ゲームで言ったところのラスボスみたいな感じ(笑)上級者でも難しいので初心者はスルーでOK。

じゃあ、Turbo取引は、ラスボス一歩手前の難易度って感じなのね(苦笑)

ちなみに、ハイローオーストラリアの「Turbo(ターボ)」取引にある30秒取引でエントリーした場合こんな感じ。

  1. 1000円で30秒後に上がると予測し、エントリー
  2. 30秒後、予測が的中しHighで勝ち。
  3. 払戻金率は1.95倍なので、1950円になる。

30秒で、コンビニのアルバイトより稼げちゃうのね…。

短期間で稼げるという面では、魅力的で人気ではある。が、30秒で分析するのはかなり難易度が高い。正直、初心者向けではないでござるよ。

実際に取引をしてみるとわかるのですが、30秒取引はかなり手強いです(笑)あっという間に取引が終了するので、ギャンブルのような取引になりがち。

負けた場合は?
投資金(エントリーしたお金)が0円になるだけ。
FXのように、投資金より大きい損失を生むことがないのがバイナイナリーオプション 取引の特徴です。

30秒という超短時間なことから勝利が得にくい取引、そこでペイアウト率も他の時間より高く設定されています。

どの海外バイナリーオプション業者でも30秒取引のルールや仕組みは同じですが、30秒取引をするためには、【海外バイナリーオプション業者】を選ぶ必要があります。

・30秒取引は、難しいのでペイアウト率(返金率)が圧倒的に高い。
・初心者は、簡単な敵(5分〜15分取引)から練習した方がいい
・いきなり30秒取引に挑戦するのは、かなり危険。

デモ取引で、どんな感じなのか遊び感覚で体感してみるのは全然ありだと思う。

\ 30秒取引はお試し版で /

国内業者では短期取引ができない

バイナリーオプションの30秒取引は、国内業者では提供されていません。
その理由は、日本の金融庁が規制により超短期取引を禁止しているからです。

30秒の超短期取引は、ギャンブル性が高いと判断され国内では禁止となりました。

そのため30秒取引を行うためには、海外業者を利用する必要があります。

海外業者を使って短期取引をすることは、日本では禁止されていません!

また、下記記事でも詳しく解説しているのですが、国内業者は規制の内容が厳しいため自由度が低く稼ぎづらいのも特徴です。

30秒取引攻略のコツ

それではここから、30秒取引攻略のコツについて解説をしていきます。

★1つが今日から始められるような簡単な攻略よ。

  1. 時間帯選びは市場のオープンクローズを意識しよう(★)
  2. 経済指標発表直前は避けた方がいい理由(★★)
  3. エントリーはワンクリック注文を使おう(★)
  4. Turboスプレッドは初心者は使わない(★)
  5. MT4で30秒取引を工夫する方法(★★)
  6. 通貨ペアは1つに絞る(★)
  7. 取引の環境(画面表示)の作り方(★)
  8. エントリーポイントのラインの引き方(★★)
  9. 手法は順張りでやってみよう(★)
  10. 「トレンド手法」について(★)
  11. 感情取引は避けよう(★)


上記を全部やるのは、流石に難しいと思うので1つずつ覚えていけばOK。

では、見ていきましょう。

30秒は取引を行う時間帯選びが大切

30秒取引で大切なのは、取引する時間帯の見極めでござる。

値動きの激しい時間帯は避けること!
市場のオープン前30分、オープン後の1時間が特に激しく動く時間。

為替相場の1日のサイクルは似ており、値動きの激しい時間帯は、世界三大市場の取引時間に関係してきます。

主な時間帯

  • 東京市場:9時~15時
  • ロンドン市場:16時頃~深夜1時頃
  • ニューヨーク市場:21時頃~翌朝6時頃

市場がオープンする30分前ぐらいから、オープン後1時間程度の間は、相場が安定せず値動きが激しくなるため分析が難しい。

初心者が相場の値動きを見極めることは、難しいと思うので、最初はこれを守っておくといいでござるよ。


相場は自然現象のように動くので誰も100%の予測はできないんですよね。

また、日本が平日でも外国の祝日に伴い、市場がオープンしないこともあります。その場合のボラティリティは低いので、情報の取得を忘れていはいけません。

経済指標発表の時間帯は避ける

値動きが激しい時間帯と言えば、経済指標発表のときも当てはまると思われるかもしれませんが、これは逆にNGです。

指標発表時の取引を避ける理由

  • エントリーがしにくい
  • テクニカル分析ができない
  • 変動が激しすぎて最後に逆転されることもある

エントリーがしにくいため連打をする人もいます。その結果、反転する瞬間でエントリーを確定することもあるのです。


30秒取引を攻略するのならば、経済指標発表のときは避けるようにしましょう。

経済指標の発表があるときは、予測しづらい為替の動きになるので、取引せずに我慢するのが無難でござるよ。

ワンクリック注文にする

これは、ハイローオーストラリアを利用する場合に限ったことですが、できるだけスムーズにエントリーをするため、ワンクリック注文を利用してください。

ワンクリック注文とは、一度のクリックで注文を確定させる機能のこと。

通常の注文画面は、「HIGH」か「LOW」を選択したあと「今すぐ購入」クリックし、エントリーが完了します。

ワンクリック注文は、「HIGH」か「LOW」を選択した時点で、エントリーが完了です。


細かいことですが1秒のズレで勝敗を分けるのが30秒取引、エントリー方法にもこだわるようにしましょう。

ワンクリック注文を利用する場合は、右上の赤枠に囲まれた個所をクリックするだけでOK。

ワンクリックだから、エントリーポイントを逃さずにすぐにエントリーできるわね。

ターボスプレッドは避ける

これもハイローオーストラリアに限ったことですが、30秒取引を攻略したいのならば、Tuaboスプレッドは避けるようにしましょう。


Tuaboスプレッドの2倍を超えるペイアウト率は魅力的ですが、初心者向けではあいですし、リスクが高すぎます。

Turboスプレッドは、ある一定の値幅(スプレッド幅)よりも上か下かを予測する取引なのでござるよ。

3回の取引で「Tuaboスプレッドだったから負けた、Tuaboなら勝てたのに」という取引が1回起きたとしましょう。

Tuaboでは3連勝、Tuaboスプレッドは2勝1敗です。

  • Tuabo:1.95倍:950円×3=2,850円(利益)
  • Tuaboスプレッド:2.30倍=1,300円×2-1,000円(負け分)=1,600円(利益)

Tuaboスプレッドでは、30秒という短い取引時間の間に、スプレッド幅を超えるほどの値動がなければいけません。

例にあげた状況が起こる確率は非常に高いです。Tuaboスプレッドの、高いペイアウト率の魅力に惑わされないでください。

MT4には30秒チャートがないので工夫をする

MT4には30秒のチャート表示ができません。そこを指摘し、取引の難しさを説明する人もいます。たしかにチャートが見られないのは、分析を行う上で致命的かもしれません。

ただ、ハイローオーストラリアが30秒取引で表示しているチャートを忘れないでください。これも値動きの軌跡を残しています。

上のような画面設定にし、ハイローオーストラリアのチャートが示した軌跡も、参考にしましょう。

もしMT4だけに集中をしたいと言われるのならば、MT4のティックチャートを利用してください。

チャート画面から、赤枠の「気配値表示」をクリックします。

表示させたい通貨ペアを選択し、下にある「ティックチャート」をクリックしてください。

このMT4の表示画面を利用して、30秒取引のテクニカル分析を行いましょう。
ティックチャートが、分析のお手本になるような軌跡を描いています。30秒取引の攻略に、活用をしてください。

MT4の導入方法がわからない方は、下記記事を参考にどうぞ。

1つの通貨ペアで取引をする

ハイローオーストラリアの30秒取引は、7つの通貨ペアから選ぶことができます。だからと言ってあれもこれもとチャート画面を見るのはよくありません。

まずは、1つの通貨に絞って取引に慣れることに集中した方がいいのね。

30秒取引を攻略するコツは、

  1. 通貨ペアの流れを掴む
  2. 流れに沿ってエントリーすること
  3. 1つの通貨に絞って、時間帯による値動きの癖を見ること

通貨ペアの流れをつかむこと、パッと見でハイかローを決めることはできません。
パッと見でエントリーをするのは、ギャンブル要素が強くなります。

30秒取引もバイナリーオプション取引の一つであって、ギャンブルではありません。


為替を利用した投資に大切なのは流れに乗ること、他の通貨ペアに目移りすると、それが難しくなります。


できる限り同じ通貨ペアで、その時間帯に適したボラティリティの高いものを選択するようにしましょう。

30秒取引に適した自分なりの状況をつくる

バイナリーオプションの取引状態は、その人によって違います。マルチ画面を持っている人は、複数の画面から利用しやすい状況を構築しましょう。

テクニカル分析とエントリーがしやすい状況を作り出すのも、30取引を攻略するためのコツです。

一つ画面で行う場合、上記のように必要な画面だけを表示しておきます。また、ネット環境の重要です。MT4とハイローオーストラリア以外は閉じておきましょう。

これらも、30秒取引を攻略するためのコツでござるよ。

エントリーポイントの見極めるためラインを引く

30秒取引を行う環境が整ったらテクニカル分析をしながらエントリーを行いましょう。

テクニカル分析とは
過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンを把握し、今後の株価、為替の動向を予測するもの。

つまり、チャートを見ながら「過去にも似たようなパターンがあれば将来も同じようなパターンになる可能性が高いよね?」と、チャートの取引の結果を分析する方法です。

過去のパターンから、分析するのがテクニカル分析ってことね。

エントリーポイントを模索する方法はいろいろあります。

1分足チャートにラインを引いて分析する方法

最初に紹介するのは、1分足チャートにラインを引いてエントリーポイントを見つける方法です。

まずは、チャート画面をズームアウトし、多くのローソク足を表示させましょう。

赤いラインと、黄色のラインの違いはなんですか?

赤ライン➡︎基準ライン
黄色ライン➡︎トレンドライン

ラインやライン状のローソク足を分析し、未来を予測しながらトレードを行っていくでござる。


もちろん、未来の予測に100%当たると言うことはありません。

ラインの引き方に間違いはありません。いろいろ角度から引いてみましょう。

現在の状況は、上昇傾向だったのですが、自分で引いたトレンドラインをローソク足がブレイクし始めました。上昇傾向に一服感があります。ある一定の価格で攻防が続いていると把握しました。

ラインが引け、相場の状況が確認できたら、ズームインしていきましょう。

赤いラインがポイントです。ローソク足がここに到達したらエントリーポイント、反発すると予想しました。
ローソク足がラインの間にあるうちは様子を見ましょう。

残念ながら、赤いラインには届きませんでした。先ほどの予想はいったん忘れます。
そこで新たなトレンドラインを引いておきましょう。ラインを引いた後、ローソク足がブレイクすればラインを追加しても構いません。

このように、ライントレードを行うことで、「なぜ勝ったのか」「なぜ負けたのか」を分析することができます。

何度も抵抗が起きている個所に赤いラインを引きました。引いたと同時に、ローソク足が到達したので今までの流れから反発すると予想、ローエントリーを開始します。

うまくエントリーができました。ここから30秒で下に下がれば勝利です。

やはり反発しました。きれいな勝利です。
Tuaboスプレッドでも勝てた勢いですが、惑わされてはいけません。最初に決めた方法を変えると、痛い目を見る、それがバイナリーオプションの30秒取引です。

メンタル面を保ちながら、次のエントリーポイントを待つことにしましょう。

いつの間にか、ラインをローソク足がブレイクしていました。こうなるともう一度ラインの引き直しが必要です。

エントリーポイント探しは、このような方法を繰り返し行うこともできます。

必要のなくなったラインを消し、ローソク足を参考にラインを足していく、これの繰り返しでエントリーポイントを模索していきます。

先ほどのチャートからしばらく経過した後のチャートです。

ローソク足がラインを意識しているのがわかります。このラインを意識したローソク足の動きを活用するのが、30秒取引を攻略するコツです。


相場の勢いから、どちらにエントリーをするかを決めましょう。

このように、ライントレードの分析を行うことで、「自分の仮説が正しいのか?」を検証することができます。精度の高いラインを引けるようになれば、勝率はどんどん上がっていきます。

手法を順張りと決め30秒取引をする

順張りって?
相場の上昇のときは、HIGH。下降しているときはLOWでエントリーをする。流れにのって投資をする手法のこと。

次は、テクニカル分析をしながら順張り手法を行っていくでござるよ。

表示させているのは、移動平均線とボリンジャーバンド、そして補助としてRSIです。

移動平均線は短期、中期、長期の3本、ボリンジャーバンドは2σと3σを利用するでござるよ。

「ボリジャーバンド」
一般的に「移動平均線」を中心にして上に「+1α」「+2α」「+3α」、下に「-1α」「-2α」「-3α」が描かれている。

ローソク足がボリンジャーバンドの2σをバンドウォークし始めたのがわかります。

さらに移動平均線に注目しましょう。

上から長期(青色の線)中期(黄色の線)短期(赤色の線)の順番に並び、右下がりに傾き始めています。

これは下降のパーフェクトオーダー、下降トレンドが強いことを表します。タイミングよく順張りのローエントリーを行っていきましょう。

ちょっと上がったところでローエントリーをします。

ギリギリですが見事に勝利しました。次々と行きましょう。勢いがあるときは、どんどん順張りエントリーをしていきます。

少し上がりました。順張りのローエントリー開始です。

勢いに乗るとはこのこと、こちらも勝利できました。

何度かエントリーにはじかれてしまいました。あまりいいタイミングとは言えませんがローエントリー開始です。


トレンド発生中は、エントリーがはじかれることもあるので注意をしましょう。

やはりトレンドに乗るのは勝率が上がります。怒涛の3連勝ができたでござる。

30秒取引は、トレンドに乗りながら取引するのが気持ちいいです。トレンドを確認したときは、30秒取引でとことん乗りましょう。

ただ、トレンドは終わりが訪れます。レンジ相場になるのです。次は、レンジ相場による逆張り手法を紹介していきます。

手法を逆張りと決め30秒取引をする

先ほどのトレンドが終了しレンジ相場になったでござる。

レンジ相場って?

レンジ相場とは
一定の値幅(レンジ)で価格が上がったり下がったり、何度も繰り返している状態のこと。

レンジ相場の確認は、移動平均線とボリンジャーバンドが平行になったことでわかるでござるよ。

レンジ相場で活用できるのが逆張り、±2σにタッチをしたら逆張りでエントリーを行いましょう。

+2σ(上から2本目の緑の線)にローソク足がタッチしたでござる。ここがエントリーのポイント。

逆張りのローエントリーを開始します。

レンジ相場はトレンド発生時と異なり、エントリーがはじかれる確立が低いです。

途中ヒヤッとしましたが、無事に勝利することができました。

ロンドン市場が開いたばかりの時間帯なので、動きがありますね。時間帯にこだわる大切さがわかったわ。

30秒取引攻略のコツはトレンドに乗る

ここまで3つの手法を説明してきました。

攻略のコツまとめ

  • ラインを頼りにエントリーポイントを模索し、相場の状況でどちらかにエントリーをする。
  • トレンド発生中に順張りエントリーを繰り返す。
  • レンジ相場で逆張りを行う。

この中で一番おすすめなのが、トレンド発生中に何度も順張りエントリーを繰り返す方法。連勝も夢ではありません。

トレンドの波に乗るということは、そのままの勢いでエントリーを繰り返すること、ちょっと逆向きに進んだタイミングでエントリーをすれば、高確率で勝利を得ることができる。

それに対し逆張りは、反発するタイミングを狙う手法です。

エントリーをするタイミングも重要になってきます。
もちろん反発をする保証はどこにもありません。あとは確率の問題です。

勢いのあるトレンドに乗るか、反発するタイミングを狙うか、確率が高いのは勢いに乗る方で間違いありません。

ただ問題なのは、トレンド相場は1日のサイクルで3割程度の時間帯しか発生しないので、なかなか遭遇できない…。


ただし遭遇できたときは、先ほどの画像で説明したとおり、連勝も夢ではありません。

負けても熱くならないこと

勝つために一番大事なのは、メンタルコントロール。メンタルが崩壊すれば、冷静な判断ができなくなってしまう。

先ほど、トレンド発生中のエントリーははじかれる可能性が高いと説明をしました。
その結果、意図しないところでエントリーをし、負けることもあります。トレンド相場だからと、適当にエントリーを繰り返すことで、思いもよらない連敗を招くこともあるのです。

拙者も、昔は30秒取引をゲーム感覚でやって資金を溶かしたことがある…。黒歴史でござる…。

メンタルの崩壊は連敗からおこることが多い。

例え連敗をしたとしても、テクニカル分析をするというルールを忘れてはいけません。

コメント

コメントする

目次
閉じる