【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプション15分取引を基礎から攻略法まで完全解説【永久保存版】

15分取引に興味があるけど、攻略法ってあるの??初心者でもできる攻略法を教えてほしい!

今回は、上記のお悩みを解決します。

今回の記事では、”バイナリーオプションの15分取引の基礎知識から攻略法”まで徹底解説。

今回は、初心者でも使える攻略法を集めて解説していくでござるよ。シンプルな攻略法ばかりなので、是非今日から試してみてほしいでござる。

では、まずは基本的な「15分取引ってなに?」というところから見ていきましょう。

目次

15分取引とは

バイナリ―オプションの15分取引というのは、15分後に対象の取引通貨が上がっているのか下がっているのかを予測する取引のこと。

言葉だけだと少し伝わりづらいので、実際の例を挙げて考えていきましょう。

上の図の通り。

現在の価格より、15分後上がっているのか?下がっているのか?を予測します。

例えば、15分後に価格上がっていると予測した場合

①の場合:上がっているので勝ち(投資金が約2倍に)
②の場合:下がっているので負け(投資金は没収される)

と、仕組みが非常に単純。15分で勝ち負けがつくため、非常におすすめの取引となります。

負けたら、FXみたいに借金することもあるんですか?

バイナリーオプションは投資金以上の損失は生まないでござるよ。

バイナリ―オプションでは他にも、30秒取引や1分取引などの短期取引や1日取引といった長期取引がありますが、15分取引はテクニカル指標での分析が最も有効的という意味で非常におすすめの取引になります。

15分取引がおすすめな理由
・15分取引は分析しやすいので初心者でも取引しやすい
・長短期取引より低いが、ペイアウト率も比較的にいい。
・分析をしながら、コツコツ利益をあげたい初心者むけ。


実際にテクニカル指標を用いた分析の方法については、記事の後半部分で紹介していきます。

15分取引におすすめの通貨ペア

15分取引を攻略するためには、通貨ペアの選択がかなり重要。


15分取引にあまり向いていない通貨ペアを選んでしまって、取引が思うようにいかないというのはよく聞く話。


そこで、通貨ペアを選ぶ上でおすすめの条件を3つと、その条件に当てはまるおすすめの通貨ペアを3つ紹介していきます。

  1. 値幅が小さい通貨を選ぶ
  2. 市場の参加が多い通貨を選ぶ
  3. 重要な経済指標が明確な通貨を選ぶ

上記を順に解説していきます。

条件①値幅が小さい通貨

値幅が小さいというのは、為替が上下に激しく動かない、変動性が小さいということを意味する。値幅が大きい、つまり為替が上下に激しく動いたり、変動性が高い通貨は15分取引には向いていないです。

なぜなら、値幅が大きいとテクニカル分析が有効になりづらいから。

15分取引を攻略するにあたっては、テクニカル分析が生命線となってくるため、有効になるかどうかは非常に重要となってきます。

変動性が高いと思ってもいない方向に為替が動くということがよくあるので、15分取引をする際はなるべく避けるようにしましょう。

条件②市場の参加者が多い通貨

市場の参加者が多ければ多い=相場が安定しやすい

様々な思惑を抱いた参加者が取引を行うことで、結果的にテクニカルに従った値動きになるというのが背景にあるのでござる。

先ほどテクニカル分析は「生命線」と言った通り、当然テクニカル分析が通用しやすければしやすいほど良いですよね。

15分取引を攻略するうえで、テクニカル分析の有効性というのは非常に重要になってくるので、市場参加者が多い通貨ペアを取引するように心がけましょう。

条件③重要な経済指標が明確な通貨

経済指標の発表前後=取引は避ける

基本的には重要な経済指標が発表される前後は取引を避けるのが大前提ですが、国によっては何が重要な経済指標なのか分かりづらいことが多いです。

アメリカの重要経済指標は注目度が非常に高いですが、南アフリカの重要指標というのはパッと出てこないですよね。

ネットで検索しても、アメリカの経済指標についての解説は多いですが、南アフリカの経済指標の空き説は非常に少ないことがよく分かると思います。

つまり、情報が入りやすい国の通貨を選ぶ方がいいってことね。

そう。ニュースとかでも情報収集しやすい国を選ぶのがコツでござる。

以上の条件を踏まえたうえで、おすすめの通貨ペアは以下の3つになります。

15分取引おすすめ通貨 EUR/USD

ユーロとドルのペアになりますが、何といっても市場参加者が非常に多いというのが魅力。

先ほど、市場参加者が多いほどテクニカル分析が有効になると言いましたが、EUR/USDはまさにその条件が当てはまる通貨ペアになります。

また、重要な経済指標が非常に分かりやすというのもおすすめポイント。


基本的にはこの通貨ペアで15分取引を行えば問題ないと思いますが、1つの通貨ペアだけだとエントリーポイントが出にくいというのがよくあるので、残りの二つも紹介しておきます。

15分取引おすすめ通貨 USD/JPY

説明不要かと思いますが、いわゆるドル円というやつ。

当然市場参加者は多いことに加え、値幅も小さく重要指標も分かりやすいです。

ただ、個人的にはEUR/USDの方がテクニカル分析が有効かな、、、という印象を抱いています。

もちろん、大きな違いはないのでUSD/JPYも15分取引を行う通貨ペアとしておすすめですよ。

アメリカと日本の情報が手に入りやすいので、初心者におすすめの通貨でござるよ。

15分取引おすすめ通貨 USD/CHG

これは米ドルとスイスフランの通貨ペアで、値幅が小さいというのが最大の魅力です。

市場参加者が先ほど紹介した二つの通貨ペアに比べるとやや少ないというのと、スイスの重要経済指標が分かりづらいというのがマイナスポイント


ただ、テクニカル分析の有効性は筆者自身確認しておりますし、15分取引を行う上では特に問題ないです。

上で紹介した二つの通貨でエントリーポイントが無い場合は、この通貨ペアで取引をしてみるのがおすすめですよ。

15分取引攻略法

ここからは、テクニカル指標を用いた15分取引の攻略法について紹介していきます。
筆者がおすすめする攻略法は「MACDとRSIの組み合わせ」を用いたテクニカル分析です。

これだけ聞いてもピンときづらいと思うので、丁寧に説明していきましょう。

まだMT4を導入していない人は、MT4をダウンロードしておきましょ。

MACDとは?

これ、なんて読むのが正解?

「マックディー」もしくは「エム・エー・シー・ディー」と読むでござるよ。

一般的には「マックディー」という呼び方が使われていますから、こちらで問題ないかと。

この指標は、「指数平滑移動平均法」を用いた、「移動平均収束発散法」という「モメンタム指標」になります。

多分、この一文を見て、嫌になった方も多いと思いますので、順を追って説明していきますね。

指数平滑移動平均法

まず、「指数平滑移動平均法」ですが、正式な定義は、「遠い過去の値よりも直近の値の方が強く反映される加重平均的な性質を備えているというもの」です。

まだちょっとわかりづらい方には、普通の移動平均線よりも最近の値の方を重視している移動平均線という理解で大丈夫です。

移動平均収束発散法

なんか読むのも難しい…。

これは短期の移動平均線が長期の移動平均線に近づいたり、遠ざかったりすることから、その名前が付けられました。

モメンタム指標

最後に、「モメンタム指標」ですが、これは相場の「勢い」を分析するテクニカル指標のことを総称しているものです。他にはROCなどが有名です。

MACDの実践的な使い方

前置きが長くなってしまいましたが、次にMACDの実践的な使い方について説明していきます。
まずは下の画像を見てみましょう。

この図はローソク足の下に表示させているのがMACDで、赤丸で囲っている部分がエントリーポイントになります。


MACDの分析方法は非常に単純で、縦棒のグラフで表示されている「シグナル」の方向感を見定めるというもの。

MACDのHIGHLOWサインの見方は、移動平均線の見方と同じでござる。

  • ゴールデンクロス:MACDがシグナルを上に抜けること。(HIGHサイン)
  • デッドクロス:MACDがシグナルを下に抜けること(LOWサイン)

また、エントリーポイントだけでなく相場のトレンドを把握することもできます。

  • MACDとシグナルがゼロのラインを上に抜ける:上昇トレンド継続の示唆
  • MACDとシグナルがゼロのラインを下に抜ける:下降トレンド継続の示唆

ただ、MACDだけを用いて、戦略を立てるのは危険な場合も多いので、次で説明をする「RSI」と組み合わせて分析を行うようにしましょう。

RSIとは?

呼び方は「アールエスアイ」でござる。

そのまんまですね。

この指標は取引を行う通貨ペアが買われすぎの水準にあるのか、売られすぎの水準にあるのかを見定める際に有用。


RSIは0%~100%で表示されて、

  • 70%以上で買われすぎ。
  • 30%以下で売られすぎ

の水準にあるとされています。

よく間違った説明をされているのが「80%になった時にLOWエントリーをする」「20%になった時にHIGHエントリーをする」というものです。この説明は間違ったものになるので、他のサイトでこういった説明がされていても無視をするようにしましょう。

こういった説明をしているサイトは正直、他のテクニカル指標の説明においてもテキトーな場合が多いのでなるべく避けるのがおすすめ。

正しい説明は以下の通りになります。

「30%以下から、30%を上抜けたタイミングでHigh」「70%以上から70%を下抜けたタイミングでLow」

言葉だけでは少しわかりづらいと思うので、下の図を使って説明していきます。

この図は、ローソク足の下にRSIを表示させているものになります。
一つ目の赤丸部分が「RSIが70%以上から70%を下回った段階」に当たり、Lowでエントリーするのが良いことを示唆しています。

実際に赤丸部分でエントリーを行うと、為替が下落していってるのが分かりますね!


また、二つ目の赤丸部分が「RSIが30%以下から30%以上に上抜けた段階」ですが、ここでエントリーをすると、為替が上昇していき、取引で勝つことが出来るというわけです。

一番おすすめする15分取引の攻略法は「MACDとRSIを組み合わせること」でござる。

組み合わせた分析方法も教えてくださいよ!

組み合わせての分析方法

具体的にどういった形で分析をしていくのかということが以下の図の通りです。

まずは、Lowエントリーのポイントについてです。

上の図で表示させている一つ目の赤丸部分ですが、

・MACDのシグナルが減少傾向に転じている
・RSIが70%以上から70%以下に下抜けている

上記タイミングがLowエントリーのポイントでござる。

ローソク足も、キレイに下落していってるのが分かりますね!

次に、Highエントリーのポイントについてです。

赤丸部分の二つ目をご覧ください。

・MACDのシグナルが増加傾向に転じている
・RSIが30%以下から30%以上に上抜けている

上記のタイミングがHighエントリーのポイント

為替が上がってるのがわかりますね!


1つの指標を用いることよりも、エントリーポイントが限られてしまうのが難点ですが、勝率を上げたいという方は必ず2つの指標の組み合わせ戦略を立てるようにするといいでしょう。

バイナリ―オプションをこれから始めてみるという方や、少しでも勝率を上げたいと考えている方の参考になれば幸いです。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 役立ちそうな手法なのでインジケーター化してみました。
    インジケータを送りますので、これで良いのか見て欲しいです。

コメントする

目次
閉じる