【完全無料】クイックデモ取引を試してみよう

バイナリーオプションの1分取引を完全解説!おすすめの業者&攻略法は!?

バイナリーオプションの1分取引を攻略してみたいんだけど、どうやって攻略すればいいのかわかんないのよね。

今回は、上記のお悩みにお答えしていきます。

ハイローオーストラリアの1分取引の攻略は、ネット上にもたくさん転がっていますが、ぶっちゃけ本当に取引したことありますか?ってレベルの投資初心者を狙った嘘のような攻略法って多いんですよね(笑)

この記事では、初心者に必要な1分取引の基礎知識と、基本的な攻略法を解説します。

インジケーターは無くてもいいって言っているブログを見つけたでござるが、初心者だからこそ、しっかりインジケーターを使った攻略法を学んだ方がいいでござるよ。

では、さっそく1分取引の基礎からみていきましょう!

目次

1分取引とは

1分取引ってどんな取引なの?

バイナリーオプションの1分取引は、エントリーを開始した1分後が判定時間となるオプション取引のこと。

①の時間は、12時20分になるちょっと前、12時19分50秒あたりです。
ここでエントリーを開始した場合で解説をします。

この場合、もしハイエントリーをしていれば、一旦価格は低下していますが、②で示した1分後では価格が上昇しているので予測が当たっていて、勝利。

逆に、ローエントリーをしていた場合は、一旦は予想どおりに下がりますが、40秒過ぎた当たりで一気に価格が上昇しています。

そのまま1分後の判定時刻をむかえたので、結果は負けです。

こんな感じで、現在より1分後に価格が上がっているか下がっているかを予測する取引となっているのでござる。

1分取引のルール

エントリーをした1分後の予測が的中していれば、ペイアウト率に乗じた配当金が払い戻しされます。逆に外れると掛け金の全額が没収。

短い取引時間のため、レートがエントリー時と変わらず、ドロー(引き分け)で判定時刻を迎えることも多々起こるかもしれません。

ドローに関しての対応は、バイナリーオプション業者によって異なります。
掛け金が没収になるところもあれば、返却対応の業者もあるようです。

残念ですが、1分取引においてドローを勝利と判断する業者はありません。

勝ち➡︎資金が約2倍になる
負け➡︎投資金が全額没収
引き分け➡︎負け判定と同じ(もしくは返却)

1分取引におすすめのバイナリーオプション業者

1分取引をするならどの業者がいいのでしょう?

運営会社HLMI LLC
所在地First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building James Street Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスマーシャル諸島金融ライセンス
取引手数料無料
口座管理費無料
最低ペイアウト率1.85倍
最高ペイアウト率2.30倍
最低取引額1,000円
最高取引額200,000円
最低入金額5000円
入金不要ボーナス新規口座開設で5000円キャッシュバック
無料デモ口座公式サイトに搭載
最短判定時間30秒

1分取引でおすすめの業者は、【ハイローオーストラリア】一択。

ハイローオーストラリアのペイアウト率は1.95倍と他の海外バイナリーオプション業者よりも非常に高く、同じ勝率でも効率よく稼ぐことが可能です。

どの海外業者もルールはほとんど変わらないので、高ペイアウト率(払い戻し率)の業者を選ぶのがポイント!

1分取引におすすめのインジケーター

1つのインジケーターでで万能な分析ができるものはありません。できれば複数のインジケーターを併用してテクニカル分析を行いましょう。

バイナリーオプションにおける”インジケーター”とは、チャート上やチャート下部に表示するサポートツールのこと。

多くの指標を組み合わせて分析することで、チャートをより正確に把握することができるのでござるよ。

ここでは、1分取引におすすめのインジケーターを4つ紹介します。

  1. 移動平均線
  2. ボリジャーバンド
  3. ジグザグ
  4. モメンタム

インジケーターを使うためには、無料のMT4というツールが必須になるので、まずは、MT4をダウンロードしよう。

移動平均線

インジケーターのなかで、とてもメジャーで多くのトレーダーが利用しているもの、それが移動平均線(Moving Average)

1分取引にこだわらず、バイナリーオプションで取引を行う時は、MT4に移動平均線を表示させておくといいでござるよ。

ただし1分取引での移動平均の役割は、主に相場状況の確認に活用しましょう。


よくゴールデンクロスやデッドクロスが起きたらエントリーポイントと説明をするサイトもありますが、1分取引では再現が難しい手法になります。

ゴールデンクロスとデッドクロスだけでは、1分取引の攻略が難しい理由
・出現率が少ない。
・騙しのサインが存在する。

上の画像の、赤丸でチェックしているところがデッドクロスが箇所です。

①~③のローソク足、どれでエントリーをすればよいのでしょうか。

  • ①では、まだデッドクロスが起きていないことから騙しの可能性もあります。
  • ②でみると、デッドクロスが起きているように見えます。しかしここでエントリーをしても、ローソク足の実態の小ささから確実に勝てるポイントと考えるのは難しいです。
  • ③のローソク足は陽線、デッドクロスからのローエントリーでは確実に負けます。

こちら(赤丸)は、ゴールデンクロスです。


先ほどのデッドクロスよりは、1分取引でも勝てる見込みはありますが、下記画像のように、すぐに陰線が発生していることから、危険なエントリーです。

正直、ゴールデンクロスとデットクロスだけでは、短期取引でエントリーポイントを見極めるには、勝率が低く活用しづらい。

ただ見て分かるように、デッドクロスを起こした相場は、下降気味。ゴールデンクロスを起こした相場は、上昇をしているのがわかります。

このように相場の状況転換として、活用する分にはいいでしょう。

バイナリーオプションでクロスを利用するのならば、5分以上の取引時間が必要。1分取引における移動平均線の役割は、主に相場状況の確認、そのため、長期、中期、短期と3本のラインを表示させるのが、おすすめ。

ボリンジャーバンド

ボリジャーバンドは、高い確率で+2α(標準価格)と-2αのラインの間で価格は動くだろうと予測を元に将来の価格の動きを予測するもの。

ボリジャーバンドは統計学を使って作られているのでござる。

バイナリーオプションの1分取引も予測を元に分析するボリジャーバンドが必須なんですね!

ボリジャーバンドは、高値側の標準偏差ラインにローソク足がつけば売り、安値側の標準偏差ラインにローソク足が近づけば買いといったような使われ方が一般的。

ジグザグ

ジグザグは、注目をするべき高値と安値の把握がしやすいインジケーター、バイナリーオプションのような超短期取引を行う際には表示をさせておきましょう。

あまり聞きなれないインジケーターかもしれませんが、ジグザグ(ZigZag)もバイナリーオプション初心者には強い味方です。

表示はデフォルト通りで構わないでござるよ。

モメンタム

バイナリーオプション取引には、オシレーター系のインジケーターも必要です。
そこで、補助的な役割として、モメンタム(momentum)を表示させておくことをおすすめします。

モメンタムは、ローソク足よりも反応が若干早いのが特徴。相場の状況をわかりやすく知らせてくれるインジケーター。

100ラインよりもだいぶ上にあれば上昇トレンド、だいぶ下にあれば下降トレンドです。100ライン付近を動いていればレンジ相場と判断できます。

100.05と99.95にレベル表示をしておくと便利です。
100ラインと見誤りそうな人は、ラインを引くのを止めておきましょう。

ちなみに、下記がバイナリーオプション1分取引でおすすめるインジケーターをすべて表示させたチャート画面になります。

なんだかごちゃごちゃしていますね…。

移動平均線は、

  1. 短期ライン:赤
  2. 中期ライン:黄
  3. 長期ライン:青

上記の通りです。

個人の好みや、今まで利用してきた慣れなどもあります。色や表示方法は、自分に合った内容を模索するといいでござるよ。


チャート画面を長時間見ていても、本人が疲れない色遣いがおすすめです。

ジグザグやモメンタムは初心者向きなので、必要ないと感じた人は削除をしてもOK。

1分取引攻略法

それでは、バイナリーオプションの1分取引に関する攻略法を順番に解説していきます。

通貨ペアは固定し5分チャートと1分チャートを表示する

1分取引を行う時は、できるだけ同じ通貨ペアで取引を行うのがポイント!
その理由は、通貨ペアの状況をより深く把握するためです。

さらに1分取引では、MT4の2つのチャートを表示させます。

同じ通貨ペアでも、1分と5分では相場状況の把握が異なるので次の画像のように、同時に見える状態にしておきましょう。

1分取引においては、5分チャートの状況把握が必要でござる!

どうして5分チャートも必要なの?

1分チャートだけで取引をするとダマしに合う可能性が高まるからでござるよ。

1分チャートだけを見て、エントリーポイントを模索することのないよう注意をしましょう。

1分チャートだけでなく5分チャートも表示する理由

では、5分チャートが必要な理由を画像付きでみていこう。

まずはこちらの1分足チャートを見てみましょう。

デッドクロスが発生したあとすぐにゴールデンクロスが発生していますね。

上記の画像を見ると、デッドクロスが起きてから1時間も経たずにゴールデンクロスが起きていることがわかります。

デッドクロスが起きたことで下降目線になり1分取引を何度も行っていたら、連敗をする可能性が高まるのです。

ゴールデンクロスも同様です。どう見ても上昇トレンドとは言えません。

このまま為替が上がると思って1分取引をおこなっていたら痛い目を見たかもしれないでござる。

このような状況に陥らないためにも、5分チャートの確認は必須。

左側の1分チャートでデッドクロスが起きたころ、右側の5分チャートを確認すると、まだ中期(黄)と長期(青)の移動平均線が右下がりになっていません。

さらに短期ライン(赤)が長期ラインの上にあり、下降のパーフェクトオーダーにすら達していない状況です。

そのため、1分チャートのローソク足に下降の勢いが感じられませんでした。

結果、1分チャートですぐにゴールデンクロスが発生したのです。

つまり、1分チャートをみつつ、5分チャートも併用して確認することで、信用性があがるということ。

1分チャートではなく5分チャートから確認する

先ほどの状況を5分チャートと並べてみましょう。

注目して欲しいのは、ボリンジャーバンドの-σラインです。

  1. 1分チャートと異なり、5分チャートは右上がりなのがわかる。
  2. 移動平均線も平行です。
  3. 下降のパーフェクトオーダーが終了し、ローソク足が一旦上に上げたことがわかります。

LOWエントリーが危険なことが、5分チャートから見るとわかるんですね。

これが5分チャートから確認をすることの大切さ、1分チャートだけの確認で起きる「こうなればいいな」「こうなるだろう」という感情を防ぐことができるのでござるよ。

5分足チャートから確認をすれば、相場状況を見誤ることを防げます。1分チャートだけに頼らず、まずは5分足チャートから確認をするようにしましょう。

5分チャートを確認したらレンジ相場だった

5分足チャートがレンジ相場のときの、エントリーポイントを教えてください!

レンジ相場の時のエントリーポイントは、ボリンジャーバンドのプラスマイナス2σタッチによる逆張りです。

上記の5分足チャートは、下記のようになっています。

  1. ボリジャーバンドが平行
  2. 移動平均線は短期が右下がり、中期、長期が平行
  3. ジグザグは、高値と下値の更新をせず。
  4. モメンタムは、100ライン付近

どこから見てもレンジ相場でござる。

しかし、その付近の1分チャートを確認してみましょう。

  1. ボリジャーバンドは-αが右下がり
  2. 移動平均線は下降のパーフェクトオーダーを形成しそう
  3. ジグザグは下値を更新中
  4. モメンタムは100を下回っている。

これは下降を示唆していると思われます。

しかし、ローソク足はどうでしょうか。大変乱れています。この状況で1分エントリーをするのは危険な状態です。

5分チャートでレンジ相場でも、1分チャートが乱れている場合は、エントリーを避けるようにしましょう。

5分チャートがレンジ相場のときは、1分チャートがレンジ相場になるのを待つのが賢明な判断でござる。

5分チャートがトレンド発生中になった

5分足チャートから下降トレンドを確認しました。

  1. ボリジャーバンド右下がり
  2. 移動平均線も右下がり
    (上から長期、中期、短期の順番になっており下降のパーフェクトオーダーと言える)
  3. モメンタムも100ラインを下回っています。

5分チャートで、下降のパーフェクトオーダーを確認できたら、しばらく1分チャートのみに注目をしましょう。

続いて、1分チャートを全画面表示にしていくでござるよ。

5分チャートで下降のパーフェクトオーダーを確認できたのは、22:20分ごろです。
当然ですが、すでに下降のパーフェクトオーダーが1分チャートでも確認できます。

このときに利用できる手法が、短期移動平均線を利用したエントリーポイント

上の画像の、赤い縦ラインをひいた辺りが22:20分ごろ5分チャートで確認できた下降トレンド。

ここで、-2σにタッチした後、短期移動平均線にタッチをした次のローソク足出現のとき、そこが順張りのエントリーポイント

まずは①のローエントリーで1勝ができます。また次にローソク足が短期移動平均線にタッチするのを待ちましょう。
②の前、陽線のローソク足が短期移動平均線にタッチしました。ローエントリーをすれば勝利できます。

これで、2勝でござる。

なんだか、チャートの見方がわかってきました!

相場に慣れてくると勢いを感じ取れるようになるでござる。

5分チャートが下降トレンドを示唆しているという強みがあることから、-2σにタッチしたことで、連続で1分取引ができる場合もあります。

ポイント
・1度負けたらいったん止める。
・また陰線のローソク足が出現し、-2σにタッチをしたらエントリーを繰り返す。

連続エントリーになるが、負け越すことはない。

ただ、この手法は初心者にはあまりおすすめしないエントリーポイントでもあります。

投機的になり、メンタル面が抑えられなくなる可能性が高まります。1分取引に慣れてきたら利用するようにしましょう。

チャートを分析する練習をしてみよう!

それぞれのポイントに1〜11までの番号をふってみました。

一緒に分析をしてみましょう。

通常は、短期移動平均線にローソク足がタッチした次の足でローエントリーを行うようにしましょう。
③と④もタッチした後に陰線が形成されています。

ただ、⑤に関しては負けです。
しかし、負けたローソク足が+2σにタッチをしました。

次のローソク足での出現で、同じようにローエントリーを行いましょう。⑤では負けましたが、⑥で取り戻すことができます。

その後も同じです。

  • 短期移動平均線にタッチをしたら次のローソク足でローエントリー。
  • 負けた時は、+2σにタッチをしたら次のローソク足でローエントリー。
  • 一旦負けて-2σにタッチせず上昇した場合は、+2σにタッチしない限り終了

⑦は勝ち
⑧は勝ち
⑨は負け
⑩は負けたあと-2σにタッチしていないためエントリーはしない
⑪は勝ち

5分チャートで強いトレンドが確認できたときは、エントリーポイントが多く訪れます。30秒取引と1分取引はトレンドの波に乗った時が攻略のコツです。勝ちをより多く拾うようにしましょう。

こちらの図のようにモメンタムが明らかなダイバージェンスを起こしたときはエントリーを止めましょう。

ダイバージェンスとは?
ローソク足とオシレーター系のインジケーターが逆の動きを示唆することです。

30秒や1分取引は、トレンドに乗ることが大切でござる。

”5分チャートから見ることを忘れないようにする”そこを忘れると勝率が落ちるかもしれません。

1分チャートと5分チャートでさっそく分析の練習をしてみます!

コメント

コメントする

目次
閉じる