バイナリーオプションの基礎知識

バイナリーオプションでAIはあり得る?機械学習でバイオプに勝てるのか

バイナリーオプションにAIはあり得ません。
さらに詳しく説明をするのならば、機械学習を伴ったAIはあり得ないです。

「どういう意味?」と思われますよね。
今回の記事で、詳しく解説をしていきます。

AIとは

AIとは、Artificial Intelligenceの略称、人工知能のことです。
人間の知能を機能として備えたコンピューターは、最近さまざまな分野で見かけます。

バイナリーオプションなど、投資の世界で利用されるAIは、機械学習といったAIに内包されるものの一部です。

機械学習とは、特徴をつかみそれを法則化し自動化にすること、実在すれば為替の取引に役立つと思いませんか?為替の値動きを反復で学習することでつかみ、つかんだタイミングでエントリーを自動的に行うわけです。

AIは、専門家でも定義が異なります。素人には難しい分野です。
なので、バイナリーオプションに関するAIを難しく考える必要はありません。
多くの人が持っているイメージは、AIに内包された機械学習が、経験を積みか重ねることで得られた知識の構築をし、それを自動化で動かすシステムです。

多くの経験を積ませることで性能が良くなるイメージを多くの人が持っています。

バイナリーオプションでAIはあり得ない

バイナリーオプションでは、多くの人がイメージしている先ほどのようなAIはあり得ません。

例えばMT4に搭載されているインジケーターは、AIと違います。インジケーターは、過去のデータからテクニカル指標をチャート上に表示させるプログラムです。機械学習は搭載されていません。
つまりイメージで持つAIではないのです。

バイナリーオプションで利用されるAIは「サインツール」と「自動売買ツール」に分類されます。

インジケーターは有効活用のできる素晴らしいツールですが、AI搭載のようなサインツールと自動売買ツールとはイメージが異なるのです。
詳しく見ていきましょう。

そもそもバイナリーオプション業者が利用を禁止している

AIがあり得ない理由のひとつに、そもそもバイナリーオプション業者のほとんどが、サインツールや自動売買ツールの利用を禁止していることがあげられます。
利用が業者に知られると口座は凍結し、利益は没収されるかもしれません。

しかし、AIの学習機能を搭載したサインツールや自動売買ツールは、いろいろなサイトで販売されています。
では、販売されているAIの学習機能を搭載したツールは、利用価値があるのでしょうか?

サイトを探しましたが、AIの学習機能を搭載したツールは少ないです。目立ったのは、次の2つでした。

  • AI人工知能搭載型Binary system
  • HighLow EX Trade

詳しく確認をしていきましょう。

AI人工知能搭載型Binary system

AI人工知能搭載型Binary systemは、2つの人工知能型AIインジケーターを導入して、いろいろなトレードに利用ができるAIインジケーターと紹介されています。

詳しくはこちらのYouTube動画をご覧ください。

まず、「人工知能型AI」という言葉を初めて聞きました。
見た目を良くしている感が拭えません。素人が見たら、「人工知能型⁈AI⁈なんだかすごそう!」と驚くかもしれませんが、同じ意味の言葉を並べているだけです。

先生が「今日の授業はP5ページから」と言っているようなもの、「P」で、すでにページを意味しています。知ったばかりの言葉を多用する残念なネーミングではないでしょうか。

本当に機械学習が行われているのか不安がよぎります。

さらにAIに関する説明も何とも曖昧です。

1つ目のAIは「トレンドチェッカー」と呼んでいるインジケーター、相場の方向性を的確に判断するそうです。

2つめのAIは「AIシグナルツール」と呼んでいるインジケーター、音でチャンスを知らせてくれます。

説明でわかるのは、機械学習が関係していないことです。
普通のインジケーターと同じ働きをしているようです。

AIが学習をして、相場の特性がつかみながら成長するようには思えません。
いわばインジケーターを組み合わせただけの普通のツールです。

AIに対する意味だけで考えれば、間違っていないかもしれません。
最初に説明したとおり、AIの定義は人によって異なります。
サインを自動的に出すのは、人の知能で行われる範囲と言われればそれまでです。

だからAIに該当すると説明されれば、定義がない以上、納得するしかありません。
ただ、多くの人がイメージしているのとは、かけ離れたサインツールです。

 HighLow EX Trade

次は、今までにない最新AIを搭載したと宣伝するHighLow EX Tradeです。

詳しくは、こちらのサイトを確認してください。
http://www.common-sense-destruction.com/

HighLow EX Tradeに関しては、下記のような口コミもみられました。


実際に購入したい人もいるようです。

HighLow EX Tradeの平均勝率は85%以上、購入価格ななんと540,000円と紹介されています。

先ほどの口コミの人は540,000円も支払ったのでしょうか?すさまじい金額です。

シンガポールで2017年に開発された最新AIを搭載していると説明しています。
しかし、AIに関しての説明は「搭載」だけでのようです。
AIがどのように活用されているかの説明はみあたりませんでした。

AIと言ったもの勝ち

解説した「AI人工知能搭載型Binary system」と「HighLow EX Trade」に関して言えるのは、言ったもの勝ちの概念が強いという点です。
AIが搭載されていると言えば、受けては「そうなんだ」と感心するしかありません。
本当にAIが搭載されているかなど、調べる手段がないのです。

AIの定義が存在していないのも関連してきます。
広い範囲で考えれば、先ほどAIではないと説明したインジケーターも、サインを自動的に出すことからAIの一部と判断する人もいるかもしれません・

つまり、言ったもの勝ちです。

購入者はAIのイメージをすごいものとみている

AIを人工知能と広い分野で考えるのが、AI搭載をうたうツールの販売者です。
購入者は違います。機械学習により知識を増やすAIをイメージします。

AIに内包された個所をイメージアップするのです。
AIと記載されていれば、それだけ期待値が上がります。

機械学習がないAIはただのサインツール

販売者は、購入者のAIに関する期待を購買意欲に換えます。
しかし、AIの期待値が双方で異なることから、ただのサインツールを高額のお金で購入するのです。

バイナリーオプションでAIはあり得ないとまでの断言は難しいです。
しかし、多くの人がイメージする機械学習を持ったバイナリーオプションツールはあり得ません。

為替は、さまざまな世界中の情勢により値動きします。把握することなど不可能に近いお話です。
「でもAIならばできるかも」と思われるかもしれませんが、もし作れたとしても安価で販売されるわけがありません。
つまり、AI搭載で販売されているツールは、インジケーターを組みあわせたサインツールの可能性が非常に高いというわけです。

見えないものを、さもあるかのように見せているだけ、多くの人がイメージしているAIはあり得ません。

AIに騙されてはいけない

AIという言葉に騙されてはいけません。イメージが違います。
機械学習が伴ったAIと説明しているサインツールならば試してみたいですが、まず無理なお話です。

それだけの開発技術を持つ人が、バイナリーオプションのAIに力を注ぐでしょうか。
知識がある人は、他の分野で開発を行い、別のビジネスを構築することでしょう。

お金をかけて開発をしても、売れなければ利益は得られません。
元手を得るように売ろうとすれば、売値が百万円を超える可能性があります。
果たして購入者はいるでしょうか?信頼できるかわからないツールに何百万も投資する人はいません。

さらに、バイナリーオプション業者に凍結をされる可能性を秘めたサインツールです。恐ろしくて手など出せません。
ビジネスとして成り立たないことから、AIによる機械学習を構築したツールを本気で開発しようと考える人はいないです。

AI搭載は言ったもの勝ちなのを忘れないでください。AIを語ったサインツールは、購入をするべきはありません。

ハイローオーストラリア【ハイロードットコム】

画像の説明文

バイナリーオプション業界の老舗業者。
設立以来日本人トレーダーから圧倒的な支持率。
マーシャル諸島金融ライセンス取得。口座開設で5000円の出金条件なしキャッシュバック。ペイアウト率業界最高。無料のデモ機能搭載。

ザ・オプション【theoption】

画像の説明文

利用ユーザー増加中の人気業者。
登録不要のフリーデモ機能搭載。

マーシャル諸島金融ライセンス取得。豊富なボーナス&キャッシュバックキャンペーン。転売機能搭載で高いユーザビリティ。

-バイナリーオプションの基礎知識

Copyright© バイナリーオプションおすすめランキング2020 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.